« 【人事戦術】01/24/23(TUE)この1週間、皆様からいただいた質問集 | Main | 【第275回アメリカ人事】アメリカで日本企業はどのように見られているのか?TOYOTA編 »

2023.01.25

【アメリカ人事】セクハラ訴訟で2Millionの支払。マクドナルドのFCオーナー会社

【アメリカ人事】セクハラ訴訟で2Millionの支払。マクドナルドのFCオーナー会社

Eshakangellpkyh7ix_9launsplash

アリゾナ州、カリフォルニア州、ネバダ州にあるマクドナルド レストランのフランチャイズ オーナー兼運営会社である AMTCR, Inc. は、米国雇用機会均等委員会(EEOC)による、10 代の労働者がセクシャルハラスメントや脅迫を繰り返すことを許していたという申し立てを解決するために、1,997,500 ドルを支払うことに同意しました。 EEOCは 1 月 6 日に発表しました (EEOC v. AMTCR, Inc.、No. 21-01808 (D. Nev.、2021 年 9 月 29 日))。

裁判所の文書によると、少なくとも 2017 年以来、AMTCR のマクドナルド レストランの監督者、管理者、および同僚は、10 代の従業員に望まない性的接触、攻撃的なコメント、性的な誘いかけなどの広範な嫌がらせを行っていたと言われています。 不正行為の複数の報告にもかかわらず、経営陣は嫌がらせが続くのを許し、多くの労働者を辞めさせた、と EEOC は主張した。 一例として、54 歳の料理人が 17 歳の従業員にほぼ毎日セクハラを行っていたと、訴訟は主張している。 従業員は上司に苦情を申し立てたが、苦情によると、彼女はマネジャーを信じていないと述べた. 2021 年、EEOC は、1964 年公民権法第 VII 編に違反して、性的に敵対的な職場環境を作り出し、建設的解雇に関与したとして AMTCR を訴えました。

EEOCによると、190万ドルの金銭的救済に加えて、AMTCRは差別、嫌がらせ、報復の苦情を追跡するシステムを確立し、違反者に責任を負わせ、適切な懲戒を行う予定です。 「私たちは、AMTCRが労働者に苦情を提起することを奨励するために全社的に実施することに同意している強力な措置に勇気づけられています。 苦情に迅速かつ効果的に対処するため。 また、差別のない職場環境を確保するために、すべての従業員にバイスタンダー トレーニングを含めることも必要です」と、EEOC 地域弁護士の Anna Park 氏はメディア リリースで述べています。 AMTCR はコメントを控えた。

▼出所:McDonald’s franchise to pay $1.9M to settle claim that teen workers were sexually harassed
Published Jan. 18, 2023

https://www.hrdive.com/news/mcdonalds-franchise-to-pay-19m-to-settle-claim-that-teen-workers-were-se/640473/?utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Issue:%202023-01-23%20Compliance%20Weekly%20%5Bissue:47484%5D&utm_term=HR%20Dive:%20Compliance

 

============================================================

 

▼【アメリカ人事】なぜ従業員は会社を訴えるのか?その理由トップ10

https://lp.constantcontactpages.com/su/1GPKz6e/kindle

▼LINE公式はこちらから

 https://line.me/R/ti/p/%40080fhead

 

こんにちは!

アメリカでの人事労務の悩みを解消して

ビジネス拡大に邁進したい経営者・人事担当者の方へ。

 

一緒に伴走しながら、御社のビジョン実現をご支援する

『アメリカ人事』コンサルタントの山口憲和です!

 

アメリカでは連邦、各州、各郡、各市の人事労務の法律が目まぐるしく変わり、

従業員からの訴訟が多く起こります。労務管理や人件費管理

は最も頭の痛い問題だとお悩みの経営者が弊社のお客様です。

 

アメリカ人事コンサルティング18年の経験を基に

無制限emailサポートを主軸にしたサービス。

弊社顧問契約サービスの会員企業様は

Siriに「ヘイ Siri!」と気軽に質問するようにemailにて御質問下さい。

 

「最低賃金のフルタイム従業員1名よりも少ない投資で

社外に人事マネジャーを!」

 

「めまぐるしく変わる法律についていけない」

「訴訟が多く、部下との対応の悩みが尽きない」

などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、お声がけください。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼あなたの悩みを少しでも軽くしたい無料メルマガ。登録は今すぐ!

https://philosophyllc.com/news-letter/

 

  • 弊社は従業員数1名以上の法人のみのご相談を承ります。

(スポットのご相談料は1時間$350です)

 

  • 法人とのコンフリクトがある可能性があるため個人のご相談にはお答え出来ませんので、何卒ご了承下さい。

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(動画)

https://youtu.be/nIYHKACaA00

 

▼顧問契約のご案内は下記リンクより(Web)

https://philosophyllc.com/service/

 

#アメリカ人事

 

★グーグル・YouTubeは「アメリカ人事」で検索下さい★

 

山口 憲和  Norikazu (Kazu) Yamaguchi, MBA, SHRM-SCP

CA Insurance License: 0F78137

日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

▼お金のブロックパズルとは?

https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/

 

★グーグル検索は「アメリカ人事」で検索下さい★

▼動画セミナー登録はこちらから

https://tinyurl.com/y36zxpb5

▼SHRM-SCP

https://tinyurl.com/6k9s655y

▼日本キャッシュフローコーチ協会認定コーチ 会員番号463

https://www.jcfca.com/intro.html

 

▼MUFG BizBuddy毎月掲載いただいてる【アメリカ人事】の記事

https://www.bizbuddy.mufg.jp/ame/nor/management/category902.html#year2022

 

----------------------------------------------------------------------------

Philosophy LLC 

Philosophy Insurance Services 

609 Deep Valley Drive, Suite 358

Rolling Hills Estates, CA 90274

email: yamaguchi@yourphilosophy.net 

TEL  310-465-9173 

FAX 310-356-3352 

http://philosophyllc.com/

Since 2009 -13th year anniversary-

https://www.linkedin.com/in/norikazuyamaguchi/

----------------------------------------------------------------------------

 

Disclaimer: Please note that Norikazu Yamaguchi makes every effort to offer accurate, common-sense, ethical Human Resources management, employer, workplace, and Insurance information on this email, but Norikazu Yamaguchi is not an attorney, and the content on this email is not to be construed as legal advice.  When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information.

 

免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

https://philosophyllc.blogspot.com/

http://hr.cocolog-nifty.com/

 

#アメリカ人事 #アメリカ #人事 #HR 

▼写真の出所:

UnsplashEshak Angellが撮影した写真

« 【人事戦術】01/24/23(TUE)この1週間、皆様からいただいた質問集 | Main | 【第275回アメリカ人事】アメリカで日本企業はどのように見られているのか?TOYOTA編 »

March 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Categories

  • Employee Benefit
  • スーザンからの手紙
  • フィロソフィ
  • 日本人事事情
  • 米国労働法
  • 英語版 ハーバード 白熱
無料ブログはココログ