« January 2015 | Main | March 2015 »

February 2015

2015.02.23

///Philosophy #191///ニュースレター

毎々お世話になりまして ありがとうございます。
■旧正月でアジア圏は沸いておりますが、2月の下旬から
3月上旬に台湾に行って参ります。15年前は毎月のよう
にプロジェクトで台湾に行っていましたが、15年ぶり
に台湾の様子をみてきたいと思います。

■先日、自分の家族でもIULの生命保険に加入をしてみました。
生命保険の補償の部分よりもIndexで運用する部分に魅力
を感じて加入してみましたが、これをもっと若いうちに
始めておくととても強力だったと実感しています。
幼少の頃から少しずつ月額で始めたり、社会人になった
際に始めたり、LIFEイベントの時に貯蓄を始めてみるのは
とても大切なことだと感じています。

山口憲和
Philosophy LLC
==============================
目次
1. 労務管理のQ&A

■質問「賃金を下げるのは違法ですか?」

2.   保険のQ&A

■質問「基本的な質問ですが、In-Networkとは何でしょうか?」

3.「デンタル保険に加入できますか?」

4.「海外旅行者保険に加入できますか?」

4. Japan Referral Networkのメンバー紹介

==============================

1. 労務管理のQ&A

■質問「賃金を下げることは違法ですか?」

▼少し詳しく書いてみました。違法になることもあります。
http://hr.cocolog-nifty.com/sell/2015/02/post-ae19.html

■質問「 FORM 300Aを2/1から4/30まで掲示しないといけないと聞きましたが、うちの会社も対象でしょうか?」
対象外のリストがありますので、ご確認下さい。
https://www.osha.gov/recordkeeping/ppt1/RK1exempttable.html

http://www.dir.ca.gov/dosh/etools/recordkeeping/faq/FAQ143002.htm?A=143002-1#143002-1

その他最新のニュースはブログをご覧下さい。
▼保険と労務 アメリカ版社労士のブログをご覧下さい。
http://hr.cocolog-nifty.com/

筆者は正確な情報を提供するよう心がけておりますが、本稿の内容が正確であるか、完全であるか、
また最新の情報であるかについては保障するものではありません。
本稿の内容を利用される前には必ず専門家にご相談下さい。本稿の情報を基に損害が発生した場合
でも責任を負いませんのでご注意下さい。


2.   保険のQ&A

■ 質問「基本的な質問ですが、Co-Payment (Office Visit) とは何でしょうか?」

■ 回答:「Co-Payment (Office Visit) とはドクターに訪問する際に発生する“入場料”のようなものです。」


Co-Payment(Office Visit)は皆様に比較的おなじみの言葉ではないでしょうか?
ドクターに行くと最初に入り口でお支払いされる費用です。以前はCo-Payment
は$10が一般的というような時代もありました。しかし、2014年からの一般的
なガイドラインとしてはプラチナ $20 ゴールド$30 シルバー$45 ブロンズ$60
(年3回まで)というのが一般的です。もちろん、同じプラチナであっても保
険会社により$10のプランがあったり、多少の幅があります。ブロンズの$60
(年3回まで)の意味は、年3回までであれば$60で行けますが、4回目以降は
全額自己負担になります、という意味です。自己負担だとCo-paymentはいくら
ぐらいでしょうか?サウスベイ地域のドクターは内科や家庭医の場合、保険無し
で行った場合は約$200程度のCo-Paymentの費用がかかると思います。もしIn
Networkの場合は$100程度に下がるかと思います。専門医によってはIn
Networkでも$600というドクターもあったと友人から聞いております。Co-
Paymentの設定はご自身が年間に何回程度ドクターに行くかという計画(予
想?)と関連させてプランの選択に役立てると良いと思います。個人の健康保険
は2/15の申込期限を過ぎると2015年は加入のチャンスが無くなります。次の
申込期間は2015年11/15〜2/15に2016年のプランに加入することができるよ
うになります。2015年の無保険のペナルティはグロス収入の2%です。

3.「デンタル保険に加入できますか?」

Delta Dentalはカリフォルニアの歯科保険の中でもネットワークが最も
充実している保険会社の一つです。しかし、企業向けのDelta Dentalも
従業員数5名からでないと一般的には申し込みができません。
下記のWebサイトからお申し込みいただくとDelta Dentalが
個人1名からでも加入可能です。
下記のリンクをクリックしていただき
▼お見積もり、お申し込みはオンラインで簡単です。
http://www.dentalforeveryone.com/?id=03167-04038


