2018.09.30

【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5 

【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5 

その4 食事休憩+休憩時間 その5 Wage Statements 

▼最新情報は無料月刊メルマガで 

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.28

【第224号 Philosophy ニュースレター】9/21/18よりFCRA新しいフォーム

【第224号 Philosophy ニュースレター】9/21/18よりFCRA新しいフォーム

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより9月のニューズレターをお届け致します。

【バックグランドチェック】

2018年9月21日よりBackground Check時に候補者に配布する

Noticeの内容が更新されました。9/21より下記のリンクのフォームを

配布する必要があります。

The updated “A Summary of Your Rights Under the Fair Credit Reporting Act”

The revised Summary of Consumer Rights is at: https://files.consumerfinance.gov/f/documents/bcfp_consumer-rights-summary_2018-09.docx

The federal Bureau of Consumer Financial Protection has released an updated version of the Summary of Rights notice required by the federal Fair Credit Reporting Act (FCRA). Employers must use the new version beginning on September 21, 2018.

▼人事関連のニュース

【採用】候補者のタトゥーをどう評価しますか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12407810989.html

【採用】AIでの採用 バーチャル採用アシスタントは必要ですか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12407654916.html

【オバマケア】週30時間をフルタイムとする定義を変える法案は通過するか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12407216585.html

動画【第45回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その3

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12406771081.html

動画【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12405049401.html

【差別】サンディエゴのFast Foodで宗教差別

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12404882327.html

動画【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12404142940.html

【リタイアメント】トランプ大統領 退職プランの変更のためのエグゼクティブ・オーダー

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12403208767.html

【報酬】Executiveの業績連動報酬なら1 Million以上もTax Deduction

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12401665659.html

●採用した後に従業員さんの問題で悩んでいらっしゃいませんか?

弊社のお客様よりご紹介いただいたPre-Employment Testです。

http://nagelmiller.com/

●従業員のメンタルヘルスが気になる方へ 荒川先生にお問合せ下さい。

https://bit.ly/2MBNcRF

■【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

▼今月顧問契約の皆様と共有させていただいたフィロソフィ

(京セラフィロソフィをご紹介致します)

Management Based on the Bonds of Human Minds

心をベースとして経営する

▼顧問契約のメンバーの皆様からいただいた質問を一般化してご紹介させていただきます。

● LAでの給料相場調査したいのですが、お勧めの方法を教えて下さい。

● EDDからのレターについて確認下さい。

● 遅刻をする従業員への対応について

● Warning Letterのサンプルを下さい。

● Paid Holiday/Vacation/Sick Leaveのポリシー作成について

● Job Descriptionの作成(ブロンズ会員様のためタイムチャージ)

● 従業員向けベネフィットを充実させる場合のオプションについて 医療保険、有給休暇等

● 採用時のドキュメントはどのような順番でやりとりをすべきか?

● 給与や仕事内容の確認

● オファーレター

● Employee Handbook

● Job Description

● バックグランドチェック

● ハンドブックへの署名

● Job Descriptionへの署名

● Confidentiality Agreementへの署名

● EDDからのレターで失業保険の支払いが拒否された件について

● Sick Leave/VacationのWaiting Periodの取扱について

● Employee Handbookの修正(シルバー会員様)

● Paid Holidayに勤務した場合、Wage+Paid Holidayで支払ってもよいか?

● Exemptの代休のルールはどのように決めたらよいか?

● Non-Exemptは代休をとることは法律で禁止されているか?

● 当初の予定よりも勤務時間が少なくなった従業員のベネフィットが雇用の途中でなくなってもよいか?

● Exemptは時間の管理をしてもよいのでしょうか?

● Hawaii州での休憩時間、食事休憩のルールはありますか?

● 未成年の雇用を行う場合の提出書類について

● 医療保険を提供する週30時間勤務というのは年間で何日以上の平均等決まりはありますか?

● PTO(VacationとSickを合計で提供)とSick Leave(単独)のトレンドはどのようになっていますでしょうか?

● Exempt Employeeの給与支払い日とNon-Exempt Employeeの給与支払い日は毎月2回でないといけませんか?

● 18歳未満の従業員を雇用する場合、制限する法律等ありますか?

● 会社側の判断でExemptで採用した従業員をNon-Exemptにすることは出来ますか?

