« 2018 FSA Contribution Cap Rises to $2,650 | Main | カリフォルニアのアップルストア従業員は、食事の中断要求に対して2百万ドルを得る »

2017.12.18

ビクトリアシークレットは、カリフォルニア州のコール・ワーカーに1200万ドルを支払う

ビクトリアシークレットは、カリフォルニア州のコール・ワーカーに1200万ドルを支払う

賃金と時間のクラスアクションで、ビクトリアシークレットは、小売店のオンコールシフトスケジューリングの使用によって賃金不足を主張する時間従業員によってもたらされた訴訟を解決するために1200万ドルを支払うことに同意した。 カリフォルニア州の法律では、仕事のために一度出社して早期帰宅する従業員は通常の料金で2〜4時間の賃金を受け取ることが求められています。(レポーティングタイムペイ) 小売業者の方針は、オンコール従業員が電話で呼び出すことを可能にしました。現場で必要とされているかどうかを確認するために電話をかけることが可能だったはずですが、原告は、依然として従業員に シフトがキャンセルされてしまうため店に来ることが必要だったと主張していました。

Victoria's Secret to Pay $12 Million to California On-Call Workers

In another wage and hour class action, Victoria's Secret agreed to pay $12 million to resolve a lawsuit brought by hourly employees who claimed they were shortchanged by the retailer's use of on-call shift scheduling. California law requires that employees who report for work but are not needed or are sent home early receive two to four hours of pay at their usual rate. The retailer's policy allowed on-call employees to call in—rather than show up—to see if they were needed at work, but the plaintiffs said that this still compelled employees to reserve their shift time for work even when they did not report to the store due to shifts being cancelled.

|

« 2018 FSA Contribution Cap Rises to $2,650 | Main | カリフォルニアのアップルストア従業員は、食事の中断要求に対して2百万ドルを得る »