« 【医療保険】50名以上従業員のいる企業がペナルティから逃れるための方法 | Main | 【セクハラ】チポーレが$95,000の支払 »

2019.12.01

【賃金】$26Millionで示談 カリフォルニア州のマクド

【賃金】$26Millionで示談 カリフォルニア州のマクド

 

レストラン・ダイブにメールで送られたプレスリリースによると、カリフォルニアのマクドナルドの料理人とレジ係は月曜日、州内の企業所有の店舗での賃金未払いに関して2600万ドル(26Million)の和解に達した。 集団訴訟はもともと2013年にロサンゼルスの一人の従業員と他の3人の従業員によって提起され、2009年には州全体の38,000人の料理人とレジ係に対して賃金未払いの疑いがあった。


訴訟では、マクドナルドは州の残業規則に違反していると主張しており、カリフォルニア州の残業規則によると従業員は24時間で8時間以上働くと残業代の支払を受けられます。 マクドナルドのスケジューリングでは、勤務時間は、実際に作業が行われた時からではなく、シフトが開始された時間から計算されていました。


また、この訴訟では、レストランでの忙しい時間帯に休憩や食事の休憩が提供されず、従業員にユニフォームの掃除とアイロンをかけるように要求した分について従業員に返済しませんでした。

 

https://www.restaurantdive.com/news/california-mcdonalds-workers-win-26m-settlement-over-wage-theft/567997/




|

« 【医療保険】50名以上従業員のいる企業がペナルティから逃れるための方法 | Main | 【セクハラ】チポーレが$95,000の支払 »