« 健康保険の福利厚生は依然として人事の鍵 | Main | 【スーザン】従業員 遅刻、欠勤の言い訳 »

2011.03.18

Reporting Timeと解雇に関わるケースでスターバックスが勝訴

Reporting Timeと解雇に関わるケースでスターバックスが勝訴

カリフォルニアの賃金ルール Section5では、雇用者が従業員に就業時間以外に報告のために職場に呼び出した場合は、Reporting Time Payが必要だ。通常8時間働いているスタッフがれポーティングために出社してきた場合は、その半分の4時間の報酬を払う必要がある。1日に2度目の出勤をしてレポートする場合には、2時間分のReporting Time Payを支払う必要がある。

それでは、解雇のミーティングのためだけに呼び出されたらどうなるのか?
スターバックスで働いていたDrake Priceは13回シフトが組まれていた。それから解雇。
彼はスターバックスに対してClass-actionを起こし、賃金未払いを理由に、ペナルティ、損害賠償を求めた。その訴訟は、労働法違反を訴えており、その中に解雇のミーティングに呼び出した際のReporting Payの未払いが上げられていた。

勤務のない日のReporting Time Payで2時間分の支払いが必要と求めたのだ。
裁判所はこの訴えを退けた。Drake Priceはこの件により具体的な自身への損害を証明できなかったこととスターバックスは今回のClass actionのリストに掲載されていた従業員に実際に働いた時間の賃金を支払っていたからだ。
Price v. Starbucks, 192 Cal. App. 4th 1136 (2011)


Employer Wins Reporting Time and Termination Case

Section 5 of California’s Wage Orders requires that employers pay employees who report to work and who are not provided with work for one-half of their "usual or scheduled day's work," (no less than two hours, and not more than four hours), at their regular rate of pay.
When an employee is not scheduled to work but reports for a termination meeting, how much reporting time pay is owed?

Drake Price worked at Starbucks Corporation as an entry-level employee for approximately 13 scheduled shifts; then was fired. He filed a class-action lawsuit against Starbucks on behalf of himself and a larger class of employees for unpaid wages, penalties and damages. The lawsuit claimed several violations of the Labor Code, including Starbucks' failure to timely pay wages upon termination, failure to pay an additional hour of reporting time pay on the day he was fired and failure to issue a wage statement that complied with the Labor Code.

The court denied this claim because Price did not show specific harm that resulted to him, personally, and the class of employees as a result of the way Starbucks listed the net wages and hours worked. Price v. Starbucks, 192 Cal. App. 4th 1136 (2011)

|

« 健康保険の福利厚生は依然として人事の鍵 | Main | 【スーザン】従業員 遅刻、欠勤の言い訳 »