« 【第48回アメリカ人事】Exemptの最低サラリーと判断基準について | Main | 【第49回】アメリカ人事 お金のブロックパズルで目標設定 »

2019.01.25

【訴訟】米国労働省がOracleに対して400 Millionの損害があったと訴訟

【訴訟】米国労働省がOracleに対して400 Millionの損害があったと訴訟

オラクルの差別的慣行は、およそ4年間で黒人、アジア人および女性の従業員に4億ドルの賃金喪失をもたらした、と米国労働省(DOL)は最新の苦情で主張した。新しい申し立ては、DOLが2014年に始まった調査の後に提起した最初の2017年の訴訟でDOLが行った請求にさらに情報を追加しています。


その訴状の中で、DOLは、ハイテク企業であるOracleが差別のために2つの「潜在的な道筋」を作り出したと主張した。第二に、それはこれらの従業員をあまり有利ではないキャリアパスに導きました。 DOLはまた、オラクルがその大学および大学の雇用慣行において「非常に差別的」であると考えていました。 2013年から2016年の間に、オラクルは500人の最近の卒業生を雇用し、アジア人はその雇用プールの65%しか占めていませんでしたが、そのうち450人(90%)はアジア人でした。

オラクルはまた、アジアのビザ保有者を好むことを示しました。同氏は、「米国で働くことを承認するためにオラクルに依存している労働力を選好している」と述べた。訴状によれば、オラクルはその訴訟の進行に伴い、採用手順に関連する記録を破棄したという。


DOLによると、Oracleは毎年連邦契約から1億ドル以上の公的資金を受け取っているという。元の訴状では、DOLは「オラクルの連邦政府の契約および下請契約をすべて取り消す命令を出しました」と要求しました。

DOL suit: Oracle's race, gender discrimination cost workers $400M

Oracle's discriminatory practices cost black, Asian and female employees $400 million in lost wages over a roughly four-year period, the U.S. Department of Labor (DOL) alleged in an updated complaint. The new allegations add more information to the claims DOL made in its original 2017 lawsuit, which it filed after an investigation that began in 2014.


In its complaint, DOL alleged that Oracle, a tech company, created two "potential pathways" for discrimination: first, it based employee's initial pay rates on prior salary; second, it channeled these employees into less lucrative career paths. DOL also found Oracle to be "highly discriminatory" in its college and university hiring practices. Between 2013 and 2016, Oracle hired 500 recent graduates, and 450 (90%) of them were Asian even though Asians make up only 65% of that hiring pool. 

Oracle also demonstrated a preference for Asian visa-holders. "This preference for a workforce that is dependent on Oracle for authorization to work in the United States lends itself to suppression of that workforce's wages," DOL said. Oracle destroyed records related to its hiring procedures as the case unfolded, according to the complaint.


Oracle receives more than $100 million in public money from federal contracts every year, DOL said. In its original complaint, DOL requested "an order canceling all of Oracle's federal government contracts and subcontracts."

|

« 【第48回アメリカ人事】Exemptの最低サラリーと判断基準について | Main | 【第49回】アメリカ人事 お金のブロックパズルで目標設定 »