« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

2005.05.30

【報酬】会計基準変更に合わせてストックオプションの適用変更が増加

Firms Revamp Executive Compensation Before Stock Option Deadline
Nearly three-fourths (71 percent) of large companies are revising or plan to revise their long-term incentive program design in anticipation of mandatory stock-option expensing, according to a survey by Hewitt Associates, a human resources services firm.

人事コンサルティングのヒューイットの調べによると、71%の企業が長期インセンティブの変更を行いつつあることがわかった。これは、今年の6月以降に決算年度を迎える企業から有効になる、ストックオプションの費用化という会計基準の変更を想定してのものである。長期インセンティブをストックオプションから制限付き株や業績連動式の株やユニットへ変更する動きが目立っているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【ニュース】Form I-9 の臨時ガイダンス

Temporary Guidance for Form I-9

Temporary Guidance Issued for Electronic Form I-9

On October 30, 2004, President Bush signed legislation authorizing employers to accept an electronic signature on Form I-9 and retain those forms in electronic format. The law was to be effective on April 28, 2005 or the effective date of implementing regulations by the Department of Homeland Security (DHS) depending on which came first. Pending issuance of those regulations, U.S. Immigration and Customs Enforcement (ICE) and DHS have issued interim guidelines for use of electronic forms.

Form I-9 の電子署名が認められ、今年の4/28から有効になった。
検討中の項目についても中間ガイドラインが示された。

■What Should You Do?
・Decide if you wish to adopt a system for electronic completion and or storage of I-9 Forms.
・Have a properly signed Form I-9 for every employee prior to the start of their employment.
・Because the document list included with Form I-9 is out of date, be sure to accept only currently authorized documents.
・File all active employees' Form I-9 in an alphabetical file for easy access.
・Create a system to track the date an employee's eligibility must be re-verified.

・I-9 Formsの記入と保存に電子式を採用するかを決定すること
・採用に際して、全ての従業員に対して、Form I-9に適切にサインを得ること
・Form I-9にともなう文書が期限切れの場合、現行承認されているものだけを受け付けるようにすること
・全ての従業員のForm I-9をアルファベット順に容易にアクセスできるようにファイルすること
・従業員の適用日について再度検証できるよう、追跡できるシステムを構築すること。

▼詳しくは・・・・・
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_051905-2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】契約社員にも労災

Property Owners Liable to Contractors' Employees

A California appeals court has decided that property owners can be liable for contractors' employees when injuries result from failure to comply with safety regulations.

設備を所有している雇用者は契約社員にも責任を負う。
カリフォルニア州の判例によると安全基準を満たしていないことが原因で怪我をした場合、
設備を所有している雇用者の責任になると判決を下した。

■What Should You Do?

・Comply with all Cal/OSHA and other regulatory requirements.
・Inspect your premises frequently and correct all unsafe conditions.
・Hire only licensed contractors.
・Be sure any contractor you hire has valid workers' compensation insurance.


■雇用者としてすべきこと
・カリフォルニアのOSHA基準やその他規則を守ること。
・安全基準を満たしているか頻繁にチェックをし、誤りがあれば直ちに修正すること
・契約社員は資格のあるものだけを雇うこと
・どんな契約社員も労災保険の対象となることを確認すること

▼詳しくは・・・・
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_051905-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】香水に不満を言って$10.6ミリオン

DJ Who Complained About Perfume Wins $10.6M
A federal jury has awarded $10.6 million to a former DJ in Detroit who alleged that management discriminated against her after she complained that a co-worker's perfume was making her sick.

デトロイトの元DJがDJ現役の時、同僚の香水で気分が悪くなると不満を言った後、差別をされたと訴え、それが認められた。総額$10.6ミリオンの賠償金で勝訴。会社側は差別ではなく、シフト勤務の時間を守らなかったなのどの勤務成績が悪かったことが原因と主張し控訴する構え。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.15

【法廷】ボランティアへの差別防止

Volunteers and Discrimination Protection

Can a volunteer claim discrimination under the California Fair Employment and Housing Act (FEHA)? A recent state appeals court decision says the answer may turn on whether the volunteer receives direct or indirect compensation for his or her services.

ボランティアは California Fair Employment and Housing Actの基で差別から守られているのだろうか?
最近の判例を見るとボランティアが報酬を得ているかどうかが鍵になりそうだ。

▼詳しくは
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_050505-2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【ニュース】ユナイテッド 年金停止認められる

Ruling Allows United to Drop Pension Plans
A federal bankruptcy judge has given United Airlines permission to terminate its four employee pension plans, meaning the Pension Benefit Guaranty Corporation will assume responsibility for them, to the tune of $3.2 billion over the next 5 years.

連邦 破産判事はユナイテッドに4名の従業員に対する年金プランの停止を認めた。
これによりPension Benefit Guaranty Corporationが彼らの年金の責任を負うことになる。
これから5年間で32億ドルのインパクトだ。

▼詳しくは
http://www.nytimes.com/auth/login?URI=http://www.nytimes.com/2005/05/11/business/11air.html&OQ=orefQ3Dlogin&OP=16b034c3/hQ23Q2BAhQ5B_Q5C}Q3A__iEhEWWJhWJhNNhAm}{Q27Q2B}}hNNX{Q3AQ60SigQ25

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.09

【法廷】セクハラ加害者を異動させても

■Transferring a Harasser May Spell Trouble

A recent California appeals court decision suggests that an employer who transfers a harasser to another facility as a remedy for sexual harassment runs the risk of substantial punitive damages should the conduct be repeated.

■カリフォルニアの最近の判例を見ていると、セクハラ加害者を他の部門に異動しても、その場しのぎにはなるかもしれないが、後々リスクを大きくすることになる。Ralph'sの判例を見ていると、訴えた従業員側は、会社側に過去の別の店舗の履歴に遡って、同様の行為がなかったか証拠提出を求めているようだ。
つまり、もし、過去も同様の行為があれば、会社側がそのまま放置したと見なされ、罪が重くなる。

■やるべきことの復習
・差別やセクハラは絶対に許されないことを明文化して示す。ハンドブックには必須。
・セクハラトレーニングは採用後、それから少なくとも年に1回は実施することが望ましい。
・セクハラの訴えはささいなことも深刻に受け止め、素早く適切な調査をすぐに行うこと。
・証拠がはっきりとしてセクハラ加害者が判明したら、適切な対応をとること。
・カリフォルニア州の義務付けられたセクハラトレーニングではセクハラ後の対応はもちろんのこと
セクハラを未然に防ぐことも研修に含めなければならない。

▼詳しくは
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_050505-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【法廷】GAPユニフォーム論争に決着

■Gap Resolves 'Uniform' Dispute
Gap Inc. has agreed to settle a class action lawsuit charging that the retail clothing company violated California labor laws by requiring employees to buy and wear Gap-brand clothing and accessories while on the job.

■GAPに買い物に行けばわかると思うが、みんなGAPを着ている。あれは一種のユニフォームと解釈できるだろうか?しかし、そうなると、カリフォルニアではユニフォームを会社が購入しなければならないという法律がある。GAPでは従業員にGAPで買った服を着て勤務することを命じていたため、訴えられた。

■今回の決着
GAPかバナリパで1999年2月4日から2003年12月21日まで働いていたすべての人に
40ドルから240ドルのGAPギフトカードを贈ることで決着がついた。
この数は55,000名に上るというから、平均100ドルとしても5ミリオンだ。
Abercrombie & Fitchも同様の訴えで2.2ミリオンを支払っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.02

【ニュース】第一四半期の給与上昇は0.7%

Total compensation costs for civilian workers increased 0.7 percent in the first quarter of 2005, with a bulk of the gain coming from rising costs for benefits, according to the Bureau of Labor Statistics of the U.S. Department of Labor.

2005年、第一四半期の給与上昇率は0.7%。その原因の6割はベネフィットのコストだといわれている。
「現金報酬はほんのちょっとの上昇。健康保険等のベネフィットコストの上昇が大きなインパクト。」
というところが端的な状況だろうか。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

【労働法】ワーカーズコンプは遡及

Retroactive Workers' Comp Apportionment Rules

Effective in 2004, Workers' Compensation reform legislation requires that permanent disability benefits be determined based on the percentage of permanent disability directly caused by the injury incurred with that employer. A California Appeals court recently concluded that these new disability apportionment rules apply to pending workers' compensation cases regardless of the date of injury.

2004年に改訂となったワーカーズコンプ新ルールでは、企業側の責任による障害に対して、その度合に応じ永久的に障害保障を要求されることとなった。先日のカリフォルニア州の訴えでは、法律施行前から遡及してこのルールの適用される判断が下された。

雇用者がすべきことの復習
●応急処置で済まない怪我が発生した場合は1日以内に報告をすること
●保険会社が変更になっていたとしても、従業員の過去の労災については新たな保険会社に報告しておくこと
●労災申請とかかわりのある従業員の健康記録があるかチェックを行った上で、労災とかかわりのある記録があった場合は保険会社に報告を行うこと
●健康保険記録はコンフィデンシャルとして扱い、個人ファイルとして人事ファイルと別に保管すること

▼詳しくは
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_042105-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »