« 【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。 | Main | 【第222号 フィロソフィ ニュースレター】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が可能に »

2018.07.25

【タコベルまかない食事の割引提供で集団訴訟を受ける】

 【タコベルまかない食事の割引提供で集団訴訟を受ける】

タコ・ベルまかない食事のディスカウント提供で集団訴訟を受ける。

食事のディスカウントを提供するということは、食事中職場に残ることになり、食事休憩を中断されたという原告の主張。恩を仇で返すような訴訟だが、その結果は・・・・



▼このような最新情報は無料メルマガでお届けしています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc



タコ・ベル、食事中断の訴訟で勝訴





タコベルは訴訟に立ち向かう - タコベルは従業員に食事の割引を提供して訴えられた。しかし、雇用主はその事件で勝った:第9巡回控訴裁判所は、Taco Bellは、食べ物が現地で食べられた場合に限り食料割引を従業員に提供したとき、カリフォルニア州の食事休暇法に違反していないと主張した。その結果、Taco Bellに対する集団訴訟の一部であった従業員の主張では、食事休憩中に現場で食事を食べる時間に賃金が支払われなかったということだ。(Rodriguez v。Taco Bell、No. 16-15465(第20回Cir。2018年))。



カリフォルニアの食事の休憩



カリフォルニアは、食事や休憩に際し、厳しい規則を定めています。一般的に、カリフォルニア州の従業員は、30分の未払いの勤務時間外の食事の期間を取らずに、1日5時間以上働くことはできません。食事期間は、従業員の5時間の仕事の終わりまでに行わなければなりません。



Brinkerの判例では、カリフォルニア州最高裁判所が基準を定めています。雇用主が食事休憩を提供する際の義務は、



従業員全員に対して仕事から解放する。

彼らの活動を支配しない。

従業員に中断のない30分間の休憩を取る合理的な機会を与えます。

そして

従業員が中断しない休憩を取ることを妨げたり、妨げたりしません。



この期間内に食事休憩を提供できない場合、従業員の通常の報酬率(プレミアム・ペイ・ウォン)に起因する1時間分の賃金が発生する可能性があります。



タコベルは従業員に食事割引を与えることで従業員に訴えられる。

Bernardina Rodriguezは6年以上Taco Bellに勤務していました。その間、Taco Bellは従業員に、彼らが望むように使用できる適時に30分間の食事休憩を提供しました。



Taco Bellはまた、従業員に特別オファーを提供しました。彼らは、施設内で消費されなければならない割引された食事を購入することができました。ディスカウントされた食事を購入することは、自発的に行われました。誰もタコベル製品を購入する必要はありませんでした。従業員がシフトの直前、直後、または後に選ぶことは、単に利益に過ぎませんでした。 Taco Bellが現場で食事を食べるように要求したのは、割引フードを現場から離れて友人や家族に渡すのではなく、従業員だけが割引を使用したためです。



しかし、ロドリゲスは、集団訴訟で、食事休憩中に割り引かれた食事を食べる時間は勤務時間に支払われるべきだと主張した。

彼女の主張は、割引料金の食事は現地で食べられなければならなかったので、Taco Bellは賃金支払いに値するような彼女の活動を十分にコントロールしていたというのだ。



裁判所は、タコ・ベルが食事休憩中のすべての職務をその従業員から救済し、彼らの活動を支配しなかったので、州の食事休憩の要件を満たしていると主張した。従業員は何らかの形で30分を使うことができ、自由に敷地内を出ることができました。



Taco Bellは従業員に割引の食事を購入する必要はありませんでした。これは完全にオプションで任意であり、従業員が割引食を購入するよう圧力をかけられたという申し立てや証拠は存在しませんでした。割引は利益として与えられました。従業員が敷地内にいたいと思わない場合、割引食を購入しません。



さらに、Taco Bellが食事休憩を妨害したり、従業員に圧力をかけて作業中の作業を強制したりしたという証拠はありませんでした。実際、Taco Bellの方針では、従業員は食糧生産やレジ係の近くで休憩を取ることを禁じられていました。割引料金の食事を取って現地で食べるという選択肢が従業員のみである場合、裁判所は給料が必要ではないと判断した。



しかし、時には雇用者が休憩時間に従業員に仕事を課していて、従業員が勤務していると考えられる場合があります。休憩が困難なスケジュールを作成するなど、休憩時間に負担をかける、または休憩を取れないような雇用主の方針は、食事休憩違反につながる可能性があります。

例えば、大規模なソーダ製造業者は、法律で要求されるように休憩を与えられなかったことを理由に、従業員の運転手からの請求を解決するために、最近5百万ドルを支払った。従業員の運転手は、顧客に答え、電話を出さなければならなかったため、休憩中に仕事の義務があったと主張したのです。



しかし、裁判所は、タコベルのケースはこれらの事件の一つではなく、タコベルに対する集団訴訟は適切に無効とされたとしています。



●雇用者はどうすべきか?



