« October 2021 | Main | December 2021 »

November 2021

2021.11.30

★ニュースレター★262号 2022年全米各州の最低賃金とExemptの最低サラリーについて

★ニュースレター★262号 2022年全米各州の最低賃金とExemptの最低サラリーについて

 

262号【アメリカ人事】月刊フィロソフィ ニュースレターをお届け致します。

 

 毎々お世話になりましてありがとうございます。お元気でお過ごしでしょうか?

さて、バイデン大統領のワクチン義務化(OSHA ETS)は一時停止となったまま

動きはなく、一方でオミクロン株のニュースでこの冬のHR対策も予断を許さぬ

状況になっているようです。弊社のお客様の中でも改めてワクチン接種の確認

ポリシー導入を検討される企業様も出て参りました。

 

▼最新ニュースはnoteにてお送りしております。

https://note.com/phi_llc

 

 

 

  1. 全米 各州、各都市の最低賃金を集めました。

▼下記のブログにて画像をご確認下さい。

https://note.com/phi_llc/n/na26362209286

 

 

  1. 全米のExempt(残業代無し)の最低サラリーを集めました。

▼下記のブログにて画像をご確認下さい。

https://note.com/phi_llc/n/n35ad78de7c25

 

 

  1. Paid Sick Leaveをバケーションのように使わせている場合のリスクは?

▼下記のブログにて画像をご確認下さい。

https://youtu.be/pCIjuGx0bVA

 

  1. 今、アメリカで日系企業の皆様はどんな課題を抱えているのでしょうか?

今月全力で回答した皆様からの質問集と今月送付致しましたニュースのリストです!

2021年11月顧問契約の皆様からの質問集です。

https://note.com/phi_llc/n/n966c4d1e6f4e

 

2021年11月顧問契約のお客様にお届けしたニュースレターの全て

https://note.com/phi_llc/n/n9b3467a9f820

 

▼顧問契約サービスのご案内(今月の新規受付は既に満席となり終了致しました。)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(今月の新規受付は既に満席となり終了致しました。)

https://philosophyllc.com/service/

 

▼もし あなたがアメリカの部下の管理で悩んでいるなら・・・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

2021.11.23

【訴訟】DoorDash従業員誤分類で5.3Million(約6億円)の支払で示談

【訴訟】DoorDash従業員誤分類で5.3Million(約6億円)の支払で示談

DoorDashは、2016年から2020年の間に配達を行った宅配便業者の分類に関する訴訟を解決するために530万ドルを支払い、2019年にサンフランシスコ労働基準施行局が開始した調査を終了します。OLSEの費用と支援のために約187,000ドルが確保されます。 発表によると、執行を伴う。 ブルームバーグは、残りの510万ドルは4,500人の宅配便業者に直接支払われると報告しています。

調査は、配達会社が病気休暇を差し控えることができるように、配達ドライバーを独立した請負業者として意図的に誤って分類したという主張に従いました。 アグリゲーターはまた、ドライバーの基本給にドライバーのヒントを使用したとして非難されました。

DoorDashは不正行為を否定しますが、和解は「公正な妥協」を表すとLaw360に伝えました。 これは、25年前に作成されて以来サンフランシスコOLSEが到達した最大の集落です。

▼出所

https://www.restaurantdive.com/news/san-francisco-da-sues-doordash-alleging-widespread-misclassification/580339/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202021-11-23%20Restaurant%20Dive%20%5Bissue:38204%5D&utm_term=Restaurant%20Dive

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

 

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

【ワクチン証明】28%はワクチン接種したと嘘をつくと回答

【ワクチン証明】28%はワクチン接種したと嘘をつくと回答

 

テクノロジープラットフォームQualtricsの新しい調査によると、59%の顧客は、従業員と顧客にワクチン接種を要求するビジネスを支持していますが、21%は支持していません。 顧客の49%は、すべての顧客と従業員にワクチンが必要な施設で快適に感じ、25%は不快に感じています。

ワクチン接種を受けていない人のうち、28%は、ワクチン接種が義務付けられているレストランで食事をするために自分のステータスについて嘘をつくことを検討し、25%は、レストランで食事をするために嘘をついた、または嘘をつく人を知っていると答えました。 

