« 2018年のカリフォルニア州+他州の新しい法律 | Main | amazon等採用におけるfb広告で訴訟 »

2017.12.28

【トップ7】カリフォルニア商工会議所のHRニュース 今年読まれたTOP 7

カリフォルニア商工会議所のHRニュース 今年読まれたTOP 7を見てみましょう。
http://www.mag2.com/m/0000118556.html

1.2017年3月1日に有効になった カリフォルニアのトイレサイン法

3月1日から、あらゆる事業所、公共施設、政府機関のすべてのシングルユーストイレ施設(一人用のトイレ)を「オールジェンダー」トイレ施設として識別する必要があります。雇用主は、コンプライアンスのためにトイレの看板をチェックする必要があります

2.カリフォルニアは第2位の「司法地獄」

カリフォルニア州は、アメリカの不法行為改革財団(スポイラーアラート:カリフォルニア州はこの12月に再びリストを作った)によると、"司法地獄"リストNo.2となった。

3.カリフォルニア州最高裁判所は7日のうち「1日の休息」を決める

メンドーサ対ノードストロームの裁判で、カリフォルニア州最高裁判所は、労働規則の第7日に関する質問に回答し、従業員をどのようにスケジュールすることができるかについて雇用者に指針を与えた。重要なことは、裁判所は、休日の日は、労働者が定義した「Work Week」ごとに保証されており、連続して6日間を超えて週に7日連続で働くことはないということだ。

4. 7月1日に登場する新しい刑事背景規則

カリフォルニア公正雇用および住宅協議会(FEHC)は、2017年7月1日に発効した雇用決定における犯罪背景情報の使用に関する新しい規則を承認しました。しかし、目を瞬かせる前に、カリフォルニア州議会はまた、 5人以上の従業員を持つ雇用主は、雇用条件付きオファーを行う前に、申請者に自らの有罪判決の歴史について尋ねることはできません(2018年1月1日発効)。 FEHCが新しい州法に準拠するように2018年に規制を更新するのを見てください。

5.ロサンゼルスの犯罪履歴質問禁止令が有効

2017年に始まった新しいロサンゼルス市の条例では、多くの雇用で一般的に使用されてきた犯罪履歴チェックボックスを禁止しています。サンフランシスコにも禁止の条例があります。雇用者は、州と地方の両方の犯罪歴調査法を遵守する必要があります。

6.カリフォルニアはトイレの問題を含むトランスジェンダーの保護に関する規定を提案する

カリフォルニア州のFEHCは、トイレ関連の保護を含むトランスジェンダーの人々の保護に具体的に取り組むため、公正な雇用と住宅法の改正を提案した。これらの規制は最終的に確定し、2017年7月1日に発効しました。カリフォルニア州議会はまた、カリフォルニア州職場のトランスジェンダー権利に関する新たな義務的なポスターと、雇用者のための新たな訓練要件「スーパーバイザーハラスメント防止訓練」を義務化します。

7.ロサンゼルスCityの有給休暇規則の変更

雇用主の観点からは、地方条例の最も困難な課題の1つは、いつでもルールが変更できるということです。これはまさにロサンゼルス市が地方傷病有給休暇(Paid Sick Leave)条例に関する規則と規則を改訂したときに起こったことです。変更や説明の一部は重要でした。地方条例には、州の傷病有給休暇法(Paid Sick Leave)とは異なる条項が含まれています。
http://www.mag2.com/m/0000118556.html

|

« 2018年のカリフォルニア州+他州の新しい法律 | Main | amazon等採用におけるfb広告で訴訟 »