« 動画【第56回アメリカ人事】CA州 従業員5名以上の企業でリタイアメントプラン参加義務化 | Main | 【米国経済】6月は仕事が大幅に増加 »

2019.06.30

【第233号】 CA州従業員5名以上にリタイアメントプラン義務化

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy ニューズレター 233

【第233号】 CA州従業員5名以上にリタイアメントプラン義務化

 

----------------------------------------------------------------------------

 

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより6月のニューズレターをお届け致します。

1今月のニュース

 動画【第56回アメリカ人事】CA州 従業員5名以上の企業でリタイアメントプラン参加義務化

 

【第56回アメリカ人事】
1. CA州 従業員5名以上の企業でリタイアメントプラン参加義務化
2. ソーシャルセキュリティ番号不一致の通知にどのように対応すべきか
3. CA州 7/1/19からCity Countyで最低賃金の変更集中
についてお届けします。

 

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12483538465.html

 

▼その他のニュースは下記のリンクをご覧下さい。

·       【最低賃金】7/1/19からの最低賃金変更

·       【解雇】Walmart Finance部門のアウトソースで600人解雇

·       【報酬】報酬コスト上昇 賃金の1.45倍が報酬コスト

·       【病気や介護時の有給家族休暇】コネチカット州で12週間の有給家族休暇が施行

·       【採用】Nevada州にて採用時のマリファナ使用検査を禁止

·       【速報】州の賃金法はオフショア(海外委託)対象外

·       【女性差別】過去の給与は質問してはいけない

·       【採用】米国の採用は5月に失速 失業率は3.6%

·       【EEOC】ハイアット EEOC 10万ドルで示談 椅子の用意

·       【育児休暇】5Millionで示談 JPMorgan Chase

·       【育児休暇】育児休暇で女性の離職率15%ダウン

·       【2020年 HSA非課税上限枠発表】一人$3,550 家族 $7,100

 

https://ameblo.jp/angelmarketing/

 

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

 

メンバーの皆様からの質問集

 

メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

 

 

  • 今月の質問集です。

【OSHA        Cal OSHAHazard Check Listについて教えて下さい

 

【OSHA        LOGOUT TAGOUTのサンプルプロセス資料を下さい。

 

【代休】  Exemptであれば代休を許可してよいでしょうか?

 

【代休】  Exemptの代休ルールはどのように決めてもよいのでしょうか?

 

【SDI PFL     SDI PFLの利用時にSick Leaveを先に使うように強制することが出来ないのは本当でしょうか?

 

【Job Description    【シルバープラン】Job Descriptionのひな型を送付いただけますか?

 

【Paid Holiday        Paid Holidayのインターンへの提供について。

 

【Paid Holiday        Paid Holidayの統計資料を教えて下さい。

 

【EEO-1        【シルバープラン】EEO-1のレポート提出義務の対象、提出方法について書類等教えて下さい

 

【I-9   I-9Section2も従業員が記入しないといけないでしょうか?

 

【消費者情報保護】     California Consumer Privacy Actの影響について

 

【NJ 最低賃金】         NJ201971日からの最低賃金とExemptの最低賃金について教えて下さい。

 

【Cityからの手紙】    Cityからhttps://clerk.lacity.org/business-improvement-districts の請求が来ましたが詐欺でしょうか?

 

【アレルギー】  従業員のアレルギー反応にどのような対策をすべきか?

 

【EDDからSDIの手紙】      EDDからSDIの申請に関する書類が届きました。どのように回答すべきでしょうか?

 

【I-9フォームの修正と維持】         I-9 Formの修正と記録の維持についてどのようにすべきか?何年保管すべきか?

 

【駐在員の帰国命令について】        駐在員に帰国命令を出すことで問題になることはありえますか?

 

【解雇】  解雇を行う際に必要な書類を送付して下さい

 

【Wage Notice       CA州で義務化されているWage Noticeの書類を送付して下さい。

 

【10分休憩】   10分休憩は4時間につき1回だが、6時間過ぎたら2回目を取得するルールをどう運営すればよいか?

 

【ミールブレイク免除契約書】        【シルバープランのお客様】ミールブレイク免除契約書を下さい。

 

【オファーレターレビュー】  オファーレターのレビューを御願いします。

 

▼顧問契約にご関心がありますか?弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

 

【発行人】

Phiosophy LLC

 

アメリカンドリーム実現キャッシュフローコーチ

保険と労務 アメリカ版 社労士です

山口 憲和 

 

【編集後記】

奇跡の経営 一週間毎日が週末発想のススメ 単行本 – 2006/1/24

リカルド・セムラー (), 岩元 貴久 (翻訳)

https://tinyurl.com/yyzbggfc 

 

を拝読しています。

ティール組織(Frederic Laloux)と合わせて読むことでこれからの組織を

どのように創っていくかを考えさせてくれる。

今週つかんだヒントは「何もしない時間」を意図的に創ること。

最近は日本に出張に行っても、出張に行く機内の中でもWifiが使える

こともあり、まさに24/7休みなく仕事ができる環境にある。

仕事=人生と考えればワークライフバランスは考えなくても済むように

なるが、敢えて何もしない時間を創る努力をすることで

日頃の延長線上の仕事を離れて、長期的に行うべきことが

見えて来ることがある。

特に弊社のような仕事はあっという間にAIに置き換えられる仕事。
人間の心にフォーカスを置いたもう1つ先の仕事を考えていく

必要があると思っている。

 

山口憲和

 

----------------------------------------------------------------------------

■JRN(Japan Referral Network)

毎週(金)7:00am8:30am ホリデーイン トーランスにて

売上を上げたいプロフェッショナルの方 毎週1名限定で弊社からゲスト

参加の方を募集中です。 ゲスト参加御希望の方は今すぐ!下記へメールを。

yamaguchi@yourphilosophy.net

 

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

----------------------------------------------------------------------------

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

 

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

 

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

 

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

 

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

 

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

 

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------

 

■山口憲和 Philosophy LLC President略歴

 

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

 

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

 

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf (今や中古で●●円!)

 

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを10年にわたり提供しております。

 

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

お知らせするととても喜んでいらっしゃいました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

 

  • 最近の読書:ティール組織(Frederic Laloux)、修身教授録(森信三)

西洋音楽史(岡田暁生)、SPIN営業術(ニール・ラッカム)

二宮翁夜話(福住正兄)

 

----------------------------------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

 

■Mission of Philosophy(企業理念)

  • 全スタッフの物心両面の幸福を追求する
  • 世のため、人のために尽くす
  • 利他

 

■カンパニースピリッツ

  • 全戦全笑!(どんな困難も笑いに変える!)

 

■Vision(長期的なゴール)

詠み人知らずの歌のように弊社の名前は残らなくても、

永遠に語り継がれるような「信頼」を築くこと。

 

■6つの精進が弊社の行動基準です。

 

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

 

■Philosophy チームメンバーのご紹介

 

  • 労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

弊社の会計、医療保険・損害保険の事務手続き

人事労務のプロジェクト管理を担当しております。

 

  • 弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

 

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

 

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi 

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services) 

Affiliate with Alliance 360 

 

<Torrance Office>

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352

 

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

|

« 動画【第56回アメリカ人事】CA州 従業員5名以上の企業でリタイアメントプラン参加義務化 | Main | 【米国経済】6月は仕事が大幅に増加 »