ZIP CODEを入れていただけるとお見積もりとお申し込みが可能です。

ご質問等ございましたらお気軽にお知らせ下さい。

尚、個人のDental保険はWaiting Periodがあり、保険を使用するまでに
Basic(詰め物等)に6ヶ月、Major(Bridge等)に12ヶ月の待機
期間があります。
また、ベネフィットも3年間で少しずつ向上するプランです。
必ずご確認いただけますようお願い申し上げます。
▼お見積もり、お申し込みはオンラインで簡単です。
http://www.dentalforeveryone.com/?id=03167-04038


4. 海外旅行者保険に加入できますか?

日本では空港の出発ロビーに海外旅行者保険のお申し込み
窓口が沢山ありますが、気軽に申し込める海外旅行者
保険はありますか?

▼オンラインで簡単に加入できます。
https://purchase.sevencorners.com/policygroup/HW7C6C8/HG7YTS4/


▼多様なニーズにお応えできるように複数のプランを用意しております。
https://www.sevencorners.com/insurance/HG7HTKN

 

5. Japan Referral Networkのメンバー紹介


今回のスポットライトはTMSの吉田さんです。
人材紹介、派遣のご用命はお気軽にご連絡下さい。
倉庫業界の人材が豊富にいらっしゃるそうです。

http://losangeles.vivinavi.com/JA/tg/tg_main.phtml?tg_page=5&wid=0-02-JA-tg-1392069677-ad01


▼JRNのfacebook page
https://www.facebook.com/pages/Japan-Referral-Network-Bi-Lingual-JapaneseEnglish-Referral-Business-in-LA/211413246306

▼JRNのWeb ページ
http://jrnla.org/

▼紹介で売上を拡大!
毎週(金)朝7:00~8:30
Holiday inn Torranceにて
相互顧客紹介のビジネスミーティング
参加は1業種1社に限られるため、参加前に必ず
山口宛にご一報下さい。

yamaguchi@yourphilosophy.net

■■■Philosophy 第191号■■■■■■■■■■■■■■■■■■
名刺交換させていただいた方へ感謝とご挨拶を兼ねて配信している
ニュースレターです。ご不要の場合にはご遠慮なくお知らせ下さい。

●アメリカで会社設立時には是非、無料相談をご利用下さい。
●立ち上げに必須のビジネス保険
●従業員雇用時に法定加入義務のある労災保険
●2014年から国民皆保険が始まりました 企業向け健康保険 個人向け健康保険

●従業員雇用に必須の 就業規則作成 労務管理サービス
●ジョブディスクリプションの作成、サンプルの提供
●報酬制度・評価制度の設計と運営
●人事運営と保険を丸ごとアウトソーシング PEOサービス

●節税、家業の相続、将来に備える経営幹部用の生命保険
●売掛金回収が困難になった場合(メーカー様向け)の売掛金専門 損害保険
●お子さんの誕生、持ち家の購入、新社会人、LIFE イベントに合わせた
貯蓄型の生命保険

お気軽にご相談下さい。
Email: yamaguchi@yourphilosophy.net

【編集後記】
今年の弊社のテーマの一つは「分業」
ということでお客様へのサービスも弊社のスタッフが支えております。

■健康保険はAlliance 360のDerek Taira
業界経験も長く、深夜、土日を問わず働き者。
小柄ですが、目がくりくり大きくて
ちょっとクールな健康保険の職人です。

■損害保険はTsuneishi InsuranceのMai Vy Nguyen
速くて 丁寧な回答をいつも助けてくれます。
一生懸命な仕事が売りです。

■VP 山口真智子
会計・プロモーション・顧客管理・総務と会社全般をマネジメント。
ボケの私をしっかりツッコンでいただいております。
家訓は「ありがとう、
あんしん、あったか、あかるく、げんき、
すなおで、けんきょで、せいじつに」

