« January 2019 | Main | March 2019 »

February 2019

2019.02.28

【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術


----------------------------------------------------------------------------

///Philosophy ニューズレター 229号///
【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術

----------------------------------------------------------------------------

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより2月のニューズレターをお届け致します。

最初に少しだけ宣伝を・・・・

-----------------------------------------------

【無料セミナー】4/19/19(金)6:00pm-7:00pm 弊社オフィスにて

脱★ドンブリ経営無料セミナー開催

(限定5名まで。前回もすぐに埋まりましたよ!)

▼お申し込みは今すぐ!下記のemailまで

yamaguchi@yourphilosophy.net

▼キャッシュフローコーチとは?

https://www.jcfca.com/managers.html

▼どんなドンブリ経営の社長でも一発で数字の苦手意識が

無くなると言われるお金のブロックパズルとは?

「うちは人件費にいくらまで使えるのか?」

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html

スモールビジネスの悩みの75%は人とお金の悩み。この2つの悩みを

解決して経営者の皆様が本業に集中していただける環境を創るお手伝いが

できればと思っております。

-----------------------------------------------

ありがとうございます。それでは今月の目次です。

今月の目次 はじまり-----------------------------------------------

1.人事関連のニュース

【レストラン】賃金違反は見合わない

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ

【不当解雇】Novartis Pharmaに1.5 Millionの支払命令

【最低賃金】CA City of Alamedaが最低賃金条例採択

【調停】Googleは調停契約書を廃止へ

【第52回アメリカ人事】労災保険は加入義務があるか?

【訴訟】KFCが授乳・搾乳の部屋を用意しなかったことで1.5 Millionの支払へ

【第51回アメリカ人事】医療保険

【第50回アメリカ人事】OSHA Log 300A+セクハラ防止研修の追加情報+その他

【従業員満足度】従業員からのフィードバックを効果的に集める方法

【有給休暇】無制限の休暇 - 未来の波?それとも責任の可能性?

【VISA】H-1Bビザ宝くじシステム

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】のご紹介

(1)メンバーの皆様からの質問集

(2) CA州で義務化されたセクハラ防止研修の追加情報

(3) 【解雇】解雇のタイミングを決める方法

今月の目次 おわり-----------------------------------------------

1.人事関連のニュース
クリックして記事を御覧下さい。

 【レストラン】賃金違反は見合わない

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12443625627.html

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12443401010.html

【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12443316881.html

【不当解雇】Novartis Pharmaに1.5 Millionの支払命令

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12443155975.html

【最低賃金】CA City of Alamedaが最低賃金条例採択

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12442950629.html

【調停】Googleは調停契約書を廃止へ

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12442396702.html

【第52回アメリカ人事】労災保険は加入義務があるか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12440972050.html

【訴訟】KFCが授乳・搾乳の部屋を用意しなかったことで1.5 Millionの支払へ

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12440248625.html

【第51回アメリカ人事】医療保険

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12439609796.html

【第50回アメリカ人事】OSHA Log 300A+セクハラ防止研修の追加情報+その他

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12438235500.html

【従業員満足度】従業員からのフィードバックを効果的に集める方法

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12438117933.html

【有給休暇】無制限の休暇 - 未来の波?それとも責任の可能性?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12436975099.html

【VISA】H-1Bビザ宝くじシステム

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12436941862.html


2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】
顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

▼   顧問契約のメンバーの皆様からいただいた質問を一般化してご紹介させていただきます。

(1)メンバーの皆様からの質問集


メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

▼   今月の質問集です。

【妊娠・出産】妊娠、出産休暇について。またState Disability Insurance(SDI)とPaid Family Leave(PFL)について

【タイムカード】タイムカードの押し忘れについて どのような対策をとったらよいか?

【勤務時間外】タイムカードで退勤した後にオフィスの前で泥棒に遭った場合、会社は補償する責任がありますか?

【Vacation】 カリフォルニア州のVacationのルール(取得のルール、繰越のルール、取得上限のルール)等について

【Disability】State Disability Insuranceの申請方法について教えて下さい。

【Paid Sick Leave】Paid Sick LeaveはCA州では提供が義務付けられていますか?