● ボーナスの額を決定する際に個人の評価(Warningの回数や勤務態度)を反映させることは出来ますか?

● Paid Holidayは仕事をしない日には支払わなくてもよいのでしょうか?

● Full Timeの定義とは週30時間以上なのでしょうか?週40時間なのでしょうか?

● 10/1/18施行 Massachusetts Non-Compete Agreement の制限に関する法律

● 10/13/2018施行 Massachusetts 採用プロセスでCriminal Historyに関する質問禁止

● New York Sexual Harassment Training義務化による州の指示によるトレーニング内容

● 10/15/18 New York City victims of domestic violence, sex offenses or stalking,

● individuals with pregnancy and related conditions, religious needs, and disabilities

● の従業員への配慮の対応義務化

● HR Softwareの情報はありますか?

● 当日欠勤の連絡は友人、知人ではなく、本人から連絡するように徹底してもよいか?

● 派遣会社がWorkers Compに加入しているか確認できますか?

● Pay Stubに必須の記載内容は何でしょうか?

● New Jersey / New Yorkの最低賃金のトレンドについて

● New YorkのFinal Paycheckの支払義務の期限はいつですか?

● San Francisco Cityの10/1/18から貼り出し義務の出来たポスターを教えて下さい。

● Parental Leave Act (2018年にできた新しい法律)の内容について教えて下さい。

● 弊社の失業保険のレートはいくつでしょうか?辞める人がいると上がりますか?

● CEOのSick Leaveの提供はどのようにしたらよいでしょうか?

● Workers Compのクレーム申請について

● Child Support の天引き命令について

● LA Countyから来たレターへの対応について

● FTBから来た給与税支払い依頼のレターへの対応について

● San Francisco City/California州 Illionis州 New York州 Washington DCの掲示義務のあるポスターを教えて下さい

● Leave of Absenceの運用について(最大日数を超えて許可を出すべきか?)

● Exempt Employeeが休んだ場合の給与の減額可否や有給休暇からの差し引きの可能性について

● 社内アンケート実施は可能か?

● Piece rateは残業代やRest Period/Recovery Periodの支払をする必要がありますか?

● Full-TimeからPart-Timeへ転換した場合のSick Leaveの数え方について

●全米のExemptの最低サラリーについて

▼労務管理についてお悩みがある方へ 上記のような質問をUnlimitedでお答え致します。

顧問契約については3つのオプションをご用意しております。

1.ブロンズプラン(月額$300)

emailで無制限に質問できるコース(文書の作成やEmployee Handbookの修正は別途料金がかかりますが、emailの質問は無制限です。)

2.シルバープラン (月額$600)

emailで無制限で質問

ドキュメント作成

(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成、人事関連文書のテンプレート等を月あたり2時間まで作成致します。)

3.ゴールドプラン(月額$900)

emailで無制限で質問

ドキュメント作成

(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成等を月あたり2時間まで)

毎月1時間の電話会議あるいは

ミーティング(LA or OC countyのみ)

▼顧問契約については下記のリンクをご覧下さい。

http://philosophyllc.com/service/

▼ 顧問契約しかないのですか?という御質問をよくいただきますが、

▼ スポットのサービスはタイムチャージ1時間$300で承っております。

▼ どうぞお気軽にご相談下さい。

■この記事では一般的な情報提供を目的としております。法的なアドバイスではありません。法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士にお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------------

///Philosophy ニューズレター 224号///

【発行人】

山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)

■JRN(Japan Referral Network) 今月のスポットライト

オフィス家具のことならKey International

https://www.key-intl.com/

▼新しく売り出すクッションはP!nto

https://youtu.be/Krey4pM4jRw

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100%

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

■雑誌の致知から「修身教授禄」「代表的日本人」「陰隲録を読む」「坂村真民

詩集」「古事記を読む」等を日本から発送してもらって少しずつ拝読しています。

すこしずつ、かみしめながら拝読しております。

■略歴

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R 優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf (今や中古で●●円!)

