« July 2020 | Main | September 2020 »

August 2020

2020.08.29

【小売】1ドルショップで売上が拡大

【小売】1ドルショップで売上が拡大

【コメント】小売りの中でも1ドルショップの売り上げが拡大。日系のDAISOも売上が伸びているだろうか?

 

▼本日の記事

 

ダラーストアは、第2四半期のパンデミック主導のショッピングから、さらなる後押しを受けました。 プレスリリースによれば、ドルジェネラルの売上高は、消耗品、家庭用品、アパレル、季節のカテゴリで増加し、同社は「COVID-19によって推進される消費者の行動が売上に大きなプラスの影響を与えた」と述べています。


ドルジェネラルの第2四半期の純売上高は第一四半期より24.4%増加して87億ドルになり、対前年比は18.8%増加しました。 パンデミック関連の費用があっても、営業利益は80.5%増加しました。 同社は、PickupとFresh(生鮮食料品)の展開や非消耗品など、戦略的に加速する計画であると語った。 同社はまた、当初の計画よりも多くの店舗を改造し、移転する予定です。


ライバル企業のダラーツリーも、売上高が大幅に増加しました。対前年比は、ファミリードルバナーで11.6%、バナーで3.1%増加しています。 営業利益も39.4%増加しています。

▼出所

https://www.retaildive.com/news/dollar-stores-get-another-boost-from-pandemic-shopping-habits-in-q2/584258/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202020-08-27%20Retail%20Dive%20Newsletter%20%5Bissue:29353%5D&utm_term=Retail%20Dive

 

▼アメリカでの人事労務の悩みから解消され「本業に集中したい」とお悩みの経営者に無料メルマガの登録は下記のリンクから! 2020年8月に無料メルマガ登録いただいた方にカリフォルニア州セクハラ防止研修の小冊子をプレゼント中です。

https://philosophyllc.com/news-letter/

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 




【差別】1.25 Million (約1億3千2百万円)支払 EEOC人種差別の訴訟

【差別】1.25 Million (約1億3千2百万円)支払 EEOC人種差別の訴訟

【コメント】BLMが大きな動きとなり、HRとしてもDiversity, Equity, Inclusionが話題となる中、またしても人種差別の訴訟である。1964年に公民権法が成立し、EEOCが設立され、それ以来アメリカの人事は差別との闘いであるというのが私が16年見てきた「アメリカ人事」の骨格である。日本から進出した企業はこの感覚を理解することがとても難しいと思う。

 

▼今回の記事

カリフォルニア州の電力会社であるAir Systems、Inc.(ASI)は、アップルパーク建設プロジェクトに取り組んでいる間に8人のアフリカ系アメリカ人従業員が人種差別を受けたと主張する米国の雇用機会均等委員会(EEOC)の訴訟を解決するために125万ドルを支払うことに合意しました


EEOCによれば、労働者は人種差別、職場での拘束、リンチの脅威に遭遇しました。 さらに、EEOCは、白人の同僚が人種的に軽蔑して挑発したことを2人の黒人従業員から通知されたとき、会社は何も対策を取らなかったと述べています。


ASIは、人種的嫌がらせの防止と報告について従業員を訓練します。そして、ASIはEEOコンサルタントと協力して、職場での嫌がらせを監視、防止、改善する方法、およびそれらのポリシーを組み込む方法について、ゼネコン、下請業者、組合との話し合いを促進するための方針と手順を策定することに同意しました。

 

出所

https://www.hrdive.com/news/electrical-company-to-pay-125m-to-settle-eeoc-claims-of-harassment-at-app/584109/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202020-08-28%20HR%20Dive%20%5Bissue:29360%5D&utm_term=HR%20Dive

 

▼アメリカでの人事労務の悩みから解消され「本業に集中したい」とお悩みの経営者に送る無料メルマガ。登録は下記のリンクから! 2020年8月に無料メルマガ登録いただいた方にカリフォルニア州セクハラ防止研修の小冊子をプレゼント中です。

https://philosophyllc.com/news-letter/

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.08.28

ニュースレター【第247号】従業員がCOVID-19に感染した場合5つのステップ

 

---------------------------------------

Philosophy ニュースレター 247号

従業員がCOVID-19に感染した場合5つのステップ

---------------------------------------

 

毎毎お世話になりまして ありがとうございます。

Philosophyより8月のニュースレターをお届け致します。

 

▼「情報なんてgoogleすればいくらでもある。必要なのは一緒に解決策を考えて

実行を支援してくれる人だ」顧問契約サービスのご案内

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

 

1.今月のニュース

 

従業員がCOVID-19に感染した場合5つのステップ

 

 従業員の感染は、従業員からの電話や職場での定期的なスクリーニングから知らされるかもしれません。 いずれの方法でも、従業員がCOVID-19に対して陽性反応を示したことを知ったら、雇用主は直ちに行動して、従業員の同僚の安全を確保し、適用されるすべての法律を遵守する必要があります。

 

 米国疾病対策予防センター(CDC)および労働安全衛生局(OSHA)からのガイダンス、ならびにCOVID-19対応を通じてクライアントをすでに案内してきた弁護士の助言を参考に、5つの基本的な ステップを紹介します。

 

1.従業員を自宅に戻して自己隔離

 

従業員が仕事中に緊急のケアを必要としない場合は、医療機関に連絡して少なくとも10日間隔離するように伝えます。 CDCによれば、従業員が症状を示さない場合でも、その期間中にウイルスを拡散してしまう可能性があります。

 

感染率が高い特定の州または地域では、より慎重なアプローチをとる必要性があり、隔離期間を長くする必要があることもあります。

 

地元の公衆衛生当局(Local Public Health)に報告してください。

 

2.従業員が最近使用した場所を閉鎖してディープクリーニングをします。

 

感染した従業員が使用していたワークスペースと共通領域をクリーンアップして消毒(ディープクリーニング)します。 CDCは、洗浄剤の推奨を含む、そのような領域の洗浄と消毒に関するガイダンスを発行しています。 (CDCからのアドバイス:承認された消毒液が利用できない場合、1ガロンの水に3分の1カップの漂白剤を加えても問題ありません。)

 

