« June 2018 | Main | August 2018 »

July 2018

2018.07.27

【第222号 フィロソフィ ニュースレター】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が可能に

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。
Philosophyより7月のニューズレターをお届け致します。

●【まかない食事の割引提供で集団訴訟を受ける】
タコ・ベル まかない食事のディスカウント提供で集団訴訟を受ける。

食事のディスカウントを提供するということは、食事中職場に残ることになり、食事休憩を中断されたという原告の主張。恩を仇で返すような訴訟だが、その結果は・・・・(続きは下記リンクで)
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12393600176.html

●動画でHR【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。残業代の計算を7捨て、8入れにすることが事実上認められたと言えます。

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12393243143.html

●2019年の給与予算はこれまで以上に上昇
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12392000310.html

●新しい政策が、外国人を雇用することを妨げる可能性がある
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12391795389.html

●U.S. labor board の判事がマクドナルドの示談を拒否。
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12391636518.html
●ILCもハラスメントの定義 曖昧すぎて議論は暗礁に
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12391546434.html
●カリフォルニア州 ハラスメントに関する電話調査実施
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12387628321.html
●肌の色で昇給が遅れているか?
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12387618442.html
●Google差別的な発言・行為をする従業員を懲戒するポリシーを発表
https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12387616188.html

●採用した後に従業員さんの問題で悩んでいらっしゃいませんか?
弊社のお客様よりご紹介いただいたPre-Employment Testです。
http://nagelmiller.com/

●従業員のメンタルヘルスが気になる方へ 荒川先生にお問合せ下さい。
https://goo.gl/YxoZDz

■【顧問契約メンバー限定】
メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。
● カリフォルニア州の15分単位の勤務時間計算について
● 米国HR立ち上げ準備マニュアル1

LA CountyのMinimum Wageの対象はunincorporated areaのみですが、
引き続き質問が来ております。下記のリンクの地図にオフィスの該当
住所を入力して検索するとUnincorporated areaであるか否か検索できます。

http://planning.lacounty.gov/znet

▼今月の顧問契約 メンバーの皆様からいただいた質問集です。
• 工場、倉庫、オフィス等職場ごとの服装規程について OSHAのガイドラインも含めて確認させて下さい。
• Employee Handbookに記載する評価制度のタイミングと個別の評価実施について
• 試用期間の最低賃金について
• 遅刻が多い従業員に対してのWarning Letter作成について
• Personal Leave of Absenceのポリシー例について
• Unlimited Vacationの運用方法について
• Exempt のUnpaid Leaveについて (1週間に少しでも仕事をした場合の取扱)
• Split Shiftの計算について 休憩が3時間の場合はどのように計算するか?
• Warning Letterの書き方とミーティングの方法について
• 評価制度の実施の注意点と評価フォームについて(Templateを差し上げております)
• 10分休憩は4時間の丁度真ん中で取る義務があるか?
• Final Paycheckの計算でコミッション等の正確な数字が出ない時はどうやって支払うべきか?
• 従業員が持病のようだが医療保険を持っていないのでWorkers Compを利用してもらってもよいか?
• Exemptの最低賃金は7/1/18から変わるのか?
• 評価制度を開始したいが評価フォームのサンプルを送付下さい。
• 解雇のミーティングの注意事項について
• 15分単位の勤務時間計算がCA州の判例で認められたケースについて
• Managementしかいない店舗ではManagementがTipを受け取れるか?
• "CA州Exemptの最低賃金上昇の予定について教えて下さい。
• 2019年1月1日$12 X 2X2080=$49,920
• 2020年1月1日$13 x 2 x 2080=$54,080
• 2021年1月1日$14 x 2 x 2080=$58,240
• 2022年1月1日$15 x 2 x 2080=$62,400"
• CEOの雇用契約のTemplateについて
• 401(k)のCEO参加について
• 1099 で支払をすることが可能かチェックする方法について
• 1099 で契約する場合のIndependent Contractor Agreementについて
• 工場をShutdownする場合は無給にしてもかまわないか?
• 従業員同士の給与開示を禁止することはできますか?
• 未使用のVacationは買い取りをする義務がありますか?
• Vacationには取得上限CAPを設けることを勧めますか?
• Vacationの付与は年間一括よりも毎月少しずつ取得するようにした方がよいでしょうか?
• 病気の時にSick Leaveを利用するかVacationを利用するか会社が指定できるか?
• Sick Leaveを取得した場合に医師の診断書を要求してもよいか?
• Sick Leaveの利用時間数の計算方法について(1日7.5時間勤務の場合)
• カリフォルニア州では退職する従業員の給与は退職日に支払わないといけませんか?
• Termination Letter のサンプルを下さい。
• 言動が失礼な従業員がいるがどのように注意をすべきか?
• 従業員同士で盗難があったようなのですが、どのように対応すべきか?
• Cook Countyの最低賃金ルールからArlington Heightsが脱退したのは本当でしょうか?
• Arbtration AgreementによるClass Actionの制限について
●●●の住所はLA CountyのUnincorporated Areaですか?

