« 【FFCRA】米国労働省(DOL)がFFCRAの休暇法の改定規制を発表 | Main | 【ランキング】働くのにベストな会社ランキング カリフォルニア州 »

2020.09.16

【FFCRA】要約して再掲 米国労働省(DOL)がFFCRAの休暇法の改定規制を発表

【FFCRA】要約して再掲 米国労働省(DOL)がFFCRAの休暇法の改定規制を発表

 

■結論

FFCRAは勤務がある場合にのみ適用可能であることは変更なし。

 

医療従事者の定義をより明確にしました。

 

断続的休暇を取得する場合は、雇用者の承認が必要

 

FFCRAの必要性を明示する文書は従業員から休暇の申請をする時に提出することが基本

 

▼今回の記事

 

先週、米国労働省(DOL)は連邦家族第一コロナウイルス対応法(FFCRA)の改訂された規制を提出しました。

FFCRAは、従業員が500人未満の雇用主を対象として、COVID-19に関連する2つの異なる休暇資格を作成しました。雇用主がFFCRAの休暇を管理するのを支援するため、DOLは2020年3月に最初の規制を制定しました。これらの改正は、2020年8月3日、ニューヨーク南部地区(地方裁判所)の裁判所がFFCRAのルールを無効とした判断を受けて改訂をしたものです。

 

DOLの当初のルール

●FFCRA休暇は、従業員が休暇を取る仕事をしている場合にのみ利用できます。
●「医療提供者」の定義が不明確。
●従業員は、雇用主の許可を得てFFCRAの下で断続的に休暇を取ることができます。そして
●従業員は、休暇を取る前に、FFCRA休暇のために雇用主に文書を提供する必要があります。


地方裁判所の判決は、雇用主に多くの未解決の質問を残しました。判決は、それがニューヨークの地方裁判所の管轄内の雇用者にのみ適用されるのか、それとも全国のすべての雇用者に適用されるのかについて明確ではなかったからです。このあいまいさを解決するために、DOLの提出された改訂された規制は、4つの元のFFCRA規定を無効にするという地方裁判所の根拠に対処することを試みています。

休暇に必要な勤務時間

DOLの当初の規制では、FFCRAに基づく休暇の権利を行使する前に、従業員が仕事がある必要がありました。(仕事がなければ、休暇はとれないということ)

当初のガイダンスで、DOLは、従業員が休職した場合、またはスケジュールが短縮された場合、その従業員は、従業員が予定されていた日のみ休暇を取ることができると述べました。それ以外の場合、従業員は州のプログラムを通じて失業保険を申請する必要があるということです。

地方裁判所はこの規則を無効と判断しました。DOLがFFCRAに基づくEPSLの6つの適格な理由の中で不平等に作業要件を適用し、一般的に、DOLは勤務がある場合のみにFFCRAが適用できるとしていました。

改正された規制では、DOLは、従業員がEPSLを取る6つの理由すべてについて勤務があることが前提であることを再確認し、この要件が法令の言語に基づいて存在することをさらに説明しています。


「ヘルスケアプロバイダー」の定義

FFCRAは、「医療提供者」である雇用主が休暇申請を拒否することを許可していました。 DOLの最初の規制は、「医療提供者」を広く定義し、雇用主が誰であるかに焦点を当てていました。 DOLは、この言語に基づいて、医学部のある大学の英語教授、司書、または食堂のマネージャーはすべて「医療提供者」になることを認めました。地方裁判所はこの定義を過度に広いものとして無効と判断しました。

それに応じて、DOLは規制を改訂し、「医療提供者」の定義を従業員が誰であるかに焦点を当てました。 「医療提供者」とは、以下を意味します。

●医師またはオステオパシーの医師であり、医師または医師が診療を行う州によって医学または手術(必要に応じて)の診療を許可されている。


●診断サービス、予防サービス、治療サービス、または患者ケアの提供に統合され、必要なその他のサービスを提供するために雇用され、サービスが提供されない場合、患者ケアに悪影響を与える人物。そして保健福祉省長官が医療サービスを提供できると判断したその他の人物。


断続的休暇

DOLの最初の規制では、従業員が在宅勤務している場合、またはCOVID-19のために学校または介護場所が閉鎖された子供の世話をするために休暇を取る必要がある場合、EPSLまたはE-FMLAを断続的に使用するよう従業員の要求を承認するよう雇用主に要求しました。地方裁判所は、DOLがそのような断続的な休暇に雇用主の同意が必要である理由をまったく説明できなかったため、この規則を無効にしました。

それに応じて、DOLは断続的なFFCRA休暇が雇用主の同意を得た場合にのみ利用可能であることを再確認し、医療上の理由でFMLAが取られない場合に断続的な休暇について雇用主の同意を要求する長年のFMLA原則にFFCRA断続休暇の規則を類似させます。 DOLは、FFCRAの断続的休暇を医学的理由により取得した休暇の範囲外と見なしています。したがって、断続的な休暇を取得するには雇用主の認可が適切です。

従業員のドキュメント

DOLの最初の規制では、休暇を取る前に、従業員が必要な文書を提出してFFCRA休暇の必要性をサポートするように求めていました。地方裁判所は、この規則が法令の文言よりも厳格だったため、この規則を無効にしました。

それに応じて、DOLはそのルールを修正し、従業員に「可能な限り早く」文書を提供するよう要求しました。この文書は、ほとんどの場合、従業員が休暇の必要性を通知する時と同時にという意味です。

これらの改訂された規制は、2020年9月16日に実施されると予想される連邦官報で公表されると有効になります。

▼アメリカでの人事労務の悩みから解消され「本業に集中したい」とお悩みの経営者に無料メルマガの登録は下記のリンクから! 20208月に無料メルマガ登録いただいた方にカリフォルニア州セクハラ防止研修の小冊子をプレゼント中です。

https://philosophyllc.com/news-letter/

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/kg_JZt4ENcA

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web

https://philosophyllc.com/service/

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

« 【FFCRA】米国労働省(DOL)がFFCRAの休暇法の改定規制を発表 | Main | 【ランキング】働くのにベストな会社ランキング カリフォルニア州 »

October 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