« 【FFCRA】従業員50名未満の企業の除外申請について | Main | 【ローン】返済不要にする条件 Paycheck Protection Program (PPP) »

2020.04.04

【返済不要(お金がもらえる)もありえる】Paycheck Protection Program

下記の情報はPaycheck Protection Programの情報です。

弊社はローンの専門家ではありませんので、

御社のメインバンクに内容を必ずご相談下さい。

条件を満たせば返済不要のローンになる可能性もあるようです。(お金がもらえます)

 

尚、弊社の得た情報によると企業のオーナーシップの20%以上がアメリカ市民、

あるいはグリーンカードである必要があるということですが、

この項目は除外されたようです。

▼下記もご参考に御覧下さい.

https://www.hawaiinisumu.com/article/1321

この点も銀行に御確認をいただけると幸いです。

 

SBA’s Paycheck Protection Program 

▼FortuneのWebからの情報です。

 

https://fortune.com/2020/04/03/sba-paycheck-protection-program-small-business-loan-ppp-when-can-i-apply-banks-credit-check-fees-how-much-laid-off-faq/#how-much-pay-back

 

■Can I go to any bank to apply to the Paycheck Protection Program?

Paycheck Protection Programに申し込むために、どの銀行に行くこともできますか?

 

Businesses can apply through any existing SBA 7(a) lender at more than 1,800 banks that already offer Small Business Administration loans, but the program is also expanding to other traditional banks, credit unions, and Farm Credit system institutions.

You will need to check with your local community or commercial bank, credit union, or ask your bank for the loan officer who deals with SBA 7(a) loans and the PPP program.

According to the administration, businesses can go to any existing SBA lenders, as well as any FDIC-insured institutions, credit unions, or financial-technology lenders that have signed up for the program, Treasury Secretary Steven Mnuchin said.

However, Dorsey & Whitney's Logsdon recommends that businesses work with banks that they already have a relationship with—"Ideally it's a bank that already has this SBA program in place," he notes. That may help speed up the process, as banks are likely to start the loan process first with customers they already know.

 

企業は、中小企業管理ローンを既に提供している1,800を超える銀行の既存のSBA 7(a)貸し手を通じて申請できますが、プログラムは他の従来の銀行、信用組合、および農場信用システム機関にも拡大しています。

地域のコミュニティまたは商業銀行、信用組合に確認するか、銀行にSBA 7(a)ローンとPPPプログラムを扱うローン担当者に依頼する必要があります。

政権によると、企業は、既存のSBA貸し手だけでなく、プログラムにサインアップしたFDIC保険の機関、信用組合、金融技術貸し手に行くことができると、財務長官のスティーブンムヌチンは言った。

ただし、ドーシー&ホイットニーのLogsdonは、企業がすでに関係を持っている銀行と協力することを推奨しています。「理想的には、このSBAプログラムがすでに導入されている銀行です」と彼は述べています。 銀行は、すでに知っている顧客から最初にローンプロセスを開始する可能性が高いため、これはプロセスのスピードアップに役立つ可能性があります。

 

■When can I apply for a PPP loan?

PPPローンはいつ申請できますか?

 

Small businesses and sole proprietorships can apply for loans starting on Friday, April 3. Starting April 10, independent contractors and self-employed individuals can apply, according to the Treasury guidelines. Loans will be given on a first-come, first-served basis.

財務省のガイドラインによると、中小企業および個人事業主は4月3日金曜日からローンを申し込むことができます。 ローンは先着順に提供されます。

 

■Will they check my credit?

彼らは私のクレジットスコアをチェックしますか?

 

Based on the available guidelines so far, there is currently no prescriptive guidance on credit requirements. However, Logsdon points out that "the [CARES] Act was designed so those types of considerations weren’t going to be necessary."

