« 【医療保険】従業員100名以上の企業 ヘルスケアコスト6%上昇 | Main | 【401K】従業員の401(k)貯蓄率は記録的な水準。401Kミリオネアが増加。 »

2019.08.28

ニュースレター【第235号】 11/20/2019(水曜日) 1:00pm セミナー

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy ニューズレター 235号

【第235号】 11/20/2019(水曜日) 1:00pm セミナー

 

----------------------------------------------------------------------------

 

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより8月のニューズレターをお届け致します。

1.今月のニュース

11/20/2019(水曜日) 1:00pm セミナー開催

 

なぜ弊社のアメリカ人のスタッフは事前の綿密な準備をしないのか?

 

なぜ具体的な指示を詳細に出さないと言われたことしかやってくれないのか?

 

一方で、アメリカ人のマネジャーからは「日本からの出張者は大勢来て

どうして1人の人しか発言しないのか?結論もその場で出さないで

日本から違う人から指示が来る。さらにメールはCCがいっぱいついている。

 

こんな働き方の違いについてなぜそれが起こるのか?その理由と対策について

異文化適応力講座を開催します。

 

プラス!

 

【法定義務化】2時間のCA州義務化対応 部下のいる従業員向け

日本語のセクシャルハラスメント防止研修(最後にCertificate発行)

を行います。

▼【セミナーのご案内】詳しくは下記のリンクで

https://peraichi.com/landing_pages/view/cq2019

 

 

▼その他のニュースは下記のリンクをご覧下さい。

·       動画【第57回アメリカ人事】CQ アメリカで部下を持って悩んでいる方へ 

·       ▼最新ニュースは下記のブログにて

https://ameblo.jp/angelmarketing/

 

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

 

メンバーの皆様からの質問集

 

メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

 

 

▼  今月の質問集です。

【Non-Exemptの出張】       Non-Exemptの出張時の勤務時間はどのように計算すべきでしょうか?

【Pregnancy Disability Leave】     Pregnancy Disability Leaveの4ヶ月はどのように計算すべきでしょうか?

【ハンドブック修正】  【シルバープラン】Employee Handbookの修正をお願いします。

【PDLと祝日】 PDL期間中に祝日が入った場合、PDL期間として計算する場合と計算しない場合があるそうですが、本当でしょうか?

【Wage Withholding Order】        Wage Withholding Orderのレターへの対応方法を確認させて下さい。

【Sick LeaveとOffice Close】       Office closeの日にPaid Sick Leaveを利用することは可能でしょうか?

【個人事業主】  個人事業主で仕事をしてもらう時の注意点と必要な書類について教えて下さい。

【罰金】  Inspector ( https://humantps.org/ ) が突然訪問してきてポスターを貼らないと罰金だと言われました。本当でしょうか?

【未成年の雇用】        高校生を採用することは可能でしょうか?必要な書類は?アルコールのサーブは出来ますか?

【Paid Sick Leave】   カリフォルニア州のPaid Sick Leaveは24時間(3日間)なのでしょうか?48時間(6日間)なのでしょうか?

【無保険のペナルティ】        カリフォルニア州では無保険のペナルティが2020年から復活するでしょうか?

 【労災保険】    カリフォルニアの労災保険について概要を教えて下さい。

【医療保険】     カリフォルニアの医療保険について一般的な保険料、会社負担比率等を教えて下さい。

【失業保険】     カリフォルニアの失業保険について一般的な保険料、会社負担比率等を教えて下さい。

【重いものの運搬】     OSHAにて重いものの運搬における制限(Pounds)はありますか?

【安全靴】        会社は従業員に安全靴の着用を義務づけられますか?

【注意】  勤務時間中に持ち場を離れた従業員に注意は出来ますか?

【5分前行動】  始業の5分前にチャイムを鳴らして作業を始めるように指導することは可能でしょうか?

【休暇の取扱】  自分の病気、家族の病気、個人的な理由の場合の休暇の取扱について

【給与差し引き通知】  Exemptの給与から差し引きをすることができる条件とその通知について

【休暇願い】     休暇願いのフォームがあれば提供下さい。

【代休】  non-exemptには代休を出していけないのは本当か?

【人事異動のフォーム】        【シルバープラン(文書作成サービス付き)】

【人事異動のフォーム】        人事異動のフォームのテンプレートを作成して下さい。

【Workweek】 残業代の計算はWorkweek内で行う。Workweekの決め方について。

【労災保険】     出勤前(通勤途中)は労災保険の対象となりますか?

