« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

2012.05.02

2013年のHSA非課税上限枠が発表されました。

2013年のHSA非課税上限枠が発表されました。
速報です。
▼下記の内容について質問がありましたら、どうぞお気軽にお知らせ下さい。

HSA contribution limits:

Individuals (self-only coverage) - $3,250 (up $150 from 2012)
Family coverage - $6,450 (up $200 from 2012)
HDHP minimum required deductibles:

$1,250 for self-only coverage
$2,500 for family coverage
Out-of-pocket maximum:

(Out-of-pocket expenses include deductibles, co-payments, and other amounts, but not premiums)

$6,250 for self-only coverage
$12,500 for family coverage

|

2012.05.01

Meal and rest Break ruleは変わったのか?

Meal and rest Break ruleは変わったのか?

California Chamber of CommerceからMeal and rest break rulesが変更になりました!
というダイレクトメールをもらった方も多いのではないだろうか?
あなたの持っている情報は古くないですか?
というコピーが着いている。

これを機会にCalifornia Chamber of Commerceの情報を買っていただいてもよいのだが、実際ルールが変わったというよりも、厳密にミールブレイクや休憩時間を管理する必要はないという判断が下されたという方が正しいと思う。

5時間より多く働く場合には30分以上のミールブレイクを無給で与えること。
4時間以上働く場合には4時間の内に10分、有給で休憩を与えること。
という基本ルールは変わらない。

会社側が上記の休憩時間中、どのように従業員が過ごすかを管理する必要まではないという判断が下ったということだ。

下記の記事を見てみてよう。
Long-Awaited Brinker Decision Finally Here; Good News for California Employers
長期にわたる裁判の結果がやっと下る。雇用者にとってはよいニュース。

Jennifer Carsen, Esq. 16 Apr 2012 6:00 AM 1
The extremely long wait is over: We finally have a decision from the California Supreme Court in the case of Brinker Restaurant Group v. Superior Court of San Diego – and some much-needed guidance on the state’s meal and rest break rules.

超長期に渡る裁判の結果がようやく出された。カリフォルニアの最高裁ではBrinker レストラングループとサンディエゴ上位裁判所のケースの判断が下された。州の食事休憩と休憩時間のルールにガイドが必要だろう。

The employers in the case, Brinker Restaurant Corporation and related companies, own several restaurant chains throughout the state, including Chili’s Grill & Bar and Maggiano’s Little Italy.

この裁判の雇用者Brinker Restaurant Corporationと関連会社は州内にChilli’sやMaggiano’s little italyといった複数のレストランを経営していた。

The Employees’ Allegations
従業員の訴え

Brinker was sued by several current and former nonexempt employees who claimed that Brinker failed to adequately provide the meal and rest breaks required by state law. Specifically, they claimed that Brinker:

Brinkerは複数のnon-exemptである現従業員や前従業員から訴訟を受けた。Brinkerが適切に州法で定められた食事休憩や休憩時間を与えていなかったからだという訴訟である。
特に下記の点を訴えてきた。

1. Provided fewer meal periods than required by law;
食事休憩が州法で定められたものより少ない

2. Sometimes required “early lunching” – a single meal period soon after the beginning of a shift followed by up to eight or more hours without an additional meal period; and
時々早めにランチ休憩を出された。1回の食事がシフトの始まりののすぐ後に出され、その後8時間、あるいはそれ以上働かされた。

3. Required employees to work off-the-clock during meal periods and unlawfully altered employee time records.
従業員に食事休憩の間に仕事をすることを求め、違法にタイムレコードをすることを求めた。

When Meal and Rest Breaks Must Be Provided
食事休憩や休憩時間はどのような時に提供する必要があるのか?

