« 【育児休暇】5Millionで示談 JPMorgan Chase | Main | 【採用】米国の採用は5月に失速 失業率は3.6% »

2019.06.06

【EEOC】ハイアット EEOC 10万ドルで示談 椅子の用意

【EEOC】ハイアット EEOC 10万ドルで示談 椅子の用意

 

ハイアットコーポレーションは、米国均等雇用機会委員会(EEOC)が提起した訴訟を解決するために85,000ドルを支払い、6週間の有給休暇(約15,000ドル相当)を支払うことに同意しました。椅子を求めた。


EEOCは、フロントデスクの作業員としての立場が長引くことで従業員の背中の機能障害が悪化し、ひどい痛みを引き起こしたと述べた。その従業員は、合理的配慮として、ホテルではフロントで仕事をしながら椅子に座ることを許可するよう要求しました。 EEOCは訴訟で、ホテルは2週間椅子を使用することを労働者に許可したがそれ以上の椅子の使用を拒否し、そうでなければ彼の身体障害に対応することに失敗した。 EEOCによると、座っていても、ゲストの登録、支払いの処理、およびゲストの問い合わせへの回答という従業員の職務に支障はないという。


ハイアットは和解の一環として議長を務めることに同意した。それはまた、米国障害者法(ADA)の下での権利について従業員を訓練し、将来の適応要求および障害者差別の苦情の結果をEEOCに報告することに合意した。

▼最新情報は無料メルマガで

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

  • Hyatt Corporation has agreed to pay $85,000 and provide six weeks of paid leave — worth about $15,000 — to settle a lawsuitbrought by the U.S. Equal Employment Opportunity Commission (EEOC) claiming that the hotel failed to accommodate an employee with a chronic back ailment when he asked for a chair.
  • The EEOC said prolonged standing as a front desk worker aggravated the employee’s back impairment and caused him severe pain. The employee requested, as a reasonable accommodation, that the hotel permit him to sit on a chair while working at the front desk. The hotel allowed the worker to use the chair for two weeks but then refused him further use of the chair and otherwise failed to accommodate his disability, the EEOC alleged in the lawsuit. Sitting did not interfere with the employee’s job duties of registering guests, processing payments, and responding to guest inquiries, the EEOC said. 
  • Hyatt agreed to provide a chair as part of the settlement. It also agreed to train employees about their rights under the Americans with Disabilities Act (ADA) and to report the outcome of future accommodation requests and disability discrimination complaints to the EEOC.
出所:

|

« 【育児休暇】5Millionで示談 JPMorgan Chase | Main | 【採用】米国の採用は5月に失速 失業率は3.6% »