« April 2020 | Main | June 2020 »

May 2020

2020.05.28

【集団訴訟】働いた賃金支払え!ニューヨークのタコレストラン

【集団訴訟】働いた賃金支払え!ニューヨークのタコレストラン

 

La Cornelia LLCが所有するニューヨーク市のメキシコ料理レストランTacombiの元従業員は、公正労働基準法(FLSA)および州法(Armentaなど)の「不誠実な」違反を申し立てて、会社に対して集団訴訟を起こしました 。v。La Cornelia LLC、1:20-cv-03767(2020年5月15日SDNY))。


ポーターとして働いていた原告は、「彼らが働いたすべての時間に支払われなかった」と主張しています。その結果、賃金率は必要な最低賃金率と残業違反を下回ったということです。 原告によると「レストランは不正確な賃金計算と労働時間に合わせるため、意図的に給与明細を調整していた」と主張しています。原告は「レストランは法律で要求される義務と記録保持の義務を意図的に回避していた」とも主張しています。


この訴訟で原告は、未払い賃金ンの払い戻しと同等の額の損害賠償を求めています。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.27

【ニュースレター】244号 CA州が無料動画公開 今年中に実施義務のあるセクハラ防止研修

【ニュースレター】244号 CA州が無料動画公開 今年中に実施義務のあるセクハラ防止研修

Mojibake no kata ha please click below. Thank you very much!

 

---------------------------------------

Philosophy ニュースレター 244

【ニュースレター】CA州が無料動画公開

今年中に実施義務のあるセクハラ防止研修

 

---------------------------------------

 

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより5月のニュースレターをお届け致します。

 

Return to Work Policyもう作成しましたか?

自社製作される場合は動画で作成方法について解説しています。

弊社で作成する場合は$3,600で作成していますので、是非DIYで。

▼下記を御覧下さい。

https://peraichi.com/landing_pages/view/rtwpolicy

▼【無料動画】アメリカ人事 チャンネル登録ありがとうございます!

https://www.youtube.com/channel/UCysh9oTQ216jFY8-y9LWicQ

 

1.                                                                             今月のニュース

 

 

【セクハラ】無料 

カリフォルニア州が実施義務のあるオンラインセクハラ防止研修公開

 

▼まずは1時間の部下のいない従業員向けが公開されています。

▼動画のリンクは下記のリンクより

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598638103.html

 

 

  • 全米で従業員5名以上の企業は実施義務があります。

 

  • 部下のいない従業員は1時間の研修実施義務があります。

 

  • 部下のいる従業員は2時間の研修実施義務があります。(カリフォルニア州の研修はまだ未公開です。)

 

  • 部下のいる方も部下のいない方も2021年1月1日までに研修をしていただき、研修は2年に1度行うようにして下さい。

 

  • 新規で採用された方は採用から6ヶ月以内に研修をするようにして下さい。

 

  • 途中で部下がいるポジションに昇格した場合は、同じく6ヶ月以内に2時間の研修をするようにして下さい。

 

カリフォルニア州から査察が入ることがあるので各従業員さんのトレーニングの記録氏名、実施日、トレーニングを受けた従業員の署名 日付け等を管理しておくことをお勧めします。

弊社のお客様でもトレーニングの査察が入った会社がありまして、

 

  • トレーニング実施日

 

  • トレーニングの場所

 

  • トレーニングの講師(今回ご紹介したものはカリフォルニア州のDFEH)

 

  • トレーニングのテキスト(今回ご紹介したものはカリフォルニア州のDFEH)
  • トレーニング参加者の氏名、署名、日付け等の提出が求められていました。

 

 

▼最新ニュースは下記のブログにて

https://ameblo.jp/angelmarketing/

 

【Q&Aシリーズ】ほんとう?Split Shift 給与明細に項目表示義務NEW !

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12600098913.html

20200527() 223418

 

【訴訟】Indeed 性差別で訴訟を受けるNEW !

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12599983709.html

20200527() 075047

 

【Q&Aシリーズ】Split Shift (昼のシフトと夕方のシフトの間が1時間以上開いた場合)

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12599768091.html

20200526() 112906

 

【倫理】あなたは人間として正しい判断をしているか? COVID-19中の再会

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598879657.html

20200522() 154856

12 | 0 | 0

【失業保険】米国の失業保険申請者数は合計約3,900万人に

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598651026.html

20200521() 140527

 

【HSA2021年のHSAの非課税上限制限が緩やかに上昇、IRSが発表  

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598646676.html

20200521() 125203

3 | 0 | 0

【セクハラ】無料 カリフォルニア州が実施義務のあるセクハラオンライン防止研修公開

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598638103.html

20200521() 092732

【コロナウイルス】OSHAの現場検査 コロナ感染調査と報告義務

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598444189.html

20200520() 160434

【Exempt】小売りのコミッションセールスもExempt (米国労働省)

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598429934.html

20200520() 135038

【コロナ訴訟】コロナ対策が不十分 マクドナルドに集団訴訟

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598422645.html

20200520() 103532

【福利厚生調査】コロナウイルスはどんな影響を与えているか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12598211109.html

20200519() 112256

【コロナウイルス】CVSはどうやってコロナ下で5万名を採用したのか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12596443326.html

20200511() 130351

【コロナウイルス】1日も早くレストランでの食事再開を イリノイ州に要請

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12596442651.html

20200511() 125108

【コロナ訴訟】不当解雇か?自宅待機命令に従わない会社 自宅勤務を要請したら解雇

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12595942641.html

20200509() 133224

【解雇の状況】144社小売業の解雇の状況

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12595695393.html

20200508() 114253

【PPP】Paycheck Protection Program返済免除はどのように計算するか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12595531763.html

20200507() 204933

速報【EEO-1EEOCEEO-1のレポート提出を2021年に延期を発表

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12595491935.html

20200507() 171702

【怒りの質問にお答えします】なんでアメリカは国民皆保険がないのに社会保険はあるんですか!

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12595242304.html

20200506() 170521

【破産】27社 小売業破産のリスト 有名百貨店やブランド店舗の名前も

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12594712813.html

20200504() 134154

【医療保険】COVID-19をきっかけにTelehealthは躍進するか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12593762532.html

20200430() 205123

【医療保険】従業員向け医療保険 COVID-19への保険会社の対応

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12593757705.html

20200430() 202832

【コロナウイルス】陽性反応が出た従業員の職場復帰に陰性反応の証拠要求できるか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12593755792.html

20200430() 201841

【失業保険】なぜ失業保険をもらった方が収入が増えるのか?

https://ameblo.jp/angelmarketing/entry-12593277803.html

20200428() 234022

 

COVID-19の影響を受けて Life Insurance見積の依頼が増えています。

オンラインで簡単に見積がとれるように致しました。

https://app.back9ins.com/apply/NorikazuYamaguchi

 

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

弁護士の先生が組織のお医者さんならば、我々は組織のスポーツジムのような

存在だと思います。問題が起きないように常日頃情報をご提供して、健全な

組織を保てるようにサポートを致します。

 

下記のような質問にお答えさせていただくフィロソフィ顧問契約

にご関心がありますか?

弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

顧問契約メンバーの皆様からの質問集

 

メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

 

 

ブロンズプランはemailでの回答のみ(月額$310

■シルバープランは文書の作成やテンプレートの提供も含みます(月額$620)

■ゴールドプランは御電話やミーティングでのご相談にも応じます(月額$930)

 

■顧問契約していなくても質問できますか?

非会員の方からのご相談はタイムチャージ1時間$310で承ります。

ご相談料は15$77.50emailでの御質問にお答えしております。

 

 

  • 全顧問企業様へ配信ニュース

04/30/20  CA州再開のための資料

05/07/20 CA州再開のための資料

05/07/20 2020年はEEO-1提出不要

05/07/20  PPP返済免除の計算 ヒント

05/11/20  OSHAのガイドライン

05/18/20  CDC再開ガイド

05/23/20  CDC COVID-19完全ガイド

05/23/20  アフターコロナ 5年先の人事を大胆予測

05/23/20  CA州 レストラン再開ガイド

05/24/20  Return to Work Policyを創ろう

05/25/20  リベンジ!もっと分かり易くポリシー作れないのか?

05/27/20  National Restaurant Association再開ガイド

                                               

個別企業さんからのご相談事項(具体的な内容が分からないように一般化しております)

 

                                            ▼個別企業さんからのご相談事項(具体的な内容が分からないように一般化しております)

【医療保険】                          従業員の保険料を100%会社が負担している場合は、従業員がMedi-Cal等の他の保険に加入したい場合も辞退できないか?

【失業保険】                          【シルバープラン】EDDから来た文書の記入方法について。 

【失業保険】                          失業保険の給付額と継続して仕事をした場合の減額方法について。

【失業保険】                          失業保険は米国市民でないと受給資格がないでしょうか?

【Paid Sick Leave               1年以内に再雇用した場合のPaid Sick LeaveWaiting Periodの取扱について

【PUA                                お申し込み記入方法について

【食事休憩】                          食事休憩の免除アグリーメントについて

【オファーレター】                 【シルバープラン】オファーレターの作成をお願い致します。

【PPP                                PPPの返済不要になる賃金支払の条件について

【PPP                                PPPと失業保険の関係。どのように賃金を支払ったらよいか?

【リストラクチャリング】        従業員の時間削減や給与カットについての相談

【社会保険】                          アメリカの社会保険について教えて下さい

【失業保険】                          EDDからレターが来ましたがどのように返信したらよいでしょうか?

【盗難】                                従業員による商品の盗難がありました。どうしたらよいでしょうか?

【AB-5                              セールスレップにはAB-5Direct Salesの除外事項を利用できるか?

【失業保険】                          【シルバープラン】COVID-19前に自主退職した従業員についてEDDから確認レターが来ています。どう返信したらよいでしょうか?

【失業保険】                          ハワイの失業保険給付通知のレターの読み方について

【失業保険】                          ハワイの失業保険、継続勤務した場合の給付額減の計算方法について

【ポジション手当】                 Furloughの間、基本給だけでなく職務手当も差し引いて問題ないか?

【法律違反】                          従業員による会社内での未成年者の喫煙について

【Re-Opening                    TorranceRe-OpeningState LA Countyに従うのでしょうか?

【PPP                                PPPで賃金に回せる金額が75%を満たせません。どうしたらよいでしょうか?

【PPP                                銀行とSBAPPPの返済不要額の計算方法について質問したら分からないと言われました。どうしたらよいでしょうか?

【マイレージ精算】                 従業員が仕事で自分の車を利用した場合のマイレージ精算はどのようにすべきでしょうか?

【FFCRA                            Exemptの従業員は週1日でも仕事をした場合は給与を支払うが、FFCRAの対象となった場合はどうすべきか?

【EXEMPT                          Exemptの日割りの給与計算をどのように計算すべきか?

【Business Trip Policy         Business Trip Policyの内容と数字の決定方法について

【Exempt>Non-Exempt      ExemptからNon-Exemptへの転換について相談させて下さい。

【評価制度】                          評価制度は毎年1回と決まっているのでしょうか?もっと頻度を多くやっても構いませんか?

【失業保険】                          失業保険のEDDへの返信について

【Meal Break Waiver          食事休憩の免除アグリーメントについて

【労災保険】                          現在全ての従業員を解雇して1ヶ月後に再度数名再雇用する予定です。労災保険は一度キャンセルした方がよいでしょうか?

【サラリー変更レター】           【シルバープラン】サラリー変更についての通知を確認下さい。

【解雇時の書類】                    【シルバープラン】解雇する場合に渡す書類を送付して下さい。

【ファイナルペイチェック】     解雇日から過ぎてしまってからファイナルペイチェックを発行する場合のペナルティはいくらでしょうか?

【Business Trip Policy         【シルバープラン】Business Trip Policyのレビューをして下さい。

【再開】                                【シルバープラン】再開に向けて行う準備資料を下さい。

【セクハラ防止研修】              カリフォルニア州のセクハラ防止研修を行う時間は賃金を支払う必要がありますか?

【Directors & Officers 保険】  Directors & Officers 保険に加入する必要はあるでしょうか?

【各州のPaid Sick Leave     【シルバープラン】各州のPaid Sick Leaveを表にしたものを作成下さい。

【Return to Work Policy      【シルバープラン】Return to Work Policyの作成について支援下さい.

【従業員の出社拒否】              ビジネスの再開が始まって、従業員が出社拒否をした場合は辞職とみなしてよいでしょうか?

【Split Shift                        Split Shiftの場合の時給計算方法を教えて下さい。

【Layoff                             【シルバープラン】Layoffの進め方について。またLayoffで使用する書類のサンプルを送付して下さい。

【Split Shift                        Split ShiftPay Stub表示について教えて下さい。

【失業保険】                          失業保険の申請が滞っている従業員がいますが、どうしたらよいでしょうか?

【解雇】                                【シルバープラン】Furloughから解雇する場合の注意点、必要な書類を送付下さい。

【人事書類保持期間】              【シルバープラン】人事書類の保持期間について資料を下さい。

【Return to Work Policy      COVID-19のケースの報告が必要な場合とその連絡先を教えて下さい。

【HEROES ACT                  HEROES ACTは成立しましたか?

 

  • 上記のような質問にお答えさせていただくフィロソフィ顧問契約

にご関心がありますか?

弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

■さらにお客様のお困りごとにフォーカス

 

キャッシュフローコーチの手法を利用して人件費分析、

企業目標設定のお手伝いをしております。

 

キャッシュフローコーチを利用すると下記のような3つの成果

が得られると評価をいただいております。

 

  1. 漠然としたお金の悩みから解放され、本業に専念できる!
  2. うまく言語化できずモヤモヤしていたことが言語化され、

行動が加速する!