時間を置くことと新鮮な空気も強力な消毒剤です。 CDCは、「COVID-19の原因となるウイルスが7日間より長く表面上で生存することは示されていなかったため」

7日以上の間、閉鎖され放置された場合、定期的な洗浄のみが必要であると述べました。同様に、屋外エリアは消毒する必要がなく、「歩道や公園に消毒剤をスプレーすることは、消毒剤供給の効率的な使用ではありません」とCDCは説明しています。

 

CDCによると、クリーニングを行う人はウイルスや潜在的に有毒なクリーニング化学物質にさらされるリスクがあり、手袋やフェイスマスクなどの適切な個人用保護具を提供する必要があります。また、OSHAの要件に準拠するには、使用する洗浄剤の安全データシートを入手して、従業員が利用できるようにする必要があると専門家は述べています。

 

3.従業員の身元を明かさずに、潜在的に危険にさらされている同僚に通知します。

 

雇用主は、可能な限り、感染した従業員の動線を確認し、診断前にその人と接触した可能性のある同僚に通知する必要があります。 CDCは、COVID-19の曝露リスクは、感染した人から6フィート以内に15分以上いると発症すると判断しました。当局はまた、感染した人々が発症の48時間前からウイルスを広める可能性があると指摘しています。

 

迅速な通知とフォローアップにより、さらに多くの従業員がウイルスにさらされるリスクが軽減されます。この対応は安全な職場を提供するというOSHAの一般的な義務要件に該当します。

 

 しかし、雇用主はこれらの通知を行う際に従業員の身元を明かしてはなりません。 「重要な問題は、同僚が影響を受ける従業員の個人情報を不適切または不注意に漏らすことなく予防策を講じ、症状を自己監視できるように十分な情報を提供することです」と専門家は助言しています。従業員向けに感染者が確認できたことを知らせる簡単な通知フォームを事前に作成しておくと、通知が必要なときに時間を節約できるでしょう。

 

CDCにより、被曝(濃厚接触)した従業員は14日間隔離する必要があります。ただし、病院・ヘルスケア等必要不可欠(エッセンシャル)と見なされている業界では、被曝した従業員はセルフモニタリングを行い、フェイスマスクを着用しながら現場で作業を続けることができるとも言われています。(CDCガイドライン)

 

4.従業員がいつ戻ることができるかを判断しますが、テストだけでは判断できません。

 

CDCは雇用主に対し、従業員が職場に戻る前にCOVID-19検査の結果を否定するのではなく、次のガイドラインに従うようにアドバイスしました。

 

●症状が出ない人は、検査陽性の10日後に隔離を終了できます。

●中程度から軽度の症状がある人は、発熱が無くなってから少なくとも24時間経過していて、かつ、他の症状が改善した場合、発症してから10日後に隔離を終了できます。

●重篤な症状のある人は、完全に20日以上隔離を続ける必要があるかもしれません。

 

▼下記の動画では6つのパターンに分けて職場復帰のガイダンスを説明

https://youtu.be/kc59hhSa0kI

 

 

雇用主は陰性テスト結果の再確認をしてから職場復帰を希望することが多いと思います。COVID-19のテストは雇用機会均等委員会によっても許可されています。しかし、テストは従業員にとって不便であり、テスト結果は1週間以上かかる場合があるため、上記のガイドラインに従うことが考えられます。さらに、CDCは最近、感染後3か月間、COVID-19陽性となる可能性があることを通知しました。

 

5.仕事に関連する場合は感染を記録し、必要に応じてOSHAに報告します。

 

雇用主はすべての仕事関連の従業員のCOVID-19ケースをOSHA 300ログに記録する必要がありますが、ケースが仕事関連であるかどうかを判断することはしばしば困難です。 5月下旬、OSHAは、従業員がどのようにウイルスに感染したかについて別の説明ができる場合、そのケースは仕事に関連したものと見なすべきではないと明言しました(これは連邦の解釈です)。陽性の従業員が集まっている場合や、感染した同僚に接触した直後に従業員が陽性と判定された場合、ケースは職場で集団感染している可能性が高くなります。

 

雇用主は常に州の健康と安全に関する法律をチェックして、変化がないかどうかを確認する必要があります。 たとえば、カリフォルニア州では、COVID-19のケースは雇用主が反証できない限り、仕事に関連していると推定しています。

 

万が一、従業員が職場でCOVID-19に感染し、24時間以内に入院または死亡した場合、そのケースは直ちにOSHAに報告する必要があります。

 

出所:SHRMニュース

 

 

 

▼その他の最新ニュースは下記のブログにて

https://ameblo.jp/angelmarketing/

 

▼クイックUSAさんのアメリカの人事部に投稿させていただきました。

【アメリカの人事部】超ややこしい カリフォルニア州 妊娠・出産における無給休暇と収入保障

https://www.919usa.com/j/topicDisplay.aspx?tid=473

 

 

▼【無料動画】アメリカ人事 チャンネル登録ありがとうございます!

検索は「アメリカ人事」で検索下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCysh9oTQ216jFY8-y9LWicQ

 

2.【顧問契約メンバー限定のコンテンツ】

 顧問契約メンバーの皆様には下記のメンバー通信をお届けしております。

 

 

▼下記のような質問にお答えさせていただくフィロソフィ顧問契約

にご関心がありますか?

 

▼もっと詳しく知りたい方のための顧問契約サービスのご案内

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

 

弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

顧問契約メンバーの皆様からの質問集

 

メンバーの皆様から御質問いただいたケースを一般化して

共有させていただきます。

 

 

■ブロンズプラン(月額$310)

emailでの回答のみ

 

■シルバープラン(月額$620)

ブロンズプラン+毎月2時間まで文書の作成やテンプレートの提供

 

■ゴールドプラン(月額$930)

シルバープラン+

御電話やミーティングでのご相談にも応じます

+年間1回日本語 セクハラ防止研修(2時間)

 

★顧問契約していなくても質問できますか?

はい!大丈夫です。emailのご相談は15分単位で

チャージさせていただきます。

    簡単な御質問は15分でお答え→$77.50

    回答するために1時間必要な場合→$310です。

 

 

●全顧問企業様へ限定配信ニュース

07/29/20 日本語付きカリフォルニア州再開ガイドブック

08/01/20 AB-5と個人事業主

08/04/20 2020年8月第1回質問集

08/05/20 COVID-19 OSHA FORM 300

08/09/20社内でコロナ感染者が出たらどうしたらよいのか?