より多くの都市や施設が、外食ビジネスのためのワクチン義務を追加しています。 ニューヨーク、ニューオーリンズ、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコは、現在屋内での食事に予防接種を必要としている都市の1つですが、他の場所のレストランやバーは独自にそのような要件を実施しています。

出所:

https://www.restaurantdive.com/news/study-28-of-unvaccinated-consumers-would-consider-lying-about-their-statu/610488/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202021-11-23%20Restaurant%20Dive%20%5Bissue:38204%5D&utm_term=Restaurant%20Dive

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

 

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

2021.11.22

【動画】コンサルタントという仕事はあなたに合ってますか?+【問い】温室効果ガスの測定

【動画】コンサルタントという仕事はあなたに合ってますか?+【問い】温室効果ガスの測定

【問い】企業の温室効果ガス排出量削減を測定するにはどうしたらよいのか?

 

 

企業は、投資家、擁護団体、政治家、

さらにはビジネスリーダー自身から、

事業やサプライチェーンおよび流通チェーンからの

温室効果ガス(GHG)排出量を削減するという

圧力の高まりに直面しています。

 

現在、S&P 500の企業の約90%が何らかの形の

環境、社会、ガバナンスのレポートを発行して

おり、ほとんどの場合、企業のGHG排出量の

推定値が含まれています。

 

著者は、これらを「不正確で検証不可能な

矛盾したデータで構成されることが多い

キャッチオールレポート」と説明しています。

 

 

そこで、

著者は、バリューチェーン全体にE-Liabilityを

割り当てるための詳細な方法を提供します。

 

これは、自動車ドアメーカーの例を使用して

最も遠いサプライヤーである鉱業会社から始まり、

鉄鋼会社の製品を海運会社が輸送して、

車が最終顧客に到達するまでのバリューチェーン

を分析する方法です。

 

 

【問い】企業の温室効果ガス排出量削減を測定するにはどうしたらよいのか?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

 

【問い】企業の温室効果ガス排出量削減を測定するにはどうしたらよいのか?

 

 

 

▼答えは下記メルマガの今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

-----------------------------------------------------

【動画1】

バランススコアカードで有名な著者

Robert S Kaplan教授の動画

Prof. Robert S. Kaplan - Adopt the mindset of an effective leader

 

https://youtu.be/otr_Vqtn5D4

 

-----------------------------------------------------

【動画2】

▼コンサルタントという仕事はあなたに合ってますか?

Is Consulting The Right Career For You? | Career Crush

https://youtu.be/klhPu-B3N9E

 

-----------------------------------------------------

 

 

2021.11.15

【動画】昇給交渉の方法+【問い】イノベーターが自分の感情によって壊されないためにはどうしたらよいのか?

【問い】イノベーターが自分の感情によって壊されないためにはどうしたらよいのか?

 

イノベーターは、自信や楽観主義など、

創造性に不可欠な性格の持ち主であることが

多い。しかし、この性格は極端な場合、

有毒にもなってしまう。

 

このような有毒にもなるような個人的な特性や、

恐怖、疑い、後悔、欲求不満などの感情に

よって狂わされ、イノベーターは自分を

壊してしまうことがあります。

 

何か新しいことを試みる時によくあることですが、

起業家は自分の努力を簡単に

失速させたり、破壊したりする

可能性があります。

 

イノベーションの方法については

実践的なアドバイスがたくさんありますが、

これらの精神的な課題を克服するための

詳細な

ガイダンスを見つけるのは困難です。

 

著者は、公開されたインタビュー、ビデオ、

およびスピーチを利用して、著名な起業家が

直面した障害について説明し、

彼らが前進した道を明らかにします。

 

彼らは、始めることへの恐れ、挫折の欲求不満、

過剰な創造性、そしてハイパードライブに

入る傾向を克服するための実践的な戦術を

探求します。

 

実践的な戦術で武装しているので、

彼らはフィードバックやメンタリングのために

手を差し伸べることができます

彼らがよりよくなるのを助けるために。

 

【問い】イノベーターが自分の感情によって壊されないためにはどうしたらよいのか?

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

【問い】イノベーターが自分の感情によって壊されないためにはどうしたらよいのか?