【Paid Sick Leave】 Paid Sick Leaveの利用は採用から何日後から可能でしょうか?前借りはできますか?

【解雇】試用期間中の解雇の方法と必要な書類について

【Paid Sick Leave】Paid Sick Leaveの対象となる従業員の定義 1年間で30日以上勤務する従業員とは?

【障害への配慮】障害が出てしまった従業員への配慮はどのくらいの長さまで提供すべきか?

【ハラスメント防止トレーニング】CA州のハラスメント防止トレーニングはどのように受けたらよいですか?

【Parental Leave Act】従業員数20名から49名までの企業に義務づけられたParental Leave Actについて教えて下さい。

【セクハラ防止研修】セクハラ防止研修の修了証は社内で用意してもよいのか?

【欠勤】個人の時間内で被害に遭ったことを理由にやむを得ない事情で欠勤になる場合、その欠勤の取扱について

【Part Time】Part Timeの仕事をする時間は何時から何時までと決まっていますか?

【セクハラ防止研修】セクハラ防止研修の従業員5名の定義とは?研修は御社でも行っていますか?

【損害】取引先の落ち度で弊社が損害を被りました。損害を取り返す方法はありますでしょうか?

【パーティ】社内行事でパーティを開く際にはパーティの時間も賃金を支払う義務はありますか?

【駐在員規程】駐在員規程とEmployee Handbookの扱いについて

【出張規程】出張規程のレビューを御願いします。

【忌引き】忌引きは州法で義務づけられていると伺いました。詳細を教えて下さい。

【インターン】無給のインターンを受け付ける場合の注意点を教えて下さい。

【プリンター】チェックを印刷するのにお勧めのプリンターはありますか?インクは特別なものですか?

【皆勤賞】皆勤賞の注意すべき点は皆勤賞の金額も残業代を計算する際に含める以外、他にありますか?

【労災】労災のクレームが詐欺と思われた時はどのように対応すべきか?

【GIFT】GIFT CARDを従業員の送った場合は賃金としてみなされますか?

【Meal Break】ミールブレイクの時間を記録する義務はありますか?

【Exempt Sick Leave】ExemptのSick Leaveの最小単位は15分でも大丈夫ですか?

【失業保険】自己都合で退職した場合は失業保険の対象となりますか?

【署名】1日働く従業員が納得してランチブレークが不要だという書類にサインすれば問題ないでしょうか?

(2) CA州で義務化されたセクハラ防止研修の追加情報


メンバーの皆様には12個の質問に回答しておりますが、

その中の1つをご紹介します。

例)誰が「有資格トレーナー」と見なされますか? /

 HRは必要なトレーニングを実施できますか?

以前の法律(AB 1825の監督者訓練要件)の規定およびDFEHのセクシャル

ハラスメントに関するよくある質問では、3種類の認定トレーナーが

特定されています。

1.カリフォルニア州の公正雇用・住宅法(FEHA)に基づく雇用法または1964年の連邦公民権法のタイトルVIIを含む、少なくとも2年間、任意の州の弁護士資格を有する弁護士。

2. 人事担当者またはハラスメント防止担当者は、少なくとも2年間の実務経験がある以下の分野で相談します。

•差別、報復およびセクシャルハラスメント防止に関するトレーニングを設計または実施する。

•セクシャルハラスメントまたはその他の差別に関する苦情への対応。

•セクシャルハラスメントの苦情を調査する。または

•差別、報復およびセクシャルハラスメント防止について雇用主または従業員に助言する。

3.大学院学位またはカリフォルニア州の教育資格を持ち、FEHAまたはタイトル

VIIに基づく雇用法に関する20時間の指導を受けた、ロースクール、カレッジ

または大学のインストラクター。

「公正な雇用と住宅協議会」は、「トレーナー」が誰であるかを検討するための

いくつかの保留中の改訂を行いましたが、それらの規則が正式に承認され管理行

政庁によって有効にされるか未定の部分もあります。

 (3) 【解雇】解雇のタイミングを決める方法


【顧問契約のご案内】-----------------------------------------------

▼労務管理についてお悩みがある方へ

上記のような質問をUnlimitedでお答え致します。

顧問契約については下記のオプションをご用意しております。

 