08/12/20 営業担当者の目標設定と評価

08/18/20 妊娠・出産の無給休暇と収入保障

08/18/20 2020年8月 第3回質問集

08/24/20 COVID-19 4つの質問 弁護士による回答

08/25/20 2020年8月 第4回質問集

08/26/20 コロナ感染を打ち明け易くする方法

        

▼個別企業さんからのご相談事項(具体的な内容が分からないように一般化しております)

【Exempt】      ExemptのCOVID-19による自宅待機とFFCRA取得に関わる質問

【AB-5】 移動が難しい方にドライバーを派遣するビジネスを検討中です。ドライバーを1099で支払うことは可能でしょうか?

【ハラスメント防止研修】     Certificateは雇用者の保管が必要ですか?

【無給休暇と失業保険】        無給休暇中は失業保険が給付されますか?

【Furloughと失業保険】      Furloughの場合は1週間でも失業保険が給付されますか?

【Affidavit】     affidavit(供述書)の要請については対応する義務がありますか?

【医療保険】     Furlough中の医療保険の自己負担分をどのように請求したらよいでしょうか?

【解雇】  解雇通知を送付しても何も返事がなかった場合はどのようにすればよいでしょうか?

【Change in Relationship】 Change in relationshipは従業員が休みに入る時も必要でしょうか?

【給与支払い】  給与額がTaxと医療保険料の自己負担を差し引くとゼロになりますが問題ないでしょうか?

【FMLAと医療保険】  FMLA期間中に医療保険の支払がない場合、30日間で保険をTerminationしてよいでしょうか?

【COBRA】      COBRAのオファーをするのは加入していた方全員でしょうか?

【Exempt】      Exemptの給与支払い(Workweekで少しでも仕事をした場合)とVacationの差し引きについて

【労働法のポスター】  労働法のポスターはどこで購入できますか?

【Exempt 歩合セールス】     Exemptで歩合セールスは可能か?

【失業保険と次のPPP】        失業保険$600が終了し、その次の政策は決まりましたか?またPPPの次の施策はありますか?

【最低賃金】     California City Countyの最低賃金について調べ方を教えて下さい。

【Furlough中の解雇】         Furlough中の解雇が無事に終了しました。アドバイスありがとうございました。

【医療保険】     医療保険の自己負担分の決め方、統計について教えて下さい。

【医療保険】     医療保険の採用時の有効日の決め方、既存従業員が加入辞退した場合の次の加入日について

【セールス担当者】     ■シルバープラン■セールス担当者の目標設定と評価指標の参考になるテンプレートを送付下さい

【OPT】  OPTで雇用する際の注意点を教えて下さい。

【OPT】  OPTで雇用する際の注意点を教えて下さい。

【セクハラ防止研修】  セクハラ防止研修の「部下のいる従業員」の定義について教えて下さい。

【医療保険】     更新前のオープンエンロールメントはいつからいつまでですか?

【医療保険】     Deductibleのカウントはいつからいつまででしょうか?カレンダーイヤー or ポリシーイヤー

【妊娠・出産 SDI+CFRA】 妊娠・出産、SDI PFL PDL CFRAの取り方について教えて下さい。

【自主隔離】     自主隔離はFFCRAの対象となるか?

【辞職か解雇か?】     スケジュールを組む際、会社の希望と本人の希望が合わないで辞めてもらう場合、解雇になりますか?辞職になりますか?

【医療保険】     MLR Rebateの計算方法について教えて下さい。

【医療保険】     MLR Rebateの計算方法について教えて下さい。

【会社の勤務に従えない従業員】     会社の勤務スケジュールに従えない従業員は辞職でしょうか?解雇でしょうか?

【NY State Tax】      New Yorkのオフィスに届いたレターについて内容を教えて下さい。

【EDDからのレター】 ■シルバープラン■ 自己都合退職時のEDDから来たレターへの返信について レターの書き方

【従業員人数と最低賃金】     従業員人数と最低賃金はいつのタイミングでリンクさせる必要があるでしょうか?(Pay Period?)

【ランチブレイク】     ランチブレイクをきちんと記録しない従業員に給与差し引き等の罰則を設けることはできるか?

【EDDからのレター】 EDDからのレターが来ましたがどのように対応したらよいでしょうか?

【401Kについて】     401(k)のCal Saversとの違い、マッチングの平均値等について教えて下さい。

【401Kについて】     401(k)の費用について 

【ベネフィットの平均レベル】        ベネフィットの平均的なレベルについて教えて下さい。

 

▼  上記のような質問にお答えさせていただくフィロソフィ顧問契約

にご関心がありますか?

弊社のサービスは下記のリンクにご案内をしております。

https://philosophyllc.com/service/

 

■さらにお客様のお困りごとにフォーカス

 

キャッシュフローコーチの手法「お金のブロックパズル」

を利用して人件費分析、

企業目標設定のお手伝いをしております。

 

キャッシュフローコーチを利用すると下記のような3つの成果

が得られると評価をいただいております。

 

1.   漠然としたお金の悩みから解放され、本業に専念できる!

2.   うまく言語化できずモヤモヤしていたことが言語化され、

行動が加速する!

3.   社員にも採算意識が芽生え、立場の違いからくる危機感の

ズレやギャップが縮まる!

 

 

▼もう少し詳細を見る

https://www.jcfca.com/managers.html

 

▼たった1枚の図で会社のお金の流れはすべてわかる!

