2018.08.18

【福利厚生】2019年の従業員一人あたりの医療保険予算 

【福利厚生】2019年の従業員一人あたりの医療保険予算 

調査によると2019年の従業員一人あたりの医療保険予算は$15,000.

少しでも保険料が安くなるように電話でのドクターへの相談システム利用

医療機関との直接契約等工夫をしていることが分かる。

▼最新情報は月刊無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Employers Adjust Health Benefits as Costs Near $15,000 per Employee 
As the cost of employer-sponsored health benefits approaches $15,000 per employee next year, organizations are making changes to their plans. Here are some of the top medical and drug benefit trends for 2019 and beyond. 

|

【配置】女性や非白人をマネジャーにすることで多様性が拡大

【配置】女性や非白人をマネジャーにすることで多様性が拡大

女性や非白人をマネジャーにすることで会社の多様性が拡大できるという記事が出ている。日系の企業でもいろいろな人種のチームがアイデアを出し合って全米の拡大を続けていったというお話を先日伺いました。多様な国を多様なチームで展開するのはひとつの鍵かもしれません。

▼最新情報は月刊無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Diverse Managers Play Significant Role in Creating Diverse Teams 
Managers hire team members who reflect the manager’s ethnicity, a 2018 workplace diversity report found. So adding female, nonwhite managers can boost a company’s workforce diversity.

|

2018.08.16

【VISA】H-1Bビザの申請却下 41%増

【VISA】H-1Bビザの申請却下 41%増

新しいデータは、多くの雇用主が逸話的に報告していることを確認しています。H-1Bビザ申請のために発行された証拠要求(RFE)と拒否は2017年にかなり増加しました。

バージニア州アーリントンに本拠地を置く公共政策研究機関であり、米国市民権移民局(USCIS)のデータに基づいた米国家政策財団の報告書には、仕事を確保することがより困難になっていることが示されています熟練した外国人のための認可。

ドナルド・トランプ大統領が2017年4月に「アメリカン・アメリカン・アメリカン・エグゼクティブ」執行命令を発出した直後に、拒否とRFEの増加が始まったと、アメリカ政策局長のスチュアート・アンダーソン幹部は説明した。報告書のデータは、その年の7月1日に開始した2017年度第4四半期からのものです。

H-1Bビザ申請の拒否は2017年度第3四半期と第4四半期の間で41%増となり、16%から22%に上昇した。

H-1Bビザ申請のRFEは、2017年度第3四半期と第4四半期との間に2倍以上の28,711から63,184に増加しました。2017年度第4四半期(7月から9月)には、第3四半期を連結した。完了したケースのパーセンテージとして、前四半期の23%、第1四半期の17%と比較して、第4四半期のRFEレートは約69%でした。

「[トランプ大統領]が就任してから9ヶ月以内に、H-1B RFEの発行率は400%以上増加しました」とGreen and SpiegelのPhiladelphiaオフィスの弁護士、Joshua Rolfは述べています。 「インディアン国民は、特に、彼らが直面している長期間の滞留に起因する、継続的な雇用許可とステータスのためのH-1Bプログラムに頼っている」

▼最新情報は月刊無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc​​​​​​​

New data confirms what many employers have been reporting anecdotally: Requests for evidence (RFEs) and denials issued for H-1B visa petitions rose considerably in 2017.

The findings, contained in a report by the National Foundation for American Policy, a public policy research organization based in Arlington, Va., and based on U.S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) data, show that it has become more difficult to secure work authorization for skilled foreign nationals.

The increase in denials and RFEs began shortly after President Donald Trump issued his "Buy American, Hire American" executive order in April 2017, explained Stuart Anderson, the executive director of the National Foundation for American Policy. The data in the report is from the fourth quarter of fiscal year (FY) 2017, which started July 1 of that year.

Denials of H-1B visa petitions shot up 41 percent between the third and fourth quarters of FY 2017, rising from 16 percent to 22 percent.

RFEs for H-1B visa petitions more than doubled from 28,711 to 63,184 between the third and fourth quarters of FY 2017. There were almost as many RFEs in the fourth quarter of FY 2017 (July through September) as there were in the first three quarters of the fiscal year combined. As a percentage of completed cases, the RFE rate was approximately 69 percent in the fourth quarter of the year compared to 23 percent in the previous quarter and 17 percent in the first quarter of the year.