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを9年にわたり提供しております。

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

お知らせするととても喜んでいらっしゃいました。



https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

----------------------------------------------------------------------------

【弊社のサービス内容】

●日系のビジネス専門

日系のビジネス向けに保険と労務管理サービスを提供しております。

1. ビジネス保険

ビジネスが最初にオフィスや店舗をリースする際にはビジネス保険(General Liability)に加入することが家主(Land Lord)から求められます。先ずはビジネス保険のお手伝い(ブローカー)を致します。

2. 労災保険 (Workers Comp)

1名でも従業員を雇用すると加入義務があるのが労災保険です。労災保険の御加入のお手伝い(ブローカー)を致します。

3. Employee Handbookの作成

従業員を雇用する際に会社のルールを作成する必要がありますね?会社の

ルールをまとめたEmployee Handbookの作成をお手伝い致します。

4. 労務管理サービス(顧問契約)

特に飲食業や小売業では労務管理の問題が日常茶飯事に起こります。労働法

の最新情報や人事管理文書の作成等のサービスを顧問契約で承ります。

5. 医療保険

企業にて医療保険を福利厚生としてご用意される会社は沢山あります。

企業向けの医療保険のご用意をブローカーとしてお手伝い致します。

6.生命保険・リタイアメントプラン

企業で鍵となる従業員に生命保険をかけるキーマン保険や

リタイアメントプランのお手伝いを致します。

7. 給与計算+労務管理+保険 アウトソーシングサービス

----------------------------------------------------------------------------

★★★Payroll会社を変更して雇用問題のリスクを減らせるか?

▼レストランチェーンの事例

http://www.oasisadvantage.com/client-successes/oasis-outsourcing-delivers-workforce-solutions/

▼ 従業員数や業種によって対応可能な場合と対応できない場合がございます。

▼ 詳しくは下記宛てにメールで御連絡下さい。

yamaguchi@yourphilosophy.net

----------------------------------------------------------------------------

▼Payroll会社を変えてもかまわないという企業様の場合

★★★【本業に集中したい方 人事管理のリスクを半分に】★★★

Philosophy LLCは下記のPEO各社と提携し、

Payroll/HR/Insuranceのトータルサービスを提供しております。

Payroll会社の変更をいとわず、人事管理のリスクを半減させたい方

お気軽にご相談下さい。PEO各社と提携して弊社が代理店業務を

行います。

https://www.trinet.com/

http://www.oasisadvantage.com/

http://www.spli.com/

------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

■6つの精進が弊社の行動基準です。

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

■Mission of Philosophy

●利他

●弊社の経営理念は 世のため、人のため、世界平和のため、

お客様とチームメンバーの物心両面の幸福を追求すること。

です。

For people, for society, and for the world peace,

We will make Clients and Team members Happy in Monetarily and in soul.

●労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

▼企業向けリタイアメントチーム Team APS (写真はこちらから)

http://www.advancedportfolios.com/meet-the-team

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services)

Affiliate with Alliance 360

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501

TEL 310-465-9173

FAX 310-356-3352

1900 Camden Avenue, Suite 101

San Jose, CA 95124

TEL 408-600-0685

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

|

2018.09.26

【採用】候補者のタトゥーをどう評価しますか?

【採用】候補者のタトゥーをどう評価しますか?

数字によるタトゥー

米国人2,225人の調査(2016年)によれば、少なくとも10人中3人(29%)が少なくとも1つの入れ墨を入れています。入れ墨のある人のうち、10人中7人(69%)が2つ以上のタトゥーを入れています。

入れ墨は、Millennialsの約半数(47%)、第X世代(36%)に属する人のうち3分の1以上がベビーブーマーの13%と比較して、若いアメリカ人の中で特に一般的です。ミレニアムとジェネレーションXのメンバー(それぞれ37%と24%)は、彼らの長老(ベビーブーマーの6%)よりもはるかに高いタトゥー率です。

この調査でも、

農村部(35%)と都市部(33%)のアメリカ人は、郊外部(2​​5%)よりも入れ墨が多い傾向があります。


家庭内の子供がいる人は、少なくとも1つのタトゥーをしている人が子供がいない人よりもはるかに多い(子供がいる人43%、子供がいない人21%)。


政治的説得は、入れ墨を取るという決定には含まれていないようです。入れ墨のある人は、共和党、民主党、独立派(それぞれ27%、29%、28%)との差がほとんどなかった。