これまでに利用可能なガイドラインに基づいて、現在、信用要件に関する規範的なガイダンスはありません。 しかし、Logsdonは、「[CARES]法はそのような種類の考慮が不要になるように設計された」と指摘しています。

 

■What documents will I need when applying for a PPP loan?

PPPローンを申請するときに必要な書類は何ですか?

 

Small businesses will need to provide documentation (including payroll documentation) "verifying the number of full-time equivalent employees on payroll as well as the dollar amounts of payroll costs, covered mortgage interest payments, covered rent payments, and covered utilities for the eight-week period following this loan will be provided to the lender," per the SBA.

When applying for loan forgiveness, borrowers will need to provide documentation of expenses like payroll, mortgage interest, rent, or utilities in their application.

中小企業は、ドキュメント(給与計算ドキュメントを含む)を提供する必要があります。 この融資に続く1週間は、貸し手に提供される」とSBAは述べている。

融資免除を申請する場合、借り手は、給与、住宅ローンの利子、家賃、または公共料金などの費用を文書化して申請する必要があります。

 

■What if I have other loans outstanding?

他のローンが未払いの場合はどうなりますか?

There is currently no guidance on whether or not outstanding loans will affect the PPP loan, but Logsdon suggests "it has no bearing."

"This really is about trying to get paychecks covered for average Americans—you could have a massive loan facility that you have access to, but that’s not a showstopper," he suggests. "If you are impacted by COVID-19, you can take advantage of this program. The intended recipients are the employees."

The only note is that borrowers will have to certify that they have not and will not receive another loan under the PPP program.

現在のところ、未払いのローンがPPPローンに影響を与えるかどうかについてのガイダンスはありませんが、Logsdonは「それは何の関係もない」と示唆しています。

「これは本当に平均的なアメリカ人のために給与をカバーしようとすることに関するものです。あなたはあなたがアクセスできる大規模なローンファシリティを持っているかもしれませんが、それはショートッパーではありません」と彼は示唆します。 「COVID-19の影響を受ける場合は、このプログラムを利用できます。対象となる受信者は従業員です。」

唯一の注意点は、借り手はPPPプログラムに基づいて別のローンを受けていないこと、および受け取らないことを証明する必要があることです。

 

■How much can I borrow through a PPP loan?

PPPローンでいくら借りられますか?

Small businesses can borrow up to 2.5 times their average monthly payroll from the previous year through the Paycheck Protection Program, which provides forgivable loans to small businesses intended to help pay their employees during the coronavirus crisis, but payroll is capped at $100,000 per employee, and the loans are capped at $10 million per business.

中小企業は、コロナウイルス危機の際に従業員への支払いを支援することを目的とした中小企業に許されるローンを提供する給与保護プログラムを通じて、前年から平均月額給与の最大2.5倍を借り入れることができますが、給与は従業員1人あたり100,000ドルに制限されています。 ローンの上限はビジネスあたり1,000万ドル(10Million)です。

 

■What can I use a PPP loan for?

PPPローンは何に使用できますか?

Small businesses can use the loan for payroll costs and benefits, including vacation, parental, family, medical and sick leave, health and retirement benefits, and state and local taxes.

The SBA's guidelines state: payroll costs, including benefits; interest on mortgage obligations, incurred before Feb. 15, 2020; rent, under lease agreements in force before Feb. 15, 2020; and utilities, for which service began before Feb. 15, 2020.

中小企業は、休暇、親、家族、医療および病気休暇、健康および退職給付、州税および地方税を含む給与費用および給付にローンを使用できます。

SBAのガイドラインには次のように記載されています。 2020年2月15日より前に発生した住宅ローン債務の利息。 2020年2月15日までに有効なリース契約に基づく賃貸料。 2020年2月15日より前にサービスが開始されたユーティリティ。

Related: For many small-business owners, the PPP may not be enough to ensure they survive

 

■How much will I have to pay back?

いくら返済しなければなりませんか?

According to the SBA, the Paycheck Protection Program loan will be "fully forgiven" if the money is used as outlined.