▼労務管理についてお悩みがある方へ
顧問契約については3つのオプションをご用意しております。

1.ブロンズプラン(月額$300) 
emailで無制限に質問できるコース(文書の作成やEmployee Handbookの修正は別途料金がかかりますが、emailの質問は無制限です。)

2.シルバープラン (月額$600) 
emailで無制限で質問

ドキュメント作成
(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成、人事関連文書のテンプレート等を月あたり2時間まで作成致します。)

3.ゴールドプラン(月額$900) 
emailで無制限で質問

ドキュメント作成
(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成等を月あたり2時間まで)

毎月1時間の電話会議あるいは
ミーティング(LA or OC countyのみ)

▼顧問契約については下記のリンクをご覧下さい。
http://philosophyllc.com/service/

▼ 顧問契約しかないのですか?という御質問をよくいただきますが、
▼ スポットのサービスはタイムチャージ1時間$300で承っております。
▼ どうぞお気軽にご相談下さい。


■この記事では一般的な情報提供を目的としております。法的なアドバイスではありません。法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士にお尋ね下さい。
----------------------------------------------------------------------------
///Philosophy ニューズレター 222号///
【発行人】
山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)

■JRN(Japan Referral Network) 今月のスポットライト
コズミックツアーズの佐藤社長
クルーズ旅行のお問合せはお気軽に!
短いクルーズは何と1日から。
▼9月発のクルーズ旅行 2本をface bookでご紹介されています。
https://www.facebook.com/kazuyoshi.k.sato/posts/2149783055049018

▼お問合せは
Cosmic Tours, Inc.
Contact: Kazuyoshi Sato
Title: Principal
Phone: (310) 328-8277
Website: www.cosmictours.net


▼JRNとは何ですか?
http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

■米国進出は
楽観的に構想し
悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)
楽観的に実行する
のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。
▼下記Websiteより引用いたしました。
https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

■日系移民博物館
http://www.janm.org/jpn/main_jp.html
米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。
私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。
お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

■雑誌の致知から「修身教授禄」「代表的日本人」「陰隲録を読む」「坂村真民
詩集」「古事記を読む」等を日本から発送してもらって少しずつ拝読しています。
すこしずつ、かみしめながら拝読しております。

■略歴
群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて
東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。
ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。
Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、
慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、
自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer
(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。
Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社
があります。http://amzn.to/2rhTeuf (今や中古で●●円!)

