« October 2017 | Main | January 2018 »

December 2017

2017.12.31

amazon等採用におけるfb広告で訴訟

T-MOBILE US, INC., AMAZON.COM, INC.,
COX COMMUNICATIONS, INC., COX
MEDIA GROUP, LLC, 等が年齢差別で訴訟をされた。採用広告で年齢ターゲットをしていたことが理由。
例えばT-Moblieは18-38歳にターゲットを絞ってfb広告を出していた。

T-Mobile “wants to reach people ages 18 to 38 who live or were
recently in the United States
▼訴訟内容のリンクは下記より
https://www.onlineagediscrimination.com/sites/default/files/documents/class-action-complaint.pdf

▼【無料メルマガ】の登録は下記のリンクから
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

GOETHE(ゲーテ)

幻冬舎が2006年から発行している
人気のビジネス雑誌。

この編集者が
あることを発見したそうです。

彼は仕事柄、経営者の部屋を訪れ
取材をする機会が多かったのですが

うまくいっている経営者の本棚には
必ずと言っていいほど

ある人の本があったそうです。

それは

「原田隆史」

原田隆史さんは
大阪の荒れた中学校の陸上部を
7年間で13回日本一を達成した
カリスマ教師。

しかし、なぜ教師である原田さんの本が
経営者の本棚にあるのか?

それは、
うまくいっている経営者ほど抱える
ある問題(しかも深刻な)を解決するからです。

それは何か?

詳しくはこちら

http://directlink.jp/tracking/af/372892/AK3nBlwl/

|

2017.12.28

【トップ7】カリフォルニア商工会議所のHRニュース 今年読まれたTOP 7

カリフォルニア商工会議所のHRニュース 今年読まれたTOP 7を見てみましょう。
http://www.mag2.com/m/0000118556.html

1.2017年3月1日に有効になった カリフォルニアのトイレサイン法

3月1日から、あらゆる事業所、公共施設、政府機関のすべてのシングルユーストイレ施設(一人用のトイレ)を「オールジェンダー」トイレ施設として識別する必要があります。雇用主は、コンプライアンスのためにトイレの看板をチェックする必要があります

2.カリフォルニアは第2位の「司法地獄」

カリフォルニア州は、アメリカの不法行為改革財団(スポイラーアラート:カリフォルニア州はこの12月に再びリストを作った)によると、"司法地獄"リストNo.2となった。

3.カリフォルニア州最高裁判所は7日のうち「1日の休息」を決める

メンドーサ対ノードストロームの裁判で、カリフォルニア州最高裁判所は、労働規則の第7日に関する質問に回答し、従業員をどのようにスケジュールすることができるかについて雇用者に指針を与えた。重要なことは、裁判所は、休日の日は、労働者が定義した「Work Week」ごとに保証されており、連続して6日間を超えて週に7日連続で働くことはないということだ。

4. 7月1日に登場する新しい刑事背景規則

カリフォルニア公正雇用および住宅協議会(FEHC)は、2017年7月1日に発効した雇用決定における犯罪背景情報の使用に関する新しい規則を承認しました。しかし、目を瞬かせる前に、カリフォルニア州議会はまた、 5人以上の従業員を持つ雇用主は、雇用条件付きオファーを行う前に、申請者に自らの有罪判決の歴史について尋ねることはできません(2018年1月1日発効)。 FEHCが新しい州法に準拠するように2018年に規制を更新するのを見てください。

5.ロサンゼルスの犯罪履歴質問禁止令が有効

2017年に始まった新しいロサンゼルス市の条例では、多くの雇用で一般的に使用されてきた犯罪履歴チェックボックスを禁止しています。サンフランシスコにも禁止の条例があります。雇用者は、州と地方の両方の犯罪歴調査法を遵守する必要があります。

6.カリフォルニアはトイレの問題を含むトランスジェンダーの保護に関する規定を提案する

カリフォルニア州のFEHCは、トイレ関連の保護を含むトランスジェンダーの人々の保護に具体的に取り組むため、公正な雇用と住宅法の改正を提案した。これらの規制は最終的に確定し、2017年7月1日に発効しました。カリフォルニア州議会はまた、カリフォルニア州職場のトランスジェンダー権利に関する新たな義務的なポスターと、雇用者のための新たな訓練要件「スーパーバイザーハラスメント防止訓練」を義務化します。

