« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.30

【解雇】最終日にすべての賃金支払いを

雇用者は従業員の最終日にすべての賃金を支払わないといけない。

解雇の際には、言い渡して即、会社から去ってもらうのが段取りだが、
その際に過去の働いた分の賃金はその場でチェックを渡さなければ
ならない。また、未使用の有給休暇があれば、その分をチェックで渡す
必要がある。

<行うべきこと>
・従業員の最終日には、未払いの賃金、未使用の有給休暇分
を必ずその最終日に支払わねばならない。これは雇用された期間
に関係なく従う必要がある。

・独立契約者と従業員の違いについては理解をしないといけないが
支払いの義務があるのは間違いない。

・雇用関係を終了させる前にすべての法的義務のある書類について
レビューしておく必要がある。

Employers Must Pay on the Last Day

What Should You Do?
・Always provide employees any unpaid wages, including accrued vacation or PTO, on the final day of employment, regardless of how long they have been employed.

・Understand the difference between independent contractors and employees and your payment obligations to each.

・Review all legal requirements regarding final pay prior to ending an employment relationship.

| | Comments (0)

2006.07.21

【新規程】I-9の電子管理規程

2006年6月15日にI-9の電子管理規程が発行された。
Department of Homeland Securityでは電子管理による署名、I-9の管理について法律変更をする
暫定的なルールを採択した。

雇用者がすべきこと。

・電子的にI-9の管理をすることが御社のコンピュータの機能で合理的にできるかを
判断すること。

・判読可能で正確なI-9のフォームを人事ファイルとは別に管理する。
DHSのオーディットの際には、電子管理でも書類管理でもどちらでもよい。

・コンピュータのシステムのセキュリティについては検証が必要だ。
I-9の守秘義務は確実にしておくこと。
御社の記録保持のポリシーに一貫性を持つこと。


Regulations Issued for Electronic I-9 Retention
On June 15, 2006, Department of Homeland Security (DHS) adopted an interim rule that implements statutory changes to the Form I-9 retention requirements by establishing standards for electronic signatures and the electronic retention of the Form I-9.

What Should You Do?

・Review your computer capability to determine if electronic retention of original I-9s is a convenient solution for your business.

・Maintain legible, accurate I-9 forms separately from personnel files, either electronically or in hard copy, in the event of a DHS audit.

・Verify the security of your computer systems and filing systems to ensure confidentiality of I-9 forms, consistent with your record keeping policies.


| | Comments (0)

【調査】自分の給料は他の会社より安い

多くの従業員が自分の報酬はマーケットのレベルよりも低く支払われていると思っているし、
多くの雇用者は市場に対して競争力のある報酬を払っていると思っていることがわかった。

More Workers Say Employers Pay Below Market Rates
A recent survey found that while more employees say their employers pay employees below market rates, more employers are also saying their salaries are competitive with market rates.

詳しくは
http://compensation.blr.com/display.cfm?track=true&id=155239&Subs-Num=4620371&Output-ID=4620371

| | Comments (0)

2006.07.14

【ニュース】カリフォルニア州 セクシャルハラスメント研修の義務化について

California Chamber of Commerce
はThe California Fair Employment and Housing Commission (FEHC) に対して、セクシャルハラスメント防止研修のガイドライン(regulations implementing the mandatory sexual harassment training for supervisors law (AB1825))が明確でないため、明確なガイドラインを出すように要求を出した。
8月29日の次回会議で回答が出される予定だ。

いずれにせよ、今の段階で企業がやっておくべきことは・・・・
50名以上の従業員がいる企業は2年に1回のセクハラ防止研修を行うこと。
新任マネジャーには就任6ヶ月以内にセクハラ防止研修を行うこと。

2005年に対象でなかったが、2006年に対象となったスーパーバイザーには
2006年中にセクハラ防止研修を行うこと。

2005年に研修を受けたスーパーバイザーは2007年までに再度研修を受けること。

セクハラ研修の記録は残しておくこと。いつ、どこで、誰がどのような研修を受けたか
を記録し、参加者と会社側でサインを残しておくとよいだろう。

・If you have 50 or more employees or contractors, continue to comply with the AB1825 bi-annual training requirements and the six-month deadline for training new supervisors.

・Be sure to train supervisors during 2006 who were not due for training during 2005.

・Prepare to retrain all supervisors who were trained in 2005 by their training anniversary date in 2007.

・Maintain records of the dates, duration and type of training provided all supervisors.

| | Comments (0)

2006.07.08

【判例】Ralphsが採用システムの違反で70ミリオンを支払う

Ralphsが採用システムの違反で70ミリオンを支払う
Ralphsが5つの罪を認め、50ミリオンの罰金と20ミリオンの賠償金、和解金を従業員と組合に
支払うことで合意した。検察当局は、2003年から2004年の労働争議の間、Ralphsがロックアウトされた従業員を偽名と偽ソーシャルセキュリティナンバーで雇用したと主張。それが認められた。

Ralphs to Pay $70M for Hiring Scheme
Ralphs Grocery Company has agreed to plead guilty to five charges and pay $50 million in fines and $20 million in compensation to grocery workers and unions to settle a case in which prosecutors alleged that the company illegally rehired locked out employees under false names and false Social Security numbers during a 2003-2004 labor dispute.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »