« January 2022 | Main | March 2022 »

February 2022

2022.02.28

【問い】実用的な理想主義とはどんな意味か?

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

【問い】実用的な理想主義とはどんな意味か?

 

 

厄介だが本質的な目的の追求

 

ほとんどの先見の明のある経営者は、

目的志向の企業が社会的および環境的問題を

解決すると同時に富を生み出し、

すべての人に利益をもたらすWin-Winの結果を

生み出すことができるという考えを

受け入れています。 

 

しかし、理想的な解決策はまれです。 

 

多くの目的志向の企業は、状況が厳しくなると

利益優先の戦略に戻ります。 

 

他の人は熱心に目的を追求しますが、

それから彼らのビジネスが持続不可能で

あることに気づきます。 

 

Etsy、Livongo、およびその他の多様な

企業のケーススタディを使用して、著者は、

リーダーがすべての利害関係者に可能な

限り多くの利益を提供する方法について

創造的に考えるために使用できる実用的な

例を提供します。

 

【問い】実用的な理想主義とはどんな意味か?

 

 

▼答えは下記のメルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

―――――――――――――――――――

■今回の動画 その1

今回の著者が語る

診断的思考

4:12

Diagnostic Thinking - Ranjay Gulati

https://youtu.be/4E6w2lqUlhg

―――――――――――――――――――

■今回の動画 その2

戦略とは何か?

What is Strategy? 

It’s a Lot Simpler Than You Think

https://youtu.be/o7Ik1OB4TaE

―――――――――――――――――――

265号【アメリカ人事】月刊フィロソフィ ニュースレターをお届け致します。

 

265号【アメリカ人事】月刊フィロソフィ ニュースレターをお届け致します。

 

1.【報酬】ロシアのウクライナ侵攻→2022年アメリカの物価上昇と昇給への影響は?

https://note.com/phi_llc/n/n49d04fe47523

 

 

 

2.2月に皆様からいただいた質問はどのような質問が多かったでしょうか?

https://note.com/phi_llc/n/n7bbd08811942

 

 

 

3.【動画】フィロソフィ顧問契約サービス サービスのご案内

今月は既に募集を終了致しました。

体制が整うまで少しお待ちください。

https://youtu.be/8TBg_aGlKMc

 

 

▼最新ニュースはnoteにてお送りしております。

https://note.com/phi_llc

 

 

【動画】

CA州COVID-19 Supplemental Paid Sick Leave

1/1/22に遡及して有効になることが決定。

 

 

https://youtu.be/DhPvvTnyhyM

 

 

▼もし あなたがアメリカの部下の管理で悩んでいるなら・・・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

▼【VISAニュース】中小企業やレストラン業に求められる米国大使館の新たな方針

https://tinyurl.com/37u39cut

経営者がビザを更新する際に、全従業員が合法的な労働資格を有することを証明するよう、求められたとします。

その場合米国大使館は、給与台帳に載っている全従業員のForm I-9だけでなく、

各従業員の身分証明書や米国での労働資格を証明する書類の提示も求めます。

 

 

▼新しいオフィスに引っ越しました。

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274 

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼もし あなたがアメリカの部下の管理で悩んでいるなら・・・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human

Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not

an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal

counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible

for any damages caused by using this information.

 

 

免責事項:山口憲和は、このメールの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を

期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護

士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供される

ものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

2022.02.27

【報酬】ロシアのウクライナ侵攻→2022年アメリカの物価上昇と昇給への影響は?

【報酬】ロシアのウクライナ侵攻→2022年アメリカの物価上昇と昇給への影響は?

2022年2月24日、多くの方が予想していなかったロシアのウクライナ侵攻。

この状況を受けて企業は2022年の昇給をどのように考えているのか?

