« 【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主 | Main | 【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work »

2018.09.13

【差別】サンディエゴのレストランで宗教上の差別

San DiegoのFast Food Restaurantで宗教上の差別があり示談。ムスリムの女性が宗教上の理由でスカーフを被って出勤したいと言ったら、会社の服装ポリシーに合わないとの理由で拒否されたためThe California Department of Fair Employment and Housing (DFEH) にファイルした。DFEHがcivil complaintをSandiego Supreme Courtに訴え、$5,000がこの女性に支払われることで示談。レストランのマネジャーは差別禁止のトレーニングを受けることになった。

DFEH, Muslim Woman Settle Religious Discrimination Case With San Diego Fast Food Restaurant - HRWatchdog https://hrwatchdog.calchamber.com/2018/09/dfeh-muslim-woman-settle-religious-discrimination-case-with-fast-food-restaurant/

|

« 【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主 | Main | 【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【第43回アメリカ人事】よくある訴訟の理由 その1 個人事業主 | Main | 【第44回 アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由 その2 Off-the-Clock Work »