"Within nine months of [President Trump] taking office, the H-1B RFE issuance rate increased by more than 400 percent," said Joshua Rolf, an attorney in the Philadelphia office of Green and Spiegel. "Indian nationals, in particular, rely on the H-1B program for ongoing employment authorization and status due to the prolonged backlogs they face."

The data is confirmation of the pain points employers in the information technology field, and especially those who provide third-party placement, have been experiencing since last year, said Anantha Paruthipattu, founder and principal attorney at Paruthipattu Law Firm, based in Herndon, Va.

He explained that since the latter half of 2017, his firm started to receive more RFEs around whether the position qualifies as a specialty occupation, a requirement for H-1B visa eligibility.

It used to be that "computer systems analyst" positions would trip an RFE, he said. "Software developers had been in the safe zone. Now they're getting questioned. So, we have to provide the job description at such a granular level that it can go to two to three pages and has the effect of delaying the approval process and increasing uncertainty and cost to the employer."

Employers have to reconsider the way they file petitions, said Justin Storch, manager of agency liaison at the Council for Global Immigration, an affiliate of the Society for Human Resource Management. "They have to be a lot more diligent on initial applications to get approvals. They will have to rethink the timing on visa extensions, and whether to use premium processing to get a guaranteed adjudication within 15 days. The bottom line is to file early. If you're denied and the employee's visa is still valid, you can refile or consider other strategies to avoid the situation where the person is at risk of falling out of status."

Experts believe that high rates of denials and requests for evidence have continued into FY 2018. On top of that, USCIS has announced many other policy initiatives to make it more difficult for high-skilled foreign nationals to work in the United States, Anderson said.

"A recent memo on notices to appear could place high-skilled applicants whose applications are denied into deportation proceedings, while another new policy allows adjudicators to deny applications without even providing an opportunity for an employer to respond to a request for evidence."


同データは、情報技術分野の雇用者、特に第三者の配置を提供する企業の雇用者の確認であり、Paruthipattu法律事務所の創設者で主任弁護士のAnantha Paruthipattu氏(ハーンドン、バージニア州) 。

同氏は、2017年後半以降、H-1Bビザ資格の要件である専門職としての資格があるかどうかについて、より多くのRFEを受け始めたと説明した。

以前は「コンピュータシステムアナリスト」のポジションがRFEをトリップすることになっていたという。 「ソフトウェア開発者は安全地帯にいましたが、今質問がありますので、2〜3ページに及ぶような細かいレベルで職務内容を提示し、承認プロセスを遅らせる効果があります。不確実性とコストが雇用主に増えている」

雇用者は、嘆願書の提出方法を再検討する必要があると、人道管理協会の加盟組織であるグローバル移民評議会の代理店マネージャージャスティン・ストーチは述べています。 「ビザの延長のタイミングや、15日以内に裁定を保証するためにプレミアムプロセッシングを使用するかどうかを再考する必要があります。あなたが拒否され、従業員のビザが依然として有効であれば、あなたはステータスを落とす危険にさらされている状況を避けるために、他の戦略を再検討したり検討したりすることができます。

その上、USCISは、高技能の外国人が米国で働くことをより困難にするための多くの他の政策イニシアチブを発表している、とアンダーソンは述べています。

最近発表された通知のメモは、申請が査定手続に拒否された高度に熟練した申請者を置く可能性があり、裁判官は雇用主が証拠請求に応じる機会を提供しなくても裁判官が申請を拒否することができる。

|

2018.08.15

【国民皆保険】(案)会社が提供する医療保険を止めて、国民全員がMedicareに

【国民皆保険】会社が提供する医療保険を止めて、国民全員がMedicareに入れるように(現在は65歳以上の方のみSocial Securityから支給されています)しようという案が民主党から出されています。弊社としては企業向けの医療保険の代理店をしているので、売上の半分は無くなってしまうかもしれません。しかし、動機善なりや私心無かりしか、という原点に返ると実現すればアメリカ社会を救うことになるかもしれません。次の投票で問われる最大の論点の一つではないでしょうか?

