« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

2008.04.30

【調査】採用が難しいポジション ベスト10

採用が難しいポジションベスト10だ。 Manpower社の調査である。
昨年の順位が()内の数字。
エンジニアや工場系のポジションが多く目につく。セールスが昨年の1位だったのが5位に。
中西部を中心に自動車関係の工場や部品メーカーさんが多数進出しているのが原因か?
まだ今年の景気下降の影響は出ていないと思う。

日本の事情とは違うだろうか?

1. Engineers
2. Machinists/Machine Operators (10)
3. Skilled Trades
4. Technicians (4)
5. Sales Representatives (1)
6. Accounting & Finance Staff (8)
7. Mechanics (3)
8. Laborers (9)
9. IT Staff
10. Production Operators

| | Comments (0)

2008.04.27

大卒女性 給与ベスト15州

女性の給与が高い州ベスト15のランキングだ。
The American Association of University Women (AAUW)が最近行ったランキングで、District of Columbiaが第一位となった。かならずしもニューヨークが一位とは限らないということも面白い。この比較は給与調査の統計上の中央値(Median)を使用してランキングを作成している。つまりMedianの高い順というわけだが、例えば、New Jerseeyは女性の給与の高さでは3位にランキングしているものの、男女の給与差という意味で州別の比較をすると50位。West Virginiaは女性の給与の高さでは36位だが、男女の給与差では、差が最も少なく1位である。

それにしても大卒の初任給のレベル比較という意味で言うと、日本よりかなり高いレベルなのでは?
日本の皆さんいかがですか?

15 Best Paying States for Women with a College Degree

What states offer the best median annual earnings for women with a college degree or more? The American Association of University Women (AAUW) recently ranked all 50 states and the District of Columbia by this criterion.

Overall in the United States, the median annual earnings for women with a college degree or more during the period of 2003-2005 was $45,684. A total of 15 states rated higher than this national figure. They are:


1) District of Columbia ($60,251)
2) Maryland ($52,758)
3) New Jersey ($52,061)
4) Connecticut ($51,649)
5) California ($51,112)
6) New York ($50,219)
7) Michigan ($49,058)
8) Massachusetts ($48,162)
9) Alaska ($48,043)
10) Virginia ($47,387)
11) Pennsylvania ($47,057)
12) Rhode Island ($47,021)
13) Minnesota ($46,999)
14) Washington ($46,301)
15) Ohio ($45,870)

Source: BRL http://compensation.blr.com/display.cfm/id/155932

| | Comments (0)

2008.04.15

給料の高いとことベスト10

Forbesの記事で、給料の高いところベスト10を掲載している。給料の高いところというと給料の高い会社のリストかと思うが、場所である。報酬調査をした時のMedian(中央値)の一番高い地域のランキングというわけだ。つまり、マンハッタンやシリコンバレーでは確かに高給取りはいるかもしれないが、競争も激しいはず。Average Joe(平均的な人)が高い給料を得るにはどこに行ったらいいのか?

例えば、1位にランクインしているStaffordではMedianが$85,014。2000年から既に27%もあがっているという。
Virginia、Marylandが多い。

1. Stafford County, Virginia
2. Forsyth County, Georgia
3. Calvert County, Maryland
4. Loudon County, Virginia
5. Charles County, Maryland
6. Prince William County, Virginia
7. Anne Arundel County, Maryland
8. Delaware County, Ohio
9. Sussex County, New Jersey
10. Williamson County, Tennessee

| | Comments (0)

2008.04.08

会社側の勝訴

差別による不当解雇で訴訟を起こしたケースで、雇用者が勝訴した。
今年は不景気でビジネス上の理由による解雇(Lay off)も行われる企業が増えるかもしれないが、
準備、記録を行い、正当な理由があれば、差別でないことが証明できる。

もちろん、訴訟が起きないようなコミュニケーションをすることがもっとも重要なことだ。

※このブログは一般的な情報提供を目的としております。弁護士による法律的アドバイスではありません。
個別のケースでは必ず専門家にご相談下さい。

Employer Wins!
An employee who was laid off because of budget shortfalls and lack of seniority lost his claim of racial discrimination against his employer; the employer's reasons for termination were legitimate and nondiscriminatory. He was also ordered to pay the employer's attorney fees, amounting to about $40,000, because his claim was frivolous. The court clarified that courts consider an employee's ability to pay attorney fees, but this employee did not produce evidence that he could not. Villanueva v. City of Colton 2008 Cal. App. LEXIS 350 (March 11, 2008)

What Should You Do?
• Document all performance issues with each employee.
• Ensure you have objective, legitimate business reasons for a reduction in force including the reason(s) employees being laid off have been chosen.
• Provide all employees with anti-harassment training and a copy of your company policy.