HR BRONZE PLAN【メ—ル相談】

月額$310にて無制限メール相談サービス

HR SILVER PLAN【メール相談+ドキュメント作成】

月額$620にて無制限メール相談サービス

+労務管理ドキュメントの作成サービス

(月間2時間まで)

HR GOLD PLAN【訪問or電話相談+ドキュメント作成】

月額$930にて無制限メール相談サービス

+労務管理ドキュメントの作成サービス

(月間2時間まで)

+月1時間までの電話あるいは訪問コンサルティング

(訪問の場合はLA COUNTY &OC COUNTY以外は別途タイムチャージ)

キャッシュフロー(CF)コーチ BRONZE PLAN
【オンライン1時間】

月額$620

1.      CF表の作成支援とお金のブロックパズルを利用した資金の流れの確認

2.      予算立案、目標設定の支援(例:採用人員予算や投資の意思決定支援)

キャッシュフロー(CF)コーチ SILVER PLAN
【訪問2時間】

月額$930

1.      CF表の作成支援とお金のブロックパズルを利用した資金の流れの確認

2.      予算立案、目標設定の支援(例:採用人員予算や投資の意思決定支援)

3.      年間アクションプランの策定とそのフォローアップ

(訪問の場合はLA COUNTY &OC COUNTY以外は別途タイムチャージ)

キャッシュフロー(CF)コーチ GOLD PLAN
【訪問2時間+従業員研修 】

月額$1,550

1.      CF表の作成支援とお金のブロックパズルを利用した資金の流れの確認

2.      予算立案、目標設定の支援(例:採用人員予算や投資の意思決定支援)

3.      年間アクションプランの策定とそのフォローアップ

4.      従業員向けにお金のブロックパズルを利用した研修実施

(訪問の場合はLA COUNTY &OC COUNTY以外は別途タイムチャージ)

キャッシュフロー(CF)コーチ PLATINUM PLAN
【訪問2時間+従業員研修+従業員との個人面談 】

月額$3,100

 GOLD PLAN+従業員への個人面談フォローアップ

■単発のお問合せ
顧問契約しかないのですか?という御質問をよくいただきますが、

スポットのサービスはタイムチャージ1時間$310で承っております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

■この記事では一般的な情報提供を目的としております。法的なアドバイスではありません。法的なアドバイスが必要な場合は、弁護士にお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------------

///Philosophy ニューズレター 229号///


----------------------------------------------------------------------------

【発行人】

Phiosophy LLC

アメリカンドリーム実現キャッシュフローコーチ

保険と労務 アメリカ版 社労士です

山口 憲和

【編集後記】

SPIN営業術という本を読んだが、冒頭で「トップセールスに売れるコツ」

を訊いても意味がない、というくだりがある。トップセールス自身は自分が

なぜ売れているかが分からないというのだ。それよりも、よく売れている人

が何をしているかを観察した方がよいという。

自分では自分のことが分からない。

SPINは状況質問、問題質問、示唆質問、解決質問の段階を踏むことで

大型商談をまとめることができるという手法を提示している。

状況を整理して、問題点を明らかにして、解決策を提示する、という三段階

はよく耳にするが、「示唆質問」が鍵かもしれない。

この示唆質問は問題を放っておくと問題点が大変なことを招くという

深刻さを明らかにする質問だということだ。

この流れを追って行くとPASONAの法則と似ていることに気付く。

TVショッピング等の広告は

P(Problem=問題点)、 

A(Agitate=問題点を放っておくと大変なことになる)、

SO(Solution=解決策)、

N(Narrow down=期間限定、応募者限定等)、

A(Action=応募方法)の順番で構成されていると

言われる。

大型商談と小型商談では進め方が異なるという発見も興味深い。

山口憲和

----------------------------------------------------------------------------

■JRN(Japan Referral Network)

3月8日(金)7:00am〜8:30am

売上を上げたいプロフェッショナルの方 限定1名でゲスト参加募集中

▼JRNとは何ですか?
http://www.jrnla.org/jpn/page/faq


----------------------------------------------------------------------------

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100%

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------

■山口憲和 Philosophy LLC President略歴

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R 優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf  (今や中古で●●円!)