 

 

▼答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

-----------------------------------------------------

【動画1】

今回の記事の著者の一人、Michael Wadeが語る

デジタルトランスフォーメーション

Removing resistance to digitalization – Michael Wade, Professor at IMD Business School in Lausanne

https://youtu.be/iUDGm9gJRNY

-----------------------------------------------------

【動画2】

昇給交渉の方法

How to Ask for a Raise | Christine vs. Work

https://youtu.be/HikFC0R-9GA

-----------------------------------------------------

 

2021.11.10

【号外】2022年 Health FSA拠出上限額を$ 2,850に上昇

【号外】2022年 Health FSA拠出上限額を$ 2,850に上昇

2021年11月10日 IRSはHealth FSAの年間拠出限度額を2,750ドルから2,850ドルに引き上げると発表しました。

しかし、多くの企業で2022年の福利厚生年度の登録が進行中であるため、一部の従業員には発表が遅すぎた可能性があります。

雇用主の計画が未使用のHealth FSA金額の繰り越しを許可している場合、最大繰越額は550ドルから570ドルに上昇します。

COVID-19救済により、許容繰越額がさらに延長されることになります。

雇用主が後援する通勤手当および養子縁組支援プログラムの免税限度も2022年に引き上げられている、とIRSはRevenue Procedure

2021-45で発表しました。

▼出所

https://www.shrm.org/ResourcesAndTools/hr-topics/benefits/Pages/2022-fsa-contribution-cap-and-other-colas.aspx?utm_source=marketo&utm_medium=email&utm_campaign=editorial~HR%20Daily~NL_2021-Breaking_News-FSALimits&linktext=READ-MORE&mktoid=50304620&mkt_tok=ODIzLVRXUy05ODQAAAGAqbRnw5JNWm93Pjn-oIQvy2_rvWoW1LM-m6ycfSc6Atu9vFhYn9dJoVCLbgWId0YvxtQjBFS1-dYaWxB5DvX6PsQOuRoE-fjO_NOIaaEEcnKhwQ

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

 

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

2021.11.08

【問い】カスタマーサービスを3つの次元に分けることで何に対処することができるようになるのか?

【問い】カスタマーサービスを3つの次元に分けることで何に対処することができるようになるのか?

 

 

ほとんどの企業は卓越したカスタマーサービスを

目指していますが、最前線の従業員による微妙な

偏見に注意を払っている企業は

ほとんどありません。

 

この記事では、コア製品とサービスの提供

(「交換」)でバイアスが発生する方法、

必要最小限を超えるヘルプの提供

(「エクストラ」)、

およびサービスの提供方法(「エチケット」)に関する調査を紹介します。 

 

 

彼らはあなたの顧客と話し、利用可能な

データを調べ、そしてあなたの

顧客サービス労働者の間にどんな偏見が

存在するかをよりよく理解するために

実験を実行することを勧めます。

 

その情報を武器に、さまざまなバックグラウンドを

持つ人々への従業員の露出を広げ、

顧客とやり取りするときに利用する標準的な手順を

提供し、公正に行動する責任感を奨励することで、

偏見のある行動を軽減しようとするものです。

 

【問い】カスタマーサービスを3つの次元に分けることで何に対処することができるようになるのか?

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

【問い】カスタマーサービスを3つの次元に分ける

ことで何に対処することができるようになるのか?

 

 

▼答えは下記のメルマガ今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

答えの前に今週の動画です。

-----------------------------------------------------

【動画1】

この記事の著者の一人Tami Kim氏のプレゼン

Creating reciprocal value through transparency

オープンキッチンのレストランで働く従業員は

クローズドキッチンとどこが違うのか?

https://youtu.be/yXcUm14yY5k

-----------------------------------------------------

【動画2】

リモート&リアルのハイブリッド会議の進め方

How to Do Hybrid Meetings Right | Christine vs. Work

https://youtu.be/H9-JUHrEgF0

-----------------------------------------------------

2021.11.04

【401k】2022年401(k)の非課税上限は$20,500に

【401k】2022年401(k)の非課税上限は$20,500に

Traditional 401(k)のプランに加入されている方は年間の非課税の上限が$20,500に上昇します。($1,000の上昇)

50歳以上はさらに$6,500が加算されて、$27,000が上限となります。

For 2022, 401(k) Contribution Limit
Rises to $20,500

Employee 401(k) contributions for 2022 will rise by $1,000 to $20,500 with an additional $6,500 "catch-up" contribution allowed for those age 50 or older. During open enrollment, highlight the contribution cap and encourage employees to consider a higher savings rate, retirement advisors recommend.

