« 【返済不要(お金がもらえる)もありえる】Paycheck Protection Program | Main | 【医療保険】COVID-19で解雇した従業員 再雇用した場合の特別対応 »

2020.04.05

【ローン】返済不要にする条件 Paycheck Protection Program (PPP)

【ローン】返済不要にする条件 Paycheck Protection Program (PPP)

弊社はローンの専門家ではないため、必ずメインバンクにご相談下さい。

COVID19の大流行の際に多くの企業が苦戦しているため、最近連邦政府によって可決されたCARES法の主要なコンポーネントの1つを強調したいと思いました。 つまり、給与保護プログラムです。 このプログラムは、タイトルI –米国労働者の有給雇用法の維持に含まれています。これは、本質的に、許されるローンを通じて促進される企業向けの収益代替プログラムです。 これは、7(a)融資プログラムに基づいて中小企業庁(SBA)によって管理されるプログラムであり、2020年6月30日までオープンしています。詳しくは、SBA Webサイトをさ参照して下さい。

https://www.sba.gov/funding-programs/loans/paycheck-protection-program-ppp.

 プログラムの目標は次のとおりです。

 

A)最悪の危機の際に、中小企業が短期的な運営費を支払うのを助ける。 そして
B)雇用主が従業員に給与を支払わせるインセンティブを提供します。

 

PPPは、中小企業(一般に、企業、非営利団体、部族企業、500人以下のベテラン組織、個人事業主、自営業者、または2020年2月15日に営業していた独立請負業者)が、 従業員の維持、従業員の追加、その他の特定の費用の支払いを延期するために使用できる1000万ドルまで。 議会はPPPに3,500億ドルを割り当てました。 PPPに基づくローンは連邦政府に保険がかけられており、SBA優先の貸し手は2020年4月3日から申請を開始します。資金は3週間以内に分散される予定です。 重要なのは、企業は、以下に説明する特定の資格、要件、および制限を条件として、融資の100%までを免除される資格があることです。

 

A.対象となる費用:
•給与または賃金と現金チップの支払い。
o個人事業主または独立請負業者の場合、これは、各従業員の年間ベースで100,000ドルを上限とする、賃金、コミッション、収入、または自営業からの純利益を意味します。
•健康上の利点。
•退職金;
•州および地方税。
•休暇、家族、医療、病気休暇。
•2020年2月15日までに有効なリース契約に基づいて賃貸する。
•2020年2月15日より前にサービスが開始されたユーティリティ。
•2020年2月15日より前に発生した住宅ローンの利息債務。 そして
•2020年2月15日より前に発生したその他の債務の利息。

 

B. PPPの規定:
•適格な給与コストには、個々の従業員の年間100,000ドルを超える報酬を含めることはできません。
•ローン金額は、過去12か月(2019年3月から2020年2月)の月間総給与総額の合計に2.5または1,000万ドル(最大のローン金額)を掛けたもののみです。 その結果、ほとんどの企業は最大で約10週間分の給与費用を借りることができます。
•ローンが進行中の業務のサポート、労働者の維持、給与の維持、住宅ローン、リース、公共料金の支払いに使用されることを証明する必要があります。

 

C.ローンと返済条件:
•担保や個人的な保証は必要ありません。
•6か月以上1年間以下の支払い延期。
•借入人および貸し手手数料は免除されます。
•前払い料金は免除されます。
•SBAが2年の満期を示すローン免除の申請後、最大10年の満期。
•対象期間中の金利は4%を超えてはならず、SBAはプログラムに0.5%の固定金利があると発表しました。
•2020年12月31日まで連邦政府により100%保証されています。
•企業が他の場所でクレジットを取得できないというSBA要件は免除されます。

 

D. PPPローンの返済不要条件:
PPPローンの返済免除には、特定のルールに従う必要があります。
•融資返済免除の対象となるのは、融資開始日から8週間で、その8週間の間に次の対象費用に費やされた金額に相当する金額です。[1]
o給与計算コスト(個々の従業員の100,000ドルを超える報酬は除外されます)
o住宅ローン債務の利息
o賃貸義務
o光熱費
•返済免除額は借りた額を超えることはできません
•次の状況では、融資の免除が軽減されます。
•対象期間中の平均従業員数が2019年の同時期と比較して減少した場合、ローンの赦しは比例して減少します。
•多くの企業はすでに従業員の解雇または解雇を余儀なくされているため、それらの企業が労働者(2020年2月15日から4月15日の間にCOVID-19の影響で解雇した従業員)を2020年6月30日までに再雇用した場合でも融資免除の資格を得ることができる条項があります。 解雇された労働者を再雇用することを前提として、期間の初めに労働力が少なくてもペナルティは課されません。たとえば、企業が2020年3月31日に25人の従業員を解雇し、2020年6月30日までにすべて再雇用した場合、その25人の従業員は、8習慣のフルタイム従業員の平均数を計算する目的で雇用されたと見なされます。 

 

公式は次のとおりです。上記の免責される給与およびその他の費用の額に、(A)の日付から始まる8週間の期間に雇用された月あたりのフルタイム従業員(FTE)の平均数を掛けたもの÷(B)借入人の2019年2月15日から2019年6月30日までの期間に採用された月あたりの平均FTE数、

 

または

(A)の日付から始まる8週間の期間に雇用された月あたりのフルタイム従業員(FTE)の平均数を掛けたもの

÷(C) 2020年1月1日から2020年2月29日までの期間に雇用された平均フルタイム相当人数

 


o 2019年に年換算で100,000ドルを下回った従業員については、対象期間中に従業員の総支払額が前四半期の総支払額の25%を超えて減額された分だけ、ローンの返済免除額が比例して減額されます。


•SBAは、返済免除金額の25%以下が給与以外の費用であると予想しています。


•融資返済免除を申請するには、対象期間中に給与計算書と経費の書類を貸し手に提出する必要があり、60日以内に決定を受け取ります。

 

その際に

次のことを証明する必要があります。

•ローンは、COVID-19によって引き起こされる経済の不確実性のために必要であり、給与の維持と必要な支払いを行うために適用されます。


•他のSBAプログラムから、同じ援助のためのこの援助と重複した資金を受け取っていないこと

 

E. PPPローンに対する税の影響:
•キャンセルされたローン金額は、税務上の総所得にはカウントされません。

 

F.ローンの申請:

PPPローンは、SBA承認の貸し手によって行われます。 地元の融資担当者に連絡して、SBA承認済みかどうかを確認してください。 SBA貸し手のリストについては、www.sba.govをご覧ください。 サンプルアプリケーションについては、下記をクリックしてください。

https://www.sba.gov/document/sba-form--paycheck-protection-program-ppp-sample-application-form-0

 

 貸し手はローン申請が急激に増加することが予想されます。これが以下を含む追跡したいローンプログラムである場合は、プロセスを促進するために、今すぐドキュメントの作成を開始する必要があります。


•SBAフォーム1919;
•SBAフォーム2483。
•定款/組織の条項。
•細則/運営協定。
•IRSフォーム941および944、給与概要レポートと銀行取引明細書、給与給付の概要を含む給与経費検証書類。
•追跡12か月の損益計算書。
•住宅ローンと家賃計算書。 そして
•ユーティリティステートメント。

 

出所

https://www.rudmanwinchell.com/paycheck-protection-program-ppp-summary/#_ftn1

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 




|

« 【返済不要(お金がもらえる)もありえる】Paycheck Protection Program | Main | 【医療保険】COVID-19で解雇した従業員 再雇用した場合の特別対応 »