« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

2012.07.21

【フレックス】87%の人がFlexible Workを希望

2008年の全米調査によれば87%の人がFlexible Workを重視していることが分かっている。
Flexible Workを希望している人材増がここのニュースソースでは明らかにされていないが、ExemptとNon-Exemptでは整えるべき体制も違うだろう。

Exemptは自らの意思決定で仕事ができるし、働く時間も制限されないのでFlexible Workは実現しやすいだろうが、Exemptの認識がFLSAによるあいまいな指示と残業代訴訟の温床となっている限りはなかなかExempt化に踏み切るのは難しい。

一方で、Non-Exemptの仕事は時間をベースに仕事をしてもらう内容だから、きまった時間に来てもらわないと仕事が進まないということも多い。

労働法も下手な従業員訴訟を起こす原因になっているだけで、実際の働く人の希望や最近のワークスタイルを反映していない点が多い。

この問題を解決しながら経営を助けるのが我々の使命だと思う。

Flexible Work Arrangements

Flexible scheduling continues to be on the wish list for many employees. The “2008 National Study of The Changing Workforce” by the Family and Work Institute reported that 87 percent of all employees say that flexibility would be “extremely important” or “very important” to them if they were looking for a new job.

Continuing technological advances are changing the need for in-office “face time.” Flexibility may work as part of an overall business strategy — rather than just on an individual, case-by-case basis.

|

2012.07.11

【労災保険】Workers' Comp Rates Increased 37% by Commissioner Jones

カリフォルニア州でWorkers CompのRateが37%上昇することが承認された。
来年のWorkers CompのRateは上がることが予想される。

労災の値上げを抑えるためにPayroll、HRのサービスを合わせて

PEOを利用する動きも高まってくるはずだ。

▼PEOの事例

http://www.oasisadvantage.com/the-oasis-outsourcing-risk-management-advantage

http://www.trinet.com/solutions/default.htm

▼PEOに関するお問い合わせはお気軽に

yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL 310-465-9173

Workers' Comp Rates Increased 37% by Commissioner Jones
Against a backdrop of a horrid economy and small businesses in trouble, California Insurance Commissioner Dave Jones today effectively approved a 37% increase in workers’ comp rates for 2012. The decision means California employers will pay a lot more for workers’ comp next year than they did last year. But Democrat Jones tried using numerical trickery to couch his decision and make it a non-news worthy event.

|

2012.07.09

【報酬】コミッションに文書契約の義務化

コミッションを従業員に支給する場合、文書で契約を交わすことが義務化される。実際には2013年からの施行だが、すでに準備をしておいた方がよいだろう。コミッションの前払いや実際にターゲットに行かなかった場合の払い戻し等について文書での契約が必要とされる。

Content of Commission Agreement Is Important

California Labor Code sec. 221 prohibits employers from engaging in “self-help” by withholding from an employee’s wages any money owed to the employer. However, in the case of commission wages, the employer and employee often have a written agreement that provides for an advance on commissions, and a charge-back for recouping commission advances if the conditions required for payment of a commission are not met.

A recent California case provides an example of why detailed commission agreements are so important. Sciborski v. Pacific Bell Directory, 205 Cal.App.4th (1152).

|

【失業保険】懲戒文書にサインをしなかった場合

懲戒文書にサインをしなかった場合に失業保険の支給から除外されるという決定がカリフォルニア州の裁判所で下された。失業保険は、従業員の不正行為があった場合には支給されないことになっている。今回の判決では、従業員が懲戒文書にサインをしなかったことも不正行為の1つとして考えられるということだ。

最近の弊社のお客様の事例を見ていると、不正行為をしたための解雇であっても、不正行為と認められないケースが多い。つまり、そのまま失業保険が支給されることが多い。今回の判決は実際に経験している事例とは違うという感覚が私にはあります。皆様の企業ではEDDの判断はどのように決定されているでしょうか?

Refusal to Sign Disciplinary Document Bars Unemployment Insurance Claim

Employees are barred from receiving unemployment insurance (UI) benefits if they have been discharged for “misconduct.”

A California court ruled that an employee’s refusal to sign a disciplinary memorandum can be considered “misconduct” disqualifying him from receiving UI benefits. Paratransit, Inc. v. Unemployment Ins. Appeals Bd., 2012 WL 2159383 (May 31, 2012).

|

« June 2012 | Main | August 2012 »