« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

2012.04.25

候補者にfacebookのパスワードを尋ねるのはリスキー

候補者にfacebookのパスワードを尋ねるのはリスキー

ここ数ヶ月採用面接の際にfacebookのパスワードを尋ねることがメディアの話題になっている。パスワードを聞きだすことで候補者の個人的なプロフィールを調べようとしているのだと報道されている。この行為は許されるだろうか?
カリフォルニアの雇用者について言えば、答えはNOだ。

フェイスブックは候補者に個人情報を隠すセッティングがある。例えば友達しか個人情報は見られないというようなセッティングだ。
雇用者は候補者のフェイスブックを見ることはできるだろう。しかし、それは公になっている部分だけで、候補者の事細かな私生活を覗きみることはできない。

しかし、もし雇用者がフェイスブックのパスワードを候補者に聞いたり、「フレンドリクエスト」をしたりした場合、私的情報(ステイタスアップデート、写真、ゲームアプリ、メッセージ等)がやりとりできるようになる。他のソーシャルメディアも同様だ。
プライバシーセッティングによって情報のコントロールがされているわけだが、パスワードを雇用者にあげてしまうと、その全てが雇用者にオープンになってしまう。
カリフォルニアの雇用者は採用のプロセスでパスワードを聞きたいという時には少なくとも2回は考え直そう。
フェイスブックのパスワードを聞くことはリスキーだ。

Asking for Facebook Passwords Is a Risky Proposition

News of job interviewers demanding Facebook passwords from applicants caused a media storm during the last couple of months. Top news outlets have published numerous reports about the practice of requesting Facebook passwords so an interviewer can inspect personal profiles. Is this a wise practice? For California employers, the answer is generally “No.”

Facebook offers privacy settings that allow an applicant to hide personal information from individuals who are not Facebook “friends.” An employer who visits the applicant’s Facebook page may only see what the applicant chooses to share with the public and not the nitty-gritty details of the applicant’s personal life.

However, if an employer asks the applicant for his or her Facebook password or asks the applicant to “friend” the employer, the private details, such as status updates, photos, game applications and messages, become available.

The same holds true for other social media sites: Privacy settings may allow the user to control information, but obtaining a password will open those settings up to the employer.

California employers should think twice about engaging in this practice during the recruiting and hiring process.

|

« March 2012 | Main | May 2012 »