7.ロサンゼルスCityの有給休暇規則の変更

雇用主の観点からは、地方条例の最も困難な課題の1つは、いつでもルールが変更できるということです。これはまさにロサンゼルス市が地方傷病有給休暇(Paid Sick Leave)条例に関する規則と規則を改訂したときに起こったことです。変更や説明の一部は重要でした。地方条例には、州の傷病有給休暇法(Paid Sick Leave)とは異なる条項が含まれています。
http://www.mag2.com/m/0000118556.html

|

2017.12.27

2018年のカリフォルニア州+他州の新しい法律

今年も大変御世話になりまして誠にありがとうございました。
2018年もよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康、ご多幸、ご発展をお祈りしております。

2018年のカリフォルニア州の新しい法律を一言で表すならGenderでしょうか。給与履歴の質問禁止は女性の賃金が伝統的に統計的に男性に比較して低いことを解消するために、過去を断ち切るために施行される
法律です。

また、全体的にLGBTの配慮が多くの法律で為されます。2017年のトイレ個室の両性利用から始まり、職場での更衣室等の施設の整備、2018年は法律用語でShe やHeを使わない、セクシャルハラスメント防止研修にSexual Orientationに関わるハラスメント防止を盛り込むこと等が義務化されます。

そして、育児休暇の実施やSDI、PFLの支給額の増加等Genderに関わるベネフィットの充実化等が行われます。

▼顧問契約のお客様に配信している人事関連ニュースの目次をご紹介します。
2018年カリフォルニア州での新しい人事・労務関連の法律

●賃金関連 (SB 3)

●State Disability Insurance(SDI)とPaid Family Leave(PFL) (AB908)

●Parental Leave for Small Employers (SB 63)

●失業保険 (AB 1695)

●採用関連 (AB 1008)

●過去の給与履歴質問禁止 (AB 168)

●Worksite Immigration Enforcement and Protections (AB 450)

●Harassment Prevention Training: Gender Identity/Gender Expression, Sexual Orientation (SB 396)

●Gender identification: Female, Male or Nonbinary (SB 179)

●Employment Discrimination: Gender Neutral Language (AB 1556)

●Barbering and Cosmetology (SB 490)


2018年前後に施行される 
主な全米各州の人事・労務関連の法律(カリフォルニア州を除く)

【ニューヨーク州】Paid Family Leave(PFL) (1/1/18有効)
【ニューヨーク市】Fast-Food and Retail Employers Must Note New Scheduling Laws(11/26/17有効)
【ニューヨーク市】New York: NYC Bans Pay History Inquiries (10/31/17有効)

【オレゴン州】Sick Time Law改正(1/1/18有効)
【オレゴン州】Oregon Pay Equity Law (various)
【オレゴン州】Oregon Predictable Scheduling Law (7/1/18有効)

【テキサス州】Texas Extends Leave Use to Foster Parents (9/1/17有効)

【ワシントン州】Washington Paid Family Leave (1/1/19有効)
【ワシントン州】Washington Paid Sick Leave (1/1/18有効)


【DC】District of Columbia Universal Paid Leave Act (tax begins 7/1/19)

【シカゴ市】Illinois: Chicago "Hands Off, Pants On" Ordinance (1/7/18)

【マサチューセッツ州】Massachusetts Pay Equity Law (7/1/18)
【マサチューセッツ州】Massachusetts Pregnant Workers Fairness (4/1/18)

【ネバダ州】Nevada Pregnant Workers Fairness Act (6/2/17 有効)
【ネバダ州】Nevada Leave for Victims of Domestic Violence (1/1/18)


●●●毎月$300 にてemailで無制限にご相談できるプランをご用意しております。
▼顧問契約については下記のリンクをご覧下さい。
http://philosophyllc.com/service/

※この記事では一般的な情報提供を目的としております。法的なアドバイスではありません。法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士にお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------------
///Philosophy ニューズレター 215号///
【発行人】
山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)
■You Tubeで必ずチェックするのは・・・
「ワイドなショー」と「本音ではしご酒」
■常滑で買って来た急須でお茶を入れてます。深い味わい。
■略歴
群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて
東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。
ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。
Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、
慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、
自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer
(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。
Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社
があります。http://amzn.to/2rhTeuf (今や中古で285円)

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。
労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、
グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している
日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに
保険と労務管理のサービスを9年にわたり提供しております。
----------------------------------------------------------------------------

【弊社のサービス内容】

●日系のビジネス専門
日系のビジネス向けに保険と労務管理サービスを提供しております。

1. ビジネス保険
 ビジネスが最初にオフィスや店舗をリースする際にはビジネス保険(General Liability)に加入することが家主(Land Lord)から求められます。先ずはビジネス保険のお手伝い(ブローカー)を致します。