【Paid Holiday】        Paid Holidayを提供する義務はありますか?

【セクハラ防止研修】  CA州で義務化されたセクハラ防止研修について内容を教えて下さい。

【EDDからのレター】 EDDからのレターを確認下さい。対応が必要であればお知らせ下さい。

【辞職願い】     辞職願いを強制的に提出させることは出来ますか?

【10分休憩】   10分休憩をまとめて20分で取得してもよいでしょうか?

【セクハラ防止研修】  セクハラ防止研修は弊社も対象でしょうか?ポリシーに変更は必要ですか?

【Workers Comp】    労災保険の継続クレーム(Open Claim)と保険会社の変更について

【パートタイム】        パートタイムも人事書類は同じものを用意すべきでしょうか?

【休職】  パートタイムの休職を仕事量に応じて命令してもよいでしょうか?

【セクハラ防止研修】  セクハラ防止研修を提供していますか?

【駐在員の手当】        駐在員の手当について他社の事例を教えて下さい。

【キッチンのTIP】     キッチンスタッフにTIPをシェアすることは可能になったのでしょうか?

【解雇の相談】  解雇について相談させて下さい。

【EDDからのレター】 自己都合退職でも失業保険は支給されますか?

【社内での販売行為】  社内での販売行為を禁止するポリシー例を教えて下さい。

【Pregnancy Leave】 Pregnancy Leave中にPaid Sick Leave やVacationは使えるか?

【Vacation 無給休暇中の蓄積】      Pregnancy Leave中はVacationの蓄積は行われるか?

 

 

▼顧問契約にご関心がありますか?弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

 

【発行人】

Phiosophy LLC

Philosophy Insurance Services

 

保険と労務 アメリカ版 社労士です

目標設定・人件費分析のキャッシュフローコーチ

山口 憲和 

 

【編集後記】

YouTubeでアクション中国語会話という番組を趣味でしばらくやって

いますが、

https://www.youtube.com/channel/UCrqrddjXYFYUmuDP8vaRlnQ

 

以前にゲスト出演して下さったGONZOさんが先日来America’s Got Talent

(AGT)に勝ち抜いていて、今Quarter Finalまで行きました。

https://www.youtube.com/watch?v=m-1FcFKZWmM

 

日本人がタンバリン1つでここまで勝ち抜いていく姿に

とても勇気づけられます。

是非応援を!

 

山口憲和

 

----------------------------------------------------------------------------

■JRN(Japan Referral Network)

毎週(金)7:00am〜8:30am ホリデーイン トーランスにて

売上を上げたいプロフェッショナルの方 毎週1名限定で弊社からゲスト

参加の方を募集中です。 ゲスト参加御希望の方は今すぐ!下記へメールを。

yamaguchi@yourphilosophy.net

 

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

----------------------------------------------------------------------------

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

 

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

 

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

 

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

 

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

 

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

 

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100%

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------

 

■山口憲和 Philosophy LLC President略歴

 

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

 

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

 

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf  (今や中古で●●円!)

 

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを10年にわたり提供しております。

 

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

 

「哲学こそが経営や事業の成否を決するのであり、

自分の会社を立派にし、従業員も幸福にしていきたい

と思うならば、トップである経営者自身が、自分の

考え方を高めていく必要がある」

 

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

報告させて頂きました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

 

■   最近の読書:ティール組織(Frederic Laloux)、修身教授録(森信三)

西洋音楽史(岡田暁生)、SPIN営業術(ニール・ラッカム)

二宮翁夜話(福住正兄)

 

----------------------------------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

 

■Mission of Philosophy(企業理念)

●全スタッフの物心両面の幸福を追求する

●世のため、人のために尽くす

●利他

 

■カンパニースピリッツ

●全戦全笑!(どんな困難も笑いに変える!)

 

■Vision(長期的なゴール)

詠み人知らずの歌のように弊社の名前は残らなくても、

永遠に語り継がれるような「信頼」を築くこと。

 

■6つの精進が弊社の行動基準です。

 

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

 

■Philosophy チームメンバーのご紹介

 

●労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

弊社の会計、医療保険・損害保険の事務手続き

人事労務のプロジェクト管理を担当しております。

 

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

 

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

 

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi 

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services) 

Affiliate with Alliance 360 

 

<Torrance Office>

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352

 

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




|

« 【医療保険】従業員100名以上の企業 ヘルスケアコスト6%上昇 | Main | 【401K】従業員の401(k)貯蓄率は記録的な水準。401Kミリオネアが増加。 »