 

▼最新の物価上昇率(消費者物価指数)は労働統計局の資料より確認が出来る。

https://www.bls.gov/news.release/pdf/cpi.pdf

上記資料の2ページに掲載されている項目別の物価上昇率を見ると、

ガソリンが46.5%で最も大きな要因となっていることが分かる。

 

また、半導体不足と新車供給不足を反映して、中古車の供給不足により

中古車が40.5%の上昇になっていることが分かる。

 

日用品が11.7%、食料品も7%とそれに続く。

 

▼このような状況の中、各企業は昇給率も5%以上を計画するところが増えているというニュースもある。

https://www.cnbc.com/2022/01/07/many-employees-could-be-in-for-pay-hikes-of-5percent-or-more-in-2022.html

 

しかし、Payscaleの統計調査では3%の昇給率を検討している企業が最も多い。

https://www.datawrapper.de/_/KJeYm/

 

一方で人材紹介会社の情報筋によると現在は人材を紹介すると複数の企業がオファーが入り、

オファーの金額がどんどんつり上がる傾向にあるという。

現在、不動産市場では、低金利の中、売り出し物件が不足しており、

売り出し物件には、オファーが5件、10件と入り、どんどん値段がつり上がる

状況だと言う。

現在の人材市場の状況もこのような不動産の状況と似ているような状況だ。

 

人材の報酬市場のオファーも市場調査ではスピードがおいついていかない

状況になっているとも言える。実際のオンラインでのオファーの状況や

人材紹介会社からの生の情報がより重要になってくるように思われる。

 

そんな中、Oregonでは従業員数500名以上の企業を対象に、

スタッフの勤務スケジュールを2週間前にFIXすることが求められているが

この2週間前のスケジューリングが退職率を下げている効果が出ているという。

Great Resignationと呼ばれて特にHospitality業界では人手不足が深刻な中、

このような地道な(法律で義務づけられたとは言え)スケジューリングの

告知の努力等を通じて優秀な人材の維持に工夫することが急務だと言える。

▼Oregonの事前スケジューリング義務づけが退職率を抑制

https://www.hrdive.com/news/study-oregons-predictive-scheduling-law-grew-wages-reduced-turnover/619262/

▼Oregonの事前スケジューリングの法律について

https://www.oregon.gov/boli/workers/pages/predictive-scheduling.aspx

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

2022.02.22

【訴訟】IBMの年齢差別の訴訟で明らかになった幹部の会話とは?

【訴訟】IBMの年齢差別の訴訟で明らかになった幹部の会話とは?

▼ともすると油断して下記のような会話をしてしまっていないだろうか? emailで証拠になると裁判でも問われることになります。

「IBMの上級幹部は、年配の労働者に対して非常に有罪となるべき敵意」を示していたと同社に対する年齢差別訴訟を提起した裁判所が明らかにした(Lohnnv。InternationalBusinessMachines Corp.、No。21-cv-06379(SDNY、2月。 11、2022))。


部分的に編集されたファイリングには、幹部と、ある幹部のHRチームなどの他のグループとの間の電子メール通信が含まれていました。ある電子メールは、「「恐竜」(新種)を去らせることによって変化を加速し」、それらを「絶滅種」にするという幹部の意図を明らかにしました。


別の電子メールは、IBMのミレニアル世代の人口が競合他社に比べて少ないという経営幹部の懸念を示していました。 「以下のデータは非常に機密性が高く、内密にお願いしたいですが、共有しておきたかったのです」とある幹部は書いています。

その内容とは「アクセンチュアはミレニアル世代が72%を占めますが、当社は42%に過ぎず、その年齢層の高さは範囲が広く、多くのユニットがミレニアル世代42%を大幅に下回っています。若い専門家を雇う必要があるということでしょう。また、既存の従業員の給与レンジを新規採用に使用する慣行をやめるべきだと思います。現行の従業員には過払いになっていますし、既存従業員の報酬レンジを使うと報酬が低すぎて外部からの新しい考え方を取り入れる障害になります。」

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

出所:

https://www.hrdive.com/news/ibm-exec-referred-to-older-workers-as-dinobabies-suit-says/619046/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202022-02-22%20HR%20Dive%20%5Bissue:39901%5D&utm_term=HR%20Dive

2022.02.21

【問い】企業が存在する目的(パーパス)の3つのタイプ。その3つ目はどんな目的でしょうか?

 

【問い】企業が存在する目的(パーパス)の3つのタイプ。その3つ目はどんな目的でしょうか?