▼出所

https://www.shrm.org/resourcesandtools/hr-topics/benefits/pages/2022-irs-401k-contribution-limits.aspx?utm_source=marketo&utm_medium=email&utm_campaign=editorial~HR%20Daily~NL_2021-Breaking_News-401kLimits&linktext=READ-MORE&mktoid=50304620&mkt_tok=ODIzLVRXUy05ODQAAAGAi6o3saKeIS44noBSkSkhuGlZW1wG-mMcMsQFh1Gs6-c6K5jBnKQXwLmutyMdm0nVVc5CCDaiwJULhDM7OrhVX6OgLaZnV1DZNVh4dZWoTLZUWw

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

 

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

★号外★【アメリカ人事】バイデン大統領OSHA COVID-19 ETS公開

【アメリカ人事】バイデン大統領OSHA COVID-19 ETSが
発表されました。ワクチン義務化ではないと説明していますが、毎週のテストを義務づけているので、実質義務化ではないでしょうか?期限は1/4/22です。

●従業員100名以上が対象です。

▼下記のWebinarを御覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=ixxkn3Y8z6g

▼OSHA ETSのWebページです。
https://www.osha.gov/coronavirus/ets2
▼OSHA ETS 質問集です。
https://www.osha.gov/coronavirus/ets2/faqs

▼ホワイトハウスのプレスリリースです。
100人以上の従業員を抱える雇用者に対する新しいワクチン接種要件:OSHAは、100人以上の従業員を抱える雇用者(つまり、「対象雇用者」)に次のことを要求するCOVID-19ワクチン接種および試験緊急一時基準(ETS)を発行しています。

1月4日までに従業員にワクチンを接種し、ワクチン未接種の従業員に少なくとも週1回のネガティブテストの実施を義務付ける:対象となるすべての雇用主は、従業員が完全にワクチン接種されるために必要なショットを受け取っていることを確認する必要があります。ジョンソン&ジョンソンの1回接種– 1月4日まで。その後、対象となるすべての雇用主は、必要なショットを受け取っていない従業員が少なくとも週に1回、雇用主に対して検証済みの陰性テストの作成を開始することを確認する必要があります。また、COVID-19陽性の従業員を職場から排除する必要があります。テストするか、認可された医療提供者によってCOVID-19と診断されます。 ETSは、標準に準拠するさまざまなテストをレイアウトします。ワクチンは安全で無料であり、労働者が職場でCOVID-19感染から保護されるための最も効果的な方法であることを考えると、ETSは雇用者に検査の提供や支払いを要求しません。雇用主は、他の法律または団体交渉協定のために、テストの費用を支払う必要がある場合があります。

ワクチン接種にかかる時間の有給従業員:対象となるすべての雇用主は、従業員がワクチン接種を受けるための有給時間を提供し、必要に応じて、彼らが働けなくなる副作用から回復するために病気休暇を提供する必要があります。

ワクチン未接種のすべての従業員がマスクされていることを確認する:対象となるすべての雇用主は、ワクチン未接種の従業員が職場にいる間はフェイスマスクを着用していることを確認する必要があります。

その他の要件と遵守日:雇用主は、ここで入手可能な詳細なOSHA資料に詳しく説明されている報告と記録管理の要件の対象となります。ワクチン未接種の労働者の検査要件は1月4日以降に開始されますが、雇用主は、従業員がワクチン接種を受けるための有給時間の提供やワクチン未接種の労働者のマスキングなど、他のすべての要件を12月5日に遵守する必要があります。政権は、すべての雇用主に、これらの変更をできるだけ早くステップアップして行うよう求めています。


Fact Sheet: Biden Administration Announces Details of Two Major Vaccination Policies

New Vaccination Requirement for Employers With 100 or More Employees: OSHA is issuing a COVID-19 Vaccination and Testing Emergency Temporary Standard (ETS) to require employers with 100 or more employees (i.e., “covered employers”) to:

