« 【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5  | Main

2018.11.04

【フィロソフィ225号】2019年カリフォルニア州の新しい法律

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより10月のニューズレターをお届け致します。

10月は日本に出張しておりましたが、現在日本でキャッシュフローコーチ

の認定講座を受講中です。例えば、飲食店の店長さんに経営数字(売上、

原価、粗利、人件費、その他費用、利益)をお金のブロックパズルを

使って分かりやすく理解してもらうプログラムを開発中です。

▼キャッシュフローコーチとは?

https://www.jcfca.com/managers.html

▼キャッシュフローの流れを押さえて組織の経営判断のご支援

https://youtu.be/QaHRejdyNmM

スモールビジネスの悩みの75%は人とお金の悩み。この2つの悩みを

解決して経営者の皆様が本業に集中していただける環境を創るお手伝いが

できればと思っております。

▼キャッシュフローコーチの月1回の訪問あるいはZoomでの

コーチングの説明セミナーのお問合せは下記までお気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

今月の目次 はじまり-----------------------------------------------

1.人事関連のニュース

【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】のご紹介

(1)今月のフィロソフィ 公明正大に利益を追求する

(2)メンバーの皆様からの質問集

(3) 2019年カリフォルニア州の新しいHR関連の法律

今月の目次 おわり-----------------------------------------------

1.人事関連のニュース

【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12408830599.html

●採用した後に従業員さんの問題で悩んでいらっしゃいませんか?

弊社のお客様よりご紹介いただいたPre-Employment Testです。

http://nagelmiller.com/

●従業員のメンタルヘルスが気になる方へ 荒川先生にお問合せ下さい。

https://bit.ly/2MBNcRF

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

(1) 今月顧問契約の皆様と共有させていただいたフィロソフィ

(京セラフィロソフィをご紹介致します)

Pursue Profit Fairly

公明正大に利益を追求する

▼顧問契約のメンバーの皆様からいただいた質問を一般化してご紹介させていただきます。

(2)メンバーの皆様からの質問集

メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

下記の項目で御社でも気になる質問がありましたらどうぞ

お気軽にemailにて御質問頂けると幸甚です。

▼ 今月の質問集です。

● FCRA Notice Form配布のケースについて。バックグランドチェックに関連して。

● Meal Breakを免除あるいは短縮したい従業員について

● タバコの吸い殻を捨てる従業員がいて困っている。

● 従業員が障害をもった場合の対応方法について

● 労働法のポスターはどこで購入したらよいでしょうか?

● 従業員が会社の決めた仕事をやりたがらない場合はどうしたらよいでしょうか?

● 病気で休んでいた従業員が突然戻って来た場合どのように対応すべきか?

● 通勤途中は労災保険の対象となるか?

● ユニフォームは法律により無料で提供する義務があるが、従業員が無くしてしまったら弁償してもらってもよいのか?

● カリフォルニア州の妊娠休暇は採用直後でも適用するか?医療保険は継続する義務があるか?

● 失業保険の申請のタイミングはいつでしょうか?

● 労働法のポスターはAll in Oneを買っておけばよいでしょうか? Cityのポスターが入っていないようですが。

● 医療保険の子供が両親のプランに加入できる上限の年齢は何歳ですか?

● インターンシップを無料で行う場合の条件について教えて下さい。

● DirectorとGMはどちらがポジションとして上位でしょうか?

● Job Descriptionの変更は内容の変更があった都度変更すべきでしょうか?1年に1度、年度始めにすべきでしょうか?

● シフトが当日変更になったが最低何時間の賃金を支払う義務があるでしょうか?

● 在宅勤務ポリシーのサンプルを下さい。

● 従業員の減給を提案する場合の注意点を教えて下さい。

● Sales Exemptに該当するチェック項目を教えて下さい。

● この仕事内容でSales Managerというタイトルをつけてもよろしいでしょうか?

● 身体検査を1人の従業員だけ実施してもよいか?

● 仕事で利用するツールは会社が費用を負担する必要がありますか?

● 1ヶ月で辞めても失業保険の対象となりますか?

● 精神的に病んでいるように思える従業員に医者に行くように勧めることはできるか?

● トラックドライバーはExemptにできるでしょうか?

(3) 2019年カリフォルニア州の新しい法律

● Paid Family Leave (PFL) 2021年1月1日施行

● Lactation Accommodation 2019年1月1日施行

● Salary History 2019年1月1日施行

● Criminal Background Checks 2019年1月1日施行
● Harassment — Defamation Protection 2019年1月1日施行

● Confidentiality Clauses in Settlement Agreements 2019年1月1日施行

● Sexual Harassment 2019年1月1日施行

● Sexual Harassment Training 2020年1月1日施行

● Waivers of Right to Testify 2019年1月1日施行

● Gender Representation on Boards of Directors 2019年1月1日施行

● Sexual Harassment Educational Materials — Talent Agencies 2019年1月1日施行

● Sexual Harassment — Professional Relationship 2019年1月1日施行

● Wage and Hour 2019年1月1日施行

● 農業雇用者
● Construction Industry PAGA Prohibition 2019年1月1日施行

● Petroleum Facility Rest Break Exception 2019年1月1日施行

● Meal Break Exception for Feed Truck Drivers 2019年1月1日

● Copies of Payroll Records 2019年1月1日

● Workplace Health/Safety and Workers’ Compensation 2019年1月1日

● Joint Liability — Port Trucking Companies 2019年1月1日施行

● Labor-Related Liabilities — Direct Contractor 2019年1月1日施行

● Human Trafficking Training 2021年1月1日施行 2020年1月1日施行

▼労務管理についてお悩みがある方へ 上記のような質問をUnlimitedでお答え致します。

顧問契約については4つのオプションをご用意しております。

1.ブロンズプラン(月額$300)

emailで無制限に質問できるコース(文書の作成やEmployee Handbookの修正は別途料金がかかりますが、emailの質問は無制限です。)