しかし同じ調査では、入れ墨をした米国人の23%がそれを後悔していた。回答者からの最悪の後悔は、

「入れ墨をしたときは若すぎました。」


今では異なる性格を持ち、ボディアートは現在のライフスタイルに合っていません。
自分の身体に名前が付けられたロマンチックなパートナーとはもう関係ありません。


タトゥーがうまく彫られていないものもあるし、

プロが彫ったように見えないものもあります。


ウォールストリートジャーナル紙によると、3インチ×5インチのタトゥーを取り外すには最低5,000ドルの費用がかかります(レーザー手術を8セッションしか行わない場合)

そして多い場合には36,000ドルもかかります。

専門職を超えて、見えるタトゥーに左右される意見

ボディー・アートに対する禁止とバイアスは、業界の大部分に依存しています。

米国では、多くの人々が、視覚的な入れ墨を持つ人物がさまざまな業界や職業の職に就いているのを見て問題ないと見られています。

問題ないと思われる割合は、運動選手が86%、IT技術者が81%、シェフが78%で、

小学校​​の教師と裁判官でそれぞれ59%、

大統領候補者で58%の高さに及びます。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.25

【採用】AIで採用 バーチャル採用アシスタントは必要ですか?

チャットボットの形で仮想募集アシスタントの市場が活況を呈しています。ベンダーは、管理者の負担を軽減し、候補者のアプリケーション体験を向上させる人工知能(AI)の求人者の渇望を解消するため、いくつかの新製品をリリースしています。

これらの次世代仮想アシスタントの多くは、自然言語処理と機械学習を使用して、人材募集者とのやりとり方法と同様の方法で候補者と対話し、候補者にどのように反応するかについて時間をかけて学習します。

今日のより成熟した仮想アシスタントは、候補者のよくある質問に答えるだけでなく、候補者のインタビューをスケジューリングするという大変な作業を自動化するだけでなく、大規模な申請者のプールを選んで一覧表示します。いくつかはオンボーディングタスクを処理し、新しい人材の保持を改善します。

新しい能力

マサチューセッツ州コンコルドに本社を置くSmashFly Technologiesは、新しいAI対応のアシスタントを導入しました。 SmashFlyのマーケティング担当副社長であるJosh Zywienは、Emersonと呼ばれることで、リクルーターが大規模な才能データベース内で最も強力な候補者を迅速に特定することを支援します。

「求人者にとって大きな課題の1つは、候補者管理(CRM)システムで何千もの連絡先となる可能性のある応募者を見つけることです」とジワイエン氏は述べています。 「採用担当者は、ランディングページを閲覧したり、電子メールを開いたという事実を超えて、候補者に関する詳細情報を必要としています。

会話能力を使用して、Emersonは候補者の資格と、彼らが誰で何を気にかけているのかを学び、リクルーターが優先候補者を早期に選ぶことができるようにします。このツールは、必要に応じてリクルートする人に会話を引き継ぐよう警告することもできます。

SmashFlyのCRMを使って作業することで、Emersonは新しい連絡先レコードを自動的に作成し、候補者が1つのレコード内のチャットボットで持っているすべての会話を追跡することができます。これらの会話は、候補者を評価する際に、募集者に多くのデータと洞察力を与えます。

スクリーニングの削減と予算のスケジューリング

一部の組織のライン・マネージャーや採用担当者は、インタビューしている候補者に全日を捧げることは珍しいことではなく、最終的に見る人のほんの一部しか雇用していません。たとえば、Emersonを使用しているStaples社のリクルートメントは、同じ15のスクリーニング質問を1日で60人の候補者に依頼することができます。バーチャルアシスタントは、Staplesの採用担当者がこの作業を回避するのを支援します。

「Emersonは資格のない候補者を選抜し、その者とのインタビューを自動的にスケジュールすることができます」とZywien氏は述べています。

AIを活用した募集アシスタントの先駆者の1人であるMyaは、2016年に導入された会話型のチャットボットです.Myaは世界中のクライアントを引きつけ続けています。化粧品会社のロレアルは、スクリーニングとインタビューの段階でリクルーターの仕事を減らすためにMyaを使用しています。同社は毎年約200万人の求職者を雇用し、毎年約5,000人の候補者を雇用しています。 Myaはその候補者をテキストで尋問し、質問に答えるとともに資格をチェックします。 Myaは、あらかじめプログラムされた評価モデルに基づいて、有資格者候補の候補リストを採用者に提供します。

