« ///アメリカ 人事 #33/// カリフォルニア州 Sick Leaveについて | Main | Form300Aのレポート電子ファイルの義務 »

2018.04.28

ニューヨーク州(市)でもセクハラ防止研修が義務化されます

●最新情報のメルマガはこちらのリンクから

ニューヨークの雇用主はセクシュアル・ハラスメント・トレーニングを提供しなければならない
ニューヨーク州の議員は、#MeToo運動の結果として、すべての労働者のための年次セクハラ訓練を義務付ける新しい法律を含むいくつかのイニシアチブを通過しました。 ニューヨーク市の多くの雇用者には、まもなく追加の要件があります。

10月9日までに、ニューヨークの雇用者は年次セクハラ訓練を実施しなければなりません。 州の機関によって作成されるモデルプログラムを使用することができます。または基準を満たす、あるいはそれを超える独自のセクハラ訓練プログラムを実施することができます、ニューヨーク市のモリソンコーエンの弁護士、キースMarkelは下記のようにコメントしています。

トレーニングは以下の内容を提供する必要があります:

●セクシャルハラスメントの説明と不適切な行為の具体例。
●連邦、州、地方の法律および嫌がらせの被害者に利用可能な救済に関する詳細情報。
●従業員の外部からの救済の権利と、苦情を提起するための利用可能な行政および司法フォーラムについての説明。

New York Employers Must Provide Sexual-Harassment Training
New York legislators have passed a number of initiatives in the wake of the #MeToo movement—including a new law mandating annual sexual-harassment training for all workers. Many employers in New York City may soon have additional requirements.

By Oct. 9, New York employers must implement annual sexual-harassment training. They can use a model program, which will be created by state agencies, or they can implement their own sexual-harassment training programs that meet or exceed state standards, explained Keith Markel, an attorney with Morrison Cohen in New York City.

The training must provide:

An explanation of sexual harassment and specific examples of inappropriate conduct.
Detailed information concerning federal, state and local laws and the remedies available to victims of harassment.
An explanation of employees' external rights of redress and the available administrative and judicial forums for bringing complaints.

|

« ///アメリカ 人事 #33/// カリフォルニア州 Sick Leaveについて | Main | Form300Aのレポート電子ファイルの義務 »