« 【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ | Main | 【レストラン】賃金違反は見合わない »

2019.02.27

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

ADP Isn’t Liable for Employer’s Alleged Wage Violations

カリフォルニア州最高裁判所は最近、ADPおよびその他のサードパーティの給与計算サービスプロバイダは、自分のサービスを使用している雇用主に対する賃金および時間違反の申し立てに対して責任を負うことができないと判決を下しました。

ある女性が以前の雇用主を様々な雇用関連の請求で訴え、後にADPを訴えに追加し、時宜を得た方法で賃金と残業代を支払えなかったとの主張を主張し、正確な賃金表を提供した。

カリフォルニア州控訴裁判所は、給与計算サービスプロバイダーは、不適切な賃金の支払いについて州の労働法のもとで責任を負うことはできないと判断しましたが、その場合、従業員は契約違反および過失によりADPを訴えました。 しかし、カリフォルニア最高裁判所は、契約違反および過失申立てに関する控訴裁判所の判決を覆しました。

The California Supreme Court recently ruled that ADP—and other third-party payroll service providers—can't be held liable for claims of wage and hour violations against the employers that use their services.

A woman sued her former employer for a variety of employment-related claims and later added ADP to the complaint, asserting claims for failure to pay wages and overtime premiums in a timely manner and provide accurate wage statements.

The California Court of Appeal found that a payroll service provider can't be held liable under the state labor code for improper wage payments, but it allowed the employee in the case to sue ADP for breach of contract and negligence. The California Supreme Court, however, reversed the appellate court's ruling on the breach of contract and negligence claims.

http://tinyurl.com/y5wf642y

|

« 【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ | Main | 【レストラン】賃金違反は見合わない »