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。
労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、
グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している
日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに
保険と労務管理のサービスを9年にわたり提供しております。
Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる
「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。
一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを
お知らせするととても喜んでいらっしゃいました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

----------------------------------------------------------------------------

【弊社のサービス内容】

●日系のビジネス専門
日系のビジネス向けに保険と労務管理サービスを提供しております。

1. ビジネス保険
 ビジネスが最初にオフィスや店舗をリースする際にはビジネス保険(General Liability)に加入することが家主(Land Lord)から求められます。先ずはビジネス保険のお手伝い(ブローカー)を致します。

2. 労災保険 (Workers Comp)
 1名でも従業員を雇用すると加入義務があるのが労災保険です。労災保険の御加入のお手伝い(ブローカー)を致します。

3. Employee Handbookの作成
 従業員を雇用する際に会社のルールを作成する必要がありますね?会社の
ルールをまとめたEmployee Handbookの作成をお手伝い致します。

4. 労務管理サービス(顧問契約)
 特に飲食業や小売業では労務管理の問題が日常茶飯事に起こります。労働法
の最新情報や人事管理文書の作成等のサービスを顧問契約で承ります。

5. 医療保険
 企業にて医療保険を福利厚生としてご用意される会社は沢山あります。
企業向けの医療保険のご用意をブローカーとしてお手伝い致します。

6.生命保険・リタイアメントプラン
 企業で鍵となる従業員に生命保険をかけるキーマン保険や
リタイアメントプランのお手伝いを致します。

7. 給与計算+労務管理+保険 アウトソーシングサービス
----------------------------------------------------------------------------
★★★Payroll会社を変更して雇用問題のリスクを減らせるか?
▼レストランチェーンの事例
http://www.oasisadvantage.com/client-successes/oasis-outsourcing-delivers-workforce-solutions/
▼ 従業員数や業種によって対応可能な場合と対応できない場合がございます。
▼ 詳しくは下記宛てにメールで御連絡下さい。
yamaguchi@yourphilosophy.net
----------------------------------------------------------------------------

▼Payroll会社を変えてもかまわないという企業様の場合
★★★【本業に集中したい方 人事管理のリスクを半分に】★★★
Philosophy LLCは下記のPEO各社と提携し、
Payroll/HR/Insuranceのトータルサービスを提供しております。
Payroll会社の変更をいとわず、人事管理のリスクを半減させたい方
お気軽にご相談下さい。PEO各社と提携して弊社が代理店業務を
行います。

https://www.trinet.com/
http://www.oasisadvantage.com/
http://www.spli.com/
------------------------------------------------
■弊社のフィロソフィのご紹介
Philosophy LLC
Philosophy Insurance Services
弊社のフィロソフィをご紹介します。

■6つの精進が弊社の行動基準です。

1.誰にも負けない努力をする
2.謙虚にして驕らず
3.毎日の反省
4.生きていることに感謝する
5.善行、利他行を積む
6.感性的な悩みをしない

■Mission of Philosophy
●利他
●弊社の経営理念は 世のため、人のため、世界平和のため、
お客様とチームメンバーの物心両面の幸福を追求すること。
です。

For people, for society, and for the world peace,
We will make Clients and Team members Happy in Monetarily and in soul.

●労務管理サービス チームメンバーご紹介
Philosophy LLC 副社長 山口真智子

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介
▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)
http://www.alliance360is.com/team-360.html

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)
http://www.tsu-insurance.com/about.php

▼企業向けリタイアメントチーム Team APS (写真はこちらから)
http://www.advancedportfolios.com/meet-the-team

------------------------------------------------
Norikazu (Kazu) Yamaguchi
CA Insurance License: 0F78137
▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ
http://hr.cocolog-nifty.com/
■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net
■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/
----------------------------------------------------------------------------
Philosophy LLC (Human Resources Services)
Philosophy Insurance Services (Insurance Services)
Affiliate with Alliance 360