  1. 社員にも採算意識が芽生え、立場の違いからくる危機感の

ズレやギャップが縮まる!

▼もう少し詳細を見る

https://www.jcfca.com/managers.html

 

たった1枚の図で会社のお金の流れはすべてわかる!

 お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html

 

お金のブロックパズル オンラインセミナー開催

▼お申し込みは今すぐ!下記のリンクから

https://world.vivinavi.com/sc/seminar

びびなびオンラインセミナー:

アフターコロナのキャッシュフロー経営

2020年7月17日(金)午後2時 PST

https://youtu.be/CJllrzXNo1k

 

 

▼【宣伝】飲食店の売り上げアップ モバイルアップご紹介

https://digi-seed.com/our-work.html#work

 

 

【発行人】

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

 

保険と労務 アメリカ版 社労士です

目標設定・人件費分析のキャッシュフローコーチ

 

山口 憲和 MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会 認定コーチ #463

▼下記リンクを御覧下さい

https://www.jcfca.com/intro.html

 

【編集後記】

ここでは毎回、私の尊敬する稲盛和夫盛和塾塾長の言葉を紹介しています。

 

■塾長理念

■経営に打ち込む

 

【稲盛和夫塾長】

真の経営者とは、自分の全知全能、全身全霊を賭けて経営を行って

いる人のことを言います。

 どんなに重要な経営手法や経営理論を頭で理解していても、それだけ

で優秀な経営者になれるわけではありません。

 経営者の評価尺度は、いかに長期間、全身全霊を傾けて献身的に

働き、強い責任感と自己犠牲の精神で毎日を生き抜いてきたか

ということではないかと思います。

 経営に対して、全身全霊を賭けて打ち込むということは、大変

過酷なことです。そうするためには、自分の時間も持てないでしょう

し、その重責は体力的にも精神的にも耐えがたいものになるでしょう。

しかし、そういう困難な状態を経験し、乗り越えていかなければ、

真の経営者としての資質は磨けないのです。

 トップとそうでない人との間には、天と地ほどの差があります。

 自分を単なる雇われ者と考えて、上司に意思決定をすべて任せる

人もいます。その一方では、ビジネスを成功させるために、命を

かけることも厭わない人たちがいるのです。

 

【感想】

 

経営に打ち込むということは、こういうことかと

身が引き締まる思いです。

この精進の過程が魂を磨くことになるのだと

自分に言い聞かせ、奮い立たせたいと思います。

 

山口憲和

 

----------------------------------------------------------------------------

■JRN(Japan Referral Network)

毎週(金)7:00am8:30am 

現在毎週Zoom Meetingをしております。遠方の方でもゲスト参加

御希望の方はお知らせ下さい。

(一業種一社の参加のため参加審査がございます)

ゲスト参加御希望の方は今すぐ!下記へメールを。

yamaguchi@yourphilosophy.net

 

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

 

facebook ページ

https://www.facebook.com/Japan-Referral-Network-Bi-Lingual-JapaneseEnglish-Referral-Business-in-LA-211413246306

 

----------------------------------------------------------------------------

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

 

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

 

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

 

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

 

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

 

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

 

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------

 

■山口憲和, MBA, SHRM-SCP Philosophy LLC President略歴

 

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

 

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

 

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf  (今や中古で●●円!)

 

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを10年以上にわたり提供しております。

 

SHRM(Society of Human Resource Management=米国人材マネジメント協会)Senior Certified Professional SHRM-SCPを取得。

https://www.shrm.org/certification/about/Pages/default.aspx

 

 

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

 

▼稲盛和夫氏とは?(稲盛和夫オフィシャルサイト)

https://tinyurl.com/vt36pam

 

 

「哲学こそが経営や事業の成否を決するのであり、

自分の会社を立派にし、従業員も幸福にしていきたい

と思うならば、トップである経営者自身が、自分の

考え方を高めていく必要がある」

 

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

報告させて頂きました。

▼なぜ経営に哲学(フィロソフィ)が必要なのか。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/special/lectures/philosophy/

▼フィロソフィが欠かせない

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

▼稲盛和夫氏が即答した「人生で一番大事なもの」

https://tinyurl.com/ycnydf6t

 

 

 

  • 最近の読書:ティール組織(Frederic Laloux)、修身教授録(森信三)

西洋音楽史(岡田暁生)、SPIN営業術(ニール・ラッカム)、

論語と算盤(渋沢栄一)、石田梅岩都鄙問答、会計の世界史(田中靖浩)

営業の基本(横山信弘)、学問のすすめ、菜根譚、ポケット大学、

言志四録、陰騭録を読む、百歳の論語、凡事徹底(鍵山秀三郎)、

代表的日本人(内村鑑三)、安岡正篤一日一言、

坂村真民詩集、二宮翁夜話(福住正兄)等

 

修身教授録を毎日少しずつ拝読していますが、教育に情熱を

燃やしたペスタロッチーの話とか、まったく知らないことが

出て来ます。弊社のビジネスも教育と似ていることが多く

とても刺激を受けます。身体に染みこませるようにじっくり

拝読したいと思っています。

 

----------------------------------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

 

■Mission of Philosophy(企業理念)

  • 全スタッフの物心両面の幸福を追求する
  • 世のため、人のために尽くす
  • 利他

 

■カンパニースピリッツ

  • 全戦全笑!(どんな困難も笑いに変える!)

 

■Vision(長期的なゴール)

詠み人知らずの歌のように弊社の名前は残らなくても、

永遠に語り継がれるような「信頼」を築くこと。

 

■6つの精進が弊社の行動基準です。

 

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

 

■Philosophy チームメンバーのご紹介

 

  • 労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

弊社の会計、医療保険・損害保険の事務手続き

人事労務のプロジェクト管理を担当しております。

 

  • 弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

http://www.alliance360is.com/team-360.html

 

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

 

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

■YouTubeチャンネル登録はこちらから→ https://tinyurl.com/svdmyj4

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services) 

Affiliate with Alliance 360 

 

<Torrance Office>

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352

 

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

【Q&Aシリーズ】ほんとう?Split Shift 給与明細に項目表示義務

【Q&Aシリーズ】ほんとう?Split Shift 給与明細に項目表示義務

 

Q

Split Shift の支払ってPay Stub(給料明細)に支払項目を表示する義務がありますか?

 

A

Split Shiftも下記の画像の赤く囲みをした項目で表示をする必要があります。

Pay Stubの表示についてはPayroll Companyあるいは会計士さんに御確認下さい。

Q. Does the split shift premium need to be reflected on the pay stub as a separate item?

  A. The employer must itemize the premium payment on the pay stub provided to the employee. It should be shown as a separate category such as “Split Shift Premium” and should not be lumped into another category such as wages, bonus, etc.

 

今までSplit Shiftのお支払いはされていらっしゃいましたか?

