« 【訴訟】マクドナルドCEO 社内で性的関係 退職金等返金訴訟 | Main |  【訴訟】日本食レストラン 約5億5千万円の罰金を約2億7千万円の支払で示談 »

2020.08.11

【訴訟】Uber, Lyftにドライバーを個人事業主から従業員に変更命令

【訴訟】Uber, Lyftにドライバーを個人事業主から従業員に変更命令

 

【コメント】今年の1月から施行されたAB-5という法律により、個人事業主のカテゴライズが大変難しくなった。個人事業主にカテゴライズするには下記の3つを同時に満たす必要がある。

A.個人事業主は雇い主からコントロールされない(勤務時間、研修、評価等)

B. 個人事業主は雇い主の通常の仕事を行わない

C.個人事業主は雇い主以外にも複数のクライアントを持つ

 

UberやLyftはBを満たすのが難しいと判断された。Uber, Lyftは彼らの通常のビジネスはオンラインプラットフォームであって、ドライブすることは通常のビジネスではないという主張をしていたようだが通らなかったようだ。

 

AB-5は議論を呼んで法律の見直しが進むのではないかと予想していたが、残念ながらAB-5がそのまま維持される方向に行っている。実際にUberやLyftのドライバーをしている人は本当にこれを望んでいるのか?また、利用者としてもこれでUberやLyftのコストが上がってしまっては不利益を被る。個人的にはAB-5には反対で、全体の利益や新しいテクノロジーと働き方に逆行していると思う。

 

▼今回の記事

UberとLyftはカリフォルニア州で彼らのドライバーを従業員として再分類しなければならない、と州の裁判官は8月10日、一時的差止命令を発行しました(カリフォルニア州民対Uber Technologies他、No。CGC-20-584402(Calif。優れたCt。、2020年8月10日))。注文は10日間保留され、Uberは地元メディアに緊急アピールを提出すると伝えました。


州は、企業が2020年1月1日から施行された法律であるAB-5に違反しており、厳格な基準を満たさない限り労働者を従業員と見なして訴訟を起こした。 Uberは法律から免除されると主張しましたが、裁判官は、法案を覆そうとする試みと、特別免除を追加する投票運動により議論の方向性は決まったと述べた。


州がその主張に勝つ可能性が高いことを示したと判断して、裁判官は差し止め命令を出しました。運転手は明らかにAB-5で要求されるような会社の「通常の業務」の範囲外で仕事を行ってはいない、と裁判官は言い、従業員と公衆に対して責任を負うと述べました。

 

▼出所

https://www.hrdive.com/news/lyft-uber-ordered-to-classify-california-drivers-as-employees/583288/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202020-08-11%20HR%20Dive:%20Talent%20%5Bissue:29016%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Talent

 

みなさん、こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され
「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く
『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、
従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」
「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」
などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お声がけください。

 

▼2500名以上が読んでいる無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/pllc

 

●弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

●法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

●現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

 

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが

順番にお答えしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

« 【訴訟】マクドナルドCEO 社内で性的関係 退職金等返金訴訟 | Main |  【訴訟】日本食レストラン 約5億5千万円の罰金を約2億7千万円の支払で示談 »

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