 お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html

 

 

▼【無料動画】アメリカ人事 チャンネル登録ありがとうございます!

https://www.youtube.com/channel/UCysh9oTQ216jFY8-y9LWicQ

 

 

▼【宣伝】飲食店の売り上げアップ モバイルアップご紹介

https://digi-seed.com/our-work.html#work

 

 

【発行人】

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

 

山口 憲和 MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会 認定コーチ #463

▼下記リンクを御覧下さい

https://www.jcfca.com/intro.html

 

【編集後記】

ここでは毎回、私の尊敬する稲盛和夫盛和塾塾長の言葉を紹介しています。

 

■塾長理念

■人生・仕事の結果=考え方X熱意X能力

https://ameblo.jp/6endeavors/entry-12616897252.html

 

この公式は平均的な能力しか持たない人間が、偉大なことをなしうる

方法はないだろうかという問いに、私が自らの体験を通じて答えた

ものです。

能力とは、頭脳のみならず健康や運動神経も含みますが、多分に

先天的なものです。しかし、熱意は、自分の意志で決められます。

この能力と熱意は、それぞれ0点から100点まであり、それが

積でかかると考えると、自分の能力を鼻にかけ、努力を怠った

人よりも、自分には頭抜けた能力がないと思って、誰よりも情熱

を燃やして努力した人の方が、はるかに素晴らしい結果を残す

ことができるのです。

そして、これには考え方が加わります。考え方とは、人間として

の生きる姿勢であり、マイナス100点からプラス100点まであります。

つまり、世をすね、世を恨み、まともな生き方を否定するような

生き方をすれば、マイナスがかかり、人生や仕事の結果は

能力があればあるだけ、熱意が強ければ強いだけ、大きな

マイナスとなります。

素晴らしい考え方、つまり人生哲学を持つか持たないかで、

人生は大きく変わってくるのです。

 

【感想】

 

私も人の2倍はやらないと1人前にはならないと

子供の頃からできる限り努力をしようと努めてきました。

しかし、考え方がよくないことから一向によい方向に

向かないことがよくありました。

2005年に盛和塾に出会い、少しずつ考え方をプラスに

して何とかここまでやってきました。

しかし、まだまだ油断すると考え方はすぐにマイナスに

なるようです。

これには一生かけて精進するしかありません。

山口憲和

 

----------------------------------------------------------------------------

■JRN(Japan Referral Network)

毎週(金)7:00am〜8:30am (PST=ロサンゼルスの時間)

 

現在毎週Zoom Meetingをしております。遠方の方でもゲスト参加

御希望の方はお知らせ下さい。日本から参加された方もいらっしゃいます。

(一業種一社の参加のため参加審査がございます)

ゲスト参加御希望の方は今すぐ!下記へメールを。

yamaguchi@yourphilosophy.net

 

▼JRNとは何ですか?

http://www.jrnla.org/jpn/page/faq

 

▼facebook ページ

https://www.facebook.com/Japan-Referral-Network-Bi-Lingual-JapaneseEnglish-Referral-Business-in-LA-211413246306

 

----------------------------------------------------------------------------

■米国進出は

楽観的に構想し

悲観的に計画し(この部分のお手伝いを弊社がご支援致します)

楽観的に実行する

のが成功する1つの道ではないかと思っております。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

 

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

 

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

▼下記Websiteより引用いたしました。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

 

■日系移民博物館

http://www.janm.org/jpn/main_jp.html

 

米国に本格的に進出する前に是非ご覧頂きたい博物館です。

私も我々がアメリカで普通に商売できるのは先人のおかげと毎日感謝しております。

お時間がありましたら是非お立寄り下さい。

 

■心をベースとして経営する

京セラを創業された稲盛和夫盛和塾塾長の言葉です。

この言葉の背景として下記のような説明がされています。

「京セラは資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。

頼れるものはなけなしの技術と28人の信じ合える仲間だけでした。

会社の発展のために一人一人が精一杯努力する、経営者も命をかけて

みんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲

のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いて良かったと

思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの

経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、

また同時にこれほど強固なものもないのです。その強い心のつながりを

ベースにしてきたからこそ、今日までの京セラの発展があるのです。」

 

米国で次から次へと起こる従業員からの訴訟の案件を見る度に

この言葉を思い出します。「どうしたら訴訟は起こらないのでしょうか?」

という質問をいただくことがありますが、残念ながら米国には100%

訴訟を防ぐ方法はないと思います。ただあるのは、心をベースとして

経営するということではないでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------

 

■山口憲和, MBA, SHRM-SCP Philosophy LLC President略歴

 

群馬県出身。高崎高校を卒業後 タモリの中国語麻雀に憧れて

東京外国語大学中国語学科へ進む。在学中はコント「九官鳥と豆知識」で活動。

 

卒業後 日本のANA (全日空)で旅行代理店向けセールスを担当。

ANAでは上海の復旦大学へ留学させてもらいました。

Human Resourcesに関心が高まり本格的に勉強するためにANAを退職し、

慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 修士課程 (MBA)に入学。

 

卒業後はIBM JAPANのコンサルティング部門へ。その後、

自分の最も関心の高かったHuman Resources専門のMercer

(NYに本社のある世界最大規模の人事コンサルティングファーム)へ。

Mercer時代に共著『A&R  優秀人材の囲い込み戦略』東洋経済新報社

があります。http://amzn.to/2rhTeuf  (今や中古で●●円!)

 

Mercerで学んだことをアメリカで活かすため2004年に渡米。

労務管理サービスのコンサルティング会社と保険ブローカーに勤務した後、

グリーンカードを取得。2009年に独立。以来、米国に進出している

日系企業向け、米国にて日本語を話すマネジメント向けに

保険と労務管理のサービスを10年以上にわたり提供しております。

 

SHRM(Society of Human Resource Management=米国人材マネジメント協会)のSenior Certified Professional= SHRM-SCPを取得。

https://www.shrm.org/certification/about/Pages/default.aspx

 

 

Philosophyという会社名は稲盛和夫盛和塾塾長がおっしゃる

「経営にはフィロソフィが最も重要だ」という教えからいただきました。

 

▼稲盛和夫氏とは?(稲盛和夫オフィシャルサイト)

https://tinyurl.com/vt36pam

 

 

 

「哲学こそが経営や事業の成否を決するのであり、

自分の会社を立派にし、従業員も幸福にしていきたい

と思うならば、トップである経営者自身が、自分の

考え方を高めていく必要がある」

 

一度同じテーブルで食事させていただいた際にこの名前を付けたことを

報告させて頂きました。

▼なぜ経営に哲学(フィロソフィ)が必要なのか。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/special/lectures/philosophy/

▼フィロソフィが欠かせない

https://www.kyocera.co.jp/inamori/amoeba/philosophy/philosophy01.html

▼稲盛和夫氏が即答した「人生で一番大事なもの」

https://tinyurl.com/ycnydf6t

 

 

 

■   最近の読書:ティール組織(Frederic Laloux)、修身教授録(森信三)

西洋音楽史(岡田暁生)、SPIN営業術(ニール・ラッカム)、

論語と算盤(渋沢栄一)、石田梅岩都鄙問答、会計の世界史(田中靖浩)

