« 【スーザン】従業員 遅刻、欠勤の言い訳 | Main | 【スーザン】ジョブディスクリプション Job Description »

2011.03.21

【訴訟】非道徳なArbitration Agreementは無効

非道徳なArbitration Agreementは無効
Award Inc. で働いていた二人の女性は、個人事業主契約をしていた。この契約書にはArbitration Agreementが含まれていた。彼らが雇用主を差別、セクシャルハラスメント、報復等で訴えた場合は、Arbitration Agreementを強制的に適用するというものだ。下級裁判所ではこのArbitration Agreementは有効と判断したが、控訴により差し戻された。
控訴裁判所では、このArbitrationは非道徳的であり、無効であるとした。Arbitration Agreementは手続き的にも、実質的にも「非道徳的」であれば、明らかに従業員がサインするのは公正ではないと判断されたのである。今回のケースはまさに手続き的にも、実質的にも「非道徳的」と判断された。

Unconscionable Arbitration Agreements Not Enforceable
Two women working for Award, Inc., signed independent contractor agreements, which contained arbitration agreements. When they sued the employer for gender discrimination, sexual harassment and retaliation, the company sought to enforce the arbitration agreements. The lower court found the arbitration agreements enforceable and the court of appeal disagreed.
The court of appeal noted that for an arbitration agreement to be unenforceable, it must be procedurally and substantively "unconscionable," or obviously unfair to the employee signing it. The court ruled that the arbitration agreement in this case met both requirements. Wherry v. Award, Inc., 192 Cal. App. 4th 1242 (2011)

|

« 【スーザン】従業員 遅刻、欠勤の言い訳 | Main | 【スーザン】ジョブディスクリプション Job Description »