▼未払いの扱いの場合はWage Claimで過去3年間まで遡ることができることになっています

https://www.dir.ca.gov/dlse/HowToFileWageClaim.htm

 

Within three years for violations of minimum wage, overtime, unpaid rest and meal breaks, sick leave, illegal deductions from pay or unpaid reimbursements

 

 

 

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【訴訟】Indeed 性差別で訴訟を受ける

【訴訟】Indeed 性差別で訴訟を受ける

 

Indeedの元アカウントエグゼクティブ(営業担当者)は5月18日に会社を提訴した。会社が性的暴行の申し立てに対処できず、申し立てをしたところ、彼女を昇進することを拒否したため、性差別があったと主張しています。(Gilbert v.Indeed、Inc.など)。 、No。20-CV-03826(SDNY、2020年5月18日))。


原告はハッピーアワーに参加しなかった女性に対する性的暴行や職場の偏見、そして年配の男性の同僚との性的関係に対するリラックスした態度があったと主張。「女性が性的対象として見られ、扱われる誤解主義的な文化」を訴えている。マネージャーがアルコールをともなった会社主催のイベントの後にホテルの部屋で原告をレイプしたとされ、企業の行動倫理の欠如を訴えた。彼女は昇進やその他の機会を逃し、マネージャーや会社の人事からのサポートや介入も得られなかったという。そして職場で望まない性的な嫌がらせを経験し続けたと主張しました。


人事部長を指名した訴状は陪審裁判を要求しました。 IndeedはHRダイブに提供された声明で、2019年11月に彼らについて知ったとき、申し立てによって「深く動揺した」と述べ、レイプの容疑で告発されたマネージャーは、会社が刑事告発に気づいたらすぐに休暇を取ったと付け加えた。もはやそのマネジャーは会社を辞職したため、従業員ではありません。 「私たちは多様性を受け入れる文化を持ち、リーダーシップ開発と成果による昇進決定という長い実績を誇りに思っています。私たちは、その文化に反する苦情には断固として同意しません。ハードワークと成果を上げている他の従業員に対して敵対的な行動は許せません。」

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.26

【Q&Aシリーズ】Split Shift (昼のシフトと夕方のシフトの間が1時間以上開いた場合)

【Q&Aシリーズ】Split Shift (昼のシフトと夕方のシフトの間が1時間以上開いた場合)

 

最低時給($13)の従業員が、

ランチシフト11:00pm-3:00pmまで働き、

その後1時間の無給のご飯休憩取り、

その後ディナーシフト5:00pmー10:00pmまで働きました。

この日は合計9時間働きましたが、

この際にも、Split shift premiumu適用されますでしょうか?

 

はい。適用されます。昼と夕方のシフトの間が1時間以上開いた

場合は、開いた時間に少なくとも最低時給を支払う義務があります。

 

11:00-15:00  (4時間勤務)

 

15:00-16:00 (1時間無給の食事休憩)

 

16:00-17:00 (1時間のSplit Shift 対象時間)

 

17:00-22:00 (5時間勤務)

 

勤務時間合計は9時間

 

8時間 x $13=$104

 

1時間の残業時間 1時間X $13 X1.5=$19.50

 

Split Shift 対象時間 1時間X $13=$13

 

この日の合計の賃金は

$136.50

です。

 

8時間以上勤務してもSplit Shift対象時間は

残業代の対象とならないため、

最低時給分をお支払い下さい。

 

シフトとシフトの間で無給の食事休憩をとった場合は

1時間までは食事休憩としてみなされます。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.22

【倫理】あなたは人間として正しい判断をしているか? COVID-19中の再会

【倫理】あなたは人間として正しい判断をしているか? COVID-19中の再会

 

顧問会社LRN Corporationの専門家によると、COVID-19中の企業行動および再開は、雇用主の倫理およびコンプライアンスプログラムの「ストレステスト」になるとのことです。


この予測は、同社が500人の倫理、コンプライアンス、および法律の専門家に対する調査結果を発表したときに行われました。報告書は、雇用主の能力と、職場の不正行為を特定して取り除きたいという欲求についてのさまざまな感情を明らかにしました。調査対象者の46%は、不正行為に関与した幹部やハイパフォーマーに対して、上級指導者が「効果的な制裁または罰則」を支持していると述べています。しかし、ほとんどは、彼らの組織はプロモーションにおける倫理的行動を考慮し、「倫理的行動を刺激する」ために必要なリソースを持っていると述べました。


LRNの分析では、従業員のボーナス決定における倫理を考慮し、上級指導者に説明責任を負わせることが、「影響力の大きい」倫理およびコンプライアンスプログラムで最も一般的な特性であることもわかりました。 LRNの上級顧問のSusan Diverssaid氏は声明で、この分野での失敗はコストがかかる可能性があるため、強力なプログラムを用意することは組織のリーダーシップにとって最大の利益となります。 「ヴェイルSA、PG&E、ボーイングの場合、大災害につながる問題はわかっていて、規制当局はだまされ、意思決定者は、災害につながる弱点を指摘した従業員によって提起された懸念を無視しました」と彼女は言った。国がCOVID-19パンデミックからの回復を目指しているので、「どの倫理およびコンプライアンスプログラムが「紙のみ」であり、どれが組織の中心であり、それを代表するかを学びます。」

 

▼出所

https://www.hrdive.com/news/covid-19-reopenings-may-be-a-stress-test-for-corporate-ethics/578503/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.21

【失業保険】米国の失業保険申請者数は合計約3,900万人に

【失業保険】米国の失業保険申請者数は合計約3,900万人に

 

労働省は5/21/20(木曜日)に、先週土曜日(5/16/20)までの1週間の米国の失業保険請求は合計240万であったと述べた。 それは経済学者の予想の中央値と一致し、9週間の合計は約3,900万人に引き上がりました。


失業保険クレームは減少したが歴史的に上昇したままだったのは、7週連続でした。


パンテオンマクロ経済学のチーフエコノミスト、イアンシェパードソン氏は、「毎週これほど多くの失業保険が申請されるのは、それ自体が災いである」と述べた。

 

▼出所

https://www.businessinsider.com/us-weekly-jobless-claims-unemployment-filings-layoffs-recession-labor-coronavirus-2020-5

 

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【HSA】2021年のHSAの非課税上限が緩やかに上昇、IRSが発表

【HSA】2021年のHSAの非課税上限が緩やかに上昇、IRSが発表
 
5月21日、IRSは2021年の医療貯蓄口座(HSA=Health Saving Account)の拠出限度額を50ドル引き上げ、家族のみの補償を100ドル引き上げます。高額控除対象の医療プラン(HDHP)を後援する雇用主に来年への準備に十分な時間を与えるため、今のタイミングで発表されました。

HSAへのContributionの年間非課税上限は、個人のみの場合は3,600ドル、家族の補償の場合は7,200ドルになります。 これは、今年から約1.5%の増加です。

Revenue Procedure2020-32の文書の中で、IRSは、2021年に有効なHSA拠出限度額と、HSAがペアリングされているHDHPの最小免責額(および最大自己負担額(Out of Pocket Maximum)を確認しました。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【セクハラ】無料 カリフォルニア州が実施義務のあるオンラインセクハラ防止研修公開