Source:http://www.hrcalifornia.com

| | Comments (0)

2008.04.07

管理職論争

昨日の管理職論争に意見をいただきました。
確かに裁判ではExempt / non-exemptの判断をしたというよりも
スターバックスのシフトスーパーバイザー(現在はnon-exempt)
がCalifornia Labor Code 351の”Agent”だと判断されたということです。
Exemptとみなされたとは言っていないので、これは私の言いすぎ
でした。申し訳ありません!
(残念ながらこのブログでは炎上もしない!)

ここでAgentの定義を確認してみると、
Agentの定義はCalifornia Labor Code 350によると
"Agent" means every person other than the employer having the
authority to hire or discharge any employee or supervise, direct, or
control the acts of employees.

ということであり、一般的にはこのAgentの定義はExempt(従業員の
採用・解雇の権限があるという点が特徴的)の定義です。
したがって、今後「店長」はExemptになっていくだろう、ということです。

ちなみにCalifornia Labor Code 351は下記の通り。

351. No employer or agent shall collect, take, or receive any
gratuity or a part thereof that is paid, given to, or left for an
employee by a patron, or deduct any amount from wages due an employee
on account of a gratuity, or require an employee to credit the
amount, or any part thereof, of a gratuity against and as a part of
the wages due the employee from the employer. Every gratuity is
hereby declared to be the sole property of the employee or employees
to whom it was paid, given, or left for. An employer that permits
patrons to pay gratuities by credit card shall pay the employees the
full amount of the gratuity that the patron indicated on the credit
card slip, without any deductions for any credit card payment
processing fees or costs that may be charged to the employer by the
credit card company. Payment of gratuities made by patrons using
credit cards shall be made to the employees not later than the next
regular payday following the date the patron authorized the credit
card payment.

| | Comments (0)

2008.04.04

「管理職」定義で論争、米スタバでも・チップ分配の可否で裁判

「管理職」定義で論争、米スタバでも・チップ分配の可否で裁判
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20080403D2M0300V03.html
これは論争だろうか?論争というよりも判例としては、このケースでは店舗のスーパーバイザーはExempt(管理職)であると判断したという言い方が正しいだろう。多くある訴訟のケースは、Exemptではないのに、Exempt扱いになっていたため、過去3年間に渡って残業代とペナルティを請求するというものがほとんどだろう。多くのケースに比較するとExemptである、という判例が出たことが画期的だ。

今回のこのケースではどちらかというと、チップの分配の方に視点がいっており、上記記事にあるように、カリフォルニア州では、管理職は店舗のチップの分配を受けてはいけない。
管理職論争というよりも、チップの分配をNon-exempt(非管理職)だけに与えなさい、会社が搾取しないように!
という判断とも言える。

飲食店を経営している方にとってみると、店長がexemptという判断はひとつの大きな目安になると思う。米国の判例は日本の判例に影響を与えるだろうか?

| | Comments (0)

2008.04.02

景気後退で従業員の報酬に影響か?

景気後退で、従業員の報酬にどの程度のインパクトがあるだろうか?
マーサーの調査によれば、33%の企業が昇給凍結や減給を検討しているようだ。
60%の企業は特に計画がなく様子見の段階だ。
拡大基調にあるのはわずか6%。
今年は景気後退が従業員の報酬に影響を与えそうだ。

出所:http://compensation.blr.com/display.cfm/id/155910

How Will Economic Climate Impact Staffing, Pay Practices?
A new survey reveals what changes employers are planning regarding staffing levels and compensation budgets in the wake of recent reports of declining U.S. economic conditions.

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »