« 【医療保険】2020年のペナルティについて | Main | 【医療保険】ペナルティ見積サイト 2020年カリフォルニア州 個人医療保険未加入 »

2020.01.04

【IRSマイレージ】2020年のIRSマイレージレートは57.5セント

【IRSマイレージ】2020年のIRSマイレージレートは57.5セント

 

2019年12月31日に、内国歳入庁(IRS)は、ビジネス、慈善、医療、または移動の目的で自動車を運転する場合の控除可能費用を計算するために最終的に発行された「2020オプションの標準マイレージレート」を発行しました。

2020年1月1日から、車(バン、ピックアップ、またはパネルトラック)を使用する場合の標準的なマイレージレートは次のようになります。

走行距離がビジネスマイルの場合、1マイルあたり57.5セント(2019年のレートから0.5セント減)。


医療目的または移動目的でマイルあたり17セント(2019年のレートから3セント減)。


慈善団体への奉仕で走行するマイルあたり14セント(2019年と同じ)。


ビジネスの標準的なマイレージレートは、減価償却、保険、修理、タイヤ、メンテナンス、ガス、オイルなど、自動車の運転に伴う固定費と変動費の年間調査に基づいています。医療目的および移動目的の料金は、ガスや石油などの変動費に基づいています。慈善料金は法律で定められています。

従業員には、標準のマイレージレートを使用するのではなく、車両を使用する実際のコストを計算するオプションが常にあります。

カリフォルニア州労働法第2802条に基づき、雇用主は実際におよび必然的に生じたすべての費用を従業員に完全に払い戻さなければなりません。多くの雇用者は通常、IRSマイルの払い戻し率を使用することを選択しますが、その使用はオプションです。

労働基準執行部(DLSE)は、IRSマイレージレートを使用すると、一般的に、事業関連の車両費用を返済するという雇用主の義務を満たし、反対の証拠がないと述べています。

ただし、選択したマイレージ償還率、IRS率でさえ、従業員が実際に発生したすべての費用をカバーしていないことを従業員が示すことができる場合、雇用主は差額を支払う必要があります。

事業車両の費用には、ガソリンだけでなく、消耗(減価償却)、修理、オイル、保険、その他の費用も含まれます。

 

On December 31, 2019 the Internal Revenue Service (IRS) finally issued the 2020 optional standard mileage rates used to calculate the deductible costs of operating an automobile for business, charitable, medical or moving purposes.

Beginning January 1, 2020, the standard mileage rates for the use of a car (also vans, pickups or panel trucks) will be:

  • 57.5 cents per mile for business miles driven (down a half cent from the 2019 rate).
  • 17 cents per mile driven for medical or moving purposes (down three cents from the 2019 rate).
  • 14 cents per mile driven in service of charitable organizations (same as 2019).

The standard mileage rate for business is based on an annual study of the fixed and variable costs of operating an automobile, including depreciation, insurance, repairs, tires, maintenance, gas and oil. The rate for medical and moving purposes is based on the variable costs, such as gas and oil. The charitable rate is set by law.

Employees always have the option of calculating the actual costs of using their vehicle rather than using the standard mileage rates.

Under California Labor Code section 2802, employers must fully reimburse employees for all expenses actually and necessarily incurred. Many employers typically choose to use the IRS mileage reimbursement rate, but its use is optional.

The Division of Labor Standards Enforcement (DLSE) has stated that using the IRS mileage rate will generally satisfy an employer’s obligation to reimburse for business-related vehicle expenses, absent evidence to the contrary.

However, if an employee can show that the chosen mileage reimbursement rate, even the IRS rate, does not cover all actual expenses the employee has incurred, the employer must pay the difference.

Business vehicle expenses do not include only gasoline, but also wear and tear (depreciation), repairs, oil, insurance and other costs.

|

« 【医療保険】2020年のペナルティについて | Main | 【医療保険】ペナルティ見積サイト 2020年カリフォルニア州 個人医療保険未加入 »