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを9年にわたり提供しております。

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

お知らせするととても喜んでいらっしゃいました。



https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

■   最近の読書:ティール組織(Frederic Laloux)、修身教授録(森信三)

西洋音楽史(岡田暁生)、SPIN営業術(ニール・ラッカム)

二宮翁夜話(福住正兄)

----------------------------------------------------------------------------

【弊社のサービス内容】

■日系のビジネス専門

日系のビジネス向けに保険と労務管理サービスを提供しております。

クライアントのアメリカンドリーム実現のためにキャッシュフローコーチを

行っております。

1. ビジネス保険

ビジネスが最初にオフィスや店舗をリースする際にはビジネス保険(General Liability)に加入することが家主(Land Lord)から求められます。先ずはビジネス保険のお手伝い(ブローカー)を致します。

2. 労災保険 (Workers Comp)

1名でも従業員を雇用すると加入義務があるのが労災保険です。労災保険の御加入のお手伝い(ブローカー)を致します。

3. Employee Handbookの作成

従業員を雇用する際に会社のルールを作成する必要がありますね?会社の

ルールをまとめたEmployee Handbookの作成をお手伝い致します。

4. 労務管理サービス(顧問契約)

特に飲食業や小売業では労務管理の問題が日常茶飯事に起こります。労働法

の最新情報や人事管理文書の作成等のサービスを顧問契約で承ります。

 

5. キャッシュフローコーチ サービス(顧問契約)

会社のお金の流れが漠然としていることへのストレスを解消します。

お金のブロックパズルを使って分かりやすくお金の流れを理解するの

を助けます。

クライアントのビジョン実現(アメリカンドリーム実現)のための道のりを

共有して、実現を支援します。

従業員、店舗の店長向けにキャッシュフローを理解するための研修を行います。

▼キャッシュフローコーチとは?

https://www.jcfca.com/managers.html

▼どんなドンブリ経営の社長でも一発で数字の苦手意識が

無くなると言われるお金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html

6. 医療保険

企業にて医療保険を福利厚生としてご用意される会社は沢山あります。

企業向けの医療保険のご用意をブローカーとしてお手伝い致します。

7.生命保険・リタイアメントプラン

企業で鍵となる従業員に生命保険をかけるキーマン保険や

リタイアメントプランのお手伝いを致します。

8. 給与計算+労務管理+保険 アウトソーシングサービス

Payroll会社を変更して雇用問題のリスクを減らせるか?

 ▼レストランチェーンの事例

http://www.oasisadvantage.com/client-successes/oasis-outsourcing-delivers-workforce-solutions/

▼   従業員数や業種によって対応可能な場合と対応できない場合がございます。

▼   詳しくは下記宛てにメールで御連絡下さい。

yamaguchi@yourphilosophy.net

▼Payroll会社を変えてもかまわないという企業様の場合

本業に集中したい方 人事管理のリスクを半分に

Philosophy LLCは下記のPEO各社と提携し、

Payroll/HR/Insuranceのトータルサービスを提供しております。

Payroll会社の変更をいとわず、人事管理のリスクを半減させたい方

お気軽にご相談下さい。PEO各社と提携して弊社が代理店業務を

行います。

https://www.trinet.com/

http://www.oasisadvantage.com/

http://www.spli.com/

----------------------------------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

■Mission of Philosophy(企業理念)

●全スタッフの物心両面の幸福を追求する

●世のため、人のために尽くす

●利他

■カンパニースピリッツ

●全戦全笑!(どんな困難も笑いに変える!)

