« 【第221号 フィロソフィ ニュースレター】2018年7月1日の最低賃金特集 | Main | 肌の色で昇給が遅れているか? »

2018.06.30

Google差別的な発言・行為をする従業員を懲戒するポリシーを発表

ウォールストリートジャーナルによれば、オープンな議論の文化で知られているGoogleは、同僚に対して差別や生産的な職場環境を破壊する議論をする従業員を懲戒するというガイドラインを発表した。 

これはGoogleの人材多様性プログラムを批判しているメモを書いたエンジニアを解雇してから約1年後に導入された。解雇されたエンジニアは技術分野において女性が劣っているのは性別の違いによるものではないかとメモに書いていた。

Google—known for its culture of open debate—has released guidelines saying it will discipline any employee who discriminates against colleagues or engages in discussions that are disruptive to a productive work environment, according to The Wall Street Journal. The rules come nearly a year after the company dismissed an engineer who wrote a memo criticizing the company's diversity programs and saying that gender differences might partly account for women's underrepresentation in the technology sector.

|

« 【第221号 フィロソフィ ニュースレター】2018年7月1日の最低賃金特集 | Main | 肌の色で昇給が遅れているか? »