2. 労災保険 (Workers Comp)
 1名でも従業員を雇用すると加入義務があるのが労災保険です。労災保険の御加入のお手伝い(ブローカー)を致します。

3. Employee Handbookの作成
 従業員を雇用する際に会社のルールを作成する必要がありますね?会社の
ルールをまとめたEmployee Handbookの作成をお手伝い致します。

4. 労務管理サービス(顧問契約)
 特に飲食業や小売業では労務管理の問題が日常茶飯事に起こります。労働法
の最新情報や人事管理文書の作成等のサービスを顧問契約で承ります。

5. 医療保険
 企業にて医療保険を福利厚生としてご用意される会社は沢山あります。
企業向けの医療保険のご用意をブローカーとしてお手伝い致します。

6.生命保険・リタイアメントプラン
 企業で鍵となる従業員に生命保険をかけるキーマン保険や
リタイアメントプランのお手伝いを致します。

7. 給与計算+労務管理+保険 アウトソーシングサービス
----------------------------------------------------------------------------
★★★Payroll会社を変更して雇用問題のリスクを減らせるか?
▼レストランチェーンの事例
http://www.oasisadvantage.com/client-successes/oasis-outsourcing-delivers-workforce-solutions/
▼ 従業員数や業種によって対応可能な場合と対応できない場合がございます。
▼ 詳しくは下記宛てにメールで御連絡下さい。
yamaguchi@yourphilosophy.net
----------------------------------------------------------------------------

▼Payroll会社を変えてもかまわないという企業様の場合
★★★【本業に集中したい方 人事管理のリスクを半分に】★★★
Philosophy LLCは下記のPEO各社と提携し、
Payroll/HR/Insuranceのトータルサービスを提供しております。
Payroll会社の変更をいとわず、人事管理のリスクを半減させたい方
お気軽にご相談下さい。PEO各社と提携して弊社が代理店業務を
行います。

https://www.trinet.com/
http://www.oasisadvantage.com/
http://www.spli.com/
------------------------------------------------
■弊社のフィロソフィのご紹介
Philosophy LLC
Philosophy Insurance Services
弊社のフィロソフィをご紹介します。

■6つの精進が弊社の行動基準です。

1.誰にも負けない努力をする
2.謙虚にして驕らず
3.毎日の反省
4.生きていることに感謝する
5.善行、利他行を積む
6.感性的な悩みをしない

■Mission of Philosophy
弊社の経営理念は 世のため、人のため、世界平和のため、
お客様とチームメンバーの物心両面の幸福を追求すること。
です。

For people, for society, and for the world peace,
We will make Clients and Team members Happy in Monetarily and in soul.

労務管理サービス チームメンバーご紹介
●Philosophy LLC 副社長 山口真智子

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介
▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)
http://www.alliance360is.com/team-360.html

▼企業向けリタイアメントチーム Team APS (写真はこちらから)
http://www.advancedportfolios.com/meet-the-team

------------------------------------------------
Norikazu (Kazu) Yamaguchi
CA Insurance License: 0F78137
▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ
http://hr.cocolog-nifty.com/
■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net
■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/
----------------------------------------------------------------------------
Philosophy LLC (Human Resources Services)
Philosophy Insurance Services (Insurance Services)
Affiliate with Alliance 360


2377 Crenshaw Blvd., Ste 315
Torrance, CA 90501
TEL 310-465-9173
FAX 310-356-3352


1900 Camden Avenue, Suite 101
San Jose, CA 95124
TEL 408-600-0685
----------------------------------------------------------------------------
Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

免責事項:Yamaguchu Yamaguchiは、このメールの正確で常識的な倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 電子メールに関する情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

|

1095 IRS 提出期限延期

自家保険の企業、フルタイム•フルタイム相当の従業員50名以上の雇用主は従業員向けに1095-B 1095-Cを提供する義務がありますが、IRSは提出期限を3/2/18までに延期しました。

Self-insured employers and all employers with 50 or more full-time equivalent employees—known as applicable large employers—now have until March 2, 2018, to provide Form 1095-B, Health Coverage, or Form 1095-C, Employer-Provided Health Insurance Offer and Coverage, to employees covered by the employer's health plan, which is a 30-day extension from the original due date of Jan. 31.

| | Comments (0)

2017.12.21

これはセクシャルハラスメントですか?6問のクイズ

これはセクシャルハラスメントですか?下記のリンク先に6問のクイズがあります。あなたは全問正解できますか?