営業の基本(横山信弘)、学問のすすめ、菜根譚、ポケット大学、

言志四録、陰騭録を読む、百歳の論語、凡事徹底(鍵山秀三郎)、

代表的日本人(内村鑑三)、安岡正篤一日一言、

坂村真民詩集、二宮翁夜話(福住正兄)等

 

修身教授録を毎日少しずつ拝読していますが、教育に情熱を

燃やしたペスタロッチーの話とか、まったく知らないことが

出て来ます。弊社のビジネスも教育と似ていることが多く

とても刺激を受けます。身体に染みこませるようにじっくり

拝読したいと思っています。

 

----------------------------------------------------------------------------

■弊社のフィロソフィのご紹介

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

弊社のフィロソフィをご紹介します。

 

■Mission of Philosophy(企業理念)

●全スタッフの物心両面の幸福を追求する

●世のため、人のために尽くす

●利他

 

■カンパニースピリッツ

●全戦全笑!(どんな困難も笑いに変える!)

 

■Vision(長期的なゴール)

詠み人知らずの歌のように弊社の名前は残らなくても、

永遠に語り継がれるような「信頼」を築くこと。

 

■6つの精進が弊社の行動基準です。

 

1.誰にも負けない努力をする

2.謙虚にして驕らず

3.毎日の反省

4.生きていることに感謝する

5.善行、利他行を積む

6.感性的な悩みをしない

 

■Philosophy チームメンバーのご紹介

 

●労務管理サービス チームメンバーご紹介

Philosophy LLC 副社長 山口真智子

CA Insurance License 0K41370

https://tinyurl.com/y2ko4q4x

 

 

弊社の会計、医療保険・損害保険の事務手続き

人事労務のプロジェクト管理を担当しております。

 

●弊社のサービスを支えるチームメンバーのご紹介

▼企業向け医療保険チーム Team Alliance 360(写真はこちらから)

https://www.alliance360is.com/team-360

 

▼企業向け損害保険チーム Team Tsuneishi(写真はこちらから)

http://www.tsu-insurance.com/about.php

 

------------------------------------------------

Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

https://tinyurl.com/yxesouoo

 

 

▼アメリカで部下を持って悩んでいる方へ

http://hr.cocolog-nifty.com/

■お気軽にお問い合わせ下さい e-mail: yamaguchi@yourphilosophy.net

■会社情報はWeb: http://www.philosophyllc.com/

■YouTubeチャンネル登録はこちらから→ https://tinyurl.com/svdmyj4

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC (Human Resources Services)

Philosophy Insurance Services (Insurance Services) 

Affiliate with Alliance 360 

 

<Torrance Office>

2377 Crenshaw Blvd., Ste 315

Torrance, CA 90501 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352

 

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information on the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

【コロナ】カリフォルニア州の再開はカウンティごとの色分けで

【コロナ】カリフォルニア州の再開はカウンティごとの色分けで

 

▼下記のリンクにカウンティとビジネスごとの内容を記入すると色分けで現在の再開状況が分かるようになっています。

https://covid19.ca.gov/safer-economy/

 

 

▼アメリカでの人事労務の悩みから解消され「本業に集中したい」とお悩みの経営者に無料メルマガの登録は下記のリンクから! 20208月に無料メルマガ登録いただいた方にカリフォルニア州セクハラ防止研修の小冊子をプレゼント中です。

https://philosophyllc.com/news-letter/

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

【失業保険】カリフォルニア州失業保険 追加の$300について発表

【失業保険】カリフォルニア州失業保険 追加の$300について発表

https://edd.ca.gov/about_edd/coronavirus-2019.htm

カリフォルニアは現在、ロストウェイジアシスタンスプログラムに参加しています。 これにより、失業給付で週に少なくとも$ 100を受け取る人々に、週に追加の$ 300が追加で提供されます。 資格を得た場合、支払いは後で支払われる場合でも、8月1日から遡及して支払が行われます。 詳細がわかり次第、これらの追加支払いについてお知らせします。


EDDから電話を受ける場合、発信者IDに「St of CA EDD」またはUIコールセンター番号1-833-978-2511または1-800-300-5616が表示される場合があります。

  • California is now participating in the Lost Wages Assistance program. This will provide an additional $300 per week for people who receive at least $100 per week in unemployment benefits. If you qualify, payments are for weeks of unemployment dating back to August 1, even if you are paid later. We will update you about these additional payments when we have more details.
  • If you are getting a phone call from the EDD, your caller ID may show “St of CA EDD” or the UI call center numbers 1-833-978-2511 or 1-800-300-5616.

▼アメリカでの人事労務の悩みから解消され「本業に集中したい」とお悩みの経営者に無料メルマガの登録は下記のリンクから! 2020年8月に無料メルマガ登録いただいた方にカリフォルニア州セクハラ防止研修の小冊子をプレゼント中です。

https://philosophyllc.com/news-letter/

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 




2020.08.27

【ランキング】社内で新型コロナ感染者が出たらどうしたらよいのか?

【ランキング】三菱UFJ銀行 MUFG BizBuddy ランキング1位&2位

現在弊社の記事が1位と2位にランクインしております。

MUFG BizBuddy会員の方は是非ご笑覧下さい。

 

1位

[アメリカの保険と労務]
誰が自宅で勤務して、誰がオフィスで勤務するか?

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/2007/entry91380.html

2位
[アメリカの保険と労務]
社内で新型コロナ感染者が出たらどうしたらよいのか?

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/2008/entry92040.html

[アメリカの保険と労務]

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html

2020.08.24

【ボーナス】Shake Shackは、従業員全員に年末のボーナスを提供

【ボーナス】Shake Shackは、従業員全員に年末のボーナスを提供

 

【コメント】Essential Workerへの感謝ですね。継続してビジネスに貢献してくれる従業員さんにボーナスを出すというニュースです。

 

▼今回の記事

Shake Shackは、従業員全員に年末のボーナスを提供すると発表しました。 同社はメールで、全従業員に継続的なビジネスへの貢献に対して感謝を述べています。ボーナスはポジションに応じて250ドルから400ドルの範囲です。


同社はまた、第3四半期と第4四半期の両方を通じて、すべてのマネージャーへのボーナス支払いを保証しています。


このボーナスプログラムは4月末から8月19日まで実施していた時間給労働者向けの10%ボーナス給与プログラムが終了した後に行われます。

 

▼今回の記事はいかがでしたか?