■Vision(長期的なゴール)

詠み人知らずの歌のように弊社の名前は残らなくても、

永遠に語り継がれるような「信頼」を築くこと。

■6つの精進が弊社の行動基準です。

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

■Philosophy チームメンバーのご紹介

●労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi 

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services) 

Affiliate with Alliance 360 

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

​​​​​​​

|

【レストラン】賃金違反は見合わない

【レストラン】賃金違反は見合わない

今年1月だけで、労働委員会事務所は賃金窃盗のための和解金で500万ドル以上を確保しました。賃金窃盗とは、労働者への賃金の支払いを含むカリフォルニア労働法の違反を指します。

以前に報告されたように、いくつかのベイエリアのレストランは最低賃金、残業代および分割シフト保険料を支払うことを怠ることを含む賃金窃盗違反に対して罰金を科された。そのうちの1つのベイエリアのレストランチェーンは3回の支払いで400万ドルを支払うことに同意しました。そして、それは昨年の調査の間に確認された298人の労働者に送られます。追加の82人の労働者が有給の病気休暇の罰金の支払いを受けます。

別のベイエリアのレストランチェーンは、彼らが支払われた賃金を労働者に支払うことを避けるために、レストランの所有権を不正に譲渡した後に資産を押収しました。労働委員会事務局は、総額180万ドル以上の賃金と民事罰の引用を出した。

執行捜査には通常、労働法違反を判断し、支払われるべき支払額と罰金を計算するための過去3年間の給与計算監査が含まれます。

雇用者は彼らが賃金と時間の法律を遵守していることを確認する必要があります。一般的な種類の賃金窃盗には、労働者に最低賃金、時間外勤務および分割シフトの保険料を支払わなかったこと、および労働者に食事と休憩を要求されなかったことが含まれます。しかし、労働委員長はそれだけではありません!

労働長官はカリフォルニアの有給病気休暇法を執行しなければならない。雇用者は、カリフォルニアで働く従業員に一定額の有給休暇を支給することが義務付けられています。行政処分に加えて、労働局長は復職、払い戻し、病欠日の支払いを違法に差し控えることもできます。この法律を特定の職場に適用することについて具体的な質問がある雇用者は、弁護士に相談してください。

This January alone, the Labor Commissioner’s Office secured over $5 million in settlements for wage theft. Wage theft refers to infractions of the California Labor Code involving the payment of wages to workers.

As previously reported, several Bay Area restaurants were fined for wage theft violations, including failing to pay minimum wage, overtime and split shift premiums. Of those, one Bay Area restaurant chain has agreed to pay $4 million over three payments, which will be sent to 298 workers that were identified during the investigation last year. An additional 82 workers will receive payment for paid sick leave penalties.

Another Bay Area restaurant chainhadtheir assets seized after fraudulently transferring the restaurant’s ownership to avoid paying workers the wages they were owed. The Labor Commissioner’s Office issued wages and civil penalty citations totaling more than $1.8 million.

Enforcement investigation typicallyinclude a payroll audit of the previous three years to determine labor law violations and to calculate payments and penalties owed.

Employers need to make certain they comply with wage and hour laws. Common types of wage theft include failing to pay workers minimum wage, overtime and split shift premiums and not giving workers required meal and rest breaks. But the Labor Commissioner does not stop there!

The Labor Commissioner must enforce California’s paid sick leave law. Employers are required to provide a set amount of paid sick leave to employees working in California. In addition to administrative penalties, the Labor Commissioner can also order reinstatement, back pay and the payment of sick days unlawfully withheld. Employers with specific questions about the application of this law to their particular workplace should consult legal counsel.

|

2019.02.27

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決

ADP Isn’t Liable for Employer’s Alleged Wage Violations

カリフォルニア州最高裁判所は最近、ADPおよびその他のサードパーティの給与計算サービスプロバイダは、自分のサービスを使用している雇用主に対する賃金および時間違反の申し立てに対して責任を負うことができないと判決を下しました。

ある女性が以前の雇用主を様々な雇用関連の請求で訴え、後にADPを訴えに追加し、時宜を得た方法で賃金と残業代を支払えなかったとの主張を主張し、正確な賃金表を提供した。

カリフォルニア州控訴裁判所は、給与計算サービスプロバイダーは、不適切な賃金の支払いについて州の労働法のもとで責任を負うことはできないと判断しましたが、その場合、従業員は契約違反および過失によりADPを訴えました。 しかし、カリフォルニア最高裁判所は、契約違反および過失申立てに関する控訴裁判所の判決を覆しました。

The California Supreme Court recently ruled that ADP—and other third-party payroll service providers—can't be held liable for claims of wage and hour violations against the employers that use their services.

A woman sued her former employer for a variety of employment-related claims and later added ADP to the complaint, asserting claims for failure to pay wages and overtime premiums in a timely manner and provide accurate wage statements.

The California Court of Appeal found that a payroll service provider can't be held liable under the state labor code for improper wage payments, but it allowed the employee in the case to sue ADP for breach of contract and negligence. The California Supreme Court, however, reversed the appellate court's ruling on the breach of contract and negligence claims.

http://tinyurl.com/y5wf642y

|

【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ

【従業員満足度調査】報酬 26%が幸せ

●従業員エンゲージメントプラットフォームのPeakonからHR Diveに電子メールで送信された労働者の満足度に関するデータによると、ワークロード、成長、管理サポート、意味のある仕事に関しては、より多くの労働者が不幸ではなく幸福だと評価しています。補償は反対の効果を生み出す唯一のカテゴリーであることを証明しました。 15,000人の回答者の39%が自分たちの報酬に不満を感じ、26%が幸せだと答え、33%が中立だと答えました。


●データはまた、より多くの従業員が彼らの仕事量に満足している(36%)かそれに対して中立的である(39%)かのどちらか一方で、24%が仕事量に不満を抱いていることを明らかにしました。キャリア成長の分野では、ほとんどの従業員(36%)が満足していると答え、さらに中立的(33%)と評価しました。かなりの割合(29%)が、不満を感じていると答えました。


●大部分の従業員(58%)は、経営陣から受けたサポートに満足していると答え、14%が不幸で、26%が中立的であると答えました。ほとんどの労働者(47%)は、自分たちの仕事の有意義さに満足していると答え、35%が不確実、そして17%が不幸だと答えました。

https://www.hrdive.com/news/more-workers-happy-with-managers-unhappy-about-pay/549204/

More workers rate themselves as happy, rather than unhappy, when it comes to workload, growth, management support and meaningful work, according to data on worker satisfaction emailed to HR Dive from Peakon, an employee engagement platform. Compensation proved the only category to produce the opposite effect; 39% of the 15,000 respondents rated themselves unhappy about their rewards, while 26% said they are happy and 33% said they are neutral. 
The data also revealed that while more employees are either satisfied with their workload (36%) or neutral toward it (39%), 24% are unhappy with their amount of work. In the category of career growth, most employees (36%) said they are satisfied and even more rated themselves as neutral (33%). A significant percentage (29%) said they feel dissatisfied.
The bulk of employees (58%) said they are happy with the support they receive from management, while just 14% are unhappy and 26% are neutral. Most workers (47%) said they felt happy with the meaningfulness of their work, 35% are unsure, and just 17% are unhappy.

|

2019.02.26

【不当解雇】Novartis Pharmaに1.5 Millionの支払命令

【不当解雇】Novartis Pharmaに1.5 Millionの支払命令

速報:ノバルティスがN.J.で$ 1.5Mの支払命令 内部告発者による評決

火曜日にニュージャージー州の陪審員は、会社の方針に違反したため適切に解雇されたと主張する製薬会社のスタンスを拒絶。提案された薬物研究に反対したことにより不当解雇されたという主張が認められ1.5 Millionの支払をNovartis Pharmaに命令。

BREAKING: Novartis Hit With $1.5M Whistleblower Verdict In N.J.