Get Their Employees Vaccinated by January 4th and Require Unvaccinated Employees to Produce a Negative Test on at Least a Weekly Basis: All covered employers must ensure that their employees have received the necessary shots to be fully vaccinated – either two doses of Pfizer or Moderna, or one dose of Johnson & Johnson – by January 4th. After that, all covered employers must ensure that any employees who have not received the necessary shots begin producing a verified negative test to their employer on at least a weekly basis, and they must remove from the workplace any employee who receives a positive COVID-19 test or is diagnosed with COVID-19 by a licensed health care provider. The ETS lays out the wide variety of tests that comply with the standard. Given that vaccines are safe, free, and the most effective way for workers to be protected from COVID-19 transmission at work, the ETS does not require employers to provide or pay for tests. Employers may be required to pay for testing because of other laws or collective bargaining agreements.
Pay Employees for the Time it Takes to Get Vaccinated: All covered employers are required to provide paid-time for their employees to get vaccinated and, if needed, sick leave to recover from side effects experienced that keep them from working.
Ensure All Unvaccinated Employees are Masked: All covered employers must ensure that unvaccinated employees wear a face mask while in the workplace.
Other Requirements and Compliance Date: Employers are subject to requirements for reporting and recordkeeping that are spelled out in the detailed OSHA materials available here. While the testing requirement for unvaccinated workers will begin after January 4th, employers must be in compliance with all other requirements – such as providing paid-time for employees to get vaccinated and masking for unvaccinated workers – on December 5th. The Administration is calling on all employers to step up and make these changes as quickly as possible.


https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2021/11/04/fact-sheet-biden-administration-announces-details-of-two-major-vaccination-policies/

▼OSHAのプレスリリースです。
https://www.osha.gov/news/newsreleases/national/11042021
#アメリカ人事 #COVID19  #ワクチン

2021.11.03

【ニューヨーク】1/1/2023よりPaid Family Leaveに兄弟姉妹のケアも追加

【ニューヨーク】1/1/2023よりPaid Family Leaveに兄弟姉妹のケアも追加

ニューヨーク州のPaid Family Leaveが1/1/2023より兄弟姉妹も追加されます。

Paid Family Leaveは自分以外の家族のケアや育児のため無給休暇をとる従業員向けに収入保障をする保険です。ニューヨーク州に拠点がある企業は保険会社を通じてState Disability InsuranceとPaid family Leaveの保険に加入する義務があります。

1/1/2023より家族の対象範囲に兄弟姉妹が追加されます。

▼出所:

https://www.fisherphillips.com/news-insights/family-new-york-extends-paid-family.html

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

 

CA Insurance License: 0F78137

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC

Philosophy Insurance Services

2377 Crenshaw Blvd., Suite 315

Torrance, CA 90501

email: yamaguchi@yourphilosophy.net

TEL  310-465-9173

FAX 310-356-3352

Skype ID: yamaguchi_1405

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -10th year anniversary-

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

2021.11.01

【問い】新しい仕事で活躍するための5つの方法とは?

【問い】新しい仕事で活躍するための5つの方法とは?

 

昇進、新しい組織への異動、既存の仕事での新たな

挑戦など、役割の移行は、キャリアを大きく後押し

する可能性があります。

 

しかし、今日の非常に協調的でダイナミックな職場

では、最も資格のある勤勉な人々でさえ、

成功はかつてほど簡単ではありません。

 

 

100以上の多様な企業にわたる従業員の関係と

コミュニケーションパターンを分析し、

そのうちの20社の160人の幹部にインタビューした

後、著者は移行を成功させるための見落とされた

前提条件、つまり内部ネットワークの効果的な使用を発見しました。 

 

これには5つのプラクティスが含まれます。

 

【問い】新しい仕事で活躍するための5つの方法とは?

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

【問い】新しい仕事で活躍するための5つの方法とは?

 

 

▼答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

 

答えの前に今週の動画です。

-----------------------------------------------------

【動画1】

この記事の著者の一人Greg Pryor氏のインタビュー

Using Technology to Win Talent: Take 5 with Greg Pryor

https://youtu.be/-y8rRgr5jSc

-----------------------------------------------------

【動画2】

上司に反対する方法

How to Disagree with Someone More Powerful: The Harvard Business Review Guide

https://youtu.be/FbtHJm8vFpE

-----------------------------------------------------

 

« October 2021 | Main | December 2021 »

August 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