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【訴訟】DHL Flyaway Express 配送ドライバー集団訴訟

【訴訟】DHL Flyaway Express 配送ドライバー集団訴訟

 

【コメント】最近、ドライバーがらみの集団訴訟が多い。ほとんどのケースはNon-Exemptのドライバーに時給を勤務した時間分支払っていなかったこと、残業代の支払いがなかったこと、

休憩時間が提供できなかったことに集約できると思う。ドライバーは固定給でなく、Non-

Exemptとして時給計算、残業代計算、休憩の付与を行うことが必要だろう。

 

▼今回の記事

 

DHL ExpressとFlyaway Expressにテネシー州の連邦裁判所で提起された集団訴訟(Jones v.DHL Express(USA)dba DHL Express and Flyaway Express、 LLC。、No。2:20-cv-02595(WD Tenn。2020年8月12日))。


被告は、働いた時間数に関係なく、原告に1日120ドルの定額料金を支払っていた。訴訟では、被告の日給政策は違法であると特徴付けられた。公正労働基準に準拠して、運転者または宅配便業者に常に働いた時間を補償することができず、「1週間あたり40時間を超えて働いた時間外労働割増金」を提供できなかったからである。


原告は、DHLとFlyaway Expressは共同雇用者であると主張している。 「DHLは配送ドライバーや宅配便に直接支払いをしていないが、配送目標や支払いに関するDHLのポリシーと慣行は、配送業者が時間外労働に対して配送ドライバーや宅配便業者に支払う能力を規定していたため」と訴状は述べています。

 

▼今回の記事はいかがでしたか?

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.08.15

【祝 開店!】カレーの名門 チャンピオンカレー🍛がリトル東京にもオープン!

㊗️開店!カレーの名門 チャンピオンカレー🍛がリトル東京にもオープン!こんな時だからこそ新規開店!
https://www.rafu.com/2020/08/champions-curry-opening-flagship-store-in-little-tokyo-on-aug-15/

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.08.13

【誰が自宅で 誰が出社か?】引き続きランキングNo.1 です。消える前に御覧下さい。

【誰が自宅で 誰が出社か?】引き続きランキングNo.1 です。消える前に御覧下さい。

▼【MUFG BizBuddy会員限定コンテンツ】

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/2007/entry91380.html

 


みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【調査】新型コロナのストレスは毎日仕事を2時間ストップさせる程度の悪影響

【調査】新型コロナのストレスは毎日仕事を2時間ストップさせる程度の悪影響

【コメント】ストレスで仕事が手に付かなくなる、仕事をストップせざるを得ないという状況にある人が全体の約半分程度(46%)いたということだ。そのうちの21%の人は最大2時間。この調査でも述べているがこれは仕事のストレスというよりも人生のストレスになっているのではないだろうか。

 

▼今回の記事

 

最近のヘッドスペース調査の結果によると、従業員はストレスを感じており、そのコストは1日あたり最大2時間の仕事時間に匹敵するということです。


回答者2,500人(米国と英国で雇用されている成人)の約4分の1が、ストレスのために1日あたり約1時間の仕事が出来なくなっていると回答しています。 21%の人は最大2時間、仕事が出来なくなっていると述べています。


幸運にも継続して仕事が出来ている人々も(他の同僚達が一時帰休や解雇される様子を見せつけられながら)パンデミックがもたらした感情的な打撃によって長期的にメンタルヘルスに悪影響を受けているようです。 これは米国や他の国々を揺さぶる時事問題と言えるでしょう。

 

「仕事のストレスと人生のストレスの境界線はなくなってきています。人生のあらゆる領域のストレスは、仕事でのストレスに影響を与えています」

 

▼出所

https://www.hrdive.com/news/stress-may-cost-employees-hours-of-work-per-day/583457/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202020-08-13%20HR%20Dive:%20Talent%20%5Bissue:29073%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Talent

 

 

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.08.12

 【訴訟】日本食レストラン 約5億5千万円の罰金を約2億7千万円の支払で示談

 【訴訟】日本食レストラン 約5億5千万円の罰金を約2億7千万円の支払で示談

 

【コメント】今回の訴訟も最低賃金、残業代、スプリットシフトのルール違反による訴訟である。また、Warn Actの違反についても追加されている。

スプリットシフトは朝と夜のシフトの間に1時間よりも長い時間間が空いた場合に1時間の時給分を追加で支払う義務がある法律である。

Warn Actは従業員75名以上いる企業が50名以上を30日以内に一度に解雇する場合、60日以前に告知をする義務がある法律である。

常に基本が大事であることを思わされる示談の記事だ。

 

▼今日の記事

08/12/20 Department of Industrial Relations プレスリリースより

 

サンフランシスコ-労働委員会の事務所は、デーリーシティーにあるコメジャパニーズシーフード&ビュッフェのオーナーとの和解金が260万ドル(約2億7千8百万円)に達し、2018年の賃金盗難調査で発見された未払いの最低賃金、残業、分割シフトプレミアムに対する133人の労働者の補償を確保しました。 。和解はまた、レストランが予告なしに閉店したときに発生したWARN法違反について労働者に補償します。

「これらの労働者は彼らが稼いだ賃金を長い間待っていた」とカリフォルニア労働委員会委員のリリア・ガルシア=ブロワーは言った。 「この和解はそのお金をポケットに戻し、権利を擁護しているこれらの労働者の証です。」

2018年6月、労働委員会の事務所は、デーリーシティーのコメジャパニーズシーフードアンドビュッフェに賃金査定と516万ドル(約5億5千百万円)の罰金を発行しました。これには、未払いの未払い賃金4,381,461ドルと罰金780,400ドルが含まれます。賃金盗難違反と民事罰には、最低賃金の支払いの不履行、残業、分割シフトプレミアムが含まれます。 2019年に、公聴会の前に提示された証拠に基づいて、民事罰が75万4,950ドルに調整され、未払い賃金が3,575,433ドルに調整されました。

現在および以前のレストランの従業員に、予想される和解金の通知が届き、労働者は今月小切手を受け取り始めました。労働者は$ 20から$ 47,253の範囲の和解金を受け取っており、労働者1人あたり平均$ 14,217です。和解には、州に支払う民事制裁金として55,000ドルも含まれています。

 