【セクハラ】無料 カリフォルニア州が実施義務のあるオンラインセクハラ防止研修公開

▼まずは1時間の部下のいない従業員向けが公開されています。

https://www.dfeh.ca.gov/shpt/

●全米で従業員5名以上の企業は実施義務があります。

●部下のいない従業員は1時間の研修実施義務があります。

●部下のいる従業員は2時間の研修実施義務があります。(カリフォルニア州の研修はまだ未公開です。)

 

 

●部下のいる方も部下のいない方も2021年1月1日までに研修をしていただき、研修は2年に1度行うようにして下さい。


●新規で採用された方は採用から6ヶ月以内に研修をするようにして下さい。


●途中で部下がいるポジションに昇格した場合は、同じく6ヶ月以内に2時間の研修をするようにして下さい。



カリフォルニア州から査察が入ることがあるので各従業員さんのトレーニングの記録氏名、実施日、トレーニングを受けた従業員の署名 日付け等を管理しておくことをお勧めします。
弊社のお客様でもトレーニングの査察が入った会社がありまして、

トレーニング実施日

トレーニングの場所

トレーニングの講師(今回ご紹介したものはカリフォルニア州のDFEH)

トレーニングのテキスト(今回ご紹介したものはカリフォルニア州のDFEH)
トレーニング参加者の氏名、署名、日付け等の提出が求められていました。



 

▼下記はDEFHの発表内容です。

 

カリフォルニア州公正雇用住宅省(DFEH)は、監督者以外の従業員向けの無料のセクシュアルハラスメントトレーニングを公開しました。オンライントレーニングを使用して、2021年1月1日までに、5人以上の従業員を抱える雇用主が少なくとも1時間の教室またはその他の効果的なインタラクティブなトレーニングと、監督者以外のすべての従業員にセクハラ防止に関する教育を提供する必要があるという法的要件を満たすことができます。カリフォルニア州で。この法的要件は、政府コードセクション12950.1に含まれています。

 

DFEHの新しいトレーニングはインタラクティブで、モバイルデバイス向けに最適化されており、障害のある方も利用できます。トレーニングは現在英語で提供されており、今後数か月以内にさらに5つの言語で提供される予定です(スペイン語、簡体字中国語、タガログ語、ベトナム語、韓国語)。

 

さらに、DFEHは今後数か月以内に、カリフォルニア州の監督者向けに同様のオンライントレーニングを開始する予定です。監督者は、政府コードセクション12950.1の下で、2021年1月1日までに2時間のトレーニングを完了する必要があります。

 

最後に、ストーリーベースの学習を使用して、トレーニングは、実際の事例から引き出され、幅広い業界を表す多数の嫌がらせシナリオを特徴としています。敬意のある職場を作成して維持することの重要性を強調し、傍観者がセクハラやその他の不適切な行動のパターンを妨害するためのツールと戦略を提供します。重要なのは、セクハラが他の形態の差別と交差する可能性がある方法も強調されており、性同一性、性表現、および性的指向に関するモジュールが含まれています。このトレーニングには、Sigal Avinが監督した2つの短編映画と、Zazie Beetz、Joseph Sikora、Grace Gummerが主演し、David Schwimmerが主演したエグゼクティブが含まれています。

 チェックアウトしてください! DFEHのWebサイト(https://www.dfeh.ca.gov/shpt/)から入手できます。

 

California Department of Fair Employment and Housing (DFEH) is pleased to introduce a free anti-sexual harassment training for non-supervisory employees. The online training can be used to meet a legal requirement that, by January 1, 2021, employers having five or more employees must provide at least one hour of classroom or other effective interactive training and education regarding sexual harassment prevention to all non-supervisory employees in California. This legal requirement is contained in Government Code section 12950.1

 

DFEH’s new training is interactive and optimized for mobile devices and is accessible for persons with disabilities. The training is currently available in English and will be available in five additional languages in the coming months (Spanish, Simplified Chinese, Tagalog, Vietnamese, and Korean).

 

In addition, in the coming months DFEH is planning to launch a similar online training for supervisors in California, who are required under Government Code section 12950.1 to complete two hours of training by January 1, 2021.

 

Lastly, using story-based learning, the training features numerous harassment scenarios drawn from real cases and representing a wide range of industries. It emphasizes the importance of creating and maintaining respectful workplaces and provides tools and strategies for bystanders to disrupt patterns of sexual harassment and other inappropriate behavior. Importantly, it also highlights the ways in which sexual harassment can intersect with other forms of discrimination, and includes a module on gender identity, gender expression, and sexual orientation. The training incorporates two short films written and directed by Sigal Avin, and Executive Produced by and starring David Schwimmer along with Zazie Beetz, Joseph Sikora and Grace Gummer.

 

Please check it out! It is available through DFEH’s website at:  https://www.dfeh.ca.gov/shpt/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.20

【コロナウイルス】OSHAの現場検査 感染の追跡義務

【コロナウイルス】OSHAの現場検査 感染の追跡義務

 

すべての雇用主は、従業員が入院中またはウイルスで死亡した場合、従業員のCOVID-19感染が仕事に関連しているかどうかを調査し、それらの症例をOSHAに迅速に報告する必要があります。

特定の高リスク産業の雇用主は、重大度に関係なく、関連する記録要件を使用して、従業員のCOVID-19診断の仕事関連性の決定を行う必要もあります。

OSHAは、地理的エリアおよびCOVID-19コミュニティの広がりのレベルによって、現場検査を優先します。

 

▼出所

https://www.osha.gov/memos/2020-05-19/revised-enforcement-guidance-recording-cases-coronavirus-disease-2019-covid-19

 

▼約2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 




【コロナウイルス】OSHAの現場検査 感染の追跡義務

【コロナウイルス】OSHAの現場検査 感染の追跡義務

 

すべての雇用主は、従業員が入院中またはウイルスで死亡した場合、従業員のCOVID-19感染が仕事に関連しているかどうかを調査し、それらの症例をOSHAに迅速に報告する必要があります。

特定の高リスク産業の雇用主は、重大度に関係なく、関連する記録要件を使用して、従業員のCOVID-19診断の仕事関連性の決定を行う必要もあります。

OSHAは、地理的エリアおよびCOVID-19コミュニティの広がりのレベルによって、現場検査を優先します。

 

▼出所

https://www.osha.gov/memos/2020-05-19/revised-enforcement-guidance-recording-cases-coronavirus-disease-2019-covid-19

 

▼約2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 




【Exempt】小売りのコミッションセールスもExempt (米国労働省)

【Exempt】小売りのコミッションセールスもExempt (米国労働省)

※これは連邦のルールなので各州の適用には注意が必要。

 

米国労働省(DOL)は、5月19日に残業代免除対象(Exempt)を拡大し、以前は免除の対象外または不適格であったと見なされた2つのリストを撤回しました。


FLSAのセクション7(i)の時間外免除により、特定の小売店およびサービス施設は、コミッションベースで全体または一部が支払われた従業員に時間外労働を支払うことを免除できます。 