https://www.shrm.org/hr-today/news/hr-news/Pages/Is-It-Sexual-Harassment.aspx?utm_source=SHRM%20PublishThis_WorkplaceCompliance_10.17%20(5)&utm_medium=email&utm_content=December%2001,%202017&SPMID=01715469&SPJD=12/08/2015&SPED=12/31/2018&SPSEG=Team+Player&SPCERT=&spMailingID=31982410&spUserID=MTgwMDg5NzA4NTM4S0&spJobID=1180103161&spReportId=MTE4MDEwMzE2MQS2

|

2017.12.19

時給で働く若い人をどうやって継続してもらうか

時給で働く若い人をどうやって継続してもらうか、という話。Chipotleはキャリアパスを明確にして配置、トレーニング、実戦を行っているとのこと。マネジャーの90%が内部昇進というのはアメリカでは異常に高い数字だと思う。

第一に、雇用主は会社内での専門的成長のための明確かつ有意義な機会を提供することができます。 Chipotleは、ウェブサイト上のエントリーレベルの従業員の明確なキャリアパスを強調し、新しく採用した従業員にはそのキャリアパスの第一日目に配置します。キャリアパスには、昇進の可能性とプロの成長の各段階に付随する給与と給付が表示されます。 Chipotleのマネージャーの90%以上が社内から昇進しています。

First, employers can offer clear and meaningful opportunities for professional growth within the company. Chipotle highlights a clear career path for entry-level employees on its website and directs new hires to it on Day 1. The career path shows promotion possibilities and the wages and benefits attached to each stage of professional growth. Over 90% of Chipotle's managers are promoted from within.

▼パートタイムにもHealth Insurance を提供するというのも最強のベネフィット。
http://abcnews.go.com/Business/top-11-companies-offering-health-care-benefits-perks/story?id=21625982#10

https://www.shrm.org/ResourcesAndTools/hr-topics/employee-relations/Pages/How-to-Improve-the-Engagement-and-Retention-of-Young-Hourly-Workers.aspx

|

2017.12.18

カリフォルニアのアップルストア従業員は、食事の中断要求に対して2百万ドルを得る

カリフォルニアのアップルストア従業員は、食事の中断要求に対して2百万ドルを得る

読者はまた、大手の雇用者との賃金と時間別集団訴訟和解にも興味がありました。 いくつかの例外を除いて、カリフォルニア州法では、雇用主は、5時間の労働時間ごとに、無給の従業員に最低30分間の給与休憩を提供するよう要求しています。 アップル社に対するケースでは、陪審員が集団訴訟をした従業員全員に2百万ドルを授与し、カリフォルニア州のNon-Exempt従業員にタイムリーな食事休暇を提供できなかったことが判明しました。

California Apple Employees Get $2 Million for Meal Break Claims

Readers were also interested in wage and hour class-action settlements with big name employers. With a few exceptions, California law requires employers to provide nonexempt employees with at least a 30-minute unpaid meal break for each five-hour period worked. In a case against Apple, a jury awarded $2 million to a class of employees, finding that the tech company failed to provide nonexempt retail workers in California with timely meal breaks.

|

ビクトリアシークレットは、カリフォルニア州のコール・ワーカーに1200万ドルを支払う

ビクトリアシークレットは、カリフォルニア州のコール・ワーカーに1200万ドルを支払う

賃金と時間のクラスアクションで、ビクトリアシークレットは、小売店のオンコールシフトスケジューリングの使用によって賃金不足を主張する時間従業員によってもたらされた訴訟を解決するために1200万ドルを支払うことに同意した。 カリフォルニア州の法律では、仕事のために一度出社して早期帰宅する従業員は通常の料金で2〜4時間の賃金を受け取ることが求められています。(レポーティングタイムペイ) 小売業者の方針は、オンコール従業員が電話で呼び出すことを可能にしました。現場で必要とされているかどうかを確認するために電話をかけることが可能だったはずですが、原告は、依然として従業員に シフトがキャンセルされてしまうため店に来ることが必要だったと主張していました。

Victoria's Secret to Pay $12 Million to California On-Call Workers

In another wage and hour class action, Victoria's Secret agreed to pay $12 million to resolve a lawsuit brought by hourly employees who claimed they were shortchanged by the retailer's use of on-call shift scheduling. California law requires that employees who report for work but are not needed or are sent home early receive two to four hours of pay at their usual rate. The retailer's policy allowed on-call employees to call in—rather than show up—to see if they were needed at work, but the plaintiffs said that this still compelled employees to reserve their shift time for work even when they did not report to the store due to shifts being cancelled.

|

« October 2017 | Main | January 2018 »