« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

2008.10.22

【大統領選】 ObamaとMcCainでHRはどう変わるか?

ObamaとMcCainでHRはどう変わるか?

二人の候補者のHR関連法案への姿勢を見ると、大きな違いがある。SHRMのMichael Laymanによるレポートを見ると、一言で言えばObamaは従業員の立場に有利な方向に立っているようだし、McCainはほとんどの法案に意見を表明していない。つまり雇用者の立場に有利な方向に立っているようだ。

■Employee Free Choice Act (HR 800/S 1041)
This bill would amend the National Labor Relations Act (NLRA) to change procedures under which employees choose to join or not to join a union.
NLRAの修正法案。
▼Obamaは支持する方向だ。McCainは反対。

■RESPECT Act (S 969/HR 1644)
RESPECT stands for "Re-Empowerment of Skilled and Professional Employees and Construction Tradeworkers." This bill would amend the NLRA to change definition of "supervisor."
スーパーバイザーもマネジャーのように会社側のポジションとして定義する法律。
Exempt の定義とも関係が出て来そうだ。
▼Obamaは支持。McCainは意見を表明していない。

■Employment Non-Discrimination Act (HR 3685)
This bill would amend the Civil Rights Act of 1964 to prohibit discrimination in employment on the basis of an individual's sexual orientation.
公民権法の修正法案。同性愛者等の差別を禁止する項目を盛り込む。
▼Obamaは支持。McCainは支持していない。

■Ledbetter Fair Pay Act (S 1843/HR 2831)
This legislation is an effort to overturn Supreme Court's May 2007 decision in Ledbetter v. Goodyear Tire & Rubber Co., Inc. The plaintiff, Lilly Ledbetter, had discovered that she was being paid considerably less by Goodyear Tire & Rubber for her supervisory job than men with the same job. When she sued, though, Justices ruled that she was too late: Under federal civil rights law, they said, she had only a short period after the employer's original discriminatory pay decision in which to sue.

This legislation, if enacted, would institute a "Paycheck Rule", under which the time limit for filing a charge restarts upon the receipt of each successive paycheck. The time frame would never run out and wouldn't begin until employee left the company, according to Layman. The bill would require employees to bring claims of wage discrimination within 180 days (if employee's home state has no equal employment agency) or 300 days (if it does have an equal employment agency) of the alleged action.
賃金の差別を訴える際に「時効」を無くすことと、訴えられる期間を設定する法案。
▼Obamaは支持。McCainは意見表明なし。

■Paycheck Fairness Act (S 766/HR 1338)
This legislation would require employers to affirmatively demonstrate that a pay differential is not based on gender. Significantly, it would facilitate class action lawsuits by automatically including employees as part of a class action, unless an employee specifically opts-out.
性別による賃金差別を禁止する法案。特に訴訟が起こった場合、従業員が集団訴訟から外れたいという意志を表明しなければ、自動的に集団訴訟になるという内容が入っている。
▼Obamaは支持。McCainは意見表明なし。


▼いつもクリック ありがとうございます!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ

|

2008.10.17

【報酬】競合企業の年収調査

競合企業の特定のポジションの年収を調査したいという依頼を受けることが多くなりました。今までは統計のデータで自社の報酬レベルを決定することが多かったと思いますが、特別な情報源にアクセスすることで、調査をすることが可能になりました。もちろん、ポジションによってはデータがない場合もあります。

【報酬サーベイ】特定企業の特定ポジションを調査
■競合企業に優秀人材を引き抜かれた!

というような思いをしたことはありますか?

■新規採用をするのに同業企業の年収レベルが分かればオファーがやりやすいのに

と思ったことはありませんか?

コンサルティング会社等が発行している統計データは参考にはなりますが、
いざ、自社の年収を決定する際には決め手に欠くことがおおいもの。
やはり特定企業の特定ポジションの年収が知りたい。

そのご希望にお応えいたします。

特定企業の特定ポジションの報酬調査を行います。
10名規模の小企業でも調査可能なことがありますので、
競合企業等の情報の有無等お気軽にお問い合わせ下さい。
▼e-mail
angelmarketingllc@gmail.com

■FEE
1ポジション $250

▼下記はGoogleのHRマネジャーの例

Human Resources Manager Salary in Google Inc at Mountain View, CA

Job Title: Human Resources Manager

Base salary: $105,000.00 per year

Company: Google Inc

Salary Location: Mountain View, California

|

2008.10.15

【報酬】全米中央値が$30,000の仕事、地域によってどう変わるか?

