« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

2005.08.29

【判例】個人責任ではない しかし・・・

Protection from Personal Liability

The California Supreme Court has decided a case of critical importance to corporate officers and directors, ruling that they cannot be held personally liable for unpaid wages or overtime pay owed by a corporate employer.

カリフォルニア最高裁によれば、賃金、残業代の未払いついて、企業のオフィサーやディレクターに個人的な責任を負わせることは出来ないと判決した。

What Should You Do?

●Comply with state and federal wage and hour laws, including California Industrial Wage Orders applicable to your business.
●Periodically review the actual job duties of all employees being treated as exempt from overtime to assure continued validity of their exempt status.

注意すべきこと

●カリフォルニアの賃金基準を守ること。
●定期的にexemptがexemptの基準を満たしているかチェックをすること。

▼For more details
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_082505-2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】セクシャルハラスメントトレーニングの重要性

Avoid Unlawful Retaliation

A new California Supreme Court decision underlines the importance of training supervisors to recognize possible sexual discrimination and harassment. An employer was held responsible when its manager retaliated against a subordinate who refused to carry out a direction she reasonably believed was discriminatory, even though the subordinate never advised the employer of her belief.

違法な報復を防ぐ

ここで言う報復とは会社側から従業員、あるいは上司からの部下への報復、のことだ。
カリフォルニア最高裁の判決を見ると、スーパーバイザーにトレーニングを行って、
性的差別、セクシャルハラスメントがどんな風にして起こるかを認識してもらうことが
重要だろう。
もし、部下が差別だと思ったことを拒否したからと言って、上司が報復に出たりしたら、
その責任は会社側が負うことになる。

What Should You Do?

●Pay attention when a manager or supervisor questions the appropriateness of a direction. It may be a clue that there is concern about its legality.
●Alert all managers and supervisors that any retaliatory action that deters employees from questioning a potentially unlawful discriminatory action may create employer liability.
●Meet all training deadlines in compliance with the California law requiring mandatory sexual harassment training for supervisors.

注意すべきこと
●マネジャーやスーパーバイザーが適切な方向へ指導しているか注意を払う
●マネジャーやスーパーバイザーに、違法な要素を含みそうな行動は会社側の責任になることを
理解させる。
●カリフォルニアの州法に従った、義務化されたセクハラトレーニングを上司に行うこと。


▼For more details
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_082505-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.22

【判例】Whirlpool 候補者テストで人種差別 85万ドル支払い

Applicant Test Costs Whirlpool $850K

Whirlpool Corp. has agreed to pay $850,000 to
settle U.S. Department of Labor allegations that
an education test it administered to job applicants
disproportionately eliminated African-Americans
from consideration.

【判例】Whirlpool 候補者テストで人種差別 85万ドルの支払い

Whirlpool Corp.は労働省に85万ドルを支払うことで合意した。
仕事の候補者への教育テストを実施する際、アフリカンアメリカンの人を
偏って排除していた疑い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】企業による報復から従業員を守る 〜より従業員に有利に〜

Court Broadens Retaliation Protections

A supervisor for L'Oreal USA claimed the perfume and
cosmetics company illegally retaliated against her
for refusing the fire a female sales associate whom
management deemed not "hot" enough.
Last week the California Supreme Court agreed,
significantly expanding employee rights in that state.

【判例】企業による報復から従業員を守る 〜より従業員に有利に〜

ロレアルのスーパーバイザーが会社を訴えた。
マネジメントがこのスーパーバイザーの部下である女性のセールスアシスタントが
「イケてない」ことを理由にこのスーパーバイザーに解雇させようとしたのだ。
スーパーバイザーは差別的だとして、解雇することを拒んだため、会社側から
報復を受けていた。
カリフォルニア最高裁は無罪とする会社側の訴えを退け、
スーパーバイザーの主張が認められた。
この判例により大幅に従業員よりの判断がされたことになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.17

【差別】差別的解雇からどう会社を守るか

Defending a Discriminatory Discharge Claim

1.Carefully document and preserve evidence of employee conduct or performance problems that may later justify discipline or discharge.

2.Evaluate and document employee performance on at least an annual basis and advise employees of those evaluations.

3.Ensure that employment decisions made by your supervisors and managers are made fairly, for non-discriminatory reasons and with appropriate documentation.

