« 【報酬】Executiveの業績連動報酬なら1 Million以上もTax Deduction | Main | 【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主 »

2018.09.06

【リタイアメント】トランプ大統領 退職プランの変更のためのエグゼクティブ・オーダー

【リタイアメント】トランプ大統領 退職プランの変更のためのエグゼクティブ・オーダー
先週金曜日に署名した大統領の執行命令は、連邦政府機関に退職計画の開示を緩和し、退職時の強制退会を減らし、小規模の雇用主が401(k)共有制度に参加するのを助けるよう求める。

         
 8月31日、ドナルド・トランプ大統領は、連邦政府に対し、スポンサーと退職者保護者を計画することに負担をかけると見なされる規制を改正するよう要請した執行命令に署名した。 たとえば401(k)の計画開示を緩和し、単一の雇用者計画を提供するよりも費用がかからず、負担の少ない複数の雇用者計画(MEP)のパートナーである小規模雇用者を助けるための改訂されたルールを求めた 。

▼最新情報は月刊無料メルマガで
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Trump Executive Order Calls for Changes to Retirement Accounts
An executive order the president signed last Friday asks federal agencies to ease retirement plan disclosures, reduce mandatory withdrawals during retirement and help small employers join together in shared 401(k) plans.

On Aug. 31, President Donald Trump signed an executive order calling on the federal government to revise regulations deemed burdensome to plan sponsors and retirement savers. He asked, for instance, for revised rules to ease required 401(k) plan disclosures and to help small employers partner in shared multiple-employer plans (MEPs) that would be less costly and less burdensome to administer than offering a single-employer plan. ​​​​​​​

|

« 【報酬】Executiveの業績連動報酬なら1 Million以上もTax Deduction | Main | 【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主 »