« 肌の色で昇給が遅れているか? | Main | ILCもハラスメントの定義を行う提案がされているが、定義が曖昧すぎて議論は暗礁に乗り上げている。 »

2018.06.30

カリフォルニア州 ハラスメントについて電話調査実施

カリフォルニア州公正雇用住宅局(DFEH)は最近、カリフォルニア州の雇用者の電話によるアンケート調査を実施し、嫌がらせと多様性に関する方針について質問することを発表しました。 アンケートの目的は、カリフォルニア州の雇用者がどのようにして多様な嫌がらせや嫌がらせの問題を管理しているかをより明確に把握することです。

電話インタビューのために雇用者がランダムに選ばれます。 調査には以下の質問が含まれます:

雇用主の反差別、セクシャルハラスメント、および一般的なハラスメント防止政策。
ハラスメントと多様性の問題に関する雇用者主導の訓練。
女性と少数派のための募集プログラム。 そして
嫌がらせの苦情の手続き。
DFEHによると、会社名は調査に記録されず、集計された調査データのみが公表される。

The California Department of Fair Employment and Housing (DFEH) recently announced that it will conduct a telephonic survey of California employers to ask questions about their anti-harassment and diversity policies. The intent of the survey is to develop a clearer picture of how California employers manage diversity and harassment issues, including anti-harassment and diversity policies.

Employers will be selected randomly for the phone interviews. The survey includes questions about:

Employers’ anti-discrimination, sexual harassment and general anti-harassment policies;
Employer-sponsored trainings on harassment and diversity issues;
Recruiting programs for women and minorities; and
Harassment complaint procedures.
According to the DFEH, company names will not be recorded on the surveys and only aggregate survey data will be released.

|

« 肌の色で昇給が遅れているか? | Main | ILCもハラスメントの定義を行う提案がされているが、定義が曖昧すぎて議論は暗礁に乗り上げている。 »