 

 

 

「企業生活の突然の上昇にもかかわらず、

目的は依然として紛らわしいトピックです」

と著者は書いています。 

 

著者はこの混乱の主な原因は、

この言葉が3つのタイプの意味で

使用されていることで

あると主張しています。

 

1.原因に基づく目的

(パタゴニアの「私たちの故郷の惑星を

救うためのビジネス」など)が

最も注目される傾向があります。 

 

2.コンピテンシーベースの目的

(メルセデスの「First Move the World」など)

は、顧客とその価値を提供する責任のある

従業員に明確な価値提案を示します。 

 

 

 著者は、どのような目的があなたの会社に最も適しているかを、それを誤って伝えることなく特定するためのアドバイスを提供します。

 

 

 

【問い】企業が存在する目的(パーパス)の3つのタイプ。その3つ目はどんな目的でしょうか?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

【問い】企業が存在する目的(パーパス)の3つのタイプ。その3つ目はどんな目的でしょうか?

 

 

▼答えは下記メルマガの今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

 

■What Is the Purpose of Your Purpose?

BUSINESS AND SOCIETY SPOTLIGHT 

Jonathan Knowles

B. Tom Hunsaker

Hannah Grove

Alison James

 

▼出所

https://hbr.org/archive-toc/BR2202

 

 

―――――――――――――――――――

■今回の動画 その1

今回の著者が語る

1:55からWhat Is the Purpose of Your Purpose?

https://youtu.be/W5vTlVDiJtQ

―――――――――――――――――――

■今回の動画 その2

フリーランスのアーティストになるには?

What Does It Take to Be a Freelance Artist? Career Crush

 

https://youtu.be/_AezmNe40JI

―――――――――――――――――――

2022.02.14

【問い】幼い頃、家族の中で演じてきた自分の役割を会社で演じていませんか?

【問い】幼い頃、家族の中で演じてきた自分の役割を会社で演じていませんか?

リーダーならどう対応すべきでしょうか?

 

専門家としての成長は、さまざまな理由で妨げられ

る可能性があります。 

 

しかし、最も重要なことの1つはめったに議論されません:

 

あなたはあなたの過去からの幽霊と戦っています。 

 

人生の早い段階で、家族のダイナミクスは、権威、

習熟、アイデンティティに対する多くの基本的な

行動や態度を生み出します。 

 

同様のダイナミクスが職場で出現すると、人々はしばしば子供時代のパターンに戻ります。

 

 

個人的な領域の変化を可能にするために、

心理学者はしばしばクライアントに彼らの

元の家族システムの性質を考慮するように

勧めます。 

 

このアプローチは、職場でも適用でき、

適用する必要があります。

 

 

家族システム理論の信条と彼ら自身の研究に

導かれて、著者は職場で一般的に演じられる

家族のダイナミクスの6つの要素を特定しました。 

 

 

 

【問い】幼い頃、家族の中で演じてきた

自分の役割を会社で演じていませんか?

リーダーならどう対応すべきでしょうか?

 

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

【問い】幼い頃、家族の中で演じてきた

自分の役割を会社で演じていませんか?

リーダーならどう対応すべきでしょうか?

 

 

▼答えは下記メルマガ 今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

■Family Ghosts in the Executive Suite

 

CAREER COACHING MAGAZINE ARTICLE 

 

Deborah AnconaDennis N.T. Perkins

 

▼出所

https://hbr.org/archive-toc/BR2201

 

 

―――――――――――――――――――

■今回の動画

今回の著者が語る

リーダーシップとは何か?