▼出所

https://www.dir.ca.gov/DIRNews/2020/2020-68.html

 

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

2020.08.11

【訴訟】Uber, Lyftにドライバーを個人事業主から従業員に変更命令

【訴訟】Uber, Lyftにドライバーを個人事業主から従業員に変更命令

 

【コメント】今年の1月から施行されたAB-5という法律により、個人事業主のカテゴライズが大変難しくなった。個人事業主にカテゴライズするには下記の3つを同時に満たす必要がある。

A.個人事業主は雇い主からコントロールされない(勤務時間、研修、評価等)

B. 個人事業主は雇い主の通常の仕事を行わない

C.個人事業主は雇い主以外にも複数のクライアントを持つ

 

UberやLyftはBを満たすのが難しいと判断された。Uber, Lyftは彼らの通常のビジネスはオンラインプラットフォームであって、ドライブすることは通常のビジネスではないという主張をしていたようだが通らなかったようだ。

 

AB-5は議論を呼んで法律の見直しが進むのではないかと予想していたが、残念ながらAB-5がそのまま維持される方向に行っている。実際にUberやLyftのドライバーをしている人は本当にこれを望んでいるのか?また、利用者としてもこれでUberやLyftのコストが上がってしまっては不利益を被る。個人的にはAB-5には反対で、全体の利益や新しいテクノロジーと働き方に逆行していると思う。

 

▼今回の記事

UberとLyftはカリフォルニア州で彼らのドライバーを従業員として再分類しなければならない、と州の裁判官は8月10日、一時的差止命令を発行しました(カリフォルニア州民対Uber Technologies他、No。CGC-20-584402(Calif。優れたCt。、2020年8月10日))。注文は10日間保留され、Uberは地元メディアに緊急アピールを提出すると伝えました。


州は、企業が2020年1月1日から施行された法律であるAB-5に違反しており、厳格な基準を満たさない限り労働者を従業員と見なして訴訟を起こした。 Uberは法律から免除されると主張しましたが、裁判官は、法案を覆そうとする試みと、特別免除を追加する投票運動により議論の方向性は決まったと述べた。


州がその主張に勝つ可能性が高いことを示したと判断して、裁判官は差し止め命令を出しました。運転手は明らかにAB-5で要求されるような会社の「通常の業務」の範囲外で仕事を行ってはいない、と裁判官は言い、従業員と公衆に対して責任を負うと述べました。

 

▼出所

https://www.hrdive.com/news/lyft-uber-ordered-to-classify-california-drivers-as-employees/583288/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202020-08-11%20HR%20Dive:%20Talent%20%5Bissue:29016%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Talent

 

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

2020.08.10

【訴訟】マクドナルドCEO 社内で性的関係 退職金等返金訴訟

【訴訟】マクドナルドCEO 社内で性的関係 退職金等返金訴訟

 

【コメント】現在、毎日森信三先生の修身教授録を拝読しているが、毎日反省をしていても自分を律することは常に難しいと感じる。おとなになっても修身。いつになっても修身。心を高める道には終わりがないと改めて思う。

▼稲盛塾長の企業に社格を、という講演。

https://www.kyocera.co.jp/inamori/special/lectures/philosophy/philosophy05.html

 

▼今回の記事

証券取引委員会によると、マクドナルドはデラウェア州裁判所で元会社のCEOであるスティーブイースターブックを起訴し、賠償金と26週間の退職金を取り戻すことを要請しました。レストランの内部調査において、追放されたイースターブルックは従業員との同意の上性的関係を持っていたことに関して嘘をついたと証券取引委員会は主張しています。 マクドナルドは、イースターブルックが肉体関係はなかったと証言していたにもかかわらず従業員と肉体的な関係を築いていたとする7月に受け取った匿名の情報が、さらなる調査を促したと主張しています。


調査により、イースターブルックは退職前に従業員とさらに3つの性的関係を持っていたとされており、この記録を破棄しようとしました。調査ではまた、2018年と2019年に撮影され、マクドナルドのメールアカウントから個人のメールに送信された女性従業員のヌードまたは性的に露骨な写真とビデオ映像が何十枚も見つかったと訴訟は主張しています。訴訟によれば、イースターブルックはまた、「性的関係の真っ只中にいる従業員の一人に、数十万ドル相当の臨時株式交付金を承認した」と言われています。


マクドナルドはまた、イースターブルックがストックオプションを取ること、または未払いの株式報酬から株式を売却することを禁じます。

 

----------------------------------

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




2020.08.08

【号外】失業保険給付 追加 週400ドルにて延長 トランプ大統領、大統領令に署名

【号外】失業保険給付 追加 週400ドルにて延長 トランプ大統領、大統領令に署名

 

トランプ大統領、大統領令に署名:失業給付を週400ドルにて延長、立ち退きから保護、学生ローンの支払いを延期、給与税を一時停止

 

本日トランプ大統領がExecutive Orderに署名しました。号外のニュースをお届けします。

 

ホワイトハウスの当局者と民主党の指導者たちがコロナウイルス刺激策の行き詰まりに直面して、トランプ大統領は土曜日にニュージャージー州ベッドミンスターの彼のゴルフクラブからの記者会見で4つの行政命令に署名しました。 議会としての執行行動の合法性は不明確であり、大統領は連邦支出を管理していない。 しかしトランプ氏は、これについては「まったく」心配していないと語った。 トランプ政権は、CARS法で使われなかった800億ドルと、災害救援基金で440億ドルを含む、最大1,400億ドルを転用しようとします。

 

4つの行政措置は、失業手当、給与税、賃貸差し押さえ、学生ローンに関連しています。

 

強化された失業給付の拡大

トランプは彼の大統領命令が失業給付を週当たり400ドルの割合で延長すると発表した。ただし、連邦政府が残りの75%を選択したトランプによれば、州は費用の25%をカバーするように求められます。これは、連邦政府の寄付がわずか$ 300になることを意味しますが、州は$ 100でキックすることが期待されます。

 

トランプはその利益をどれだけ延長するかについては発表しませんでしたが、彼の経営陣の行動には詳細が含まれていました。連邦政府の寄付を賄うための資金は、国土安全保障省の災害救済基金(DRF)から調達されます。現在、基金には700億ドルを超える資金があります。トランプ氏の命令では、DRFの残高が250億ドルに達するまで、または2020年12月6日までに失業が終了するまでの数週間のうち、先に発生した失業賃金支援プログラムが終了するまでの失業期間が数週間になるまで、資格のある請求者が利用できるようになります。終了します。」 3,000万人以上の失業者がいるため、失業手当の延長に利用できる資金は数週間しか続かない場合があります。