2377 Crenshaw Blvd., Ste 315
Torrance, CA 90501
TEL 310-465-9173
FAX 310-356-3352


1900 Camden Avenue, Suite 101
San Jose, CA 95124
TEL 408-600-0685
----------------------------------------------------------------------------
Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

|

2018.07.25

【タコベルまかない食事の割引提供で集団訴訟を受ける】

 【タコベルまかない食事の割引提供で集団訴訟を受ける】

タコ・ベルまかない食事のディスカウント提供で集団訴訟を受ける。

食事のディスカウントを提供するということは、食事中職場に残ることになり、食事休憩を中断されたという原告の主張。恩を仇で返すような訴訟だが、その結果は・・・・



▼このような最新情報は無料メルマガでお届けしています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc



タコ・ベル、食事中断の訴訟で勝訴





タコベルは訴訟に立ち向かう - タコベルは従業員に食事の割引を提供して訴えられた。しかし、雇用主はその事件で勝った:第9巡回控訴裁判所は、Taco Bellは、食べ物が現地で食べられた場合に限り食料割引を従業員に提供したとき、カリフォルニア州の食事休暇法に違反していないと主張した。その結果、Taco Bellに対する集団訴訟の一部であった従業員の主張では、食事休憩中に現場で食事を食べる時間に賃金が支払われなかったということだ。(Rodriguez v。Taco Bell、No. 16-15465(第20回Cir。2018年))。



カリフォルニアの食事の休憩



カリフォルニアは、食事や休憩に際し、厳しい規則を定めています。一般的に、カリフォルニア州の従業員は、30分の未払いの勤務時間外の食事の期間を取らずに、1日5時間以上働くことはできません。食事期間は、従業員の5時間の仕事の終わりまでに行わなければなりません。



Brinkerの判例では、カリフォルニア州最高裁判所が基準を定めています。雇用主が食事休憩を提供する際の義務は、



従業員全員に対して仕事から解放する。

彼らの活動を支配しない。

従業員に中断のない30分間の休憩を取る合理的な機会を与えます。

そして

従業員が中断しない休憩を取ることを妨げたり、妨げたりしません。



この期間内に食事休憩を提供できない場合、従業員の通常の報酬率(プレミアム・ペイ・ウォン)に起因する1時間分の賃金が発生する可能性があります。



タコベルは従業員に食事割引を与えることで従業員に訴えられる。

Bernardina Rodriguezは6年以上Taco Bellに勤務していました。その間、Taco Bellは従業員に、彼らが望むように使用できる適時に30分間の食事休憩を提供しました。



Taco Bellはまた、従業員に特別オファーを提供しました。彼らは、施設内で消費されなければならない割引された食事を購入することができました。ディスカウントされた食事を購入することは、自発的に行われました。誰もタコベル製品を購入する必要はありませんでした。従業員がシフトの直前、直後、または後に選ぶことは、単に利益に過ぎませんでした。 Taco Bellが現場で食事を食べるように要求したのは、割引フードを現場から離れて友人や家族に渡すのではなく、従業員だけが割引を使用したためです。



しかし、ロドリゲスは、集団訴訟で、食事休憩中に割り引かれた食事を食べる時間は勤務時間に支払われるべきだと主張した。

彼女の主張は、割引料金の食事は現地で食べられなければならなかったので、Taco Bellは賃金支払いに値するような彼女の活動を十分にコントロールしていたというのだ。



裁判所は、タコ・ベルが食事休憩中のすべての職務をその従業員から救済し、彼らの活動を支配しなかったので、州の食事休憩の要件を満たしていると主張した。従業員は何らかの形で30分を使うことができ、自由に敷地内を出ることができました。



Taco Bellは従業員に割引の食事を購入する必要はありませんでした。これは完全にオプションで任意であり、従業員が割引食を購入するよう圧力をかけられたという申し立てや証拠は存在しませんでした。割引は利益として与えられました。従業員が敷地内にいたいと思わない場合、割引食を購入しません。



さらに、Taco Bellが食事休憩を妨害したり、従業員に圧力をかけて作業中の作業を強制したりしたという証拠はありませんでした。実際、Taco Bellの方針では、従業員は食糧生産やレジ係の近くで休憩を取ることを禁じられていました。割引料金の食事を取って現地で食べるという選択肢が従業員のみである場合、裁判所は給料が必要ではないと判断した。