4:17

 

Stronger Together: Building Distributed Leadership

https://youtu.be/tvh0xeodWys

―――――――――――――――――――

【個人事業主】7.2Million ドル(約8億3千万円)の支払命令

米国労働省の1月27日の声明によると、バージニア州の連邦裁判所は、医療従事者に720万ドル(約8億3千万円)以上の賃金と、意図的に個人事業主として誤分類した1,105人の個人事業主に損害賠償を支払うよう命じました。当局は、判決が医療業界の雇用主に対して誤分類に関する「明確なメッセージ」を送ったと述べた。

裁判所の命令は、2015年8月以降、人員配置機関が補佐官と看護師を個人事業主として誤って分類したと判断したDOLの賃金・時間課の調査に基づいています。週40時間以上勤務していても残業代を支払っていなかったという。

同社は、少なくとも3,619,716ドルの賃金と、同額の清算された損害を支払うように命じられました。裁判所は、DOLの事務弁護士に、賃金を「現在まで」更新するよう求めた。これにより、賃金は大幅に増加する可能性が高いとDOLは述べた。

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

【給与日】Pay Dayをなめてはいけません。毎週給与を支払わなかったため集団訴訟に。

【給与日】Pay Dayをなめてはいけません。毎週給与を支払わなかったため集団訴訟に。

パーティシティは、ニューヨークの労働法に違反したとされ、集団訴訟の申し立てを受けた。従業員のグループに期限内に支払いを怠ったことによる訴訟である。(Guzmanv。PartyCityCorporation、No。22-cv-00666(SDNY、2022年1月25日)) 。

原告はニューヨークのパーティシティの2つの店舗で働いており、時給は16ドルだった。 彼の職務には、在庫の開梱と仕分け、返品された商品の再棚上げ、通路の備蓄、掃除と拭き取りが含まれていました。 原告は、店が2週間ごとに彼に支払いをしたため、肉体労働者(Manual Worker)は毎週支払わなければならないと定めているニューヨークの法律に違反したと主張した。

労働者の仲間は同様の職務を遂行し、同じ方法で支払われました。 訴訟では、少なくとも40人の労働者が訴訟に参加する資格があると推定された。 パーティシティは、報道時間までにコメントの要求に応じなかった。

▼NY州のマニュアルワーカーは毎週の賃金支払が必要

Manual Workers: Wages must be paid weekly and not later than seven calendar days after the end of the week in which the wages are earned. Manual workers for nonprofit entities must be paid in accordance with their agreed terms of employment but not less frequently than semi-monthly. Large employers of manual workers may apply to the Commissioner of Labor to pay manual workers semi-monthly.

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

【有給休暇】Googleの有給休暇は何日増加したか?

Googleは有給休暇を増加。

1月1日に有効、あるいは今年後半に有効予定の有給休暇もある。

●出産した両親に24週間の有給休暇を提供(今までの18週間から6日間増加)。(1/1/22有効)

●出産していない親の場合は18週間(今までの12週間から6日間増加)。(1/1/22有効)

●重病の愛する人の世話をする人のための8週間、会社が「介護者の休暇」と呼んでいるもの(今までの4週間から4週間増加)。(4/2/22有効)

●有給休暇は最低20日(今までの15日から5日間増加)。(4/2/22有効)

Googleの最高人事責任者であるフィオナ・チッコニ氏は声明のなかで、「従業員の40%以上が「サンドイッチ世代」であり、子供を育てたり、高齢の家族の世話をしたりする可能性がある」と述べた。 「私たちは、人生のあらゆる段階で従業員をサポートしたいと考えています。つまり、新しい赤ちゃんとより多くの時間を過ごしたり、病気の愛する人の世話をしたり、自分の健康を管理したりできるように、特別な福利厚生を提供します」

 

▼もし あなたが アメリカで部下の管理に悩んでいるなら・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みから解消され

「本業に集中したい」とお悩みの経営者に

最短6ヶ月で本業集中体制を築く

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

カリフォルニア州は人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が最も多い。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング16年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

 

経営者の本業集中体制を築く『アメリカ人事』

の問題解決サービスを提供しております。

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼ 業績の悪い部下の対応に困っていますか?

https://philosophyllc.com/lp/22/

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(ご相談料は1時間$310です)

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。
  • 現在ご相談で大変電話が混み合っております。

法人の方でお問合せいただく場合にはemailをご送付いただけると幸いです。

大変混み合っておりますので、少しお時間がかかるかも知れませんが順番にお答えしております。よろしくお願い申し上げます。皆様の安全と健康をお祈りしております!

