« 【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決 | Main | 【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術 »

2019.02.28

【レストラン】賃金違反は見合わない

【レストラン】賃金違反は見合わない

今年1月だけで、労働委員会事務所は賃金窃盗のための和解金で500万ドル以上を確保しました。賃金窃盗とは、労働者への賃金の支払いを含むカリフォルニア労働法の違反を指します。

以前に報告されたように、いくつかのベイエリアのレストランは最低賃金、残業代および分割シフト保険料を支払うことを怠ることを含む賃金窃盗違反に対して罰金を科された。そのうちの1つのベイエリアのレストランチェーンは3回の支払いで400万ドルを支払うことに同意しました。そして、それは昨年の調査の間に確認された298人の労働者に送られます。追加の82人の労働者が有給の病気休暇の罰金の支払いを受けます。

別のベイエリアのレストランチェーンは、彼らが支払われた賃金を労働者に支払うことを避けるために、レストランの所有権を不正に譲渡した後に資産を押収しました。労働委員会事務局は、総額180万ドル以上の賃金と民事罰の引用を出した。

執行捜査には通常、労働法違反を判断し、支払われるべき支払額と罰金を計算するための過去3年間の給与計算監査が含まれます。

雇用者は彼らが賃金と時間の法律を遵守していることを確認する必要があります。一般的な種類の賃金窃盗には、労働者に最低賃金、時間外勤務および分割シフトの保険料を支払わなかったこと、および労働者に食事と休憩を要求されなかったことが含まれます。しかし、労働委員長はそれだけではありません!

労働長官はカリフォルニアの有給病気休暇法を執行しなければならない。雇用者は、カリフォルニアで働く従業員に一定額の有給休暇を支給することが義務付けられています。行政処分に加えて、労働局長は復職、払い戻し、病欠日の支払いを違法に差し控えることもできます。この法律を特定の職場に適用することについて具体的な質問がある雇用者は、弁護士に相談してください。

This January alone, the Labor Commissioner’s Office secured over $5 million in settlements for wage theft. Wage theft refers to infractions of the California Labor Code involving the payment of wages to workers.

As previously reported, several Bay Area restaurants were fined for wage theft violations, including failing to pay minimum wage, overtime and split shift premiums. Of those, one Bay Area restaurant chain has agreed to pay $4 million over three payments, which will be sent to 298 workers that were identified during the investigation last year. An additional 82 workers will receive payment for paid sick leave penalties.

Another Bay Area restaurant chainhadtheir assets seized after fraudulently transferring the restaurant’s ownership to avoid paying workers the wages they were owed. The Labor Commissioner’s Office issued wages and civil penalty citations totaling more than $1.8 million.

Enforcement investigation typicallyinclude a payroll audit of the previous three years to determine labor law violations and to calculate payments and penalties owed.

Employers need to make certain they comply with wage and hour laws. Common types of wage theft include failing to pay workers minimum wage, overtime and split shift premiums and not giving workers required meal and rest breaks. But the Labor Commissioner does not stop there!

The Labor Commissioner must enforce California’s paid sick leave law. Employers are required to provide a set amount of paid sick leave to employees working in California. In addition to administrative penalties, the Labor Commissioner can also order reinstatement, back pay and the payment of sick days unlawfully withheld. Employers with specific questions about the application of this law to their particular workplace should consult legal counsel.

|

« 【賃金】ADP(給与計算会社)は賃金違反に対して責任がないという判決 | Main | 【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術 »