« 新しい政策が、外国人を雇用することを妨げる可能性がある | Main | 【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。 »

2018.07.19

2019年の給与予算はこれまで以上に上昇

2019年の給与予算はこれまで以上に上昇
米国の給与予算は2019年に平均3.2%増加すると予想されており、2018年の実績は前年比3.1%から増加する見込み。但し、失業率が記録的に低下しても賃金の伸びは驚くほど停滞していることが確認されている。

2019 Salary Budgets Inch Upward Ever So Slightly
U.S. salary budgets are projected to increase by an average of 3.2 percent in 2019, up from an actual year-over-year increase of 3.1 percent for 2018, confirming that wage growth remains surprisingly stagnant despite record low unemployment.

▼最新情報はメルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

« 新しい政策が、外国人を雇用することを妨げる可能性がある | Main | 【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。 »