差別的解雇から会社を守る方法

1.文書化が重要。業績評価を明確に記録し、解雇や、懲戒の証拠として使えるようにしておくこと。

2.業績評価は少なくとも年1回は行い、従業員が理解できるようにフィードバックをして、改善のための
アドバイスをすること。

3.従業員に、上司の判断が公正であると確信させること。差別でないということを確信させ、適切な
文書化をして記録を残しておくこと。

▼詳しくは
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_081105-3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】ニックネームで差別

Racially-Motivated Nickname Discriminates

Employers should watch for any signs of discrimination even in seemingly benign conduct. In a recent Ninth Circuit Court decision, an employer found out the hard way that the use of an apparently non-offensive nickname did indeed constitute discrimination.

In the case, Mamdouh El-Hakem, who is of Arabic heritage, sued his former employer, BJY, Inc., and his boss Greg Young, for employment discrimination under federal law. His claims arose from Young's repeated references to El-Hakem as "Manny," a non-Arabic name. Young expressed the belief that a "western" name would be more acceptable to BJY's clientele. A jury ruled that Young discriminated on account of race and created a hostile work environment, and awarded El-Hakem $30,000.

What Should You Do?

Educate all employees to respect the cultural traditions of fellow workers.
Train managers and supervisors to recognize conduct that creates a hostile work environment.


ニックネームで差別

最近の判例によると、ごくふつうのニックネームで差別と判決が下された例がある。
アラビア系の社員Mamdouh El-HakemをMannyというアラビア系でない名前で呼ばれた
ことを差別として訴えた。
企業側は敗訴して、差別的職場環境を作り出したということで、30,000ドルを
原告に支払うよう命じられた。

あなたが気をつけるべきこと
従業員に相互の文化的背景を尊重するように教育すること。
マネジャー、スーパーバイザーには敵対的職場環境を作り出すとはどういうことか教育すること。

▼詳しくは
http://www.hrcalifornia.com/cid.cfm?web=11018&cid=lle_081105-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.15

▼企業のヘルスケアコストの負担増が心配な人事担当者の方へ

▼企業のヘルスケアコストの負担増が心配な人事担当者の方へ

ヘルスケアベネフィットの見直しはコスト負担増に欠かせない対策です。

しかし、HRのトレンドはさらに根本的な問題解決を提案しています。

従業員が健康になれば、ヘルスケアコストを削減できる。

従業員も幸せになれる、という考え方です。

▼従業員の健康値が気になる方へ

企業単位で健康値測定スキャナーの無料健康値測定会を実施させて

いただきます。

▼健康値測定 スキャナーについて

http://www.pharmanexusa.com/cgi-bin/pxweb/scanner/scanIndex.jsp

▼無料健康値測定会 実施についてのご希望はメールにてお問い合わせ下さい。

mailto:norikazu_yamaguchi@nifty.com

イマ・コンサルティング
やまぐち のりかず
21250 Hawthorne Boulevard Computax Tower Suite500
Torrance, CA 90503
voice:310-792-7435
fax:310-792-7436
cell:310-279-8848
mailto:n.yamaguchi@imaconsulting.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.07

【データ】個人事業主が増加

Economy Sees More Independent Contractors
Independent contractors accounted for 7.4 percent of total employment in February 2005,
up from 6.4 percent in February 2001, according to the Bureau of Labor Statistics of t
he U.S. Department of Labor.

個人事業主が増加
2005年2月の調査によると個人事業主の割合は総労働人口の7.4%。
2001年の6.4%から1%の上昇だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【判例】ダンキンドーナツと31 残業時間違反で54万ドルを支払

Dunkin Donut and Baskin Robbins Stores Accused of OT Violations
The owner of fourteen northern Indiana and Illinois Dunkin Donuts and Baskin Robbins Ice Cream franchises
has agreed to pay 213 low-wage workers $540,912 in back wages after the Department of Labor accused
the stores of violating the overtime provisions of the Fair Labor Standards Act.

ダンキンドーナツと31アイスクリームの残業時間違反

インディアナとイリノイのダンキンドーナツと31アイスクリーム14店舗を経営するオーナーが残業時間時間違反
ということで213名の従業員に540,912ドルを支払うことで合意した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »