« 【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術 | Main | 【最低賃金】コストコ 最低賃金を$15に引き上げ »

2019.03.07

【全米Exemptの最低サラリー(提案)】米国労働省(DOL)年間35,308ドル

【全米Exemptの最低サラリー(提案)】米国労働省(DOL)年間35,308ドル

米国労働省(DOL)は、公正労働基準法(FLSA)に基づく残業代の出ないポジションの給与最低額を年間35,308ドル(週あたり455ドルから679ドル)に引き上げることを提案したと発表した。 この提案には自動調整は含まれていません - これまで検討中のオプションです。


この発表は、残業の要件の更新、およびオバマ政権によるさらに高い給与限度額47,476ドルを設定するための不当な努力に関する、雇用コミュニティでの数カ月の推測に続くものです。


DOLの発表によると、提案されたしきい値は、現在の23,660ドルから、残業の適格性をさらに100万人以上の米国の労働者に拡大するだろう。 連邦登録簿に公表されると、DOLの規則案提案通知は60日間のパブリックコメント期間の対象となります。

The U.S. Department of Labor (DOL) has proposed to increase the salary threshold for overtime eligibility under the Fair Labor Standards Act (FLSA) to $35,308 a year ($455 to $679 per week), it announced Thursday. The proposal does not include automatic adjustments — an option previously under consideration.
The announcement follows months of speculation in the employment community about an update to overtime requirements, as well as an ill-fated effort by the Obama administration to set an even higher salary threshold of $47,476.
The proposed threshold, up from the current $23,660, would expand overtime eligibility to more than a million additional U.S. workers, according to the DOL announcement. Once published in the Federal Register, DOL's Notice of Proposed Rulemaking will be subject to a 60-day public comment period.

|

« 【第229号】人事関連ニュース/大型商談を決めるSPIN営業術 | Main | 【最低賃金】コストコ 最低賃金を$15に引き上げ »