 

1961年に採択された連邦規制では、「小売りの概念」が欠如しているため、セクション7(i)の免除を要求できなかった事業所のリストの一部と、「小売りとして認識される可能性のある」個別のリストを修正しました。 5月19日の最終規則で、DOLは「一般に適用可能な分析」によりこれらのリストを撤回しました。「一般に適用可能な分析」は「小売りかどうかに関する長期にわたる業界の動向を説明するのにより適しています」という見解です。


ルールはすぐに即日有効になります。

▼出所

https://www.hrdive.com/news/dol-expands-flsa-overtime-exemption-for-commissioned-retail-service-worker/578249/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(相談料金は1時間$310)

 

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

 

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

 

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【コロナ訴訟】コロナ対策が不十分 マクドナルドに集団訴訟

【コロナ訴訟】コロナ対策が不十分 マクドナルドに集団訴訟

 

CNBCによれば、5人のマクドナルドの従業員とその家族がマクドナルドに対して集団訴訟を起こしており、同社はCOVID-19に対して十分な保護を提供していないと主張しています。シカゴ地域の従業員は、攻撃後はマスクと手袋しか与えられなかった、各シフトで着用する必要のあるマスクは1つだけ与えられた、自分自身や顧客を保護する方法に関するトレーニングを受けていない、と主張しています。訴訟はまた、ある場所のマネージャーがCOVID-19に罹患したことを同僚に知らせなかったとも主張している。


USA Todayは、20の都市で数百人のマクドナルドの従業員が水曜日に同社の年次株主総会の前日にストライキを行う予定だと報じています。彼らの目標は、COVID-19対応を改善するようチェーンに圧力をかけることであり、ストライキは「15ドルで戦う」労働キャンペーンによって組織されている。労働者はまた、全国紙にフルページ広告を掲載して、この問題により注目を集めることを計画しています。


マクドナルド氏は声明のなかで、「クルーとマネージャーは彼らが働くレストランの中心であり、彼らの安全と幸福は私たちの意思決定を導く最優先事項です」と述べました。同社はまた、個人用保護具は「十分に供給」されており、1億3千万枚以上のマスクが国内システム全体に配布されていると述べました。

▼出所

https://www.restaurantdive.com/news/employees-file-lawsuit-against-mcdonalds-for-inadequate-covid-19-respons/578269/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.19

【福利厚生調査】コロナウイルスはどんな影響を与えているか?

【福利厚生調査】コロナウイルスはどんな影響を与えているか?

 

5月7日のウィリスタワーズワトソンの調査結果によると、雇用主はCOVID-19が原因で医療、福祉、休暇プログラムを強化していると述べています。回答者のほぼ半数は、ヘルスケアのメリットを強化していると答え、同様にウェルビーイングプログラムを拡大しています。 PTOまたは休暇プログラムに変更を予定している企業も全体の3分の1に及びました。それでも、ほとんどの雇用主は、医療費の増加を期待していないと述べています。この調査は4月20日の週に行われ、1,200万人近い労働者を雇用する816の企業が参加しました。


参加者の大多数は、COVID-19が従業員の健康に「中程度から大規模の影響」を与えると信じていると述べました。 77%以上がバーチャルメンタルヘルスサービスへのアクセスを提供または拡大していると述べ、60%の雇用主がバーチャルトレーニングなどの身体的健康に焦点を当てたプログラムを提供しています


ウィリスタワーズワトソンの健康および福利厚生担当シニアディレクター、レイチェルマッキャン氏によると、従業員が新しい仕事の手配や学校からの帰宅を両立させるため、休暇ポリシーも「非常に重要」になっています。調査によると、雇用主の42%は、従業員の柔軟性を高めるために休暇のポリシーを変更したか、または変更する予定であると述べています。 12%はPTOを他の従業員に現金化することを許可し、15%はPTO現金化プログラムを計画または検討しています。

 

出所

https://www.hrdive.com/news/employers-boost-health-well-being-and-leave-benefits/577650/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.11

【コロナウイルス】CVSはどうやってコロナ下で5万名を採用したのか?

【コロナウイルス】CVSはどうやってコロナ下で5万名を採用したのか?

 

CVSは第一四半期に8%の成長を報告。採用プロセスをほぼ一夜でバーチャル化。

ヒルトンやマリオットの一時帰休を行った企業と連携してコロナウイルスの最中、約5万名を採用。

▼出所

https://www.hrdive.com/news/we-went-virtual-almost-overnight-how-cvs-hired-nearly-50k-amid-covid-19/577659/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【コロナウイルス】1日も早くレストランでの食事再開を イリノイ州に要請

【コロナウイルス】1日も早くレストランでの食事再開を イリノイ州に要請

 

イリノイ州レストラン協会は、現在のイリノイ州復興計画では、遅くとも6月26日までの食事の再開を認めていないため、レストランの早期開店を許可するよう州に要請しています。組織は、フェーズ4の間に再開する現在の計画ではなく、レストランがフェーズ3の間に食事サービスを再開できるようにしたいと考えています。


「業界で働くすべての人は、適切な食品の取り扱いと衛生に関する高度な訓練を受けており、私たちは厳しく規制されており、定期的に公衆衛生担当官によって頻繁に検査されています」と請願書は述べています。 「私たちは、州と協力して、公衆衛生と安全を優先しながら、レストランにタイムリーに営業を再開する機会を与えるこれらの実用的な規制の策定に取り組みたいと考えています。」


組織によると、レストランはこれ以上長く存続することはできず、4月16日現在、イリノイ州のオペレーターの55%が一時的にレストランを閉鎖し、88%のオペレーターがレイオフまたは従業員をレイオフしました。業界は4月に約20億ドルの売上を失いました。

 

https://www.restaurantdive.com/news/illinois-restaurant-association-petitions-state-to-re-open-dining-rooms-soo/577663/

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.09

【コロナ訴訟】不当解雇か?自宅待機命令に従わない会社 自宅勤務を要請したら解雇

【コロナ訴訟】不当解雇か?自宅待機命令に従わない会社 自宅勤務を要請したら解雇

 

自宅待機命令が出ていたため自宅で働きたいと言ってきた従業員を解雇にしたケース。

従業員は法律違反をしたくないと雇用者に訴え、自宅で働くことを要請したが、雇用者は彼女の発言に怒って解雇。不当解雇だと訴訟が起こっています。この後、同じような従業員による会社への訴訟が多く起こることが予想されます。

 

従業員は4月23日、コロナウイルスパンデミック中に現場で仕事をすることを拒否したことに基づく解雇は、違法な活動への参加を拒否したことに基づいて不適切に行われたと主張しました(Reggio v。Tekin Associates、No。CC-20-01 986- B(ダラス郡裁判所、2020年4月23日))。