■社長 山口憲和
趣味はアクション中国語会話 http://www.youtube.com/user/MrYourPhilosophy

山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)
Norikazu (Kazu) Yamaguchi
CA Insurance License: 0F78137
▼デンタル保険のお見積もりは「デンタル888(歯歯歯)」へ
http://is.gd/dental888
▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ
http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net
■会社情報はWeb: http://www.yourphilosophy.net/
■無料オンラインセミナーはYouTube: http://www.yourphilosophy.net/calendar
■保険のfacebook page: https://www.facebook.com/pages/Philosophy-Insurance-Services/189256384422571
■労務のfacebook page: https://www.facebook.com/pages/Philosophy/157840147570931

----------------------------------------------------------------------------
Philosophy LLC (Human Resources Services)
Philosophy Insurance Services (Insurance Services)
Affiliate with Tsuneishi Insurance Agency / Alliance 360


21250 Hawthorne Blvd., Suite 780
Torrance, CA 90503
TEL 310-465-9173
FAX 310-356-3352


1900 Camden Avenue, Suite 206
San Jose, CA 95124
TEL 408-600-0685

▼個人のページ
個人のfacebook http://www.facebook.com/norikazu.yamaguchi
アクション中国語会話 http://www.youtube.com/user/MrYourPhilosophy
Affiliate with Tsuneishi Insurance Agency / Alliance 360
----------------------------------------------------------------------------
Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice.

----------------------------------------------------------------------------
東日本大震災の被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
この大災害の中で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、
被災地の一日も早い復興をご祈念申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------


|

2015.02.22

賃金を下げることは違法ですか?

賃金を下げるのは合法か?

When is it illegal to lower pay?

■When there is no prior notification. Pay cuts can't be a retroactive surprise.
カリフォルニア州では1-15日までの給与を26日までに、16—末日までの給与を翌月の10日までに支払う必要があります。
そこで、賃金が下がる時には給与日に知らせるのではなく、給与の計算が始まる前に通知する必要があります。

■When the pay cut is a response to some protected activity. For instance, if you complain that your boss is sexually harassing you, and then your pay is cut, that is illegal.
報復は厳禁です。例えば、上司にセクハラを受けていると会社に通報した後に賃金を下げることを行えば報復とみなされます。

■When the pay cut is discriminatory. If all men get a pay cut, but no women, that's illegal. If all Asians receive a pay cut, but no one else, that's illegal. If everyone over 40 receives a pay cut, but no one younger, that's illegal.
賃金を下げる理由が、性別で違っていたり、人種で違っていたり、40才以上の人だけ下がったりということがあれば、差別として禁止されています。

■When the pay cut drops your salary below the minimum wage. The Federal minimum wage is set at a particular dollar amount, but a lot of states and cities have higher minimums. Dropping below that minimum wage is always illegal — even if you agree to it.
最低賃金を下回ってはいけません。署名をして本人が納得していたらいいですか?という質問をよくいただきますが、最低賃金を下回っていたら合意は意味がありません。

■When you have a contract that says otherwise. This is especially common in union situations, which clearly spell out the pay rate for each job.
組合がある場合は合意がないと賃金の調整はできません。

■When a cut for an exempt employee is temporary. It seems strange to say that a temporary cut would be illegal while a permanent one wouldn't, but one of the requirements for exempt employees is that their pay remains the same, regardless of the number of hours worked.
Exemptに一時的な賃金カットはありえません。

If you just cut pay for a month or two, you could lose the salary exemption — which means that the employee is eligible for overtime pay.
年間で賃金が決められないのであれば、その従業員は残業代を支払うNon-Exemptになります。

http://humanresources.about.com/od/salary-and-compensation-info/fl/legally-cut-an-employees-pay.htm?utm_campaign=list_humanresources&utm_content=20150222&utm_medium=email&utm_source=exp_nl

|

2015.02.02

2/1-4/30まで FORM 300 A掲示義務があります。

従業員10名以上の企業は 2/1から4/30まで FORM 300Aの掲示義務があります。
レストラン、銀行、メディカルオフィス、ビジネスサービス等は記入は義務ではありません。
下記のリンクから御社が掲示が必要か質問に回答していくと分かります。
http://www.calchamber.com/hrcalifornia/forms-tools/wizards/Pages/log-300-wizard.aspx

▼英文の記事はこちらから。
http://hrwatchdog.calchamber.com/2015/01/february-1-form-300a-posting-requirement-2.html

|

« January 2015 | Main | March 2015 »