Myaを使用する前に、ロレアルの英国のオペレーションのリクルーターは、平均して45分間、候補者との電話インタビューをスケジュールし、実施しました。 Myaは、ロレアルのグローバルHR責任者、Nilesh Bhoiteによると、このプロセスを4〜5分に短縮し、People Matters TechHR 2018カンファレンスで出席者に語った。

Mya Systemsの共同設立者兼CEOであるEyal Grayevskyは次のように述べています。「Myaは、応募者のために応募者のプールを狭くするためのスクリーニング会話を行っています。また、インタビューのスケジューリングを自動化するだけでなく、新規採用者が通常持っている幅広い質問に答えることでオンボーディングをサポートします。

シリコンバレーに本拠を置くAllyOには、応募者のスクリーニングとインタビューのスケジューリングの負担を軽減する補佐助手もいます。 AllyOのプロダクトマネージャー、Raahul Srinivasanは次のように述べています。「人が尋ねる必要はありません。 「資格や情報の確認や収集に関する質問は、私たちのアシスタントが会話形式で行うことができます。」

AllyOには新しいインタビュースケジューリング機能と新入社員からの質問に答えるためのオンボーディング機能があるとSrinivasan氏は述べています。アシスタントは、新入社員からの援助を増やすことを目的とした取り組みについて、フィードバックを得ることもできます。

別の高速インタビュースケジューリングオプションは、モンタージュからのミラです。 Montageの社長兼CEOであるKurt Heikkinenは、インタビューのために長時間待たされたり、スケジューリングプロセスに不満を持っていた応募者は、他の場所で機会を探すことが多いと主張しています。

病院コーポレーションオブアメリカ(HCA)の採用担当者は、ミラを使用してインタビュースケジュールの平均時間を4日から5時間に短縮したとKelly Furbee副社長

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.23

【オバマケア】週30時間をフルタイムとする定義を変える法案は通過するか?

【オバマケア】週30時間をフルタイムとする定義を変える法案は通過するか?

2010年にオバマケア(Affordable Care Act=ACA)が制定されて以来、雇用主はフルタイムの定義を変更しいと思っています。この法律では、1週間あたり30時間以上働いている従業員をフルタイムと定義しています。つまり週30時間以上勤務する従業員にはACAに準拠した最低限の健康保険を提供する必要があると規定されています。少なくとも下院では、雇用主の任務のこの部分に対して修正案が出されています。

ハウスルール委員会は、9月12日にアメリカ人労働者保護法(H.R. 3798)を準備するために会合した。下院は9月24日の週にこの措置に投票する予定です。

この法律は、いわゆる大規模雇用者、50人以上の常勤従業員、またはそれに準ずるパートタイム従業員の時間を対象とした、いわゆる大規模雇用者を対象としています。

●フルタイムの定義30時間を40時間に

この法案ではフルタイムのステータスを決定するための週40時間の労働時間を提案しています。該当する大規模雇用主は、従業員に医療保険を提供していない場合、罰金を課されます。提案された変更は、週30時間以上働いている従業員に医療保険を提供していない雇用者に対する罰則を廃止するものである。

●2015年から2018年の雇用者医療保険提供義務のペナルティを中止

2015年から2018年までのACAの雇用主の義務を中断する提案です。提案された中断の実際的な影響は、これまで遵守していなかった雇用主に対する罰則を廃止することになります。IRSの現在の強制執行の試みを停止し、雇用者がすでに支払ったペナルティについてIRSから払い戻しを得るための扉を開くことになります。

●高価な医療保険に課税するルールを2023年に延期

さらに「キャデラック税」を遅らせる法案があります。高価であると考えられる医療保険を提供している雇用者に医療保険料の40%にあたる追加の課税案があったが、もともと今年初めに適用される予定のこの法案は、何度も遅れていた。この最新の提案は、税金を更に延期して、2022年の代わりに2023年に延期するものである。

●レポートの要件を変更

ACAレポート要件を変更する。雇用主は、ACA準拠の報酬を受ける従業員にはグループ・プランのためのIRSフォーム1095-B、自己保険のグループ・プランのためのフォーム1095-Cは毎年1月31日までに配布する必要があります。新しい法案では担当する個人が書式を要求した場合にのみ発行が必要になります。 IRSへの年次報告は引き続き必要となります。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Ever since the Affordable Care Act (ACA) was enacted in 2010, employers have wanted to change its definition of a full-time worker. The act stipulates that employees who work 30 hours or more per week (not the traditional 40 hours per week) are full-time workers and must be offered ACA-compliant minimum essential health coverage. Congressional action on this part of the employer mandate is finally at hand, at least in the House.