訴訟によれば、エイミーレッジョはTekin Associatesの顧問弁護士を務めていました。 不動産会社として、雇用主は郡の自宅待機勧告から免除されなかったと彼女は主張した。 レッジョはテレワークについて尋ね、彼女は郡の自宅待機命令に違反したくないし、刑事訴追の危険を冒したくないと述べた。 同社の社長は「彼女が郡の自宅待機命令について懸念を伝えてきて、家で働くことを要求してきました。自宅待機したいなんて腹立たしくてイライラした」ため彼女を解雇したとされている。


レッジョの訴訟は、彼女の解雇がテキサス州の判例に反し、違法行為への彼女の拒否に基づく「不法な解雇」から彼女を保護したと主張した。 彼女は陪審裁判を要請した。

 

▼出所

https://www.hrdive.com/news/worker-sues-after-being-fired-for-refusing-to-violate-shelter-in-place-orde/577472/

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 




2020.05.08

【解雇の状況】144社小売業の解雇の状況

【解雇の状況】144社小売業の解雇の状況

 

144社小売り業の解雇の状況が下記のリンクから御覧いただけます。

表は下記のリンクの記事をスクロールダウンしていくとセブンイレブンを筆頭に各社の状況が分かるようになっています。



Staffing in a pandemic: Which retailers have furloughed, laid off or hired employees

https://www.retaildive.com/news/staffing-in-a-pandemic-which-retailers-have-furloughed-laid-off-or-hired/577499/

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 




2020.05.07

【PPP】Paycheck Protection Programの返済免除はどのように計算するか?

 


Paycheck Protection Programの返済免除はどのように計算するか?


 


必ず銀行と御確認下さい。


 


 


ケース1従業員を同じ給与額で再雇用したが人数が減ってしまった場合。


 


(ローン額の25% + 実際に支払った賃金額)×


 (再雇用した人数÷昨年の従業員数)が返済免除できる額になります。


借りたローン額から返済免除額を引くと返済義務のある金額が分かります。


 


 


仮に$35,000


がローンで借りられたとします。


 


昨年の従業員数が25名とします。


 


ローンがおりてから8週間で6月30日までに採用した人数が10名とします。


 


支払った賃金が$10,000


とします。


 


例えば、飲食店でTOGOのみ営業なので人数と時間が限られていました。


 


この場合


 


1. 借りた金額25%は賃金以外に使える


$35,000 x 25%=$8,750


 


$8,750は返済免除候補です。


 


2.実際に支払った賃金額は$10,000


 


1+2で$8,750+$10,000=$18,750が返済免除額候補です。


 


3.従業員人数


ローンが出てから6月30日までに採用した人数が10名


昨年の従業員数平均が25名


10÷25=0.4


 


従って返済免除額は


(1+2)X3


 


($8,750+$10,000)X0.4=$7,500


 


$7,500は返済免除になりますが、


残りの$27,500は金利1%で返済義務があります。


 


 


 


ケース2


再雇用した人数が同じだが給与額が半分になってしまった場合


 


ミニマムサラリー(昨年の75%)より下まわった金額が返済免除額から差し引かれます。


 


同じように借りたローン額の25%は賃金以外に利用してOK


実際に支払った賃金額も返済免除です。


 


この両方の金額を足したものからミニマムサラリーを下まわった金額を引くと


返済免除額が出ます。


 


 


人数が同じ場合は、ミニマムサラリーが元のサラリーの75%という


ルールがありますので見ていきましょう。


 


25名で各従業員月に平均$1,000 だった場合。


2.5ヶ月分で$62,500が借りられたとします。


 


1. 借りた金額25%は賃金以外に使える


まず25%は別の使い道に利用しても返済免除になりますので


$15,625は返済免除候補です。


 


2.実際に支払った賃金額は$25,000


ローンが出てから8週間、6月30日までに


25名全部雇い直しましたが、


月額の給与が$500に下がりました。


支払った賃金額は


$500X25名X2ヶ月=$25,000


この$25,000は返済免除候補です。


 


但し、一人あたりのミニマムは75%=$750なので、


一人あたり$250の差額があります。


$250X25名X2ヶ月=$12,250


 


従って返済免除額は


$15,625+$25,000-$12,250=$14,275


$14,275が返済免除額となります。


$62,500を借りましたので


$14,275を差し引くと


$47,775を金利1%で返す必要があります。


 


▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから


https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc


 


●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。


(タイムチャージは1時間$310)


●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。


●現在ご相談で大変電話が混み合っております。


法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。


大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが


順番にお答えしております。


よろしくお願い申し上げます。


皆様の安全と健康をお祈りしております!


▼顧問契約のご案内は下記リンクより


https://philosophyllc.com/service/


 


山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP


CA Insurance License: 0F78137


----------------------------------------------------------------------------


Philosophy LLC 


Philosophy Insurance Services 


2377 Crenshaw Blvd., Suite 315


Torrance, CA 90501 


email: yamaguchi@yourphilosophy.net 


TEL  310-465-9173 


FAX 310-356-3352 


Skype ID: yamaguchi_1405


http://philosophyllc.com/


Since 2009 -10th year anniversary-


----------------------------------------------------------------------------


Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.


 


免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。


 





速報【EEO-1】EEOCはEEO-1のレポート提出を2021年に延期を発表

速報【EEO-1】EEOCはEEO-1のレポート提出を2021年に延期を発表

 

EEO-1は従業員100名以上の企業に報告を義務づけているものです。従業員の人種構成等を報告します。

 

米雇用機会均等委員会(EEOC)は、2019年のEEO-1コンポーネント1のデータ収集の開始と、2020年のEEO-3およびEEO-5のデータ収集の開始を、新しいコロナウイルスが原因で延期すると発表した。


EEOCはプレスリリースで、この延期策により「正確で有効かつ信頼性の高いデータをタイムリーに提供することができるようになるだろう」と語った。 申請者には、雇用主、労働組合、公立学区などが含まれます。この延期策はパンデミックにより「独特で緊急の問題に対処する」ためとしています。。


EEOCは提出者に2021年のデータ提出をこれから少しずつ準備するように奨励しました。ホワイトハウスの管理予算局の承認を待って、2021年3月に2019年と2020年のEEO-1コンポーネント1を収集します。 2020 EEO-3および2020 EEO-5の収集は、2021年1月に開始される可能性があります。

 

https://www.hrdive.com/news/breaking-eeoc-delays-eeo-data-collections-due-to-covid-19/577576/

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.05.06

【怒りの質問にお答えします】なんでアメリカは国民皆保険がないのに社会保険はあるんですか!

【怒りの質問にお答えします】なんでアメリカは国民皆保険がないのに社会保険はあるんですか!