 

週600ドルの連邦パンデミック失業給付は、7月末に満了しました。 最後の支払いが7月25日または7月26日に行われたため、何百万人ものアメリカ人が14日間の支払いを受け取っていません。 民主党が5月に英雄法を可決したとき、週600ドルと同じ率で給付を延長する規定が含まれていました。

 

その間、共和党は600ドルの延長に固く反対しました。 彼らは、多くの研究が議論に反論しているにもかかわらず、600ドルの利益はアメリカ人が仕事に戻るための阻害要因であると主張しました。 上院共和党とホワイトハウスは当初、平均連邦給付が200ドルに近くなるように失業給付の計算を変更したいと考えていました。 下院議長のナンシー・ペロシと上院のマイノリティ指導者チャック・シューマーとの交渉中に、彼らは週当たり400ドルの割合で連邦のボーナスを延長する規定を受け入れる用意があることを合図しました。

 

残念ながら、妥協案には到達せず、利益の拡大についての話し合いは、州や地方の援助を含む他の問題の間で崩壊しました。 その結果、ホワイトハウスの首席交渉官であるマーク・メドウズとスティーブ・ムヌチンは、トランプ大統領にその利益を拡大する大統領命令を出すよう勧告した。

 

給与税の一時停止

トランプ大統領の命令により、給与税は年末まで延期され、2020年8月1日まで遡及される可能性があります(そうでない場合、2020年9月1日から有効になります)。これは、年間最大100,000ドルの労働者所得に適用されます。トランプ氏は記者会見で、「これは、働く家族の給与が増えることを意味する」と語った。トランプ氏は、再選された場合、遅延された給与税を許し、給与税の休暇を恒久的なものにするだろうと語った。トランプ氏は、「私が勝った場合、延長および終了する可能性があります」と述べた(注:トランプには、給与支払いの遅延税を一方的に許す権限はありません。議会の承認と行動が必要です)。

 

トランプは、民主党と共和党からの冷静な歓迎にもかかわらず、数か月間の給与税減税に夢中になっています。 「私はそのファンではありません」と、給与税の減税について語った上院議員の2番目のジョンチューン(R-サウスダコタ)は言いました。 「小切手と給与税減税のどちらかを選択した場合、小切手が実際に経済に直接的なメリットをもたらすことはかなり明らかだと思います。」上院財務委員会委員長のチャールズE.グラスリー(R-アイオワ)もこの規定に反対し、追加の資金は有権者にすぐには届かないと主張しました。

▼出所

https://www.forbes.com/sites/shaharziv/2020/08/08/trump-issues-executive-orders-as-coronavirus-stimulus-talks-falter-extends-unemployment-benefits-at-400-per-week-protects-against-evictions-defers-student-loan-payments-suspends-payroll-tax/#3def131352d4

 

山口 憲和 Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ #463

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL 310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

2020.08.03

【D&I】女性に最高な米国の職場ランキング REIが首位に

【D&I】女性に最高な米国の職場ランキング REIが首位に

 

【コメント】
Black Lives Matterのムーブメントも合わせてD&I (Diversity & Inclusion=多様性と包括)はグローバル人事ではさらに注目される役割になりそうだ。下記の記事の中で「ユニリーバが海外拠点を含む全幹部の男女比率を平等にする目標を達成したと発表」とあるが、重要な考え方はEquality(平等)とEquity(公平)の違いだろう。男女の割合いを50%ずつにしたり、大学の定員を人種ごとに割り振ったりすることはEquityの考え方だ。D&Iの推進にはEquityの考え方が導入されていく傾向が強まるだろう。例えばカリフォルニア州では上場企業の役員の少なくとも1名は女性にすることが義務づけられた。

 

▼今回の記事

 

以下は、今年のランキングでトップ10に入った組織。

1位 REI
2位 ユニリーバ
3位 ウルトラ・ビューティー
4位 ハートフォード
5位 コカ・コーラ
6位 ケラー・ウィリアムズ・リアルティー
7位 エスティローダー
8位 ベスト・バイ
9位 クロービス・ユニファイド学区
10位 チューリッヒ保険

▼詳しくは下記のリンクを御覧下さい。

https://forbesjapan.com/articles/detail/36219/2/1/1

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。




【訴訟】鉄道会社 障害者差別で2.5 Million(約2億6千5百万円)を支配

【訴訟】鉄道会社 障害者差別で2.5 Million(約2億6千5百万円)を支配

 

【コメント】

EEOC(Equal Employment Opportunity Commission=雇用機会均等委員会)と鉄道会社の訴訟。障害のある従業員を差別したケース。障害のある方への勤務については雇用者が慎重にやりとりをして、仕事の時間や重いものを持たない等の仕事の「合理的な便宜」を図ることが求められる。合理的な便宜が図られたか否かを証明するためにも会社と従業員のやりとりを記録しておくことが求められる。

 

▼今回の記事

 

ノーフォークサザンコーポレーションとノーフォークサザンレイルウェイカンパニーは、障害のあるアメリカ人の下で従業員と求職者に対する幅広い違法行為を鉄道で非難した米国雇用機会均等委員会(EEOC)が提起した障害バイアス訴訟を解決するために250万ドルを支払う予定です。法(ADA)。 37人の労働者が金銭的救済を受ける(EEOC v。Norfolk Southern Corp.他、No。2:17-cv-01251(W.D. Pa。、2020年7月22日))。


EEOCはプレスリリースで、就業前の評価または復職の評価で開示されていた鉄道の医療部門は、「実際の、または認識されている一連の障害、またはそのような障害の履歴に基づいて、失業した」と述べた。委員会は、雇用主は労働者の状態が彼らの仕事を安全に遂行する能力にどのように影響するかを考慮しなかったと主張した。


「この合意は、10年以上前にEEOCによって開始された問題を解決します。障害の差別は起こらなかったと確信しています。リソース」とノーフォークサザンの広報担当者はHRダイブにメールで送信された声明で述べています。

 


▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

« July 2020 | Main | September 2020 »

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