On the issue of when meal periods must be provided, the court concluded that an employer satisfies its meal period obligations by providing one meal period for shifts over 5 hours and two meal periods for shifts over 10 hours.
いつ食事休憩が提供されるべきかという点に関しては、裁判所は労働時間が5時間以上の際には1回、10時間以上の際には2回の食事休憩を与えないといけない。

While the first meal break must generally fall no later than the end of an employee’s 5th hour of work (with the second meal break, if applicable, falling no later than the end of an employee’s 10th hour of work), an employer need not schedule meal breaks at 5-hour Therefore, the employees’ “early lunching” allegations fell apart.
1回目の食事休憩は5時間の労働よりも前に出さないといけない。2回目の食事休憩は10時間を過ぎる前に与えないといけない。雇用者は食事休憩を5時間きっちりにとる必要はない。そこで、「早めにランチを強いられた」という点が却下された。

Additionally, employees are entitled to 10 minutes of rest for shifts from 3.5 to 6 hours in length, and to another 10 minutes’ rest for shifts from six hours to 10 hours in length.

さらに、従業員は、3.5時間から6時間の間に10分の給油系をとることが必要とされ、6時間から10時間の間にさらに10分の休憩をとることが必要とされる。

Rest periods need not be timed to fall specifically before or after any meal period, though in general, “in the context of an eight-hour shift…one rest break should fall on either side of the meal break. Shorter or longer shifts and other factors that render such scheduling impracticable may alter this general rule.”
休憩は特に食事休憩の前や後にくっつけてとる必要はない。一般的に8時間のシフトであれば、1回の10分休憩は食事休憩の前に、もう1回の休憩は食事休憩の後に、という具合だ。もしシフトが短くなったり、長くなったりして上記のルールが実用的でない場合には、変更すればよい。

What It Means To “Provide” Meal Periods
食事休憩を与えるとはどういう意味か?

The court concluded that an employer must relieve the employee of all duty for the designated period, but need not ensure that the employee does no work.
裁判所の結論によれば、休憩時間の間、雇用者は従業員がすべての仕事から離れる時間を提供すること、しかし、従業員が仕事をしていないことを確認する必要まではないとした。

The court also noted that:

Indeed, the obligation to ensure employees do no work may in some instances be inconsistent with the fundamental employer obligations associated with a meal break: to relieve the employee of all duty and relinquish any employer control over the employee and how he or she spends the time.

さらに裁判所によれば、従業員が働いていないことを確認する義務は、食事休憩をとらせる義務と矛盾があるとしている。仕事をやらせないで、解放してあげないと言いながら、休んでいることを監督をしなければならないとなると矛盾していると言っているのだ。

So what happens if an employee chooses to work through a meal period? According to the court, “If work does continue, the employer will not be liable for premium pay. At most, it will be liable for straight pay, and then only when it ‘knew or reasonably should have known that the worker was working through the authorized meal period.’”

従って、銃魚運が食事休憩中もし働いていたとしたらどうなるのか?裁判所によれば、休憩時間を与えていながら、もし仕事が続いているなら、雇用者はプレミアム給与の支払い義務はないとしている。もし必要とあれば、普通に時間給を支払うことになる。

On the other hand, “an employer may not undermine a formal policy of providing meal breaks by pressuring employees to perform their duties in ways that omit breaks.”

一方で、雇用者は休憩ポリシーを作らずに、休憩時間を無視して働くことを強要することは許されないとしている。

Off-the-Clock Claims Dismissed
タイムレコードをせずに働かせたという点は却下

As for the employees’ claims of off-the-clock work, the court didn’t address the merits of these as it concluded they should not have been brought as a class action.
従業員がタイムレコードをせずに働かされたという点は、上記の見解からも集団訴訟としては却下された。

Bottom Line
結論

The bottom line, of course, is that this decision is very good news for California employers.
結論としては、雇用者にとってはこの判決はよいニュースだ。

It means that you are not required to babysit your workers to ensure that they take their scheduled breaks – and it also means that you are not required to fork over premium pay if they choose to work through them.

雇用者は従業員が休憩をとっているかどうか見張りながら必ず確認する必要はないということだ。また、もし仮に仕事が長引いたりしても、休憩時間がとれなかったというプレミアム給与を払う必要はないということだ。

|

« April 2012 | Main | June 2012 »