食事と休憩のためのタイミング要件を遵守する。

従業員がすべての任務を免れた、途切れることなく30分間の食事休憩を提供します。



5時間の仕事が終わる前に従業員に休憩時間を与えることを記録します。



従業員に時間の記録に署名し、すべての時間を報告したことを確認するように要求する。



従業員が仕事の必要条件に基づいて休憩を取ることができない場合は、保険料を支払う。



職場での食事の期間は、非常に限られたいくつかの状況でのみ許可されていることを覚えておいてください - 仕事の性質上、従業員は安心できません。そのような方針を実行する前に弁護士に相談してください。



彼らの食事と休憩の義務について管理者に教育し、ポリシーに従わない管理職を訓練する。



Taco Bell Avoids Getting Grilled Over Meal Break Lawsuit



Taco ‘bout a lose-lose situation — Taco Bell was sued for offering its employees a discount on food. But the employer won the case: The Ninth Circuit held that Taco Bell didn’t violate California meal break laws when it offered employees the food discount only if the food was eaten on site. Consequently, employees who were part of a class action lawsuit against Taco Bell were not entitled to compensation for time spent on site eating discounted meals during meal breaks (Rodriguez v. Taco Bell, No. 16-15465 (9th Cir. 2018)).

Meal Breaks in California



California sets its own strict rules when it comes to meal and rest breaks. In general, California employees can’t work for a period of more than five hours per day without getting a 30-minute, unpaid and off-duty meal period. The meal period must occur by the end of the employee’s fifth hour of work.

In Brinker, the California Supreme Court set the standard — an employer’s duty to provide a meal period is met when an employer:

Relieves their employees of all duty;

Relinquishes control over their activities;

Permits employees a reasonable opportunity to take an uninterrupted 30-minute break; and

Doesn’t impede or discourage employees from taking the uninterrupted break.

Failure to provide the meal break within this time frame can result in one additional hour of wages owed to the employee at the employee’s regular rate of compensation — called premium pay.

Taco Bell Gives Employees a Discount — They Sue

Bernardina Rodriguez worked for Taco Bell for over six years, during which Taco Bell provided its employees with timely, 30-minute meal breaks that they could use any way they wanted.

Taco Bell also had a special offer for employees: They could purchase a discounted meal that must be consumed on the premises. Purchasing a discounted meal was completely voluntary — no one was required to purchase Taco Bell products; it was simply a benefit for employees to choose immediately before, during or after a shift. The reason Taco Bell required the meal be eaten on site was so that only employees used the discount, rather than taking discounted food off site and giving it to friends and family.

But Rodriguez argued in her class action suit that time spent eating the discounted meals during her meal break should be paid working time. Her theory? Since the discounted meal had to be eaten on-site, Taco Bell supposedly exercised sufficient control over her activities to make the time compensable.

The court disagreed, holding that Taco Bell satisfied the state’s meal break requirements because it relieved its employees of all duties during the meal break and exercised no control over their activities. Employees could use the 30 minutes in any way they wished, and they were free to leave the premises.

Taco Bell didn’t require employees to buy the discounted meal — it was entirely optional and voluntary, and no allegation or evidence existed that employees were pressured to buy discounted food. The discount was given as a benefit; if employees didn’t want to stay on site, they wouldn’t purchase the discounted meal.

Moreover, there was no evidence that Taco Bell interfered with the meal breaks or pressured employees to conduct any work activities during them; in fact, Taco Bell’s policy prohibited employees from taking the break near food production or cashier areas. If the choice to take the discounted meal and eat on-site is solely the employees’, the court determined that pay is not required.

There are, however, cases where an employer so burdens the break time that the employee is effectively “on duty.” Employer policies that burden or discourage break time, such as creating schedules that make breaks difficult, may result in meal break violations. For example, a large soda manufacturer recently paid $5 million to settle claims from drivers that they didn’t receive breaks as required by law. The drivers argued that they weren’t free of work duties during their breaks because they had to answer customer and dispatch calls.

But the court said this isn't one of those cases, and the class action lawsuit against Taco Bell was properly dismissed.



Best Practices

Comply with timing requirements for meal and rest breaks.

Provide an uninterrupted, 30-minute meal break where the employee is relieved of all duties.

Record that you provide your employees their meal breaks before the end of the fifth hour of work.

Require employees to sign time records and verify that they’ve reported all time worked.

Pay premium pay if an employee cannot take a meal break due to work requirements.

Remember that on-duty meal periods are allowed only in a few very limited circumstances — where the nature of the work means the employee can’t be relieved; talk to an attorney before implementing such a policy.

Educate managers about their meal and rest break obligations and discipline managers who don’t follow policy.

|

« 【第39回 アメリカ人事】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が認められる。 | Main | 【第222号 フィロソフィ ニュースレター】カリフォルニア 15分単位の勤務時間計算が可能に »