 

御質問は一般化してどなたか特定できないように表記しております。

 

①米国には日本のように社会保険制度はあるのか。
※ある場合、米国は国民皆保険制度ではないがなぜ社会保険があるのか

まず社会保険制度の定義を明確にした方がよいと思います。

 

上記の御質問で社会保険とありますが、社会保険制度は下記の厚生労働省の資料によると

https://www.chicago.us.emb-japan.go.jp/nihonnosyakaihosyouseido.pdf

 

年金

医療保険

雇用保険

労災保険

となっています。

 

上記に対応するものとして

米国では

年金=Social Security (米国で給与を支払っている従業員には加入義務があります。)

医療保険= Medical Insurance フルタイム相当(週30時間以上勤務する従業員+週30時間勤務相当の従業員数が50名以上の企業に義務化されています)

雇用保険=Unemployment Insurance(米国で給与を支払っている従業員には加入義務があります。)

労災保険=Workers Compensation (米国ではテキサス州を除いて全州において給与を支払っている従業員に加入義務があります)

 

上記の定義を前提にすると

 

米国は国民皆保険制度ではないがなぜ社会保険があるのか 

 

ではなく、医療保険が国人皆保険制度ではないのに なぜ医療保険が存在するのか?

ということでしょうか?

 

それは医療費がとても高いためです。

保険がない場合、自費で支払うと

入院をすると1日 120万円程度

日帰りの手術をすると1回 200万円程度

妊娠出産は500万円から1000万円程度

がかかります。

 

このため、民間の医療保険に加入をします。

 

また、カリフォルニア州では医療保険に未加入の場合は

総収入の2.5%の罰金が課せられます。

民間の保険に加入義務がある法律になっているといってよいと思います。

 

②日本の場合、会社・個人の社会保険料負担額が下記となるが、米国の場合同条件だと会社・個人の社会保険負担額は日本より多いのか少ないのか。
40歳以上、年収約 $70,000 の会社員の場合
会社負担額:  月額 約$740 
個人負担額:  月額   約$710

 

1. Social Security Tax 2020年はEmployer Employeeともに6.2%です。年収$70,000の場合

https://www.irs.gov/publications/p80

会社負担額 月額 約$360

個人負担額 月額 約$360

 

2.医療保険

医療保険は下記リンクの資料(Worker and Employer premium Contribution)の平均値をとりますと

https://www.chcf.org/wp-content/uploads/2019/08/EmployerHealthBenefits2018QRG.pdf

Singleの場合 

会社負担月額 月額 $642.75

個人負担 月額 $77.33

 

これはあくまで平均値ですので、会社によってプラン内容も異なりますし

従業員負担の割合いも50%〜0%まで会社によって異なります。

 

3.雇用保険(失業保険)年収$70,000の場合

新規事業主の場合 2020年カリフォルニア州

会社負担 月額 3.4% 約$200

個人負担 月額 無し

 

4.労災保険 年収$69,181.82の場合

https://classcodes.com/workers-compensation-rates-by-state/

Class 8810
Clerical Office Employees
CA $0.63

労災保険も民間の会社で加入するため会社によって保険料は異なります。

また、仕事の種類(業種や仕事内容)によって保険料率が変わります。

上記のカリフォルニア州の事務仕事の0.63%で計算すると

会社負担 月額 0.63% 約$40

です。


③米国に社会保険制度がある場合は何が含まれるのか
※日本のように(雇用、年金、介護、健康、労災)なのか

日本の社会保険制度にあてはまるものを探すと上記のようになります。

介護はSocial Securityに含まれますが最低限のものしかありません。

 


米国の社会保険においてそれぞれ会社が負担する割合と個人が負担する割合は
 ・何に対して保険料が源泉徴収されるのか

この分野は米国では会計士さんが担当されているので、詳しくは会計士さんに御確認下さい。

 

Social Securityと 雇用保険(失業保険)は月額の税引き前の給与額です。 

 

医療保険は会社のサイズにより異なります。

従業員100名以下の場合は通常、従業員の年齢と住んでいる地域によって

保険料が異なります。

また、選択した保険プランによって保険料が異なります。

 

労災保険は保険会社によって年間の見込み賃金額と

仕事の種類によって年間保険料が決まります。

そして、1年後にAUDIT(監査)があり、実際の支払

賃金額に合わせて保険料の査収決定がされます。

見込み賃金額よりも実際の支払賃金額が少なければ

返金があり、多ければ追加請求があります。

 

 ・どのような仕組みか(日本の場合、標準報酬月額表もしくは月額賃金)

⑤日本では法律で義務付けられた法定福利厚生と、企業が任意で実施する法定外福利厚生があるが、米国ではそのような仕組みがあるのか。

ある場合、法定福利厚生と法定外福利厚生はそれぞれどのようなものか。

 

下記の内容を御確認下さい。

年金=Social Security (米国で給与を支払っている従業員には加入義務があります。)

医療保険= Medical Insurance フルタイム相当(週30時間以上勤務する従業員+週30時間勤務相当の従業員数が50名以上の企業に義務化されています)

雇用保険=Unemployment Insurance(米国で給与を支払っている従業員には加入義務があります。)

労災保険=Workers Compensation (米国ではテキサス州を除いて全州において給与を支払っている従業員に加入義務があります)

 

 【日本ではあたり前でも米国では義務化されていないもの】

●祝日(国民の祝日)については有給の休日にする必要はありません。

●有給休暇 有給休暇を与える義務はありません。

●通勤手当(米国ではありえません)

●住宅手当(米国ではありえません)

●家族手当(米国ではありえません)

 

【日本にはあまりないが米国では義務化されているもの】

●傷病休暇(Paid SIck Leave)は義務化されている

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。



2020.05.04

【破産】27社 小売業破産のリスト 有名百貨店やブランド店舗の名前も 

【破産】27社 小売業破産のリスト 有名百貨店やブランド店舗の名前も 

J CrewがChapter11というニュースが入って来たが、

下記の27のRetailもBanruptcyをファイル。

 

These 27 retailers could file for bankruptcy as pandemic roils the industry

個人的によく知っている店舗はハイライトしてみました。近所にもあるお店。

COVID-19は

 

1 Ascena Apparel

2 At Home Home goods

3 Caleres Footwear

4 Chewy Pet

5 Children's Place Apparel

6 Christopher & Banks Apparel

7 Conn's Home goods / Electronics

8 Destination XL Apparel

9 Express Apparel

10 Francesca's Apparel

11 GameStop Specialty

12 GNC Specialty

13 iMedia Brands Television retail

14 J. Jill Apparel

15 J.C. Penney Department stores

16 Kirkland's Home goods

17 L Brands Apparel

18 Michaels Specialty

19 Neiman Marcus Department stores

20 Party City Specialty

21 Rite Aid Drugstores

22 RTW RetailWinds Apparel

23 Stein Mart Discount / Apparel

24 Tailored Brands Apparel

25 The Container Store Home goods

26 Tuesday Morning Home goods

27 Wayfair Home goods

 

▼出所

https://www.retaildive.com/news/these-27-retailers-could-file-for-bankruptcy-as-pandemic-roils-the-industry/576982/

 

▼登録は今すぐ!最新情報をお届けする無料メルマガの登録はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(タイムチャージは1時間$310)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人の相談にはお答え出来ませんので、ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




« April 2020 | Main | June 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