« 【第230号】4/1/19から掲示義務のポスター(ダウンロード可能) | Main | 【病気休暇】頭が痛い病気休暇 »

2019.04.11

【OSHA】労働安全衛生管理局による職場への査察が増加

【OSHA】労働安全衛生管理局による職場への査察が増加

米国労働長官のAlexander Acostaは先週、House Appropriations小委員会に、労働安全衛生管理局(OSHA)の新しい検査官の訓練を終えたらすぐに現場検査の増加が見込まれると語った。


ハウススタジアム、保健社会福祉サービス、教育および関連機関の収用小委員会への書面による声明で、OSHAは2018会計年度に76人の新しい検査官を雇ったと発表しました。 検査官は現地調査を実施します。 小委員会委員では、OSHAが2017年と2018年に毎年32,000件の検査を実施したことを伝え、2016年の数値から増加した。


ドナルド・トランプ大統領は、2020年度予算要求でOSHAに557百万ドルを求めており、これは昨年度からの増加であり、これには追加のコンプライアンス責任者30人および内部告発者調査員5人が含まれる。

▼最新情報は

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

Labor secretary: OSHA jobsite inspections likely to increase

U.S. Secretary of Labor Alexander Acosta told a House Appropriations subcommittee last week that as soon as a new crop of Occupational Safety and Health Administration (OSHA) agents completes training, he expects jobsite inspections to increase.


In a written statement to the House Labor, Health and Human Services, Education and Related Agencies Appropriations Subcommittee, Acosta said OSHA hired 76 new inspectors in Fiscal Year 2018 and that it would be anywhere from a year to three years before they will be ready to conduct field inspections on their own. Even so, he told subcommittee members that OSHA had conducted 32,000 inspections each year in 2017 and 2018, an increase from 2016 figures.


President Donald Trump, he said, is seeking $557 million for OSHA in his FY 2020 budget request, an increase from last year, which would pay for additional staff, including 30 additional compliance officers and five more whistleblower investigators.

|

« 【第230号】4/1/19から掲示義務のポスター(ダウンロード可能) | Main | 【病気休暇】頭が痛い病気休暇 »