« 【第42回アメリカ人事】2019年の昇給予算 ボーナス動向調査 | Main | 【ボーナスと残業代】ボーナスを支払うと残業代の計算が変わる »

2018.08.23

【降格】降格をすると52%の人が辞める。しかし

【降格】降格をすると52%の人が辞める。しかし

降格をすると52%の人は辞めてしまう。しかし、場合によって、その降格を機にスキルを磨いて敗者復活に目ざめる人材もいる。人事部門のコミュニケーションの取り方が鍵と言えるだろう。降格の理由は39%が個人のパフォーマンスが振るわない場合。38%は昇進後のポジションで成果が出せなかった場合。コミュニケーションのコツは誠心誠意対応すること。正直に伝えること。洋の東西を問わず人間として正しい道にのっとったコミュニケーションが必要だと言えるだろう。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Demotions Can Often Lead to Departures but Also to Fresh Starts 
More than half (52 percent) of demoted employees quit, a recent survey shows, but demotions can offer workers new opportunities, with HR’s assistance.

« 【第42回アメリカ人事】2019年の昇給予算 ボーナス動向調査 | Main | 【ボーナスと残業代】ボーナスを支払うと残業代の計算が変わる »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