A New Jersey state jury on Tuesday slammed Novartis Pharmaceuticals Corp. with net damages totaling nearly $1.5 million over a former company executive’s claims she was fired in retaliation for objecting to a proposed drug study, rejecting the pharmaceutical giant’s stance that she was properly terminated for violating company policies.

|

2019.02.25

【最低賃金】CA City of Alamedaが最低賃金条例採択

【最低賃金】CA City of Alamedaが最低賃金条例採択

もう一つのカリフォルニアの都市、アラメダは7月に発効する新しい最低賃金条例(MWO)を採択しました。去年の10月、当時の知事のJerry Brownが新法に関する多数の法案に署名したとき、Alameda City Councilは独自のMWOを可決し、2020年7月1日までに最低賃金を1時間あたり15ドルに引き上げる予定です。

2019年7月1日以降、すべてのアラメダの雇用主は、事業の規模や組織にかかわらず、従業員に1時間あたり13.50ドル以上支払わなければなりません。 2回目の増額は2020年7月1日に発生し、アラメダのすべての雇用主は従業員に1時間あたり15ドル以上を支払わなければなりません。さらに、2022年7月1日以降、それ以降は毎年7月1日から、アラメダのすべての雇用主は、年間最大5パーセントの年間消費者物価指数の調整の対象となります。

Alameda MWOは、非営利団体を含む、Alamedaのビジネスライセンス要件の対象となるすべての雇用主に適用され、従業員が住んでいる場所に関係なく、Alamedaの地理的境界内で2時間以上働くすべての従業員を対象とします。

他の地元のMWOと同様に、雇用主は、職場や職場の目立つ場所に表示する必要がある職場のポスターなど、必要な従業員への通知を掲示する必要があります。さらに、雇用主は給与記録を4年間保存する必要があります。

Alameda MWOに違反する雇用主は、行政上の引用、罰金およびその他の手数料の対象となる可能性があります。アラメダで働く従業員を雇用している雇用者は、必要なポスターを入手するなど、新しいMWOに備えるための措置を講じる必要があります。 

MWOの詳細については、アラメダの市内WebサイトのFAQを参照してください。

Another California city, Alameda, adopted a new minimum wage ordinance (MWO) that takes effect in July. Last October, when then-governor Jerry Brown signed a number of bills into new laws, the Alameda City Council passed their own MWO, which will raise the minimum wage to $15 per hour by July 1, 2020.

Beginning July 1, 2019, all Alameda employers, regardless of size of business or organization, will have to pay their employees no less than $13.50 per hour. A second increase will occur on July 1, 2020, where all Alameda employers will have to pay their employees no less than $15 per hour. Furthermore, starting on July 1, 2022, and every July 1 thereafter, all employers in Alameda will be subject to an annual Consumer Price Index adjustment, up to a maximum of 5 percent per year.

The Alameda MWO will apply to all employers, including nonprofit organizations, that are subject to Alameda’s business license requirements, and will cover all employees working two hours or more within the geographic boundaries of Alameda, regardless of where employees live.

Similar to other local MWOs, employers will have to post required employee notices, including a workplace poster that must be displayed in a conspicuous place at any workplace or jobsite. Additionally, employers will have to keep payroll records for four years.

Employers who violate the Alameda MWO may be subject to administrative citations, penalties and other fees. Employers with employees working in Alameda should take steps to prepare for the new MWO, including obtaining required posters. 

For more information on the MWO, see the FAQs on Alameda’s city website.

|

2019.02.23

【調停】Googleは調停契約書を廃止へ

【調停】Googleは調停契約書を廃止へ

Googleは調停契約書は廃止する方向だという。

調停契約書については昨年調停契約書によって集団訴訟を禁止する条項を盛り込むことが裁判で認められる等して注目を浴びていた。Googleが廃止することで、他企業にもこの傾向が波及していくか注目したいところだ。

Google To End Forced Worker Arbitration, Class Action Waiver

Google LLC said Thursday it will end forced arbitration requirements and class action waivers for its employees, following its announcement in November that it would no longer require workers to arbitrate sexual harassment and assault claims.

|

2019.02.17

【第52回アメリカ人事】労災保険は加入義務があるか?

【第52回アメリカ人事】労災保険は加入義務があるか?