しかし、時には雇用者が休憩時間に従業員に仕事を課していて、従業員が勤務していると考えられる場合があります。休憩が困難なスケジュールを作成するなど、休憩時間に負担をかける、または休憩を取れないような雇用主の方針は、食事休憩違反につながる可能性があります。

例えば、大規模なソーダ製造業者は、法律で要求されるように休憩を与えられなかったことを理由に、従業員の運転手からの請求を解決するために、最近5百万ドルを支払った。従業員の運転手は、顧客に答え、電話を出さなければならなかったため、休憩中に仕事の義務があったと主張したのです。



しかし、裁判所は、タコベルのケースはこれらの事件の一つではなく、タコベルに対する集団訴訟は適切に無効とされたとしています。



●雇用者はどうすべきか?



食事と休憩のためのタイミング要件を遵守する。

従業員がすべての任務を免れた、途切れることなく30分間の食事休憩を提供します。



5時間の仕事が終わる前に従業員に休憩時間を与えることを記録します。



従業員に時間の記録に署名し、すべての時間を報告したことを確認するように要求する。



従業員が仕事の必要条件に基づいて休憩を取ることができない場合は、保険料を支払う。



職場での食事の期間は、非常に限られたいくつかの状況でのみ許可されていることを覚えておいてください - 仕事の性質上、従業員は安心できません。そのような方針を実行する前に弁護士に相談してください。



彼らの食事と休憩の義務について管理者に教育し、ポリシーに従わない管理職を訓練する。



Taco Bell Avoids Getting Grilled Over Meal Break Lawsuit



Taco ‘bout a lose-lose situation — Taco Bell was sued for offering its employees a discount on food. But the employer won the case: The Ninth Circuit held that Taco Bell didn’t violate California meal break laws when it offered employees the food discount only if the food was eaten on site. Consequently, employees who were part of a class action lawsuit against Taco Bell were not entitled to compensation for time spent on site eating discounted meals during meal breaks (Rodriguez v. Taco Bell, No. 16-15465 (9th Cir. 2018)).

Meal Breaks in California



California sets its own strict rules when it comes to meal and rest breaks. In general, California employees can’t work for a period of more than five hours per day without getting a 30-minute, unpaid and off-duty meal period. The meal period must occur by the end of the employee’s fifth hour of work.

In Brinker, the California Supreme Court set the standard — an employer’s duty to provide a meal period is met when an employer:

Relieves their employees of all duty;

Relinquishes control over their activities;

Permits employees a reasonable opportunity to take an uninterrupted 30-minute break; and

Doesn’t impede or discourage employees from taking the uninterrupted break.

Failure to provide the meal break within this time frame can result in one additional hour of wages owed to the employee at the employee’s regular rate of compensation — called premium pay.

Taco Bell Gives Employees a Discount — They Sue

Bernardina Rodriguez worked for Taco Bell for over six years, during which Taco Bell provided its employees with timely, 30-minute meal breaks that they could use any way they wanted.

Taco Bell also had a special offer for employees: They could purchase a discounted meal that must be consumed on the premises. Purchasing a discounted meal was completely voluntary — no one was required to purchase Taco Bell products; it was simply a benefit for employees to choose immediately before, during or after a shift. The reason Taco Bell required the meal be eaten on site was so that only employees used the discount, rather than taking discounted food off site and giving it to friends and family.

But Rodriguez argued in her class action suit that time spent eating the discounted meals during her meal break should be paid working time. Her theory? Since the discounted meal had to be eaten on-site, Taco Bell supposedly exercised sufficient control over her activities to make the time compensable.

The court disagreed, holding that Taco Bell satisfied the state’s meal break requirements because it relieved its employees of all duties during the meal break and exercised no control over their activities. Employees could use the 30 minutes in any way they wished, and they were free to leave the premises.

Taco Bell didn’t require employees to buy the discounted meal — it was entirely optional and voluntary, and no allegation or evidence existed that employees were pressured to buy discounted food. The discount was given as a benefit; if employees didn’t want to stay on site, they wouldn’t purchase the discounted meal.