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/wAu-lSShJZM

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

2022.02.07

【問い】なぜ15年間もフィードバックのミーティングが成功したのか?

【問い】なぜ15年間もフィードバックのミーティングが成功したのか?

ステップ4:レベル10プランを創る (Japanese)

 

Step 4: Create a level-10 plan

 

このステップでは、ブレインストーミングで

挑戦する機会、

その挑戦を達成するためにコミットする

計画する方法をガイドします。

 

 

「レベル10」プランという用語は、

私たちが質問する時に

使う方法です。

 

 

「1~10のスケールで、

この計画を実行する自信はどれくらいありますか?」

と質問します。

 

10と回答できところまで持って行きます。

 

リーダーのレベル10計画には

破壊的なチームメンバーとの会話を

するためのスケジュールが組み込まれること

でしょう。

 

こうすることで破壊的なチームメンバーは

積極的にチームに貢献できるように

なるはずです。

 

 

重要なのは、計画が成功することではありません。

 

重要なのは、新しい行動をとることを続けることです。

 

その都度、結果を評価し、継続的に前進します。

 

私たちのクライアントである投資銀行は、

このフィードバックによって

成果を上げています。

 

 

会社が望まない退職率は3%に減少し、

目標を達成。

 

 

マネージャーがトーンと焦点を変えることで

 

パフォーマンスレビューの完了は50%から

95%に上昇。

 

この結果は少なくとも15年間継続しました。

 

 

 

【問い】なぜ15年間もフィードバックのミーティングが成功したのか?

 

-----------------------------------------------------

2003年の創刊以来、18年間 

ハーバードビジネスレビュー

から珠玉の一行をお届けして参りました。

ずっと同じ雑誌を読み続けることで未来の経営が見えて来ます。

-----------------------------------------------------

 

 

 

【問い】なぜ15年間もフィードバックのミーティングが成功したのか?

 

 

▼答えは下記のメルマガ今回の注目フレーズにて。

https://www.mag2.com/m/P0001355

 

 

-----------------------------------------------------

【動画】フィードバック成功の秘訣

1.フィードバックに小さなYESを重ねる

2.詳細に具体的に指摘する

3.フィードバックの改善する意味を示す

4.質問をする

 

The secret to giving great feedback

https://youtu.be/wtl5UrrgU8c

 

―――――――――――――――――――

 

2022.02.02

【264号アメリカ人事】復活か?CA州COVID-19 Supplemental Paid Sick Leaveの行方

【264号アメリカ人事】復活か?CA州COVID-19 Supplemental Paid Sick Leaveの行方

264号【アメリカ人事】月刊フィロソフィ 

ニュースレターをお届け致します。

 

1. CA州 COVID-19 Supplemental Paid Sick Leave導入の行方は?

2022年1月31日現在下記のリンクの法律は成立しておりません。1/25/22Newsom知事は枠組みは合意したと発表しています。

▼詳しくは下記のリンクを御覧下さい。

https://note.com/phi_llc/n/n21fc065af1a0

 

メンバーの皆様には正式に発表され次第、号外ニュースを配信致します。

 

2.今月のメンバー限定ニュースレター 注目の記事は?

今月の全メンバーへのニュース注目の記事は

【Cal OSHA ETS FAQの修正版発表】

Cal OSHA ETSのFAQ(よくある質問集)が1/24/22にUpdateされております。

▼よくある質問集のリンクは下記から

https://note.com/phi_llc/n/nc8cffb5a234e

 

3.【動画】フィロソフィ顧問契約サービス サービスのご案内

https://youtu.be/8TBg_aGlKMc

 

 

▼最新ニュースはnoteにてお送りしております。

https://note.com/phi_llc

 

▼もし あなたがアメリカの部下の管理で悩んでいるなら・・・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

 

#アメリカ人事

#COVID19

#PaidSickLeave

#California

▼新しいオフィスに引っ越しました。

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274 

 

山口 憲和 Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼もし あなたがアメリカの部下の管理で悩んでいるなら・・・・・

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274 

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL 310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -12th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice. When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このメールの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このメールの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 この電子メール上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

« January 2022 | Main | March 2022 »

December 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