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

【訴訟】KFCが授乳・搾乳の部屋を用意しなかったことで1.5 Millionの支払へ

【訴訟】KFCが授乳・搾乳の部屋を用意しなかったことで1.5 Millionの支払へ


Delaware Onlineによると、陪審員は、授乳室に関連する請求に対して150万ドルの損害賠償をKFC元従業員に与えた。同判決は、国内第4位のKFCフランチャイジーであるMitra QSRが採用している間に原告が耐えられたとされる性差別および嫌がらせを解決している。彼女は、彼女の雇用主が母乳を搾乳することを非常に困難にしたために母乳が乾いてしまい、子供に栄養を与えられなかったと主張していました。

デラウェア州のフランチャイズのマネージャー研修生だったオータム・ランプキンズは、母乳をトイレで搾乳することを強制された後、雇用主を訴えた。その後、非公開のオフィスに入った(Lampkins対Mitra QSR、LLCおよびMitra QSR LLC、No 16−647 − CFC(D.Del。、2018年11月28日))。彼女は、彼女の雇用主が最初に職場での搾乳をやめさせ、次に降格したので「搾乳がより簡単になるだろう」と述べた。彼女は、搾乳するために上司が働いていたオフィス(部屋)へのアクセスを最終的に与えられたと主張しました。オフィスには、電源を切ることができないビデオカメラと、彼女が搾乳している間、同僚から見られてしまう窓がありました。

Lampkinsはもともと性差別と賃金および時間違反の両方を主張していたが、裁判所は彼女の公正労働基準法(FLSA)の主張について雇用主に略式判決を下した。しかし、11月に性差別の申し立てを棄却することを拒否し、陪審員は最終的に補償損害賠償として25,000ドル、懲罰的損害として150万ドルを授与した。 Delaware Onlineによると、この数字は最終的には適用される法定上限に引き下げられる可能性があります。


A jury awarded a former KFC employee $1.5 million in damages for claims related to a lactation room, Delaware Online reported. The verdict resolves the alleged gender discrimination and harassment the plaintiff endured while employed by Mitra QSR, the 4th largest domestic KFC franchisee. She had alleged that her employer made it so difficult for her to pump breast milk that her milk dried up, preventing her from feeding her child.

Autumn Lampkins, who was a manager trainee at the Delaware franchise, sued her employer after she was forced to pump breast milk in a bathroom, then in a non-private office (Lampkins v. Mitra QSR, LLC and Mitra QSR LLC, No. 16-647-CFC (D. Del., Nov. 28, 2018)). She said her employer first discouraged her from pumping at work, then demoted and transferred her so "it would be easier" for her to pump. She alleged that she was eventually given access to an office — where her supervisor worked while she pumped. The office also had a video camera that could not be turned off and a window through which co-workers watched her.

Though Lampkins originally alleged both gender discrimination and wage and hour violations, the court granted summary judgment to the employer on her Fair Labor Standards Act (FLSA) claim. It declined, however, to dismiss her sex discrimination claim in November, with a jury eventually awarding her $25,000 in compensatory damages and $1.5 million in punitive damages; that figure may eventually be reduced to an applicable statutory cap, according to Delaware Online.

|

2019.02.11

【第51回アメリカ人事】医療保険

【第51回アメリカ人事】医療保険
●医療保険は提供義務はあるのか?
●医療保険におけるFull Timeの定義とは?
https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2019.02.06

【第50回アメリカ人事】OSHA Log 300A+セクハラ防止研修の追加情報+その他

【第50回アメリカ人事】OSHA Log 300A+セクハラ防止研修の追加情報+その他

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

|

2019.02.05

【従業員満足度】従業員からのフィードバックを効果的に集める方法

【従業員満足度】従業員からのフィードバックを効果的に集める方法

視点:従業員からのフィードバックを効果的に集める方法
新興の通信技術は、組織や従業員に、エンゲージメントや当面のタスクや課題にとって意味のある継続的なフィードバックを交換する能力を提供します。 しかし、データの処理方法と解釈方法には注意してください。

▼最近空港のトイレ等で見かける満足度調査。このくらいシンプルな調査の方が分かりやすいのでは?

https://www.happy-or-not.com/en/human-resources/


Viewpoint: How to Collect Employee Feedback Effectively 
Emerging communication technologies offer organizations and employees the ability to exchange continuous feedback that is meaningful to engagement and the tasks and challenges at hand. But be careful in how you handle and interpret the data.

|

« January 2019 | Main | March 2019 »