2.シルバープラン (月額$600)

emailで無制限で質問

ドキュメント作成

(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成、人事関連文書のテンプレート等を月あたり2時間まで作成致します。)

3.ゴールドプラン(月額$900)

emailで無制限で質問

ドキュメント作成

(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成等を月あたり2時間まで)

毎月1時間の電話会議あるいは

ミーティング(LA or OC countyのみ)

HR 1000本ノック(HR AUDIT質問集)

4.プラチナプラン(月額$1,500) (2019年より準備中)

■キャッシュフローコーチ

キャッシュフローの流れを押さえて組織の経営判断のご支援

従業員さんへキャッシュフローコーチの手法を使って

従業員教育の実施



https://youtu.be/QaHRejdyNmM

+

emailで無制限で質問

ドキュメント作成

(Employee Handbookの修正、Warning Letter、ジョブディスクリプションの作成等を月あたり2時間まで)

毎月1時間の電話会議あるいは

ミーティング(LA or OC countyのみ)

▼顧問契約については下記のリンクをご覧下さい。

http://philosophyllc.com/service/

▼ 顧問契約しかないのですか?という御質問をよくいただきますが、

▼ スポットのサービスはタイムチャージ1時間$300で承っております。

▼ どうぞお気軽にご相談下さい。

■この記事では一般的な情報提供を目的としております。法的なアドバイスではありません。法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士にお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------------

///Philosophy ニューズレター 225号///

【発行人】

山口 憲和 (保険と労務 アメリカ版 社労士です)

■JRN(Japan Referral Network) 今月のスポットライト

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100%

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

■雑誌の致知から「修身教授禄」「代表的日本人」「陰隲録を読む」「坂村真民

詩集」「古事記を読む」等を日本から発送してもらって少しずつ拝読しています。

すこしずつ、かみしめながら拝読しております。

■略歴

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R 優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf (今や中古で●●円!)

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを9年にわたり提供しております。

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

お知らせするととても喜んでいらっしゃいました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

----------------------------------------------------------------------------

【弊社のサービス内容】

●日系のビジネス専門

日系のビジネス向けに保険と労務管理サービスを提供しております。

1. ビジネス保険

ビジネスが最初にオフィスや店舗をリースする際にはビジネス保険(General Liability)に加入することが家主(Land Lord)から求められます。先ずはビジネス保険のお手伝い(ブローカー)を致します。

2. 労災保険 (Workers Comp)

1名でも従業員を雇用すると加入義務があるのが労災保険です。労災保険の御加入のお手伝い(ブローカー)を致します。

3. Employee Handbookの作成

従業員を雇用する際に会社のルールを作成する必要がありますね?会社の

ルールをまとめたEmployee Handbookの作成をお手伝い致します。

4. 労務管理サービス(顧問契約)

特に飲食業や小売業では労務管理の問題が日常茶飯事に起こります。労働法

の最新情報や人事管理文書の作成等のサービスを顧問契約で承ります。

5. 医療保険

企業にて医療保険を福利厚生としてご用意される会社は沢山あります。

企業向けの医療保険のご用意をブローカーとしてお手伝い致します。

6.生命保険・リタイアメントプラン

企業で鍵となる従業員に生命保険をかけるキーマン保険や

リタイアメントプランのお手伝いを致します。

7. 給与計算+労務管理+保険 アウトソーシングサービス

----------------------------------------------------------------------------

★★★Payroll会社を変更して雇用問題のリスクを減らせるか?

▼レストランチェーンの事例

http://www.oasisadvantage.com/client-successes/oasis-outsourcing-delivers-workforce-solutions/

▼ 従業員数や業種によって対応可能な場合と対応できない場合がございます。

▼ 詳しくは下記宛てにメールで御連絡下さい。

yamaguchi@yourphilosophy.net

----------------------------------------------------------------------------

▼Payroll会社を変えてもかまわないという企業様の場合

★★★【本業に集中したい方 人事管理のリスクを半分に】★★★

Philosophy LLCは下記のPEO各社と提携し、

Payroll/HR/Insuranceのトータルサービスを提供しております。

Payroll会社の変更をいとわず、人事管理のリスクを半減させたい方

お気軽にご相談下さい。PEO各社と提携して弊社が代理店業務を

行います。

https://www.trinet.com/

http://www.oasisadvantage.com/

http://www.spli.com/

------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

■6つの精進が弊社の行動基準です。

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

■Mission of Philosophy

●利他

●弊社の経営理念は 世のため、人のため、世界平和のため、

お客様とチームメンバーの物心両面の幸福を追求すること。

です。

For people, for society, and for the world peace,

We will make Clients and Team members Happy in Monetarily and in soul.

●労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

▼企業向けリタイアメントチーム Team APS (写真はこちらから)

http://www.advancedportfolios.com/meet-the-team

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services)

Affiliate with Alliance 360

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501

TEL 310-465-9173

FAX 310-356-3352

1900 Camden Avenue, Suite 101

San Jose, CA 95124

TEL 408-600-0685

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

|

« 【第46回アメリカ人事】訴訟が起こりやすい理由その4&5  | Main