« 【医療保険】カリフォルニア州の無保険ペナルティに関連して | Main | 【医療保険】50名以上従業員のいる企業がペナルティから逃れるための方法 »

2019.12.01

【医療保険】企業向け医療保険のペナルティについて

【医療保険】企業向け医療保険のペナルティについて

 

共有責任ペナルティ

IRSは、50人以上のフルタイムまたは同等の従業員を持つ雇用主(該当する大規模雇用主(ALE))が、そのフルタイム従業員の「実質的にすべて」に最低限必要な補償を提供できない場合、責任分担ペナルティを課すことができます。

 

 また、もし、少なくとも1人の常勤従業員がACAの公開市場取引所を通じてプレミアム税額控除を受ける場合(従業員が州の保険提供窓口より補助金を受け取っている場合)はペナルティが課されます。

 

 企業は、その月にフルタイムの従業員とその扶養されている子供の少なくとも95%に補償範囲を提供している場合「実質的にすべて」の基準を満たします(ペナルティから免除されます)。

次の表は、2020年およびそれ以前の年のACAインデックス付きドル制限をまとめたものです。

 

Shared-Responsibility Penalty

The IRS can impose a shared-responsibility penalty when an employer with 50 or more full-time or equivalent employees—known as an applicable large employer (ALE)—fails to offer minimum essential coverage to "substantially all" of its full-time employees and their dependent children during a month, if at least one full-time employee receives a premium tax credit through the ACA's public marketplace exchange. An ALE satisfies the "substantially all" standard for any given month if it offered coverage to at least 95 percent of its full-time employees and their dependent children during that month.

The table below summarizes the ACA indexed dollar limits for 2020 and prior years.

  Out-of-Pocket Maximums   Employer Shared Responsibility Annual Assessments    
  Self-only Other than
self-only
4980H(a) – Failure to offer coverage 4980H(b) – Failure to offer affordable, minimum-value coverage Affordability threshold under 4980H(b)
2020 $8,150 $16,300   $2,570 (est.) $3,860 (est.) 9.78%

|

« 【医療保険】カリフォルニア州の無保険ペナルティに関連して | Main | 【医療保険】50名以上従業員のいる企業がペナルティから逃れるための方法 »