For employers who keep or quickly rehire their employees and maintain salary levels, the loan will be forgiven. However, "forgiveness will be reduced if full-time headcount declines, or if salaries and wages decrease."

Decisions on the forgiveness of the Paycheck Protection Program loan will be made within 60 days of forgiveness submission.

The SBA notes the loan has a maturity of two years and a fixed interest rate of 1% (changed from 0.5% on Thursday). Loan payments will be deferred for six months.

SBAによれば、概説されているようにお金が使用された場合、給与保護プログラムのローンは「完全に許されます(返す必要はありません)」。

従業員を維持するか、または迅速に再雇用し、給与レベルを維持する雇用主の場合、ローンは許されます。 しかし、「常勤の人員が減るか、給与と賃金が下がれば、許し(返済不要額)は減る」と語った。

給与保護プログラムのローンの許し(返済不要)に関する決定は、許しの提出から60日以内に行われます。

SBAは、ローンの満期が2年、固定金利が1%(返済する場合)であると述べています(木曜日の0.5%から変更)。 ローンの支払いは6か月間延期されます。

 

■How long will it take to get the money?

お金をもらうのにどれくらいかかりますか?

 

Unfortunately, at this point, it's unclear how long it will take for businesses to get the money. Lynyak points out that banks and lenders are likely to extend the loan to current customers first, so it may take even longer for those who are not part of the existing network.

A senior government official said the applications will not require SBA approval, and funds could be made available on the same day you apply. However, because of all the issues with figuring back-end repayments and loan forgiveness (and all the due diligence from lenders that may come as part of that process), Lynyak says, "I would personally be really surprised if money is going to be flowing before the end of May."

残念ながら、現時点では、企業がお金を稼ぐのにどれくらいの時間がかかるかは不明です。 Lynyakは、銀行や貸し手が最初に現在の顧客にローンを延長する可能性が高いと指摘しているため、既存のネットワークに参加していない人にはさらに時間がかかる可能性があります。

政府高官は、申請にはSBAの承認は必要なく、申請した日に資金が利用可能になる可能性があると述べた。 しかし、バックエンドの返済とローンの許しを把握することに関するすべての問題(およびそのプロセスの一部として発生する可能性がある貸し手からのすべてのデューデリジェンス)のため、Lynyakは次のように述べています。 5月の終わりの前に流れる。」

 

■What are the fees?

手数料はいくらですか?

 

There aren't any fees—the SBA has waived fees for the loan.

手数料はありません。SBAはローンの手数料を免除しています。

 

■What if I've already laid off some of my staff? Will my loan be forgiven?

一部のスタッフをすでに解雇した場合はどうなりますか? 

私のローンは許されますか(返済不要になりますか)?

 

In order to get full loan forgiveness, companies need to maintain pre-crisis levels of full-time employees. Companies are able to lay off staff while they have the SBA loan, but forgiveness of the loan will be reduced (meaning they'll have to repay a certain amount) in the event they have reduced full-time staff or salaries.

According to the SBA, small businesses have "until June 30, 2020, to restore your full-time employment and salary levels for any changes made between Feb. 15, 2020, and April 26, 2020" for forgiveness of the loan.

完全な融資免除を得るためには、企業は危機前のレベルの正社員を維持する必要があります。 SBAローンを利用している間、企業はスタッフを解雇できますが、フルタイムのスタッフや給与を削減した場合、ローンの許し(返済不要額)は減少します(つまり、一定額を返済する必要があります)。

SBAによれば、中小企業は「2020年2月15日から2020年4月26日までの間に行われた変更について、2020年6月30日までフルタイムの雇用と給与レベルを回復する」ためにローンのゆとりを持っています。

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




|

« 【FFCRA】従業員50名未満の企業の除外申請について | Main | 【ローン】返済不要にする条件 Paycheck Protection Program (PPP) »