▼最新情報は月刊無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

‘Medicare for All’ vs. Employer Benefits Is a Key Election Issue 
Will momentum grow after the 2018 midterm elections for single-payer health care—such as by expanding Medicare so anyone can sign up ("Medicare for all"), as many progressives advocate? Given that possibility, employers are organizing to defend employer-sponsored health benefits. 

|

2018.08.14

【報酬】2019年のボーナスは増えるのか?

【報酬】2019年のボーナスは増えるのか?

失業率は低いながらも、2019年のボーナスの基本給に対するパーセンテージは2年前とほぼ同率で変化がないという調査結果。

Non-Exemptは基本給の5-6%

Exemptは基本給の12-13%

Executiveは基本給の38%

程度の予算を組んでいると回答されており、2017年の結果とほとんど変化はなし。

ボーナスの割合いは大きな変化がないという傾向である。

▼最新情報は月刊無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Despite Low Unemployment, Employers Don’t Plan to Boost Bonus Budgets 
Although the incentive pay pie won’t be much bigger next year, variable pay such as bonuses can still motivate top performers.

|

2018.08.12

【採用】なぜ一度承諾したオファーが辞退されてしまうのか?

SHRMの記事によると売り手市場の環境もあり、オファーを一度承諾しても出社する前にオファーが辞退されてしまうケースが増えているようです。もっと給与の高いオファーがあったり、仕事内容が魅力的だったり、医療保険がもっとよいベネフィットを提供していたり、その理由は様々。

オファーを承諾した後に辞退されることを防ぐには、十分なコミュニケーションを候補者ととって、候補者の心配な点を引き出しておくこと。そして、カウンターオファーが出て来た時には、もう一歩突っ込んだ交渉が可能か否か、会社側も準備しておく必要があるだろう。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc


Why New Hires Quit Before They Start and How to Prevent It 
You’ve spent weeks seeking and convincing the perfect candidate to join your company. You’ve met her compensation and work/life needs. Then, just before the start date, you get the call: She changed her mind. Instead of pulling your hair out, try these pointers to revamp your recruiting. 

|

2018.08.10

【第41回 アメリカ人事】 リーダーとして成功する人を育成する方法

【第41回 アメリカ人事】
リーダーとして成功する人を育成する方法

▼最新情報は無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.08.09

【求人】FacebookはLinkedinよりも強力か?

【求人】FacebookはLinkedinよりも強力か?

Facebookの求人はLenkedInよりも強力だろうか?年齢のターゲットが違法だという訴訟も起こっていたので、利用方法は注意をしたい。

▼最新情報をご提供 月間無料メルマガは下記のリンクから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Tips on Launching a Recruiting Effort on Facebook 
Recruiting on Facebook can be a cost-effective alternative to old-school job boards andmay be even more effective than LinkedIn at finding passive job seekers. 

|

【医療保険】短期の医療保険プランのルールでCOBRAに影響か?

【医療保険】短期の利用保険プランのルールでCOBRAに影響か?

短期の医療保険プランがTRUMP政権のルールで承認される見込み。会社を辞めた人向けに短期医療保険が使われるようになるとCOBRAの選択に影響を与える可能性がある。もともとCOBRAは企業の負担分がなくなるため、個人負担分が重くなるため最近は個人の医療保険に加入する方が増える傾向にあった。

▼最新情報をご提供 月間無料メルマガは下記のリンクから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Short-Term Health Plan Rule Could Affect COBRA Choices 
A new final rule expands short-term health plans, which may appeal to departing employees seeking a lower-cost COBRA alternative, new employees not yet eligible for their employer's plan and pre-65 retirees—but the coverage provided may be minimal. 

|

従業員の録音が裁判の証拠に

スマートフォンの普及で従業員が職場でのハラスメントや差別の事実を録音(録画)していることが裁判の証拠になってきている。例えば、カリフォルニア州では双方の合意がないと録音、録画ができないことになっているので、会社がビデオテープや録音をする場合は従業員に告知をしていますし、従業員に録音、録画の禁止のポリシーを持つことができます。但し、ハラスメントや差別での裁判の証拠としては有効になってきているので、禁止ポリシーだけでリスクを排除することはできない状態です。

As smartphones have become common, employees are legally recording work conversations without employers’ knowledge or permission in preparation for discrimination, sexual
Employees Secretly Record Managers for Litigationand whistle-blower lawsuits.
harassment

|

« 【第40回 アメリカ人事】名プレーヤー必ずしも名監督ならず