Mercerの調査によると全米のMedian(中央値)が$30,000の仕事でも、地域によってかなり差がでることが分かった。下記のようにサンフランシスコが最も高く中央値より23.4%高い。
サンフランシスコは雇用者に厳しいと言われるカリフォルニアの中でも特に最先端を行くCityだ。
最低賃金も2009年は9.79ドル/時間
http://www.sfgov.org/site/olse_index.asp?id=27605
カリフォルニアは、州の最低賃金としては最も高い8ドルだが、その20%以上高い値となっている。

さらにサンフランシスコではベネフィットの義務化も行われている。
2009年から100名以上の企業では1時間あたり1.85ドルのベネフィットを従業員に提供する義務がある。フルタイムで従業員が働くと2080時間なので、年間3,848ドルをベネフィットとして付与する義務が生じるのだ。

▼地域による報酬差のランキング
According to the survey, the 5 cities with the highest pay differentials for a job with a median national salary of $30,000 were:

1. San Francisco, CA ($37,023) 23.4%
2. New York, NY ($36,013)
3. San Jose, CA ($36,000)
4. Washington, DC ($31,180)
5. Los Angeles, CA ($31,160)/Seattle, WA ($31,157) 10.5%

The 5 cities with the lowest pay differentials were:

1. Little Rock, AR ($27,060) -9.8%
2. Buffalo, NY ($28,113) -6.3%
3. Birmingham, AL ($28,117) -6.3%
4. Omaha, NE ($28,167) -6.1%
5. Albuquerque, NM (28,300) -5.7%

▼いつもクリック ありがとうございます!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ

|

2008.10.14

ナンバーワン企業の事業売却 4つの鍵

考えてみれば当たり前のことかもしれないが、
買収をする時には万全の準備をするものの、
売却をする時には、売り急いでしまうというのは
多くの企業の傾向かもしれない。

個人の生活でもなかなか売却のタイミングまで熟慮
して計画を立てている人は少ないだろう。
今回の4つのコツを再考してみると・・・・・・

▼続きはメルマガで
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/13/P0001355.html

|

2008.10.11

【基本】採用面接では聞いてはいけないこと

■採用面接では聞いてはいけないことが沢山ある。
もう少し具体的に言うと、日本では聞いてもいいことだが、アメリカでは聞いてはいけないことが沢山ある。

例えば・・・・
Forbidden Questions—Age
1. "How old are you?"

2. "What is your date of birth?"

(You may ask, "Do you meet the California minimum age requirement for work?" and "Are you over 18 and under age 65?")

■年齢や生年月日は、日本の定型の履歴書には記入欄が書いてあったりする。日本の履歴書の形式は米国では「差別」で訴訟されるような内容の宝庫なのだ。

■子供に関する質問もタブー。
「仕事をする時間が決まっているが働けますか?」
「残業がありますが対応できますか?」
という仕事をベースにした質問ならOK。

Forbidden Questions—Availability for work and travel
1. "Can you work Saturdays and Sundays?"

2. "Do you have children?"

3. "What are your child care arrangements?"

(You may ask, "These are the hours of work—are you available to work during these hours?" and "Work sometimes requires overtime. Can you work such a schedule?" and "Do you have any obligations that would keep you from work-related travel?")


■日本の履歴書では出身地を書く欄があったり、ご出身はどこですか?という質問もされると思うがそのまま聞くとこれも差別だ。就労許可はありますか?なら大丈夫。

Forbidden Questions—Birthplace and citizenship
1. "Where were you born?"

2. "What is your native language?"

(You may ask, "Are you legally authorized to work in the United States?")


Forbidden Questions—Clubs and affiliations
1. "To what organizations do you belong?"

2. "Do you want to tell me about any of your memberships relating to the performance of this job?"

■病気や障害の情報を聞き出してはいけない。これは勤務が始まった後も同じで、会社が個人の健康状態を知りえてはいけないという法律がある。日本のように本人のみならず、家族の健康状態まで管理している常識とはまったく違う。

Forbidden Questions—Disabilities
1. "Do you have a disability?"

2. "Have you ever filed for workers’ compensation?"

3. "Have you ever been treated for any of the following conditions or diseases [followed by a checklist of various illnesses]?"

4. "How many days were you absent from work because of illness last year?"

5. "What prescription medications are you taking?"

6. "Is there any health-related reason you may not be able to perform the job for which you are applying?"

(You may ask, "Can you perform the essential functions of the job for which you are applying?" and "Can you demonstrate to me how you would perform those functions?")

■経済的な内容を聞いてもいけない。
採用の内定の際にサインをもらってからバックグランドチェックを行ってクレジット等のチェックをすることは可能だ。

Forbidden Questions—Economic status
1. "Have you ever had your wages garnished?"

2. "Do you own your own home?"

3. "How long do you plan to work on this job?"

4. "Have you ever filed for bankruptcy?"

■名前に関する質問も人種、民族、出身地に関わる差別ととらわれる可能性がある。
質問はあくまで事務的に必要な場合に、その理由を添えて聞く。

Forbidden Questions—Name
1. "Have you ever had your name changed?"

2. "What is your maiden name?"


(You may ask, "Is there any additional information we need about your name to verify your employment/education record?")

■子供が生まれそうですか?とい質問も日本ではよくされると思うが、これもだめ。
もし質問をした後に採用しなかった場合、妊娠を理由に差別されたと訴えられる可能性がある。

Forbidden Questions—Relatives
1. "Who is the relative to be notified in case of emergency?"

2. "Are you married?"

3. "Do you have children?"

4. "Do you plan to get pregnant?"

無料DVD「内面から成功しなさい」

▼いつもクリック ありがとうございます!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ

|

« September 2008 | Main | November 2008 »