Moreover, there was no evidence that Taco Bell interfered with the meal breaks or pressured employees to conduct any work activities during them; in fact, Taco Bell’s policy prohibited employees from taking the break near food production or cashier areas. If the choice to take the discounted meal and eat on-site is solely the employees’, the court determined that pay is not required.

There are, however, cases where an employer so burdens the break time that the employee is effectively “on duty.” Employer policies that burden or discourage break time, such as creating schedules that make breaks difficult, may result in meal break violations. For example, a large soda manufacturer recently paid $5 million to settle claims from drivers that they didn’t receive breaks as required by law. The drivers argued that they weren’t free of work duties during their breaks because they had to answer customer and dispatch calls.

But the court said this isn't one of those cases, and the class action lawsuit against Taco Bell was properly dismissed.



Best Practices

Comply with timing requirements for meal and rest breaks.

Provide an uninterrupted, 30-minute meal break where the employee is relieved of all duties.

Record that you provide your employees their meal breaks before the end of the fifth hour of work.

Require employees to sign time records and verify that they’ve reported all time worked.

Pay premium pay if an employee cannot take a meal break due to work requirements.

Remember that on-duty meal periods are allowed only in a few very limited circumstances — where the nature of the work means the employee can’t be relieved; talk to an attorney before implementing such a policy.

Educate managers about their meal and rest break obligations and discipline managers who don’t follow policy.

|

2018.07.24

【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。

【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。
▼最新情報は無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.07.19

2019年の給与予算はこれまで以上に上昇

2019年の給与予算はこれまで以上に上昇
米国の給与予算は2019年に平均3.2%増加すると予想されており、2018年の実績は前年比3.1%から増加する見込み。但し、失業率が記録的に低下しても賃金の伸びは驚くほど停滞していることが確認されている。

2019 Salary Budgets Inch Upward Ever So Slightly
U.S. salary budgets are projected to increase by an average of 3.2 percent in 2019, up from an actual year-over-year increase of 3.1 percent for 2018, confirming that wage growth remains surprisingly stagnant despite record low unemployment.

▼最新情報はメルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.07.18

新しい政策が、外国人を雇用することを妨げる可能性がある

新しい政策が、外国人を雇用することを妨げる可能性がある

米国市民権移民局の役員は、ビザの申請を拒否し、外国からの労働者を取り除くよう指示しています。 移民弁護士は、新しい政府の政策は外国人の才能を雇うのがますます難しくなると指摘しています。

▼SHRMの記事より

https://goo.gl/HzKjx2

▼最新情報はメルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2018.07.17

U.S. labor board の判事がマクドナルドの示談を拒否。

U.S. labor board の判事がマクドナルドの示談を拒否。FranchiserがFreanchiseeの労働法違反にも責任を持たないといけないという解釈になっていくか。

https://www.reuters.com/article/us-mcdonalds-nlrb/u-s-labor-board-judge-rejects-mcdonalds-bid-to-settle-franchisees-case-idUSKBN1K72LT

▼最新情報は下記のリンクから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

ILCもハラスメントの定義を行う提案がされているが、定義が曖昧すぎて議論は暗礁に乗り上げている。

ILCもハラスメントの定義を行う提案がされているが、定義が曖昧すぎて議論は暗礁に乗り上げている。

嫌がらせに関する2018年のILC文書では、
次のような脆弱な労働者に対する暴力や嫌がらせを禁止する法律が
条約や勧告によって提供されるべきかどうかが議論になっています。

若い人。
移住者。
障害のある人。
先住民および部族のコミュニティからの個人。
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーとインターセックスの人々。
HIVとともに生きる個人。
少数民族のメンバーやカースト差別がある「触れてはいけないと考えられていたカテゴリー」など、疎外されたコミュニティの人々。

出所:https://goo.gl/g2Rwxg

|

« June 2018 | Main | August 2018 »