The House Rules Committee met Sept. 12 to prepare the Save American Workers Act (H.R. 3798). The House is expected to vote on the measure the week of Sept. 24.

The legislation governs so-called applicable large employers, those with 50 or more full-time employees or the equivalent in part-time employees' hours. The bill would:

Establish a 40-hour workweek for determining full-time statusApplicable large employers can be assessed fines for not offering medical coverage to their workers. The proposed change would eliminate penalties for these employers that don't offer coverage to employees working less than 40 hours but more than 30 hours per week. .
Suspend the ACA's employer mandate for 2015 through 2018. The practical impact of the proposed suspension is to eliminate penalties for employers that previously didn't comply. Passage would halt the IRS's current attempts to enforce the mandate and open the door for employers to obtain refunds from the IRS for any penalties already paid.
Further delay the "Cadillac tax." The 40 percent excise tax on employer coverage that is considered expensive was originally slated to apply beginning this year, but it has been delayed many times. This newest proposal would make the tax effective in 2023 instead of 2022.
Modify ACA reporting requirements. Employers now must provide IRS Form 1095-B for fully insured group plans to employees who receive ACA-compliant coverage, or Form 1095-C for self-insured group plans, to be distributed annually by Jan. 31. The proposal would make these disclosures necessary only when an individual covered by the plan requests a form. Annual reporting to the IRS would still be required.


|

2018.09.21

動画【第45回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その3

動画【第45回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その3
ボーナスを出したら訴訟になった。
Exemptの残業代訴訟とは?

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.14

【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work

【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work

▼最新情報は無料月刊メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.13

【差別】サンディエゴのレストランで宗教上の差別

San DiegoのFast Food Restaurantで宗教上の差別があり示談。ムスリムの女性が宗教上の理由でスカーフを被って出勤したいと言ったら、会社の服装ポリシーに合わないとの理由で拒否されたためThe California Department of Fair Employment and Housing (DFEH) にファイルした。DFEHがcivil complaintをSandiego Supreme Courtに訴え、$5,000がこの女性に支払われることで示談。レストランのマネジャーは差別禁止のトレーニングを受けることになった。

DFEH, Muslim Woman Settle Religious Discrimination Case With San Diego Fast Food Restaurant - HRWatchdog https://hrwatchdog.calchamber.com/2018/09/dfeh-muslim-woman-settle-religious-discrimination-case-with-fast-food-restaurant/

| | Comments (0)

2018.09.10

【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主

【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1
個人事業主として雇ってしまう。

▼最新情報は無料月刊メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.09.06

【リタイアメント】トランプ大統領 退職プランの変更のためのエグゼクティブ・オーダー

【リタイアメント】トランプ大統領 退職プランの変更のためのエグゼクティブ・オーダー
先週金曜日に署名した大統領の執行命令は、連邦政府機関に退職計画の開示を緩和し、退職時の強制退会を減らし、小規模の雇用主が401(k)共有制度に参加するのを助けるよう求める。

         
 8月31日、ドナルド・トランプ大統領は、連邦政府に対し、スポンサーと退職者保護者を計画することに負担をかけると見なされる規制を改正するよう要請した執行命令に署名した。 たとえば401(k)の計画開示を緩和し、単一の雇用者計画を提供するよりも費用がかからず、負担の少ない複数の雇用者計画(MEP)のパートナーである小規模雇用者を助けるための改訂されたルールを求めた 。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Trump Executive Order Calls for Changes to Retirement Accounts
An executive order the president signed last Friday asks federal agencies to ease retirement plan disclosures, reduce mandatory withdrawals during retirement and help small employers join together in shared 401(k) plans.

On Aug. 31, President Donald Trump signed an executive order calling on the federal government to revise regulations deemed burdensome to plan sponsors and retirement savers. He asked, for instance, for revised rules to ease required 401(k) plan disclosures and to help small employers partner in shared multiple-employer plans (MEPs) that would be less costly and less burdensome to administer than offering a single-employer plan. ​​​​​​​

|

«【報酬】Executiveの業績連動報酬なら1 Million以上もTax Deduction